« 『トレノ』って今もあるのかなあ? | トップページ | 天窓落死事件ってなんだ? »

2008年6月18日 (水)

宮崎死刑

宮崎勤死刑囚の刑が執行された。

(毎日新聞のニュース)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この事件で宮崎が処刑されたことを

弁護する気はまったくない。

 

 

 

 

 

 

4人の子供を殺した事件の重大性。

『死体を食べた』という猟奇性。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼の父親も自殺してしまったが

そういう立場の人が巨万の富を使って

世界的に優秀な弁護人を雇ったとしても

死刑だろう。

 

 

 

 

 

私が裁判員だったらそうする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ死刑執行のニュースを見るまで

そんな昔の事件だったのか、と

意外な気がする。

1988年って20年前だよ。

宮崎死刑囚は一生の半分を逮捕・拘禁されてすごしたわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1980年代後半というのは

『死刑廃止』が『世界のトレンディ』だった時代である。

 

 

 

 

 

 

『アムネスティ・インターナショナル』のHPによると今現在死刑を

制定していない国は92カ国だそうである。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、こういう情報はいろいろ注意しなくてはいけなくて

アムネスティの挙げている『国』と

国連加盟国はともに197カ国。

おんなじじゃないかと思ったら

アムネスティのカウントには

国連非加盟のバチカン市国があったりして小国は微妙に違う。

(ローマ教会は国連にオブザーバー資格で参加してたりして

またややこしいのだが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに 

『日本が国家承認している国』とか

『日本と国交がある国』とかまたそれぞれ違っていて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歴史的な要因があったりしてわかりにくいのだが、

まあ大体『世界の国は200』と覚えておいて間違いではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

話を戻すと本題は死刑だ。

アムネスティのいうとおりなら

世界の半数の国は死刑廃止をしているということなのだが。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少なくとも今の日本では

『死刑容認派』が多いのではないか?

 

 

 

 

 

 

 

 

最大の理由は日本史上最悪の

『オウム真理教』による一連の犯罪だったわけだが

この宮崎事件も世論の動向に

大きな影響を与えたはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何しろ昔は

『私が在任している間は

死刑執行書にサインしません』と

公言していた馬鹿が法務大臣をやっていた。 

 

 

 

 

 

 

60~70年代の頃である。

 

 

 

 

 

 

最近でも1990年に就任した左籐大臣は

坊さんで執行書へのサインを拒否したそうである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

殺生できないんなら

坊主が法務大臣になるなよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死刑がいいという事はもちろん思わないのだし

ないに越したことはないんですけどさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、あの宮崎の顔を見なくてすむと思うと

ちょっといい気味かもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん事件を風化させちゃいけないんだけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

|

« 『トレノ』って今もあるのかなあ? | トップページ | 天窓落死事件ってなんだ? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

秋葉原の事件と言い、最近は「誰でもいい」って言ってる奴が多い。

「誰でもいいなら、親・兄弟や親戚でいいじゃん。なんで関係ない人を・・・」って言うのもあるが・・・

裁判員制度で、こんな残酷な事件の裁判やるのかなぁ?

投稿: fcsoto | 2008年6月19日 (木) 00時56分

fcsotoさんありがとうございます。
秋葉原の事件といい無差別殺人というのは
やり切れませんね。
宮崎の事件も幼女への嗜好性はあったにせよ個々の対象は事実上無差別
だったわけですし。
裁判員には正直なりたくないです。

投稿: natsu | 2008年6月19日 (木) 22時22分

お久しぶりです。
同感。

母子殺人も同様。

私の場合 殺害された人と同じ方法で死刑を

何人も殺した人は 一人ひとり殺した方法を使って 名医が生き返らせて また同じ方法で 最終的にって 考え。

過激な発言になるが 簡単に死刑では気がすまないのは 残された人たちだと思う。


応援p

投稿: 梨奈です。 | 2008年6月20日 (金) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/21719881

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎死刑:

« 『トレノ』って今もあるのかなあ? | トップページ | 天窓落死事件ってなんだ? »