« 犬小屋の毛布よりいやだ | トップページ | 盆踊り »

2009年8月21日 (金)

週刊 鉄道模型

今日になって『週刊 鉄道模型』という雑誌のCMがやけに流れる。

 

毎号の付録のパーツを組み立てていくと、

リアルな鉄道模型が出来上がるという

そんな雑誌らしい。

 

 

 

 

 

TVCMの画がすばらしく精密なので検索したら、

こんなページが出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全75巻。

 

 

 

 

  

週刊だから、1年半です。

そら精巧にできるわな。

 

  

 

鉄道模型を『趣味の王様』というらしいが、

あれ、それは帆船模型だっけ?

 

  

まあ『王様』じゃなくても相当ランクが上の部類だとは思う。

 

 

 

 

 

 

ちなみに全巻購読費用、119,600えん也。

うわあ。

 

 

もちろん、雑誌本体にも記事がちゃんと載ってるわけだが

この手の本については、

模型が付録なのか

雑誌が付録なのかよくわからない。

 

タイトルからして、雑誌のほうが付録なんだろうな。

  

 

 

趣味の話で、費用のことを言うのは野暮だとは思うが

ガンプラの馬鹿息子のように、

おかんに捨てられちゃったりしないだろうか?

 

 

 

さらに、それだけの期間情熱を維持できるだろうか?

少なくとも私にはできない気がする。

 

 

 

  

 

 

 

 

捨てられないまでも、

建設中止の憂き目に会った安土城なんかは

日本中にあるような気がする。

 

 

 

 

さっきリンクを貼った講談社のHPには

この雑誌に関するQ&Aがのっていて、

そのなかのひとつにこんなのがありました。

 

 

 

 

 

Q:何号目で車両は走るようになりますか?

A:車両がつくのは創刊号ですが

  25号で動力ユニットがつき動くようになります。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

最低、半年がんばれと。 

 

 

 

 

さすが王様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の一枚』

 

 

 

その格好で、真顔で写真に写るのはやめたほうがいいと思う。 

Selection_218_102  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

|

« 犬小屋の毛布よりいやだ | トップページ | 盆踊り »

おこられませんように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/31040002

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊 鉄道模型:

« 犬小屋の毛布よりいやだ | トップページ | 盆踊り »