« 痛風は天才? | トップページ | ワイパーの液が出なくて »

2008年5月13日 (火)

京都の未来建築

京都で町屋風のコンビニができているんだという。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

この記事の写真について触れたいので取り上げました。 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんじゃこりゃ

 

 

 

 

 

 

 

このファミマはなんだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情けない屋根と

文字通り『とってつけたような』ファミマの例の看板。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが『古都・京都』らしいコンビニの新しい姿なのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ばかじゃなかろうか。

 

 

 

 

 

しかも記事の論調がこれを

『京都らしい商業施設のデザイン』として

褒め称えているのが腹が立つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事の写真の中では『モンブラン』のデザインがましだと思うが、

それでも実際に見たらどうだろう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに京都の景観条例というのは

むかしから日本一厳しくて

あのマクドナルドでさえ看板の色を変えられたくらいで

 

 

 

 

 

 

さらに去年からより厳しくなって

ビルでも勾配屋根をつけろとか

まことにうるさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし考えてほしいのは、

そうまでして守ってきたはずの

京都の町並みはいま美しいか?

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカがお情けで空襲しなかったのに

むかしの町屋が並んでいるのは

祇園とか観光化された一角だけ。

 

 

 

 

 

 

 

街中の町屋も町並みとしての連続性はなくなり、

点在するだけで、しかもマンション業者などに狙われている。

 

 

 

 

 

 

 

 

かつて建設会社にいて町並みを壊す側にいたほうとして

なんとも弁解の仕様がないが

だからこそわかる裏側もある。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

  

日本の大都市の中で京都は街中の高層化が

一番進んでいない。

開発業者から見れば、白紙のような町なのだ。

 

 

  

 

 

 

だから狙われる。

開発は避けられないのであって

せめて色やデザインで町並みの一体性を守ろうよ

というのはわからなくはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもその結果があの民芸風そば屋にも劣る

ファミマだとしたら情けない。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

あれが並び立つのが未来の京都かよ。

いいんだなそれで。

 

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、そんな生意気なこと言うんなら

てめえがデザインしてみろよといわれるんだったら

仕事ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれよりはましなのを作るから。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

|

« 痛風は天才? | トップページ | ワイパーの液が出なくて »

ふざけんなよ、こらあ」カテゴリの記事

コメント

記事で「よろしおすなぁ~」って言っとりますよ…。どうかな…(苦笑)あれ?まだ工事途中かな?って感じにも見える…。建築の事はよく知らないですけど…natsu殿!京都は頼んだ!

犬の年齢あらためてチェックしてみました♪
面白い♪有難うございます!

投稿: あいぽん | 2008年5月14日 (水) 13時46分

なんじゃぁこりゃぁとはごもっともで、このセンスの無さはただ単に条例によるものだけなのか?
建築のことは良く分かりませんが、素人でももう少しましなデザイン考えそうです。

投稿: konchan | 2008年5月14日 (水) 17時09分

デザインは、主観なので
どうこう言うつもりはないですがw

京都の景観を守る!というポリシーは
好きですよ♪

投稿: 渚☆彡 | 2008年5月14日 (水) 17時12分

こんにちは♪*^▽^)σ
いつも訪問&コメント感謝しております。
昨晩の嵐は嘘のような晴天の青空の大阪です。


写真見たかったです
興味深々・・・(^▽^笑)
♪ポチッ凸ヽ(。・ω・)ノ

中国は救援物資受入れ拒否しましたが何を恐れているのでしょう?
あなたのBlog更新楽しみにしています。
『笑う門には福来る』(*⌒ー⌒笑)o

投稿: 桜パパの≡⊂⌒⊃≡Slowlife | 2008年5月14日 (水) 19時33分

やばい 病室で一人で笑っちゃったww

面白すぎる。

でも 確かに京都は京都らしさを失ったただの観光地。

好きだけれども なんとも悲しい現実だね。

応援p

投稿: 梨奈です。 | 2008年5月14日 (水) 20時11分

まさに「特別仕様」。gawk
デザインを条例や規則(しかも枝葉末節)で制限しようとすると、ぜったい「抜け道」を探すバカが出てきますな。
あるいは 空気が読めないだけ なのかも。

投稿: 六郎 | 2008年5月14日 (水) 21時10分

 つい最近「京都は凄い」と思い知らされたことがありました。それは「千本鳥居」という神社の鳥居のことです。赤く塗った鳥居が無数に連なっている形式で、一例が東京の根津神社内の乙女稲荷神社にあり、青葉若葉の中で綺麗でした。これは元禄時代の造営物でした。
 しかし「千本」とはいうものの、実際は百本あるかないかで、乙女稲荷の千本とは「多数」の意味なのでした。
 ところが…
 その後「千本鳥居」のことを調べていたら、京都の伏見稲荷の千本鳥居が本家本元であることが分かりました。ここは稲荷山という山全体に無数の鳥居があり、その数は1万本というではありませんか!
 特に「千本鳥居」と呼ばれている一角は3千本が連なっているのだそうです。
 このスケールの大きさ!驚きです。
 natsu さんの感覚と合致するかどうかわかりませんが、私はチマチマしたワビサビよりも、どーんとでかい京都の意匠を見たい気がします。
 この週末は京都に旅します。稲荷山に登って、雄大な京都をじっくり見てこようと思っています。

投稿: fou | 2008年5月14日 (水) 23時55分

私は建設関係は全くのシロートですが、
パッとみた写真でも、
「なんだこれ?」
と思いました。

京都だけでなく、どこもかしこも開発、開発…って、同じようなビルばかり建てるのが開発とは思えないのですが…。

投稿: ともとも | 2008年5月16日 (金) 00時47分

日本伝統の職人だけがその町に
作れるように規制しないと、あ
とあと大変なことになるような
・・・。

投稿: 富山市・中心街通信の管理人 | 2008年5月16日 (金) 03時53分

あいぽんさんありがとうございます。
京都は任された(笑)
ドッグイヤーは新鮮ですよね。

konchanさんありがとうございます。
ていうかこれが京都かよと思うと
脱力します。情けない。

渚☆彡さんありがとうございます。
守るべき景観があればいいけど
あのファミマじゃね。というのが
正直な気持ちです。

桜パパの≡⊂⌒⊃≡Slowlifeさん
ありがとうございます。
一応中国も救援隊の受け入れを
了承しました。
日中友好に役立つといいですね。

梨奈です。さんありがとうございます。
京都にも普通の家が当たり前だけど
あるんですよね。
観光化された家しか見られないのは残念。

六郎さんありがとうございます。
ほんとにねえ。枝葉末節の
文書の切れ端でできた建物ですよ。
恥ずかしいと思わないのかな。

fouさんありがとうございます。
雄大な京都ってのは実は実感が
わきませんでした。でも伏見稲荷は
すごいかもと今は思ってます。
どうぞ京都を楽しんでください。

ともともさんありがとうございます。
ぱっと見た目の印象が大事です。
そこでほとんど正確な批評が出てきます。
あの写真が変だったら変。
 
富山市・中心街通信の管理人さん
ありがとうございます。
確かに職人さんの意見というのは
貴重ですが、町並みに関しては
われわれプロもいるわけで
お互い意見を出し合える
関係になればよいなあなどと
思っております。

投稿: natsu | 2008年5月17日 (土) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/20936694

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の未来建築:

« 痛風は天才? | トップページ | ワイパーの液が出なくて »