« オーズモウ ワールドシリーズ | トップページ | taspo新商売 »

2008年5月25日 (日)

千葉市4位の相撲少年

昨日の日記で相撲についてえらそうなことを書いたが

 

 

 

 

 

ちゃんと理由がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は私は相撲で千葉市4位だったことがあるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中学3年の夏休みの話であった。

 

 

うちの中学には当時すでに相撲部はなかった。

それでも毎回千葉市大会には参加していて

そこには柔道部が参加していた。

 

 

 

 

 

ところがその年は相撲大会と柔道の大会の日程が重なり、

当然、柔道部は参加できないことになった。

 

 

そこでリタイアしないのがうちの中学の変なところで

部活をやってない連中を集めて、臨時の相撲部を作り

参加することになった。

 

 

 

 

集められたのが私をはじめとする3年D組の6人で

全員部活をやっていないというのだけが共通点で

相撲はもちろん運動全般はまったくだめな連中であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまから思えば、

レギュラーじゃない柔道部員を出したほうがまだましだったはずで

なぜ、運動音痴の連中を集めたのか

なぜ、3-Dだけだったのか不思議なのだが、

 

 

部活をやってないわれわれに

3年の夏休みの思い出をくれようとしたのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、急ごしらえの臨時相撲部は編成から2週間

まわしの締め方と、すり足の練習だけして

試合に臨むことになった。

 

 

 

 

 

何しろ基本中の基本『股割り』をやらせると

全員が痛さのあまり悶絶するという体たらくで

しこを踏ませると、ぺちっぺっちっと

情けない音を立てるのであった。 

 

 

 

 

 

 

 

そんなだめだめなメンバーの中で

私も運動神経はまったくなかったが

馬鹿力だけはあったのでひそかに期するところがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそうして望んだ試合当日。

相撲大会の観客は少なかったが、

会場は国体をやった屋根つきの立派な土俵であり

大変緊張した。

 

 

 

 

 

当時でも中学生に相撲人気は低かったが

わが校以外はみんな本気相撲部

あんこ型の立派な体をしてらっしゃる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなやつに個人戦で当たったらまったくだめで

まわしをとる前に突き出されるか、

まわしをとってもびくとも動かず

ああっという間に寄り切られた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも団体戦では私が勝利をあげ

みごとわがF 中Aチームを『千葉市4位』に導いた。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が千葉市4位の相撲中学生だったというのは事実である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

 

 

 

 

参加チーム5チーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも5チーム中2チームが、うちの中学。

あまりの相撲人気のなさで参加校は千葉市全体で4校。

 

 

4位5位、といえば聞こえがいいが

要はドベとブービーである。

それがうちの中学。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

うちのチームが4位になったのは

私の1勝があったからというのは事実だが

その相手はうちの中学のBチームの大田君。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加しないほうがよかっただろうという戦績。

柔道部の補欠のほうがよっぽどよかったはずだ、

と書いたのもわかるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、でも楽しかった。

ありがとう篠崎先生。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで相撲は好きです。

 

 

 

 

 

 

あんまりくわしくはないけどね。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

|

« オーズモウ ワールドシリーズ | トップページ | taspo新商売 »

そんな時代もあったよね」カテゴリの記事

コメント

最初から読んでくると随分俄仕込みの臨時相撲部にしては大したものだなぁと思いきや最後に全部で5チームという落ちがあったなんて・・・(笑)

投稿: konchan | 2008年5月26日 (月) 13時49分

こんにちは♪*^▽^)σ
いつも訪問&コメントありがとうございます。
訪問が遅くなりご迷惑をかけました
岩盤浴で免疫力バージョンアップしましたので絶好調です。
老体には岩盤浴が最高ですね(^▽^笑)

いい思い出ですね
青春時代はなんでもチャレンジしないといけませんね、どんな能力があるか分かりませんから・・・
拍手 パチパチパチパチパチパチ
♪ポチッ凸ヽ(。・ω・)ノ

(^▽^笑)『 笑う門に福来る 』

投稿: 桜パパの≡⊂⌒⊃≡Slowlife | 2008年5月26日 (月) 14時43分

アハハ 落ち付きねww

ドベ という 方言懐かしい♪

私静岡に引っ越してきて すごいまねされて使わなくなったけれども やっぱり今でもとっさに出る言葉は
「ドベ」ww

応援p

投稿: 梨奈です。 | 2008年5月27日 (火) 16時45分

意外!意外だった!natsu殿が相撲…(シュッとしたクールな少年をイメージしてたので…笑)
私の中学は何故か相撲に力を入れようとしてた(入れようとしてたのね…これポイント)
体育祭では男子全員、相撲体操という謎の体操をやらされてたし、校庭の隅っこに相撲部屋らしきプレハブ建てられてたし…(爆)相撲部員はメタボ男子とヤンキーでした(泣)
埼玉にまだ殆ど相撲部が無かったから…県大会行ってました…gawk

投稿: あいぽん | 2008年5月28日 (水) 08時12分

konchanさんありがとうございます。
最後に落ち、確かに
落ちをつけるつもりは
なかったんですけどねえ。

桜パパの≡⊂⌒⊃≡Slowlifeさん
ありがとうございます。
いつもご苦労様です。
中学生のころの遊びは記憶に残ります。

梨奈です。さんありがとうございます。
『ドベ』って方言なんですね。
そりゃそうか。
別に落ちをつけようと
思ったわけじゃないですけどね。

あいぽんさんありがとうございます。
クールかどうかはともかく
いまよりずうっと痩せてましたよ。
県大会なんて遠すぎる。
うらやましい。

投稿: natsu | 2008年5月31日 (土) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/21169272

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉市4位の相撲少年:

« オーズモウ ワールドシリーズ | トップページ | taspo新商売 »