トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の投稿

2007年8月31日 (金)

大阪弁はかわいいんですよ

大阪の大学を受ける前に下見のために

阪急に乗った。

     

 

 

 

電車は、席がない程度に混んでいた。

 

 

 

途中からおじいさんと4~5歳くらいの子供が乗ってきた。

おじいさんが

「しゃあないなあ、たっとこか」といったときその子が

 

 

 

 

 

「ぼく、たつのんいややあ。」

といった。

 

 

 

 

 

 

うわあ、かわいい

 

 

 

 

 

 

こんな小さな子が

関西弁を再生産してる。

 

 

受け継がれてるんだよ

 

 

 

「ぼく、たつのんいややあ」

 

 

かわいー

 

今でもこどもと女の子の関西弁は許す。

 

いや、弱いといってもいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

むー

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大阪の帝国ホテルは

大阪の帝国ホテルは

河べりにあって、対岸には大阪一のラブホ街

桜ノ宮、がある。

 

 

 

 

帝国ホテルっていうと偉そうだけど

ホテル帝国って言うとやらしいよな

 

 

 

そこで

 

客「あー君、桜ノ宮というところの帝国ホテルまでやってくれ。」

運「はい、桜ノ宮の、ホテル・・・なんです?」

客「帝国ホテルだ」

運「あー、ホテル帝国ね。いいねぇそんな美人さんとこんな昼間から」

 

 

 

 

 

客「ちょっと待て、何か誤解があるぞ。われわれが行くのは・・・」

運「ホテル帝国でしょう。誰にも言いやしませんよう」

 

 

 

 

「ホテル名を逆さにするなあっ!」

 

 

 

 

 

 

 

といったトラブルがあったにちまいない。

帝国ホテルも桜ノ宮のラブホも使わないので知らない。

 

 

 

 

でもそんなことで

両方の利用者がうろうろさせられていたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと、たのしい

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木)

ひとぉつ 人の世の生き血をすすり

ひとぉつ 人の世の生き血をすすり

 

 

 

ふたぁつ、不埒な悪行三昧

 

 

 

 

みいっつ

 

右にもはげがある

 

 

 

 

ばさあっ

 

 

 

 

よおっつ

よ こ に も

 

 

 

 

 

 

 

 

「はげで悪かったのう」

 

 

 

 

  

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏に花が咲く木は3つだけ

夏に花が咲く木は3つだけ、さて何だ?

 

    

意外に難問かもしれない

 

 

私が建設会社に入ったとき聞いた。

 

「建設会社」というのがキーワードで

これには、「造園」あるいは建築の「外構」で使われるもの、

という注釈がつく

 

 

 

 

正解は

「むくげ」

「さるすべり」

「きょうちくとう」

 

 

 

です。

 

 

 

 

ちょっとしたトリビアでした。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

男の料理

男の料理 3ヶ条

 

 

これさえ守ればあなたも料理ができるナイスガイだ。(嘘)

 

 

 

 

 

 

①分量をはからない

 

 オーサジ コサジ カップに

 秤、こうゆうものでちまちまと

 はかってはいけない。

 

 

 オールザッツ目分量

 これです。

 

 

料理をする姿が『男前』であることが大事。

    

出来上がりが多すぎるくらい

笑い飛ばしましょう

 

 

 

 

 

②大きな皿に盛る

 小さな皿にぎっしりより大きな皿にちんまりのほうがなんか上品だ。

 

 

 

 ソースでも散らせばなにやらキュイジーヌのようではないか

 猫だまし、なんて呼ばれてもいいじゃないか

 
 

  

 

 

③ほめてくれる人をみつける

 ってか目的はこれでしょ

 

 

 彼女(彼氏)のために料理をつくる

 「おいしい」

 

 

 

 

 

 

ありがとう、ね

これですよもう料理の醍醐味なんて

 

 

 

 

 

 

 

 だから、ほめてあげましょう

 男って

 単純だもん

 

 

 

 

 

 

 

  

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夏にぴったり2

トマト:さいころ切 どんぶり一杯

たまねぎ:格子切り どんぶり半分

 

 

これに

オリーブオイル:たくさん

ワインビネガー:たくさん

マスタード:たくさん

塩コショウ:お好みで適当に

おろしにんにく:お好みで適当に

バジル・パセリ:お好みで適量

 

 

をざくざく混ぜ合わせてお召し上がりください。

 

 

 

小さなトーストにのせるとおいしいよ

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏にぴったり

夏にぴったりすっぱおいしい昼ごはん

 

 

①大根おろし どんぶり一杯

 白ねぎ: 小口切り たくさん

 酢: 思い切りたくさん

 わさび:たくさん 

 大葉: このみでたくさん

 あと七味唐辛子そのほか

 

 

 これをゆでたそうめんとあわせて

 ざくざくまぜてお召し上がりください。

 ひんやりしておいしい

 

 茹でて冷やした鶏肉を入れてもおいしいよ

 ちょっとごま油かなんか入れてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月28日 (火)

床屋に行ったら

床屋に行って

 

 

 

「どう分けますか」

 

 

って聞かれて

「いや、適当に」

 

 

 

って言ったのに

 

 

 

 

 

最後に後れ毛まできれいに整えられたら

何にもいえないよなあ。

 

 

 

 

 

きちっとした髪の毛は恥ずかしいので、

くしゃくしゃしたいんだけど

店を出てすぐやるのは悪い気がしてですねえ

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 床屋から見えなくなったところで

くしゃくしゃします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだひどい、かなあ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

コンタクトレンズ物語

コンタクトを新調した。

 

 

 

 

 

コンタクトレンズって、発明した人より

 

 

「最初に装けた人」がえらいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

博士:「さあコンタクトレンズが完成したぞ」

助手「おめでとうございます。」

博士「さあ、つけてみたまえ」

助手「私が、ですか?

   博士ではないのですか?」

博士「馬鹿者!わしは目がいい。

   君はそんな分厚い眼鏡をしてるじゃないか。」

助手「確かに強度の近視と乱視です。」

博士「そうだろう。

    わしの発明はそういう人に福音をもたらすものなのだ。」

 

 

 

 

 

 

助手「いたいでしょ?」

博士「え?」

助手「だから目に入れるんだから、いたいでしょ」

博士「馬鹿者。世界でまだ誰もつけたことが

    ないのにわしがわかるわけないじゃないか。

 

    昔からいうだろう

   

 

   『目にものを言わせる』って」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

助手「鬼太郎の親父ですね」

博士「あいつ眼鏡はできんな」

助手「コンタクトも無理でしょうね」

 

 

 

 

 

博士「しかし、君。考えてみろ。コンタクトが当たり前の

    時代は来るぞ

    これから数十年後、『高校卒業したら

      コンタクトにして変身するのってしようとして失敗する娘

   が3月4月に街にあふれるようになるぜ」

 

 

 

 

助手「具体的だけどわかりにくいですね。

    いいですよ。装けます。」

博士「おお、ありがとう。君の名前は必ず人類が記憶する。

    えーっと、トーマス・・・なんだっけ」

 

 

 

 

 

助手「ジェファーソンです。

    ところで博士。装けるのは良いんですけれども

    

    外し方は?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

博士「知らん」

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

弱冷車

電車の弱冷車が嫌いだ。

 

暑いさなか飛び乗った車両が弱冷車だと

がっくりくる。 

 

 

 

冷房が嫌いな人はいるだろう。

だから「弱冷車」はあってかまわないが

 

 

 

 

それなら「強冷車」というのも

つくっていただきたい。

 

 

 

 

 

乗ったら、結露で窓は真っ白

コメカミがキーンと来るようなやつを作ってみろ。

 

 

 

 

むりか

あついよー

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

腐っても鯛

「腐っても鯛」という言葉には

 

 

 

①腐ったとはいえやっぱり鯛ですなあ。

 立派なものです。

 

 

②いくら鯛でももう腐ってるんだよ。

 気が付けよな。

 

というふたつの意味がありますね。

 

 

 

 

そこで

 

 

 

「腐っても食う」

・・・よしなさい

 

 

 

 

「腐っても食わせる」

・・・営業停止

 

 

 

 

 

「あさっても鯛」

・・・お金持ち

 

 

 

 

 

 

 

 

えーと

 

 

 

 

 

「腐っちゃったですタイ」

・・・九州の人に怒られるぞ

 

 

 

 

 

「腐っちゃったのか?タイ」

・・・早く食え

 

 

 

  

 

 

「腐ってるわよ、この鯛」

・・・ひどいわ、お義母さま

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに

 

 

 

 

 

「タイが腐っちゃったんなら、

 ケーキを食べればいいじゃない」

 

 

・・・いやマリー、それは違う。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウォシュッレットが普及しだした頃

ウォシュッレットが普及しだした頃

電車の中で聞いた会話

 

オトコ「会社のトイレにさあ。ウォッシュレットってあるじゃん」

オンナ「うん」

オトコ「あれ、男子用にも、ビデってあるのな」

オンナ「別々に作るほどのことがないからでしょう」

オトコ「あれ、使ってみたんだよ」

オンナ「!」

オトコ「あれで、まず『おしり』にあわせるわけだよ」

オンナ「よしなさいよ。電車の中でそんな話」

オトコ「それから、『ビデ』にすると、わかるんだよう」

オンナ「なにがよ」

 

 

 

 オトコ「ああ、ここかあ」って

 

 

 

 

 

 

ナイスっ

 

 

 

 

 

 

帰ってから試しました。

ああ、ここかあ

 

 

女性にはわからんだろうな。

ないものに気が付くこの意識

 

 

じゃ、また

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年9月 »