« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の投稿

2007年9月30日 (日)

看板が

明治の文明開化のころである

 

 

 

 

当時の日本の最先端、銀座には

パン屋にPANというロゴがあった。

 

 

 

 

 

笑ってもらわないと困る。

「ブレッド」でも「ベーカリー」でもないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

「パン」

 

 

 

 

部活の帰りの店のようだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

床屋は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「HEAD CUTTER」 

ヘッドカッター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭を刈る を直訳したんだろう。

 

 

なんでしょうけれども

変だ。

 

 

 

 

それはいい。

過ぎたことだ。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし 

何をいいたいかと言うと

 

 

 

変な日本語を笑うのはやめようよってことです。

 

あからさまな海賊版のいい加減な日本語は別にして 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「か」と「カ」 「へ」や「ヘ」 「り」や「リ」の

間違いをあげつらったりして

なんになるのか!

 

 

 

 

どうせ日本人の英語も大笑いなんだから。

ヘッドカッターの国民だったのよ。

 

 

英語圏の人から見たらもっと大笑いかもしれないし。

 

 

 

 

そして大笑いされたら、ものすごくむかつくし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうのはやめようよ

 

 

 

お互いおとなしいうちにさ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山口百恵

こないだの日記で

流れていたあの曲は山口百恵だけど

なんだっけ?

 

 

 

 

 

という話を書いた。

 

 

 

そのとき書かなかったのだが

「山口百恵」

を素直に変換してくれないのであるよ。うちのばかワードは

 

 

「山口も燃え」

だったり

「山口も萌え」

だったりする。

 

 

 

 

 

 

昭和は遠くなっちまったなあ

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

「安倍する」 そのほか

「仕事の途中で無責任に投げ出してしまうこと」

=「安倍するという表現が流行中」と朝日新聞が書いて

 

 

 

 

 

「そんなことねえよ」とネット上で顰蹙を買っている

 

 

 

 

 

「流行してる」のは言いすぎだとして、

また流行るかどうかは別問題として、

 

 

「安倍する」という表現は「あり」だと思う。

ただ、言葉として、表現としてすごくかっこ悪い。

 

 

しかしそれを逆にとって

その式で、徹底したらおもしろいかもしれない。

 

 

 

 

 

 

いや、詰まんないな

 

 

 

解説を書こうとしていやになった。

勝手に埋めてみてください。

 

 

(例1)「福田る」・・・よわったなあ、俺がやるのかよ。

           つらいですよ、背水の陣ですよ。

           っていいながらまんざらじゃねえぞ。

 

 

(例2)「森る」・・・・忘れてると思うが首相経験者だよ。

            誰からも頼まれてないけど、

           キングメーカーのつもりなんだよ

 

 

ほら、あきた

 

 

 

あと、

「麻生る」とかいろいろ考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

今日は運動会だ1

今日は東隣の小学校の運動会。

土曜日にやるとは意表を付かれた。

父兄じゃないからいちいち驚く。

 

近隣にも知らせろよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第5土曜日なら

隔週休暇の会社なら休みだろうという

読みか?

 

 

 

 

 

 

きのうの山口百恵の曲のなぞも

読者の方に解決していただき、気持ちよく観戦できました。

ていうか、父兄でもないおっさんが入場して

よかったんでしょうか。

止められなかったんですけど

 

 

 

とにかく明日も(西隣の)運動会。

父兄じゃないけどのぞいてやるっ!

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

もう10月だぞ

昨日仕事先の人と電話で話をしていて。

来週はもう10月だということに気づいて

二人であわあわした。

 

 

 

 

 

まだ昼は30度を越して

夏日、真夏日猛暑日だし、

さるすべりも、むくげも咲いてるし、

まだ夏だなあと思ってたら、

10月だってよ。まいったね。

 

 

 

こっちも予定があるんだよ。

もうちょっと、季節に合わせた風情を見せてくれよ。

 

 

 

 

 

 

せめてひまわりおわっててくれないか?

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

その曲なんだっけ

うちの隣に小学校があって

運動会の練習をしている、という話は

書いた。

 

 

 

 

今日、いま散歩したときに見たら、

先生だけでなんかやってた。

 

 

 

 

 

 

 

誘導とかそういうことの練習なんだろう。

それは必要だと思うが

 

 

 

 

 

BGMは必要なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそれがなぜ山口百恵なのか

騒音も迷惑だが

 

 

 

 

なんていう曲だったか

気になってしょうがないじゃないか

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな~

そんな~

ゆめをみ~ま~し~た~

 

 

 

 

 

ああ、思い出せない。

イラつくっ

これは騒音公害だよね!ね?

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

郵便局にて

郵便局にいった。

ずいぶん待たされたのだが、

私の前に車椅子の老婦人と

それを押す女性がいた。

 

 

 

 

普通に考えれば嫁と姑なんだろうが

嫁といっても

どう見ても私の母親、つまり70より年上だ。

 

 

 

 

 

しかもこの車椅子というのが

完全に介護されることを前提に作られている。

 

 

 

まず自分で動かせない。

車輪がそういう構造になっていないのである。

 

ブレーキも背中で押してくれる人の

ハンドルにしか付いていない。

 

 

 

 

その代わりセミディスクのおそろしく

高性能なブレーキで

車椅子で4輪ドリフトができそうなくらいに

オーバースペックだった。

 

 

 

 

 

とまあ、そんなことを観察できるくらい

待たされて暇だったのだが、

 

 

 

このふたりがよかった。

 

 

自然なのだ。

 

嫁ではなく実の娘なのかもしれないが

実に少ない会話でコミュニケーションをとっている。

 

 

 

いいなあとおもった。

 

 

 

郵便局の中とはいえ

現金をビラビラ数えるのは

よほど注意しようかと思ったが、

ああいうキャラクターの人たちだから

うまくやっていけるのかもしれない。

 

 

 

いつもの黒い気持ちを

ちょっと入れ替えようと

思ったのでした。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

ビッグマウスヤワラ

昨日の日記でヤワラちゃんこと

谷亮子選手のコメントは腹立つなあ

いかがなものかという、話を書いた。

 

 

 

 

 

  

 

逆に徹底的にヒールに徹したらどうだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

実力はあるんだから

少々口が過ぎても、もう怒られないよ。

 

 

 

イチローを見ればわかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実力があれば

口が立つほど人気が出る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に実力があるのに謙遜して

変に自慢を隠したコメントをするから

腹立つのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビッグマウスになっちゃえ。

 

 

 

 

 

「あたしがハンディを感じたことなんかないわよ。

女である事も、結婚したことも、母であることも

あたしが最強であることを止めなかったわ。

 

 

北京?

まだ、あたしを越えるやつは出ないわね。」

 

 

といって逆さ中指のファッキンポーズをとってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、谷選手が何の金メダルを取ったか

 

いまだに知りません。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手術の傷口をホチキスで止める

という話を人から聞いて

うぎゃあ

と思ったのだが。

 

 

 

縫合法として今では一般的なんだそうです。

へーえ

 

 

 

 

それにしてもホチキスってのは

ほかに言い換えられない言葉だな。

 

 

 

いや、

英語じゃステープラーだよなんて

生意気なこと言うやつ

 

 

ちょっと裏庭に顔貸せ。

 

 

 

 

ともかく日本語じゃ言い換えられない。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

ホチキスさんはフランス人で武器屋さんだった。

 

 

 

機関銃の弾を送る仕組みから

文房具のホチキスを発明したんだそうです。

 

へー

 

 

 

 

今でもあるかどうか知らないが

昔、ホチキス社製の戦車というのがあった。

 

 

 

 

ホチキスさんには悪いが

 

 

 

 

 

 

 

 

すごく弱そうだ

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年9月25日 (火)

ママでも金

谷亮子選手が金メダルを取った。

何の大会かは知らない。

 

 

 

やわらちゃんといわれてた頃から

負けず嫌いだったのかもしれないが

 

 

 

 

 

 

「最低でも金」

「田村でも金、谷でも金」

「ママでも金」

とつづくと

うっとおしい。

 

 

 

 

 

 

 

有言実行なのはえらいけど

 

  

 

 

 

 

負けちゃえ、っていわれるぞ

 

 

 

 

 

 

 

みんなそんなに強い人じゃないんだもん。

 

 

 

 

 

 

  

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

テポドンの歌

安倍内閣の辞職

レームダックとなった、米・韓両政権の対北宥和政策

風雲急を告げる朝鮮半島。

いまだ去ったわけではないミサイル危機に

あえて警鐘を鳴らそう。

      

 

 

北朝鮮ミサイル問題を扱った超大作

「テポドンの歌」

 

 

 

 

 

あ、西から上ったテポドンが

 

ひがしぃーにぃおちぃるぅ

(あ、たいへーん)

 

あ、これでいいのだぁ

 

あ、それでいいのかぁ

 

あ、どんどんテポドン 

テポドンドン

 

きーむーさーん、いーっかだー

 

テーポドンドン

 

 

 

 

バカボンの歌で歌ってください

一番最初のテポドン発射事件のときに思いついて、でも

去年のミサイル問題のときにも誰も

歌ってくれませんでした。

 

 

まじめだなあ、みんな

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月24日 (月)

ステレオ

うちのマンションの隣には

西と東の両方に小学校があって

運動会の練習のときとか、ステレオでうるさいです。

にぎやかです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供がいないからでしょうか

心が狭いか

 

 

 

 

でもあと、

半月続くんだよー!

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

浦島な人たち

今日、ひそかに帰国した横綱朝青龍

安倍首相を見舞った。としても 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日の朝刊は

「福田新総裁 首班指名へ」

「横綱白鳳 優勝」

 

 

 

 

 

 

 

となってた訳だ。

かわいそー 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はもう帰ってきてたりして

安倍さんも退院してたりして

 

 

 

そして

ふたりしてTV見てたりして

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

歯が痛い

左の奥歯が痛い

人より4本多いのが自慢だった歯も

これで普通の人より

一本多いだけになってしまう。

 

 

 

 

 

 

歯医者いくのいやだなあ。

 

 

 

 

 

 

大体歯医者ってやってて楽しいのかなあ。

 

 

 

 

生死にかかわる病気を手術で直して

「おとおさんっ!」

「みんな、ありがとう」みたいな

よくぞ歯医者に生まれけり、みたいな

ことないよねえ

 

 

 

 

 

 

 

ドラマチックなことがないのは私も一緒だから

それはいいとしても

 

 

歯医者って、やってて

楽しいかなあ。

 

 

 

毎日人の口の中をのぞいて

楽しいかなあ。

 

 

 

 

泣き喚くガキもいるだろうに

 

 

 

 

口がくさいやつもいるだろうに。

 

 

 

 

 

 

 

 

大体、かかりつけの歯医者っていないのだ。

 

 

 

 

初めて行った所が、職人気質の

歯医者さんだったらどうしよう。

 

 

 

 

 

 

 

「へんへい、ろうれしょうか」

「へんへい?」

「・・・だめだ」

「え?」

「だめだ!こんなのは俺の作品じゃねえ

「へんへいっ。ぬかないでっ。抜かないでくださいっ」

 

 

 

 

 

 

 

やだなあ

 

 

 

 

 

逆に愛想がよくて

「家紋入れときましょうか」

なんてのもやだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年9月22日 (土)

マンションの困ったお客様

「え?ご家族は6名さまですよね

こちらの部屋2LDKですけど」

 

 

 

うーん、

これを困ったお客様と言ってはいかんだろう。

何人で住もうとお客様の自由だ。

 

だけど、いきなりビフォーアフターしなくてもいいんじゃないか、

という例は、確かにあります。

 

 

 

 

 

 

「部屋にウォーターベッドを置きたいんだが」

 

わっ、これは困った。

水は重いんである。

 

持ち込まれた厚み30cmのものだと300kg/㎡以上

するのである。

最悪の場合、床がたわむ危険があるのである。

 

 

こちらのお客様には、

ベッドを買い換えていただくことにした。

 

 

 

 

 

 

「部屋で焼肉を食べたいから、壁に穴開けちゃったあ」

 

 

 

 

バカモオン!

 

 

いや、文章を短くするためにこれでも抑えて書いてるんですよ。

ダイヤモンドカッター持ち込んで穴開けちゃうんだもん。

 

 

構造屋さんと現場所長があわくって飛んでったなあ。

 

 

 

 

 

すべて実話です。

 

 

 

 

しかし、

なにおう手前ら建築屋のことは棚に上げやがってという

お叱りをお待ちしています。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

ガス欠

というものを経験したことがあるだろうか。

 

威張れた体験ではないので

してないに越したことはないです。

 

 

 

 

これの前兆として、

まず燃料の残量が少ないことを示す警告灯が点きます。

 

大体燃料の残量10%くらいになると警告等が点いて、

普通の人ならガソリンスタンドに飛び込んで、

「ハイオク満タン」っといっていたのだろうが、

学生の頃何しろ金がなく

給油しても10リットルとかしか入れなかったから、

この警告灯はいつも点いていた。

 

 

そうして警告灯をつけて走っていたある日。

それはそれまでの経験からいうと非常にまずい状態だった。

 

学校から家まで約20km、

燃費を考えれば2リットルもあれば足りる距離だが、

それも怪しい。

 

 

 

 

下宿への最短ルートは学校から少し細い坂道を

上っていき、その先の小野原という

集落から国道に乗れば西にまっすぐというものであった。

 

ところが坂道の手前あたりからエンジンの回転が

ばらばらばすんとおかしくなってきた。

詳しく言うと4本あるシリンダーが本来なら1→2→3→4と順番に

回っているはずのものが、

1→3→4→2と途中で休みを取るやつが出てくるという感じである。

 

 

 

 

 

 

しかしここであわててはいけない

燃料ぎりぎりになったらどうするか、急ハンドルを2.3回きって

車の尻を左右に振るのである。これで、

タンクに残ったわずかな燃料をエンジンに送ってやる。

F1でもやってっるんだから間違いではないが、傍目には

ガタピッシンしているポンコツ車が尻を

振っているので、かなり変だ。

 

 

 

 

 

 

とにかくこれでどこかのスタンドに飛び込もうと思った。

小野原で国道に入ればスタンドがある、小銭しかないが

なんとかなるだろう。何より、ここで停まって、

レッカー車のお世話になることだけは

まっぴらだった。

 

 

 

小野原の交差点まで行くと信号は青。

速度を殺さないよう左折してすぐ右横断すると目指す

スタンドがある。

ここで一度止まってしまえばエンジンも止まってしまうことは

明白である。

 

 

 

対向車はと見ると。200mばかり先の信号が変わって

ゆるゆる動き出したところである。

大阪の誇る外環状線国道171号線は幅60m対向4車線の広い道だが、

あのくらいなら、わたれる。とおもい車を止めないように注意し

てウィンカーを出したところで、500ccくらいのバイクが走ってきた。

 

 

2輪は加速がはやい。

やむをえずブレーキを踏んだ。

案の定ぼくの車はゼブラゾーンでエンストした。

 

 

店は、と見ると昼下がりのことで暇なのであろう。

すでに店員の全員が並んで帽子のつばに手をかけ、

「いらっしゃいませ」の態勢を取っている。

 

やがてそのうちの一人が店に入るべくウィンカーを出しているのに

動かない車を不審に思ったらしくちかよってきた。「どうしました?」

「いやガス欠で」

彼は漏斗のようなものにガソリンを入れて持ってきてくれた。

ガソリンが入れば動くのは当たり前。

 

 

店に入ると当然のように「満タンですねっ」と聞いてくる

ポケットに手を入れると出てきたのは325円

 

 

「すいませんさっき漏斗で入れたのは何リットルでしょう」

「2リットルくらいでしょうか」

「じゃあ、あと1リットル」と消え入りたい思いでぼくが答えて

1円5円もまざったお金を

渡す間も、店員のにーちゃん、ねーちゃんたちの元気なこと。

くるくる働きまわって、窓は拭くミラーは拭く、

灰皿まできれいにしてくれた。

 

 

そうしてわずか3リットル、原付でさえ満タンにできない量のガソリンを入れて、

とっととこの場を立ち去ろうとした瞬間、この店の店員たちは全員

脱帽、整列して限りない大声で

 

 

 

「あーりあとあしたあ」

 

 

 

 

と最敬礼で見送ってくれたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

これはなにかのプレイ?

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年9月20日 (木)

外国人に話しかけられて困ったことありませんか?

学生の頃、学校を出て人気のない坂道を歩いていたとき

インド人らしい女性に道を聞かれた。

 

 

 

 

 

「ホエアイズポストオフィス?」

 

 

 

もうちょっと丁寧な表現だったように思うが

まあ、このくらいの英語はわかる。

 

 

 

 

最寄の郵便局もわかる

 

 

 

 

 

 

 

「この坂を道なりに下って

大学の事務所棟の裏手の階段を上がった2階」

である。

 

 

 

 

 

 

しかし英語が出てこない。

 

 

 

 

「この坂を道なりに下って」とは

どう言うのか。

 

 

 

 

 

 

「事務所棟の裏手の階段を上がった2階」

などもどういえと言うのか。

 

 

 

 

 

 

3分ほど沈黙した後で私がやったことは

「ふぉろーみー」

といって、先に立って案内することだった。

 

 

 

 

彼女は大変不安そうな顔をしてついてきた

 

 

 

そして私が郵便局の前で

 

「ひあ」

 

 

というと〒マークは知っていたらしく

初めて笑顔を見せてお辞儀した。

 

 

 

 

 

 

いま彼女は国に帰って

いかに日本の大学生がピュアで親切であったか

語り伝えてる。

 

 

 

わきゃねえよな。

 

 

 

 

 

なんだか今日みたいな空の日だったので

思い出しました。

 

 

 

 

 

いまだに英語全くしゃべれません。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

がんばれ阪神(ファンじゃないけど)

奇跡の12連勝で首位に立つ阪神タイガース。

できればこのままがんばっていただきたい。

 

阪神ファンじゃないけど

 

ロッテファンだけど

 

 

 

 

 

 

だって阪神が優勝したら

阪急も優勝セールをするじゃないかあ。

 

 

去年あたり逆転優勝してたら、もっとうろたえぶりが出て笑えただろうが

とにかく阪神優勝なら梅田大騒ぎである。

 

 

 

見てみたい

 

だからがんばれ阪神

 

ファンじゃないけど

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007年9月19日 (水)

ジーザスクライストスーパースター

先日、友人とその娘さんと一緒に電車に乗っていると

劇団四季の「ジーザスクライストスーパースター」

という公演をやるんだか、やってるんだかという広告があった。

 

 

 

 

 

 

彼女が

あの題名はどういう意味かと聞くので

 

 

 

「イエスキリスト超すげー」

という意味だと答えたら

 

 

 

受けた

  

 

 

ていうか自分でも受けた

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

イエスキリスト超すげー

 

 

 

 

こっちのほうが客が入るような気がする。

 

 

 

 

どうでしょう。

あさりさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年9月18日 (火)

関西弁だと敬語は楽だぞ

NHKで敬語の番組をやってる。

 

 

 

「敬語って難しいですなあ」

 

 

 

という趣旨なのだが。

 

 

 

 

これを見てると

「関西弁って便利だなあ」と思う。

 

 

 

たとえば、尊敬語

 

 

「食べる」を「召し上がる」

「来る」を「いらっしゃる」とかいう

 

あれだ。

 

 

 

 

 

 

 

もとの単語と違う言葉なのでめんどくさいが

関西弁だと楽だ。

 

 

 

  

「食べる」は「食べはる」

「来る」は「来はる」

最後に

「・・・はる」「・・・しはる」をつければいいのだ。

 

 

 

 

 

楽だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし平日の朝10時にTV見てる、俺って

 

 

 

いやいや、メール待ちの間だけですから

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

子供の書道コンクールの作品が変

こどもの書道コンクールの

入選作品を新聞で見た。

 

 

 

 

 

「そら」とか

「光」とか

 

低学年はかわいい。

 

 

 

 

 

 

しかし、6年生女子の作品

 

 

 

「宇宙工学」

 

 

 

 

むー

  

 

  

「宇宙旅行」とか「宇宙飛行士」とかなら

子供らしくて夢があってかわいらしくていいですなあ

と思うけれど

 

 

 

「宇宙工学」って

 

 

 

 

 

おそらく

止め、払い、なんていう、書のテクニックを表現できて、

しかもバランスのいい字を先生が選んでるんだろう。

 

 

 

  

 

 

 

たとえば

 

中学3年生女子の作品

 

 

 

「松風水月」

 

 

 

 

 

「風で吹き飛ばさされた、くらげが

 松ノ木にまとわりついているよ。」という中国の詩の一節

 

 

って、うそついちゃいけない。

 

 

くらげは「海月」あるいは「水母」だ

 

 

 

 

 

しかしなんとなく長髪の老先生が

女生徒を教えてる姿が

見えてくるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

  

訳のわからなさは中学生でスパークする。

 

 

 

 

 

中学1年女子の作品

 

 

 

「天然資源」

 

 

 

 

 

なんなのこれ。?

こんな文句を半紙をはみ出すほど

墨痕くろぐろと書かれてもねえ。

 

 

 

 

 

 

 

さらに、中学3年生女子の作品

 

 

 

 

 

 

「首都高速」

 

 

 

 

 

 

何なんだろ。しかもこのこ兵庫県の子だってさ。

 

せめて阪神高速って書けよ

 

 

 

 

 

っていうのは違うんだろうな。

 

 

 

 

 

それにしてもねえ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

日本の最高齢者は113歳だそうだ

意外に若い気がする。

 

 

 

 

一昔前

 

ギネスブックにも載った世界最高齢者で

泉重千代さんという男性がいた。

 

 

 

 

私が高校生の頃、実際にTVで見たのだが 

地方局のインタビューで

 

「お好きな女性はどんなタイプですか?」

と聞かれて

 

 

 

 

 

 

 

「わしゃ、年上がいいのう」

 

と答えていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重千代っ!

 

 

 

 

ナイスッ!

 

 

 

 

「いま、あなたより年上の女性は

地球上に一人もいないぞ」

 

 

 

と、世界中が突っ込んだはずである。

 

 

 

 

 

 

 

100歳以上生きられるとは思えないが

こんなナイスなボケをかませられるおじいちゃんになりたいなあと

つくづく思います。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岸和田のだんじり祭りを見て

あの、だんじりの屋根の上で

ぴょんぴょん跳んでる人

 

 

「大工方」っていうの?

 

 

 

 

 

 

 

あれ、かっこいいなあ

 

 

 

 

 

けんか 

強いんだろうなあ

 

 

 

 

  

酒も 

強いんだろうなあ

 

  

 

 

 

でも 

涙もろいんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

奥さんには 

頭が上がらなくて

  

 

 

 

 

 

 

娘なんかいたら

もうかわいくて大変で

 

 

 

 

 

 

 

 

付き合う彼氏は

そりゃもう命がけで

 

 

 

 

 

でもきちんと挨拶を入れたら

 

 

 

 

 

 

妙に気があったりして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラオケなんか

演歌しか歌わねえよって思わせといて

 

  

 

 

 

 

 

 

平井堅かなんかひそかに練習してて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

下手なんだ

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

ノースリーブの肩から見える種痘のあとがとってもセクシー

と、言って

ぶん殴られたことがあるnatsuです。

 

 

    

 

日本では1970年代初めに天然痘が撲滅されたので

76年から種痘も行われなくなりました。

 

 

 

 

 

二の腕の種痘のあとは

30うん歳以上を示す、刻印なのである。

 

 

 

 

おそろしいでしょう

 

 

 

 

きのうまで、国家の行く末を論じていたページだとは

思えませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

というのも

 

 

仕事で今日あった女性が

ノースリーブだったのですよ。

 

 

 

 

それでそういう話を思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

その人に種痘の跡があったかって?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなもん 

こわくて

 

 

確かめられるわけないでしょう。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ビフォーアフターは変だぞ

「大改造ビフォーアフター」というテレビ朝日系列の番組がある。

本放送は終わって今日は再放送だったのだが

 

 

 

 

あの放送には

不満がある。

 

 

 

 

 

あらゆる仕掛けを「匠」なる人物が考えている。

そこまでは認めるとしても

 

 

竣工してから

 

 

 

 

 

「あらー、これどうやるの」

「こうよ、こう」

「あらー、すごい」

 

 

 

 

というのはうそだ。

というか、たぶん法的にも許されない。

施主からの「承認なくして、製作無し」というのは

建築業界の不滅の鉄則である。

 

 

 

 

 

TV的演出と思えない驚きように、逆におどろくけど

あれは、まずいよ

 

 

 

 

 

 

そのほか、

匠の工夫が変なピタゴラ装置みたいで

「すぐこわれそうだなあ」と思ったり、

 

 

 

突っ込みどころは 

いろいろあります

 

 

 

 

 

同業者批判はまずいかなあ

 

 

 

 

 

 

でもいいや

 

 

ほんとにそう思うから。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年9月14日 (金)

2世ばっかりじゃねえか

福田確定

みたいな夕刊を見て、

つまんないなあと思った。

 

  

 

 

それはともかく

福田さんなら2代続いての首相だよな。

 

 

日米会談で

「オー、プライムミニスター

マイファーザーウワズプレジデント

 

 

 

 

「みーとぅー」

 

 

 

 

 

 

 

みたいなまぬけな会話が交わされるのであろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金正日をわらえるのか

 

 

 

 

 

 

 

6カ国協議首脳会談とか開かれたら

出席者の半分は2世だぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいんだな、それで

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年9月13日 (木)

次の総理はアメリカから来てもらえば?

次の総理、

おそらく負けるだろう総選挙までの

敗戦処理内閣でも

総理になりたがる人が意外に多くてびっくりです。

 

 

 

 

 

インド洋から補給艦を引き上げるかどうかのストレスで

首相が倒れちゃうような国だから、

 

 

 

いっそのこと

アメリカから首相を呼んじゃったらどうでしょう

 

 

 

ほら、ゴーン社長とかバレンタイン監督とか

国籍にこだわらなくて成功してる例

いっぱいあるし。

 

 

 

 

 

ライス国務長官とかどうだろう。

日本初の外国人首相にして女性。

話題爆発であろう。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

そしてライス首相には

「お米の国のライスでーす」といって欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

国連大爆笑

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

安倍さんがかわいそうになってきた

辞任発言から1日たっても

 

 

無責任なやめ方 だの

選挙のすぐ後にやめておけば だの

 

 

ぼろくそに言われてる安倍首相

 

 

 

 

なんだか かわいそうになってきた。

 

 

 

 

 

安倍さんにしてみたら

「俺のスキャンダルなんか、ひとつもないじゃないかよう。

原爆しょうがない大臣とか

ばんそうこう大臣とか

変なやつばっかり任命したのは悪かったけどよう」

 

 

 

 

と愚痴ってるんじゃないかな。

 

 

 

なんとか還元水の大臣みたいに自殺とかしないだろうな

 

 

 

 

もう辞めるって言ってんだからいいじゃん。

 

 

 

 

っていう日本人的発想は、いかんのだろうな

 

でも、

お箸の国のひとだもの

  

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

安倍首相辞任

安倍首相が辞任ですと

次の人は滑舌がいい人がいいぞ

 

 

 

 

 

こんなこといわれるからね。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ペットボトル街道

056 そんなに猫が嫌い?

 

うちの近所の 

某有名企業の社宅です。

 

 

 

 

だからそんなに猫が嫌いなの?

 

 

 

およそ100m。ほかの面にもあります。

 

 

 

 

管理人さんの根性がうかがえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

めんどくさそうな社宅だな。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

安倍首相の発音が変

臨時国会とやらでニュースのたびに

安倍首相がでてくる。

 

 

 

 

それはまあ、かまわないんだけれど

 

あの人の演説って違和感あるよね。 

 

 

 

 

 

 

なんか息が漏れるような話し方なのだ。

 

 

 

 

 

 

特に「か行」がそうだ。

 

 

 

 

活字にしにくいが

ka  ki  ku  ke  ko 

ではなく

kha  khi  khu  khe  kho

 

 

 というふうに聞こえる。

 

 

 

 「自衛かhんによる、給油かhつどうは、

  こhくさいてきな、こhうやくであり」

 

 

 

 

っていう感じです。

 

 

 

 

ちょっと注意して聞いてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

911にはまじめな話を書こうと思ったけど

この程度です。すいません。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

最近見かける携帯の新機能

こないだ、携帯ショップに行ったとき思ったのだが

最近の携帯の新機能はすごい

 

①防水携帯

・・・今は常識か?たしかに必要な機能だと思う。

   水にぬれて液晶がわやになるって、よくありました。

 

 

 

 

 

②Gショック携帯

・・・これも、まあ必要かなあ、

     落としたくらいで壊れても困るし。

 

 

 

 

 

③防水耐圧携帯

・・・さあ、この辺からとおーくなるな。

   一体、どんなシチュエーションで使うんだ?

   ダイビングのとき便利ですって、ばか

 

 

 

 

 

④ステレオ携帯

・・・ステレオ音声、イヤホンじゃなきゃ意味ないよなあ

   それは、もはや携帯なのかなあ。

 

 

 

 

 

 

⑤イオン消臭携帯

・・・口の臭いあのこに借しても安心、って

   ばか!

 

 

 

 

 

⑥Co2排出量20%カット UV70%カット携帯

・・・どういう理屈でそうなってるんだ?

   説明してみろよ。

  

   かっこいいこと言えばごまかせると思って

   なめてやがんな。

 

 

 

 

 

漆塗家紋入携帯

・・・漆はともかく、

   家紋はいらない。

 

 

 

 

 

 

 

⑧いまなら高枝切りバサミが付いて7980円携帯

・・・いらない。

   はさみは要らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑨それなら色違いの青と赤をお付けして

 7980円携帯

・・・お、最後にいいの出してきたじゃねえか。

  

 

 

 はいその代わり3台とも番号が一緒です。

 どれが鳴るかわからないので、

 みんな 持ってってください。

 

 

・・・いらない。

   みんな要らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①②③④は実在する。

後は冗談なのだが

実現しそうなやつがあるのが怖い。

 

 

 

 

 

どこまで行くんだろう。

 

 

 

とりあえずバッテリーが長持ちするやつがいいな。 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

あなたはきっと

昨日、スーパーのレジがいやに時間がかかるな

と思って見ると、

 

 

 

ビニールパックの豆の煮物を、30袋以上も

大量に買い付けているおばあさんがいたのでした。

 

 

 

 

なんだあれは?

 

 

よほど豆好きな家、なのか?

 

 

 

 

たぶんそんなことではなく。 

 

 

想像をたくましくさせると

彼女は、スナックかなにかのママで

 

 

 

今は70歳にしか見えないけれど

店では10以上若く見せる魔法を持っていて

 

 

 

1パック88円の豆を3つくらいに分けて

「お通し」と称して300円くらい取る

「やり手ばばあ」もとい

ママさんなのであろう。

 

 

 

 

しかも小分けの袋を大量に買っているあたり

あまりはやっている店ではないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なあんて、

いやなおばさんのようなことをあれこれ考えてしまうではないか。

 

 

あんまり、レジで待たせるからだぞ。

 

 

あーあ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

うちの子にはすごい才能があるはずよ

「あれ」を見るとそう思う。

 

 

 

 

 

携帯電話

 

 

 

 

 

いやそろそろ、買い替え時かと思って

販売店を見に行ったら

訳がわからなくなった。

 

 

 

 

だっていまは、検索やスケジュール帳としては使ってないし

写真やメールもあまり使わない。

 

 

 

 

ただ、「持ち運べる電話」としてしかつかっていないのだ。

 

 

 

このうえ、TVだ情報端末だといわれても

たぶん使わない。

いや、使えない。

 

 

 

 

 

かといって、

「ほらおばあちゃん、通話とメールだけができるのよう。

 画面もボタンも大きいでしょう」というのも、

 

なんか、はらたつ。

 

 

 

 

しかし、

本当は君にはすごい能力があるのにね、

お父さんが馬鹿でごめんねえ

 

という気持ちになるのです。

 

 

 

 

 

むー

 

 

 

しかし、皆さんは、パソコンやデジカメや車

そのほか、かしこい機械を

ちゃんと使いこなしてますかっ。

 

 

 

 

 

メーカーの人が泣いちゃうような

使い方をしてませんかっ。

 

 

 

 

ああもう、お父さんが悪かった

いいえ、お母さんがわるいのよう。

なんてことはないでしょうねっ。

 

 

 

 

 

 

  

とりあえず、携帯の買い替えは

少し置いておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

魔女の宅急便って

商品名、商標名が一般名詞になっていることはよくある。

 

「宅急便」はその代名詞である。

クロネコヤマトの宅急便、ですね。

 

むかしNHKのアナウンサーが

番組中「最近は『宅急便』があって便利ですね。」

といっていたのに

再放送では「最近は『宅○便』があって・・・」

と音が消されていたことがあった。

 

 

 

その番組の内容も、何でそんな番組を再放送まで

見たのかも、さっぱり覚えていないのだが

『宅急便』という言葉が言い換えられたという記憶だけは

くっきり残っている。

 

ここでNHKとしては『宅配便』と言わないといけなかった

わけですね。

 

 

映画「魔女の宅急便」

同名の原作があるのでこの題名なのだが

スポンサーにヤマト運輸が入っている。

 

もし、日本通運がスポンサーだったら

「魔女のペリカン便」になっていたかもしれないわけで

 

 

 

 

 

 

それは、ちょっとやだ。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全然OKですよという言い方

「全然OKですよ」という言い方に

抵抗ありますか?

  

 

 

 

「全然」の後には

「・・・ない」という否定の言葉が続くもんだ。

 

だって

「ちっともOKですよ」って言ったら変でしょう。

と、小姑のように思ってたんですよ。

 

ところが昨日

「全然平気ですよ」と言ってしまって、

「あれ?」と思った。

 

 

平気じゃん。

 

 

むー

 

言葉の感覚って変わるんだなあ。

 

 

 

 

 さあ次のうち、不自然だと思う言い回しはどれですか?

 

 

①全然大丈夫です。

 

全然信用してください。

 

全然大好きよ。

 

 

 

②や③はけんかになると思うけど、

どうなんだろう。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

9月6日は将来の天皇誕生日だ

秋篠宮悠仁さまが1歳になられたそうで

おめでとうございます。

 

 

 

9月6日は将来の天皇誕生日になるに決まったわけで

なんかお祝い事を予定している人は

 

9月6日が狙い目だ。

 

結婚式なんかも9月6日にしておけば

将来離婚したときずっと忘れなくて腹が立つ。

 

じゃなくて、祝日なら子供や孫たちが集まりやすいし

第一忘れない。

 

何しろ約束された祝日

 

もちろん祝日になるのは何十年か後になるわけだが

こんな日はもうないぞ。

 

 

 

昨日生まれた子の誕生日も6日にしちゃえ。

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 5日 (水)

言い訳横丁を守れ

大阪梅田の阪神地下街に

言い訳横丁というのがあるのを知っていますか。

 

 

     

幅3m、奥行30cm

の土産物屋が北海道から沖縄まで各県そろっています。

 

 

 

旅行して土産を買ってこなかった人が

言い訳のために買い物をする場所です。

 

 

言い切っちゃいけないけど

 

 

 

しかし、こないだ行ったら

1/3くらいの店がシャッターを降ろしていた。

 

 

 

 

阪急に合併されてどうなるか心配していたが

やっぱりなくなってしまうのかなあ

 

 

 

阪神の地下街ってこれ以外にもいい味のところがあるんだよな

消防法無視、30年くらいタイムスリップしたような飲み屋街とか

 

 

 

 

意図的に、積極的に

残そうとしたんじゃないだろうな、というところが

 

 

またいい。

 

 

 

 

 

 

みんなきらきら、きれいにしちゃ

つまらないよ

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

大阪のおばちゃんって

どうして大阪のおばちゃんは

自信満々にうそをつくんだろう。

 

 

 

京都行きの普通電車に乗っていたら

大阪駅で列車が時間調整のため停車していた。

 

 

 

私は入口の向かい側

反対側に三人組のおばちゃんがいた。

 

 

 

そこに、地図を手にした女の人が乗ってきた。

 

 

 

女の人は少し車内を見渡し、

おばちゃんらにこう聞いた。

 

「この列車は茨木にいきますか?」

 

 

 

説明すると、正解は○。快速ならさらに速い。

というもの。

 

 

快速のことは言わなくても着くか着かないか位は

きちんと説明するだろうと、ぼんやり考えていた。

 

 

 

ところが、「なあ、どやったっけ?」

「つかへんのちゃう?」

「うちわからへん」

「つかへんて」

 

 

という会話だった。

ええっ?

 

 

「つかへんと思いますよ」

わあっ!答えてる。

 

 

 

 

女の人は不安そうな顔で降りていった。

 

 

 

その後、おばちゃんらは

「なあ、茨木止まるんちゃう?」

「あー、そうかなあ」

という会話をほんのちょっとした後

子供の自慢話に戻っていった。

 

 

 

そもそも私が会話の間違いに気がつた時点で

女の人を追いかけなかったのは

ひどいじゃないかという話はある。

 

 

でもあの状況じゃできないよ。

おばちゃんらも怖いし。

「いや私らが教えたのにいやらしい」

 

 

 

自意識過剰じゃなく平然と言うよ。あの人たちは。

 

一番悪いのは、あの女の人

一番聞いちゃいけない、おばちゃんらに聞いたから

 

 

 

今日はこれだけ。

疲れたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

猫に小判

「猫に小判」という言葉には

「やっても無駄」という意味があります。

 

 

 

そこで

 

 

 

 「猫にごはん」

 ・・・早くやれよ

 

 

 

「ニコニコバン」

 ・・・昔そういうキズテープがありました。

 

 

 

「猫に吸盤」

・・・気持ちわるっ

 

 

 

「猫にこんばんは」

・・・にゃー

 

 

 

「猫にコパトーン」

・・・うん、これは無駄。

 

 

 

 

 

さらによく似た言葉に

「馬の耳に念仏」というのがあります。

 

 

 

そこで

 

 

 

「馬の耳にキッス」

・・・無駄

 

 

 

「馬の耳にピアス」

・・・無駄

 

 

 

「ママの耳に念仏」

・・・無駄

 

 

 

 

 

 

もうひとつ、「豚に真珠」という言葉もあります。

 

 

 

そこで

 

 

 

「普段に真珠」

・・・お金持ち

 

 

 

「豚と心中」

・・・何があったんだ?

 

 

 

「部下に真珠」

・・・いけませんわ、こんなもの

 

 

 

 

「○○に真珠」

・・・いいのかい?大抵のやつは

  後になって、取ってくれっていうんだがなあ。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

超すごい男

駅で高校生くらいの女の子が

「超かっこいい」とか言っていた。

 

 

ひさしぶりに聞いた気がする。

 

まだ日常語として生きてたんでんですね。

 

 

 

 

 

この「超○○」という表現を聞いたのは

高校生のときだった。

 

同級生の牧野君が三年生になってからしきりに「超すげー」とか

使い出したのだ。

 

 

まだTVや雑誌でそんな言い回しを見かけなかったころである。

だから最初は超超言う彼を

『何言ってんだこいつは』と思ったもんである。

 

 

それが数年もしないうちに

使われだすようになったから驚いた。

 

 

 

小湊鉄道なんてのに乗ってくる田舎者

もとい

カントリーボーイ

あ、同じか

が、とにかく何でそんな流行の予兆をつかんでいたのか

なぞである。

 

 

 

 

 

 

少なくとも

1980年代半ば、千葉県での使用例としては最初期のもの

だったと思う。

 

 

 

今日、駅での会話を聞いて思い出した。

 

 

 

彼こそ私が知る最大の、「超すごい男」

である。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちの母は浅草生まれである

それはいいのだが、

 

 

 

「あたしは3代続いた江戸っ子だからね。

 あんたらみたいな千葉生まれの田舎もんとは

  ちがうんだからねっ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

と息子に言うのである。

 

 

 

 

 

 

 

  

てめえが千葉に嫁にきたから

俺が千葉生まれなんだろう。

 

 

 

 

 

理不尽だが、親孝行なので

面と向かって文句はいわない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、はらたつ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »