« 根性花見をしよう | トップページ | 新幹線がどこから運ばれるかと考えると »

2008年3月26日 (水)

偽装の代償

一昨年の耐震強度偽装問題の『主役』のひとり

偽装マンションの販売を知っていて行ったとして詐欺の罪に問われた

『ヒューザー』元社長小嶋 進への判決が出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『懲役3年 執行猶予5年』

 

 

 

 

 

重いか?軽いか?

皆さんはどう思われるだろうか。 

 

 

 

 

 

正直、執行猶予がつくとは思わなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『張本人』である

姉歯『ヅラ』秀次元建築士が懲役5年の実刑だったのものも

軽いと思ったが。

 

 

 

 

 

 

 

 

『故意の偽装』というあまりに悪質な事態を

建築士法が想定してなかったからで

現在は改正された。(それでも15年)

 

 

 

 

 

 

 

 

あの事件のとき、全国の『姉歯』さんはいじめられただろうな。

『ヅラ取れ、姉歯ア』とかいって

髪の毛引っ張られたりしたんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて話を戻して

小嶋被告だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

この人の場合、キャラクターで恨みが倍加した面はある。

 

 

TVはおろか国会でも怒声を挙げたり、

 

演歌を出したり自家用飛行機を持ってたり

愛人がいたり、玄関に狛犬が鎮座してたりと

とんでもない『成金』のイメージがあったり、

 

 

 

 

 

決定的だったのは事件発覚直後殺到した取材陣に

「私のことは、『オジャマモン』と呼んでください。」と

勘違い炸裂のコメントをしたことである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、世間的に『ヒール』のイメージが定着した。

 

 

 

 

 

肝心の顧客への対応も誠意あるものとは言えず、

今回の判決に対しては、被害者から

不満の声も上がっているという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かといって刑務所に放り込めばいいという話では

ないのかもしれない。

 

会社も個人も破産して『社会的制裁』は受けた、ともいえる。

 

巨額の民事賠償を求められているが、

というか

そもそもマンションの売主には瑕疵担保責任があるのだが、

このあっさんを逆さにして振っても、脱水機にかけても

びた一文も出ないのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、 

判決がいう『ヒューザーも被害者』という表現には、

違和感がぬぐえない。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに被告は即日控訴、

寛大な判決だと思うのだが

有罪になったのが徹底的に気に入らないらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最期までいいキャラクターだ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこの『事件』では

登場人物のキャラクターが『立って』たなあ。

 

 

 

 

 

姉歯も

小嶋も

正義漢ぶってた、あの検査機関の社長も

 

 

 

 

いい味出してたなあ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんないい年で再就職もできないのだろうし、

いっそのこと

 

 

 

鉄筋工として訓練させ 

 

 

 

『トリオ・ザ鉄筋補強』として

矯正労働とかを科したほうがいいんじゃないか?

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、それって懲役か?

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

|

« 根性花見をしよう | トップページ | 新幹線がどこから運ばれるかと考えると »

ふしぎなひととものたち」カテゴリの記事

コメント

あんな強気な態度で執行猶予がつくなんてとても信じられません。
散々ユーザーを欺き自分は良い思いをしてきて刑が軽すぎます。
まして即刻控訴だなんてふざけんなですよ。

投稿: konchan | 2008年3月27日 (木) 10時48分

 執行猶予付き、ですか。意外ですね。
 詐欺罪どころか、殺人未遂、重過失致傷(マンション購入者への精神的な苦痛『傷害行為』に対して)なども勘案すべきだと思いますが…
 最近の裁判にはおかしな判決が多いという気がしています。2、3の事例でそう思います。
 ガリ勉で中、高、大学生活を送り、世の中を知らないまま、司法修習生になり、中でも一番のカタブツが裁判官になっているのだから、彼らには、物事を立体的、総合的に判断できる経験値も資質もないのではないかと危惧しています。
 
 

投稿: fou | 2008年3月27日 (木) 11時25分

建設関係は、昔からいろいろな意味で守られてきてましたから、偽装が発覚しただけでも進歩ですね。あれ以来、諸官庁に出す書類が増えたり、なかなか許可が下りなかったりで中小の建設関係の方が困ってました。まじめにやってる人もいるのに・・・・・。

投稿: 富山市中心街通信 | 2008年3月27日 (木) 19時23分

konchan さんありがとうございます。
執行猶予はかなり意外でした。
明らかな詐欺だと思うんですが
甘いですね。
即日控訴は、あのおっさんらしいな
とは思いましたが。
たぶん最高裁まで行くでしょうね。
 
fou さんありがとうございます。
詐欺でしか立件できないのは
法律が甘いからでしょうね。
「ヒューザーも被害者」という
判決文には心底あきれました。
ローンを抱える身として
被害者の方の無念はほんの少しですが
わかるような気がします。
 
富山市中心街通信さん
ありがとうございます。
たしかにあの事件以来の確認申請の
遅さは異常です。
「建築確認不況」という言葉が
できるくらいだからとばっちりですね。

投稿: natsu | 2008年3月27日 (木) 23時17分

出ましたね、判決・・・私も(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!でした。執行猶予?なんじゃそりゃ
?!てなもんで、何でそんなものが必要なのか訳わからんthinkって感じですよ。
彼らはもっとその罪の重さを知るべきですよ。国土交通省は、監視があまいangry
不動産を舐めとんのかぁ~annoy
今回我が家もそうだったけど、もっとその方面の資格者に対して厳しく管理して欲しい。
国家試験、国家資格とか言って持ってる人間の認識が非常にあまい。試験ももっと厳しくして欲しいし、面接とかして本当にその人にその資格を与えても大丈夫なのかを見極めていただきたいものである。
権力の上に胡坐をかいて、大した仕事も出来ないのなら「さっさと辞めちまannoy
って、今回仕事をクビになったからいう訳ではありませんが、皆もう少しちゃんと仕事しようようdown・・・ね♪(* ̄  ̄)b “(--;)ウン・・・

投稿: 紗々凛 | 2008年3月28日 (金) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/11828758

この記事へのトラックバック一覧です: 偽装の代償:

» かんたん■ロング・イコカ・ユーザンス [かんたん■ロング・イコカ・ユーザンス]
かんたん■ロング・イコカ・ユーザンス [続きを読む]

受信: 2008年4月 7日 (月) 02時39分

« 根性花見をしよう | トップページ | 新幹線がどこから運ばれるかと考えると »