« まちなかTAX FREE | トップページ | まちなかTAX FREEの真実 »

2008年10月27日 (月)

ピカッとドンッ

軽飛行機で広島市上空に白煙で『ピカッ』と書いた事件で

このパフォーマンスをした

『芸術家集団 「Chim←Pom(チン←ポム)」』

主宰者が被爆者団体に謝罪した。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうだろうこれ。

アートパアフォーマンスとしては、よいうより

なんだか頭の悪い小学生の思い付きを実現しただけのようで

程度が低い。

 

 

 

 

 

当然被爆者団体は『原爆の閃光を思い出させる』と

おかんむり。

 

 

 

 

  

 

 

 

 

ところが、この広島で同じ時期

原爆ドームの後ろで黒い花火をあげる

というパフォーマンスがあった。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうだろうこれ。

悪趣味という意味では

似たようなもんじゃないか?

 

 

 

  

 

 

しかしこちらのパフォーマンスは

好意的に受け取られている。

 

『第7回ヒロシマ賞(広島市など主催)に選ばれた

中国人現代美術作家の蔡國強さんが25日、

広島市中区の太田川河川敷から黒色花火を打ち上げ、

原爆犠牲者への鎮魂と平和への願いを表現した。

…迫力ある演出に平和記念公園などで

見ていた市民からは拍手が上がった。』

 

 

 

 

 

第7回ヒロシマ賞受賞者の重みなのか?

それもあるだろうけど

事前の根回しをきちんとしていたかどうかの

違いだろう。

 

 

 

『ピカッ』のパフォーマンスは

市の美術館の企画展にあわせて計画されたが

断られたためゲリラ的に行われたんだそう。

 

 

 

 

 

「Chim←Pom(チン←ポム)」のリーダーは

『…告知して市民に見てもらう努力が必要と再認識した』と

話している。

 

 

 

自分たちの失敗の理由を理解しているようだ。

って言うか、悔しかったらしい。

 

 

 

 

しかしこうなるとアートと悪ふざけの

境目ってどこにあるんだろうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

事前に被爆者団体にプレゼンしておけば

 

『全身やけどのメークをして

ぼろぼろの衣装を着て

100人で市内をパレード』というのも

アートになるのか?

 

 

 

 

 

 

 

いやさすがに悪趣味だって怒られそうだ。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

|

« まちなかTAX FREE | トップページ | まちなかTAX FREEの真実 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございました。

確かに、どっちも「どうなんだろ?」と思います。
アートって難しいですね。
でも、ゲロニカはわかります。

こんなパフォーマンスがアートなのかなぁ。素直な感想。

投稿: ユウユウ | 2008年10月27日 (月) 19時06分

今晩は♪(〃^∇^)o_彡
初めまして桜パパです。
訪問、コメントありがとうございます、感謝

広島の空に・・・
ほんとに小学生のイタズラレベルですね

被爆地の人たちは気持も考えないで・・

これからも宜しくお願い致します。☆彡

ポチッ!~凸。゚( ゚^∀^゚)σ゚。

今日も(*⌒ー⌒笑)o『笑う門には福来る』

投稿: さくらPaPa ≡ Slow life | 2008年10月27日 (月) 22時48分

どちらも悪趣味だと思います。
あの痛々しい出来事は二度と同じことを繰り返さない為にも忘れてはならないけれど、それをいたずらに連想させるのはどうかと。
ほんと、これがアートになるなんてびっくりです。
未だに小学校の修学旅行で行った広島で歌った歌が頭から離れません。それほど子供心にも強く印象に残った出来事なのに…世の中には色んな考えの人がいるんですね…少しショックです。despair

投稿: せづね | 2008年10月27日 (月) 23時49分

 芸術って難しいですね。特に現代美術は・・・。でも、人の心を動かしたという意味ではスゴイのかなとも思います。戦争体験者が少なくなっている今、もっと経験の話を後世に伝えていってもらいたいです。

投稿: 富山市中心街通信 | 2008年10月28日 (火) 09時15分

今日は。
「ピカッ」っていうあれですが、σ(^_^)には落書きとどう違うのかと言いたいです。
芸術というには、あまりにも中身がない。
曲芸と思えますけどね、σ(^_^)には。
事前に申告したとしても、ちょっと考えなしな内容だと思います。

投稿: まさき | 2008年10月28日 (火) 14時28分

アートねぇ~
とてもアートとは思えないんですけど・・・

投稿: ゆきりん | 2008年10月28日 (火) 17時20分

ユウユウさんありがとうございます。
確かにどちらも
アートとは思えません。
堂々とやるところが
アートっぽいっていうか。
 
さくらPaPa ≡ Slow lifeさん
ありがとうございます。
あの『ピカッ』は
どう考えても小学生のいたずらで。
なさけない。
 
せづねさんありがとうございます。
『アーティスト』の中には
こういう自虐的な表現が
アートだと考えしてる連中がいます。
日曜美術館で紹介されたりすると
だまされるので気をつけましょう。

富山市中心街通信さん
ありがとうございます。
現代美術だとおもうから
わかんないんで
わあわあ言ってたら意外に
いいところに落ち着くとおもいます。
 
まさきさんありがとうございます。
「ピカッ」っていうあれは
落書きだよ。
悪趣味な。
事前に相談されても困るよね。
 
ゆきりんさんありがとうございます。
アートって難しいですね。
って言うかこれだけ常識から
離れたらアートじゃねえよ。
って言うか『ピカッ』は
アートじゃねえよ。

投稿: natsu | 2008年10月29日 (水) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/24779156

この記事へのトラックバック一覧です: ピカッとドンッ:

« まちなかTAX FREE | トップページ | まちなかTAX FREEの真実 »