« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の投稿

2009年10月31日 (土)

そんなことまで書くんじゃないっ

『ソフトバンクモバイルのテレビCMの「お父さん」役で

人気の北海道犬のカイ君(6)が「見合い結婚」した。

お相手は胆振管内むかわ町の灯希奈(ときな)ちゃん(2)。 』

(北海道新聞)

 

 

 

 

『ソフトバンクのお父さん』といえば、

さだまさしの歌に感心していた、あのひとですね。

ひとじゃないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でまあ、彼がお見合いしたのだと。

大変ほのぼのした話題だね、と思って見ていたが

よく見るとこの新聞記事ちょっと変だ。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

『お見合いは27日、行われた。

居間に通されたカイ君は

一目ぼれで一直線にゴールインした。』

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

はい?一直線?

 

ゴールイン?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『多忙なカイ君はわずか1時間の滞在だったが、

灯希奈ちゃんが懐妊していれば、

年内にも本物の父親に。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ええっ。『お見合い』ってそういう意味だったの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

カイ君、はやっ。

 

いろんな意味で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

っていうか、『居間』でやるなよ。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のタイトルは

カイ君の心の叫び、です。

 

 

 

  

 

彼のあの声のつもりで読んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

では、『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

そんなに釣れるの?ここ。 

Selection_233_24  

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年10月30日 (金)

ハロウィン

三宮の東急ハンズに行った。

用事があっていったわけではなく

覗いただけだが

もう、ハロウィンではなくて

店頭の正面はクリスマスツリーだ。

ちょっとびっくりである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝10時半にツリーがきらきらしているのを見ると

なんかうらやましい。

みているとしあわせな気持ちになるけど

今日なんか暑いのでいろいろ間違っている気がする。

 

 

  

 

 

高さ2mオーナメントなしで2万円というのは

じつはちょっとお買い得のような気もする。

 

すごくほしい。

こういうのは店頭ではすごく安く見えて

買って帰るとばかばかしく高く思えるからいやだ。

  

かろうじて買わないのが独り身の誇りか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし『2分割できて収納もすっきり』

みたいな宣伝は余計だ。 

  

高さ2mのクリスマスツリー、

しかも一年で半月しか出さないものを

しまって置ける家、というのは

すごいなあ。と

思わせとけばよろしい。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

貧乏なくせに 

ああいうのを勢いで買うのは

新婚のうちなので

気をつけろよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんな意味で自戒を込めて言う。

気をつけろよ。

 

あー邪魔。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だれに言ってるんだか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?円楽さん亡くなった?

 

  

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

Happy Halloween

Best_halloween_ads_03 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年10月29日 (木)

完璧ケアのプロポーズプラン

『(神戸市垂水区のホテル)セトレの

「劇的プロポーズプラン」

披露宴会場やスイートルームが入った別棟を

丸々貸し切ってのディナーや宿泊が含まれ、20万円から。 

事前に数回の打ち合わせを重ねた上で、

当日はスタッフ5人が裏方に。

断られたら男性スタッフが翌朝まで「やけ酒」に付き合う。』

(共同通信)

 

 

 

 

 

 

へー。

 

 

 

 

  

少子化や晩婚化のせいで、結婚式の数は減少。

いまや、プロポーズを演出するこういうイベントは

このホテルに限らず全国で盛んなのだそうだ。

 

  

 

 

 

 

 

かつての日記で、こんなイベントを紹介した。

 

カップルを船に乗せてクルージング。

明石大橋のイルミネーションの下でプロポーズ。

成功するといろいろお祝いをしてくれる。と

 

しかし、振られたらどうするんだ?、と書いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで今回の

『振られたら「やけ酒」に付き合いますプラン』である。

 

まあ、話題づくりのためのしゃれだとは思うが、

しかし、

 

ほんとに面倒くさいやつが来ちゃったら、

どうするつもりだろう。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『おうい、酒がないぞお』

 

『お客様、そろそろ始発のお時間です』

 

『まあだ、夜は明けてないじゃないかあ。

クリスマスなんてのはなあ、

一年で一番夜がながいんだよお。

やまざきっ お前チーフだろうっ。酌をしろっ』

 

『ひー』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ぼくはねっ、皆さんの言うとおりにやったじゃあないですかっ。』

 

『いえ、もう。すばらしかったと思います。』

 

『ひざまずいて、花束を渡そうとしたら、

彼女、思いっきり引いちゃったじゃないですかっ。』

 

『いいアイディアだと思ったんですが』

 

『バラの花束だって一万円分があんな大きいものだなんて

教えてくれなかったじゃないですかっ』

 

『あー、電車でお帰りだと思わなかったもので』

 

『ぼくが今こうして「やけ酒」飲んでるから

彼女は電車で帰ったんでしょうがっ』

 

『あー』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、こんな客いないだろうけど。

 

っていうかそういう演出されて振られるやつおるんかいな?

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただでいい、と?

Ae329ed4s  

 

しかもおかずセットって。

 

  

  

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

CM女王 石鹸 チューリッヒ

2009年上半期のCM女王は

上戸彩 仲間由紀恵 相武紗季 などなのだそうだ。

(産経新聞)

       

 

 

 

 

 

 

 

絶対違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CM女王は、真矢みきだ。

 

 

 

 

 

 

 

昼間のTVを見ている限り、そう思う。

 

 

感に堪えるように石鹸を褒めて勧めてくる、

変なおばちゃん(この人45だって、美人はいいな)

だと思っていたら、

最近は化粧品なども宣伝している。

さらに、アイスだの、飴だののCMに出ていて

昼間のTVでは、30分に一度は見かけるような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

昼は、化粧品や健康食品のCMが多くて、

女性はこういうのを見て

つい買ってしまうのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと真矢みきとは関係ないけど

昼間に多いCMは、保険だ。

『50、80よろこんで』の生命保険や

 

そのほかにも、ずーっと気になっているこんなCMがある。

 

 

 

かつて書いたのをもう一度書くが、 

 

 

 

 

チューリッヒの自動車保険のCM

なんであんなに、オトコに迫ってくるのだろう。

 

 

助手席から、いろいろいうのはともかく

運転席に体を寄せてくるのはどうなんだ?

 

 

 

『あー、自動車保険が来月切れるな』

『はい』

『CMで有名なチューリッヒというところに変えようと思うんだが』

『何でですか?』

『ほら、一番いいって評判なんだよ』

『反対です』

『なぜ?』

『あの女にたぶらかされてるんでしょう』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこんなCM。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あのCMはおっさんには効くと思うが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

かっこいい映画館

Daily_picdump_271_111_2  

 

こういうセンスは、日本にはないね。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (5)

2009年10月26日 (月)

姫路モノレール公開

『昭和40年代に姫路市の国鉄(現JR)姫路駅と

手柄山公園の手柄山駅の約1・8キロを走った

旧姫路モノレールが11月15日、

運転休止から35年ぶりに1日限りで公開されることになった。』

(産経新聞)

 

 

 

 

大学に入って初めて姫路に遊びに来たとき、

こんな風景を見て驚いた。

240pxhimeji_monorail_daishogun_stn  

 

 

建物もあれだが、

右に見える軌道は何だ?

 

これが、駅の南側にずーっとのこっていたのだ。

 

 

 

気になって調べたら、

『姫路モノレール』というもので、

なんと昭和41年に作られ、

たった8年間で休止、

そして昭和54年に廃止された

『幻のモノレール』だということを知った。

 

 

 

写真はWiipediaからのもので

唯一の途中駅、大将軍駅。

 

 

 

初めてみたときは、

まだ廃止から数年しかたっていなかったので

いやに細い単線コンクリートの軌道桁が、

ほぼ全線にわたって残ってました。

 

 

 

  

すごく印象的だった。

  

 

 

廃墟とはこうも美しいものか。 

 

鉄ちゃんの一分野に

『廃線マニア』という人たちがいる。

その気持ちがわかる気がした。

 

壮大な構想はあったらしいのだが、

とりあえず開業したのはたった1.6kmで

推進した市長が落選して延伸もできず、

料金も高くて客は激減。

メーカーが撤退して部品の供給も怪しくなって、休止。

という経緯もいろいろと興味深い。

 

このモノレールについては、

こちらのサイトがすごく詳しいです。

モノレールのしおり

 

  

  

 

 

 

 

今も軌道の一部と、大将軍駅、終点の手柄山駅が

残っており、手柄山駅には当時の車両がある。

 

冒頭のニュースはそれが見られる、というもの。

将来的には、常設的に公開できるようにするんだそうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

ふーん、なつかしい。

いってみようかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

暑そうだなあ。

Daily_picdump_270_01  

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

銭湯であった怖い人 解答編

むかし、

銭湯で背中に刀傷のある人が入ってきて、

大変怖かった。という記事を書いた。

(銭湯であった怖い人)

 

 

自分の記事をリンクするのは申し訳ないが、

一度読んで欲しい。

 

 

 

 

 

開店直後 

私がひとりで体を洗っていたところに入ってきた

その人の背中を見て呆然としたところ、

一分で出て行ってしまったという話だ。

あの記事では、

その理由がわからない、というところで終わっていたのだが、

一年半たった今日、気づいた。

 

 

 

 

 

『あの人は客のいない時間を

狙って入っていたのではないか?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラックジャックにそういった話があったんですよ。

久々に読む機会があったんで思い出した。

 

体中に手術の縫合跡があるブラックジャックが

人に見られるのを嫌って

開店直後に入ることにしていた銭湯で出会った

おっさんとの会話から始まる話だ。

 

 

 

そうか、あの刀傷の人も、

私のような無遠慮な好奇の視線に

自分の身体がさらされることを嫌っていたのか。

 

  

 

 

 

うーむ、20年越しの疑問が解けた。

申し訳ないことをしたような気がする。

 

あの人がこの日記など見ることはないだろうが、

謝っておきたい。

すいませんでした。

 

 

 

 

 

変な日記になったが、

長年の疑問が解けて

個人的には憑きが落ちたような気がしてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

はるかに上手。

Selection_241_06

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

流星のおもいで

オリオン座流星群とやらが

来ているそうな。

 

 

どうせ街中では見られないだろうし、

何しろ夜中らしいので見ていない。

 

 

 

 

 

 

 

むかし、流星で怖い思いをしたことがある。

 

 

 

 

 

 

学生の頃、夏休みに数人の友人と

信州に行った。

 

見上げると見事な星空だ。

今思い返してもあんなきれいな空を見たことはない。

 

見上げていると、

星が流れた。

 

『え?どこ?』

『あっちあっち』

『また流れた。』

 

見ていると、割と頻繁に流れるようだ。

流星群とかの時期だったのか、きれいな星空では

あのくらい流れるものなのか、知らないのだが。

感覚的には3~5分に一つ、位のペースで流れる。

 

願いを叫ぶのは、見つけたやつの権利で、

『宝くじいちおくっ』とか

『彼女ほしーっ』など

それぞれに魂の叫びをしていた。

 

  

しかしそれでは、星が消えるまでに7回叫べない、

ということに気づくと

叫び声は欲望の本質を掬い取るように単純化し

 

『かねかねかね』

『にくにくにく』

『オンナオンナオンナ』

『ま○こ ま○こ ま○こ』 

(以下自粛)

  

 

 

 

 

まことに大学生ってのは馬鹿なのだが、

そのときわれわれ5人は

全員道に仰向けに寝て

空をにらんでいたのだった。

 

 

 

この頃になると、星も見たいが

みんな叫びたいだけである。

 

私も好きな娘の名前を叫んでやろうと

空をにらんでいると、

車のブレーキの音がする。

 

見ると30mほど向こうで軽トラックが停まっており、

ランニング姿のおじさんが

へっぴり腰で近づいてくるところだった。

 

村のものではない若い衆が5人

道の真ん中に倒れているのだ。

たいそう驚いたらしい。

 

われわれはその後、おじさんから

興奮すると聞き取れなくなる方言で

さんざんに怒られた。

 

 

 

まあ、しかしこれはこっちが悪いや。

すいませんでした。

 

 

あの信州の山も20年前と比べると変わってるんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

あーーーーーーーー 

Daily_picdump_268_79  

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

音をつける話

ハイブリッド車が普及してきた。

 

いいことなのだが、

低速だとモーターで動くので

静か過ぎて危ない。

 

音を出せるようにしようじゃないか、

ということについて

法制化も含めての検討が始まるのだそうだ。

 

 

 

 

せっかく静かになったものに

わざわざ音をつけるというのは、

何か負けている気、はする。

 

 

悪いのは歩道と車道の区別がなく、

やたら狭くて路地の多い街のほうなのだが、

視覚障害者の方々にとっては、

猶予のならない問題だ。

 

 

 

 

 

この問題は

ハイブリッド車が登場した当初から懸念されていて、

音の研究もされていた。

 

ためしに『チャイム音』を鳴らしながら走ったら、

『車だと思わなかった』と、不評だったとのこと。 

やっぱりエンジン音になるんだろうか。 

 

それならそれでメーカーもいろんなことを考えそうだ。

 

 

 

 

 

 

『おうっ、ハイブリッドってやつ一台くんな』

 

『じつはお客様、国の指導で音をつけることになっておりまして。』

 

『おうっ、知ってる知ってる』

 

『弊社ではお客様にお好きな音を選んでいただけるという

老舗ならではの画期的なサービスを始めまして。』

 

『おうっ、そいつぁうれしいじゃねえか』

 

『標準だとこちらの「カロ○ラタイプ」でして。

あとはオプションでお選びいただけます。』

 

『ふむ、ベンツにベントレーにコブラねえ。

おうっ、こいつだ。フェラーリってやつにしよう』

 

『ありがとうございます。

V8 4300ccのサウンドで

街の人気者間違いなし、でございます。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

違う意味で人気者になりそうだ。

 

 

 

しかし、次の東京モータショーでは、

ホンダがハイブリッドのスポーツカーCR-Zを

出展するという。

 

ハイブリッドでスポーツカーってのも

なんだか『ヌエ』のような話だが。

メーカーは客層が広がることを見越してるわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうせ、内蔵したスピーカーから流すんだろうから

何種類か録音しておいて、

ドライバーが選べるようにしたらどうだ?

 

ユーザー登録もできるようにして。

 

車だとわかればいいんだろ、と

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

  

『たーけやあー、さおだけっ』とか

登録するやつがいたりして。

 

 

 

 

 

 

 

渋滞の首都高のあちこちで

『たーけやあー』

『いーしやあーきいーもー』『たけっ』と

きこえるようになったりして。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

あああ、こんなこと書くと

またおこられるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

もう一度使おうとするなよ。

Daily_picdump_265_111  

しかもホチキスって 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

おでん

秋もだいぶ深まって、

おでんが恋しくなったので

夕食にしました。 

 

 

まあ、作るのは任せたんですが。

 

 

 

 

千葉に生まれて、大阪に来て

こんなことあんなこと

いろいろ戸惑うことが多かったのだが、

おでんについてもそうだった。

 

 

 

 

ころってなに?

さえずりってなに?

 

 

 

今は大阪でも簡単には食べられません。

鯨の尾と舌ですね。 

 

 

 

 

 

 

 

逆に、関東にあって

大阪にはないものもあった。

 

 

『つみれください』っていったら、

『はあ?』って言われた。

 

『いもください』っていったら、

八つ頭じゃなくてジャガイモが出てきた。

 

『はんぺん入れてよ』って

2ヶ月言い続けたら、

おばちゃんが入れてくれるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

そしていまでも

『ちくわぶ』はない。

 

 

 

 

 

 

むー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

うん、たしかにそうだけど。 

Daily_picdump_265_94  

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

『This Man』  都市伝説ができるとき

 

 

Thisman_3    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『2000人が夢で見た、というこのおっさん』









2006年1月

ニューヨークの有名な精神科を訪れた患者が

まったく会った事のないこんなおっさんが

よく夢に出てくる、と訴えて絵を描いた。と


後日、別の患者も『自分の夢にも出てくる』と。





でまあ、そこから話が広がって





『このおっさん』を『This man』とそのまんまに名づけて

ウェブサイトを作ったりポスターを貼り出して探すと

今では世界中から2000人の人が

『俺も見た』と言い出しておる、というお話。









(ウェブサイト)

EVER DREAM THIS MAN?











ほんまかいな、という話はともかく



いい顔だなあ。

印象に残ること間違いなし。

笑ってるし。











しかもこのサイトでは各国語版のフライヤーが

ダウンロードできるようになっていて、

『いたるところに貼って調査に協力して欲しい』と


La_small






 

London_small

いたるところ、の例



000000000000000000000000000000000_5







神戸でも貼ってやろうかと思ったが

日本語版はなかった。



自分で作るのはめんどくさい。



誰かやってみてください。

怒られても知らんけど。
















いちおう、患者が描いたオリジナルのスケッチ

というのも載っていて

冒頭の印象的なポートレートは

ここから作られた、ということが書いてはある。



 

 

Germany_small


これが元、なのか?

 

 

 





Ejaz2_small_2

これ、別人じゃねえか?










でも、ネットやフライヤーで

『THIS MAN』のことをあとから知った人は

先にあの強烈なポートレートを

見せられるわけで、 





もうそれに支配されてしまうよな。





うまくできてやがんなあ。























『俺も見た』と言い出す人が何人出てくるか。という、


ネットを使った

壮大でばかばかしい

いたずらなんじゃないかなあ。










サイトの『Contact us』というところを

クリックするとメールフォームが出てきて

『私は「This man」を(いつ)夢で見ました』と

報告できるようになってます。









多分、今日の夢に出てくると思うので

明日報告してみようと思います。  










にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

なつのおもひで

『全裸で駅構内を走り回ったとして、

神奈川県警港北署と少年捜査課は13日、

公然わいせつ容疑で、慶応大学の男子学生9人と

「撮影係」の女子学生(18)を書類送検した。

学生はいずれも1年生で

広告学研究会のサークル仲間。

学生は「夏の思い出になる映像を残そう」と、

無人の同駅ホームに侵入し、

全裸になって駅構内やホームを走り回り、記念撮影した。』

(時事通信)

 

 

 

 

めんどくさいんで、長文を引用してしまいました。

 

今朝このニュースを見たときは

『大学四年』だと思ってたので

久々に気持ちのいい馬鹿だと思ったが

夕方検索したら大学一年だと。

 

 

つまんねえ。

 

 

そんなむけてないものなんぞしまっとけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

大学一年の『夏の思い出』が全裸なら

大学四年にはなにするんだろうな。 

 

 

リクルートスーツ着るんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、つまんねえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

『超かっこいい椅子』

Daily_picdump_263_123

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

『鼻毛質疑』、動画で見るとさらに面白い。

『…5日の府議会で、共産党・堀田文一府議が

橋下知事がWTC移転で府職員の業務能力が

向上すると答弁したのに対して、

堀田府議は「高層ビルでは自由に窓を開けることができず、

思うように換気できない。

換気が悪くて鼻毛が伸びる」と指摘したのだ。

と反論したが、はてさて「鼻毛論争」の行方は…。』

(夕刊フジ)

 

 

 

うわー、

ガキの喧嘩みてえ。

 

 

 

 

 

 

しかし、

新聞記事だけで判断するのもどうかと思って

検索したら大阪府議会のホームページがありました。

新聞記事よりはるかに面白い。

リンクを貼っておくのでぜひご覧ください。

 

『大阪府議会 インターネット議会中継』

 

画面右のリストから

『10月5日 堀田文一(共産) 代表質問』を

選んで見てください。

 

 

2時間18分もある長い動画なのだが

『鼻毛』発言は 1時間13分ごろです。

 

 

 

 

 

堀田議員が

WTC移転反対の立場から、

『現状の府庁のオフィスの写真』

『WTCに移転した場合のオフィスのイメージ』

『既存庁舎を改修した場合のイメージパース』の

3枚を府庁の資料から示して迫る。

 

『移転すれば執務環境がよくなる、

今の庁舎で天井からぶら下がってる配線とかなくなる、

といいますけど

改修案でも天井から何もぶら下がってないじゃないですか。

どないしたんですか?これ。』

 

府の総務部長が答弁に立って

『見づらくて申し訳ありませんが、

画面右側に、ぶら下がっております』(議場爆笑)

 

しばし絶句のあと、堀田議員

『わからんくらいに改善されたら

それでいいじゃないですか』

(議場大爆笑)

 

そして問題の鼻毛発言が続く、

『超高層ビルが執務環境改善だとおっしゃるが

…換気ができないから鼻毛が伸びる。

(議場爆笑)

風で揺れる。EVがなかなか来ない。

…この超高層ビルの悪い環境はどうされるつもりか?』

 

橋下知事(苦笑しながら)

『あのー、今の日本でも世界でも

超高層ビルで働いている人はたくさんいて

みんな鼻毛が

伸びてるわけじゃありません。』

(議場大爆笑)

 

 

 

 

 

 

 

今の府庁を取り壊して敷地を売り飛ばしてしまえ

という橋下知事の意見には同意できないが、

移転問題を白紙撤回して議論をやり直せという

共産党の意見もどうかと思う。

 

 

しかし、堀田議員に関しては面白いおっさんだと思った。

 

2時間20分の動画を通して見たわけではなく

WTCに関する部分を見ただけだが

このひと、まともなことも言っているのだ。

府庁が都心から離れれば職員のみならず府民にも

実害が出る。数値化して議論に乗せろ。

という主張はもっともだと思った。

  

しかし、超高層はいやだ。というあたり

やっぱり変だ。

 

WTC建設の時代だったら強風でビルが揺れることもあった。

昼飯のときにEVが込むこともあったろう。

 

しかし堀田さんは

高層ビルが嫌いなのだなあ

と思うしかない。

 

 

いや、鼻毛発言はやっぱり変だな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

気持ちはわかる。 

おじさんが学生の頃にはなかったけどな。 

B02b168as『ありがとうWikipedia』 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

バックミラーが壊れるとき

昨日の日記でも書いたが

自動車内の突起物というのは

簡単に取れるようになっている。

 

 

 

学生の頃、友人の車に乗っていて

バックミラーが取れたことがある。

 

 

私が乗っていたホンダの車のミラーは

着脱式だったので

そのつもりでひねったら

友人のU11型ブルーバードのミラーは

根元で折れてしまったのだ。

 

バックミラーなしで運転するというのはじつは怖い。

 

 

 

1980年代の房総半島だ。

文字通り『暴走』する馬鹿がいた。

『出っ歯竹槍』の馬鹿

実は、あきれるくらい遅いのだが

集団なので怖かった。

 

 

 

もちろん本気で飛ばす連中もいて怖かった。

 

 

 

 

 

 

さらに、トラックがひそかに背後に迫って

パッシングを浴びせかけたりされると

本当に怖かった。

 

 

 

 

 

 

 

いずれも本来のバックミラーの使い方ではない。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

さらに怖かったのは

千葉県警だ。

 

 

 

 

千葉から銚子に行く間には

成田がある。

空港のそばに行くと検問されるし

深夜に国道51号線を走っていると

中古車に乗っている学生二人組などは

確実に追跡された。

 

 

 

これはもお、面白いくらいで

バックミラーが健康であれば

ああ、へたくそな追跡だなあ、というのが

実によくわかる。

 

そして、いまの千葉県警は違う。

追跡がうまくなったわけではない。

必要がなくなっちゃたのだ。

 

警察なんか大嫌いだが

空港事情については

同情するところがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

なにしろ、羽田が拡張されたから

成田はもういいよね。

 

交通が不便だし、日暮里なんて田舎駅から

馬鹿高いスカイライナーに乗るより羽田よね。

 

滑走路の拡張ができて国際便が飛べるなら

羽田でいいじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

という時代だ。

 

 

そんなに羽田がよければ

あれだけの犠牲を払って

成田空港なんて作らなければよかったのに。

 

 

羽田、羽田いう馬鹿には

モロトフカクテルを食らわせてやりたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モロトフカクテルが何物かということも含めて

例によって

なんでこんなあぶないこというんだろう。

  

という反省はしてます。

 

 

 

 

でも、許せない。

 

空港の件もそうだし、

バックミラーの取り付け方の統一もしてなかった

80年代の車もそうだ。

  

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『The 手癖 Of メルケル首相(ドイツ)』 

Daily_picdump_252_38_2

 

しかし、よく集めたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

バックミラーから見えるのよ

ダイハツ ミラ ココアという車のCMに驚いた。

バックするとき運転席から死角になるアングルからの映像を

バックミラーの内臓モニターから見られるんだという。

 

 

 

 

 

 

車をバックさせるときは

必ず振り返ってハンドルを操作しろと。

『直接目で見ろよ』という教育は

もうなされていないのだろうか?

 

 

 

 

 

ミラ・ココア公式HPには

『カメラが映し出す範囲は限られています。

後退時には必ず車両後方の安全を確認してください。』と

書いてあるが

ビデオの女性は前方を凝視して身動きもしないぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうやって敵を増やしていくのだな。

学生の頃お世話になった

大阪府池田市(ダイハツの本社があります)にも

もう行けないのだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし

バックモニターを搭載した車は

何もダイハツがはじめてはない。

感心したのはそれをバックミラーに搭載したことだ。

 

 

すげえ。

 

 

なんであの小さなスペースに、と

思うと同時に

『バックミラーって簡単に手で取れるのに』と

不思議に思った。

 

 

 

 

  

車をお持ちの方は

ご自分の家の車のバックミラーを

ちょいとひねってみなさるとよい。

 

 

 

確実に取りはずせる。

 

 

事故があった際の怪我を防ぐために

車というのは突起物を極力排除しています。

 

それでも見栄で必要なエンブレムなんかがありますが

ベンツマークなんか盗難防止のために

簡単にとれません。

でも指で触るとくにっと曲がります。

 

 

 

 

 

 

 

バックミラーの外れ方には

メーカーによっても、時代によっても

だいぶ違う。

 

 

衝撃があると壊れてしまうという方式もあったし

ボールジョイントですぐに取り外せるという方式もあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイハツの方式は知らないが

簡単に取り外せるはずで

今でもそうだろう。

 

 

 

 

 

 

映像が映るとして 

接続や通信はどうしてるんだろう。

バックの最中に接触不良になったらどうするんだ?

 

 

 

 

 

 

 

死角部分をモニターで見えるようにするというのは

今日ではもう大したことないのかもしれない。

このくるま以前にもあったと思う。 

 

こんなことで驚くのは

田舎もんなのだろう。 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、バックミラーにモニターが映るというのは

初めて聞いた。

そして、バックミラーに映った遠隔映像というのは、

ミラーそのものが『簡単に取り外せる』という、

そういう仮設の物だと思っているおっさんからすると

すごく違和感があります。

 

 

 

 

 

これで事故が起こったら

責任はどこが取るんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり運転者か?

そうかなあ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

『すごくかっこいい便器 2 』

Selection_247_28  

 

 

 

 

 

でも、どんなシチュエーションで

使うんだろう。

 

並んで使うのか?

いやだなあ。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

神戸の鉄人

神戸は新長田にできた『鉄人』

 

 

480_p9300053 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日、見てきました。

(諸事情により写真は今日のものではないです)

 

 

平日の午前中なのに、

カメラを構えているひと多数。

 

 

 

 

すぐ近くにタバコ屋さんがあったので

買い物のついでにおばあちゃんに

『すごいっすね、あれ』というと、

『かなわんわあ、まいんち睨まれてるみたいでなあ』

といっておられました。

 

 

 

 

 

 

 

行く前に地図を見たら

『ジョイプラザ』という再開発ビルの裏にあって

なんで駅裏なんだろうと思っていたら

大正筋という古くからの商店街の正面にあるのでした。

 

 

長田の駅前は阪神大震災で

火災の影響を受けて

大正筋周辺は再開発の対象になりました。

 

 

だから、大正筋はきれいなモールになってます。

でも、再開発だから入ってる店は

昔からの地元の店です。

それが悪いというわけじゃないけど

平日の午前中とはいえ人が少ない。

特に2階などはまるで人がいない。

これはだめだ。

たとえは悪いが返還前の香港を思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐそばの六間道商店街などは

震災前と変わらない。

もちろんいい意味ではない。

 

文字通り六間(10.8m)の幅員がある。

昔はそれだけの幅が必要なくらい人が

あふれていたのだろうが、寂しいことおびただしい。

ちなみに震災前もこんなではあった。

いや、もうちょっと人がいたか?

道幅が広いだけに余計寂しい。

 

鉄骨の無骨な屋根に

プラスチックのトタン板がかかっていたのが

なんとも物悲しい。

 

かなしい意味での昭和だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

大正筋のアーケードは店が埋まらず

『商店街の歴史』をパネルとビデオで紹介する

コーナーがあった。

 

興味があったので見ていると

おじいさんが来ていすに座った。

 

街について興味があるひとか、とうれしくなって

『鉄人ができて長田は変わりますかね』

ときいたら、

めんどくさそうに目をそらして

ちんぽこをかきながら

よろよろと立ち上がってどこかにいってしまった。

よっぱらいらしい。

 

  

こんな馬鹿がいるならこんな町滅んでしまえ

とつくづく思った。

 

 

 

そもそも、鉄人が人を集めるのはせいぜい

1ヶ月だし。

足場がばれて、見物に来た私が見る限りでも

商店街の衰勢は覆うべくもなかったし。

 

ましてや、あんな排他的なくそ爺がいるのなら

あの街に未来はない。

 

 

 

 

 

 

怒りを忘れてまじめなこと言えば

すぐ隣の六間道が

新装成った大正筋の明日だ。

 

 

 

いや、六間道近辺は

再開発の余地があるからまだましかもしれない。

すでに空家だらけの再開発ビルを

たてちゃった大正筋に未来はない。

きれいな廃墟、というものもあるのだ。

どうする気だ?

 

 

 

がんばれ、大正筋。

鉄人で注目されるんだから

チャンス、ではある。

そのかわり

あんな酔っ払いは街中に出してはいけない。

本当に腹が立った。

 

だからがんばれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『すごくかっこいい便器』 

Toilet_humor_2_28

でも抵抗あるな

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »