« 歳費660万、伝統のUFO調査の廃止 | トップページ | X’mas 普通電車 »

2009年12月 8日 (火)

『科学と学習』休刊

『科学と学習』休刊のニュース。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

 

残念だなあ。

  

 

 

 

 

 

 

 

毎月『学研のおばちゃん』が

売りに来てくれたのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、やっぱり『科学と学習』といえば

付録でしょう。

 

 

 

こちらの『科学のふろくタイムスリップ』では

過去の付録を見ることができて、たのしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『げんとうき』とか

『みずのみどり』とか

 

今からみるとチープなようだが

  

ピンホールカメラとか、

もったいなくて封を切れなかった号があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単に私がびんぼなだけか?

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最近の付録はこんなである。

『グライダー・金属探知機・回転マシーン・パン焼き機』

 

小学生に原理を理解させるには

無茶だと思う付録もあるが

うらやましい。とはおもう。

 

 

 

 

 

 

ここまで皮肉はないですよ。

もちろんここからもない。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもね、いま『科学』は1260円もする。

『学習』は1980円である。

(『科学』は月刊。『学習』は季刊ではあるが) 

 

 

なんぼすばらしい雑誌でも

高くないか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出版社の学研が言うように

少子化で読者が減ったのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし毎月300円を持って校門の前の

『学研のおばちゃん』から

『科学』を買っていた世代からすると

信じられない値段だ。 

 

 

そんなおっさんの世代は知らんなあ。と

いわれるかも知らんが。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

いまは、ネットでもハンズでも

『科学』の付録以上の実験キットをそろえるのは

簡単だ。 

 

 

 

しかし、

『なにをやりたいか?』という

具体的な主題がなければ

 

いかに膨大な情報の海を前にしても

沈黙してしまうだけである。

 

 

 

ハンズの店員さんもこまってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだなにも志望を決めていないこどもたちに

いろんな分野やテーマの実験キットを

毎月提供するだけでも

こういう雑誌には価値があった、と思う。

  

 

 

興味の門戸を開く、という意味で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、学研の人も

こんなことを『休刊』のニュースを聞いてから

あわあわブログを書いているやつに言われたくは

ないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、よけい残念だとおもう。

 

 

来年以降のこどもたちは

このすばらしくチープで幅広い世界を知らずに

成長するのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人になったらうんといじめてやろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

『高級』をまちがえてます。法王様。 

Selection_68_08 広けりゃいいってもんじゃないよね。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

|

« 歳費660万、伝統のUFO調査の廃止 | トップページ | X’mas 普通電車 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

> いま『科学』は1260円もする。
> 『学習』は1980円である。

ま、マジですか!!!!!!!
ほとんど付録代でしょうかね???

休刊は実質廃刊ですから、もう復活することはなさそうですね。相変わらず、子供の数は減り続けてますし・・・。

何より、東京のようなエリートの多い場所の出生率が低いのが気になります。エリート遺伝子が受け継がれないということは・・・将来、日本は発展途上国になる???

投稿: ponpon | 2009年12月 8日 (火) 11時48分

実際なんにも知らない子供の多いこと
親や学校や社会のせい?
でもいじめてやりましょう

最後の写真!
ホンマですか?
法皇様、とその側近に意見したくなります
ウソです、ごめんなさい
コワイコワイ

投稿: レイ | 2009年12月 8日 (火) 13時58分

ponponさんありがとうございます。
確かに廃刊でしょうね。
1300円だ1900円だという値段は
高すぎます。
付録代、というか付録の企画代
なんでしょうが、残念です。
 
レイさんありがとうございます。
あの付録を知らない
こどもたちはかわいそうです。
でもいじめます。
最後の写真、法王様本人ではなく
パロディだと思うんですが
高級の本質ってこんなもんかもしれない
と思わせてくれます。
飛行機での何よりの楽しみが窓からの
風景だということも。

投稿: natsu | 2009年12月 9日 (水) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/32524700

この記事へのトラックバック一覧です: 『科学と学習』休刊:

« 歳費660万、伝統のUFO調査の廃止 | トップページ | X’mas 普通電車 »