« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の投稿

2010年1月31日 (日)

うん、うちは大株主だから

お久しぶりであります。

まあ、人間病気にはなりたくないもんであります。 

来週以降はなんとかしよう。

 

 

みんなびんぼがいけないんだっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、赤字と言えば

大赤字で事実上国営になることが決まったJAL。

 

 

 

 

 

株価が1円とか2円とか言ってる。

 

  

あと10日ほどで

上場廃止になってしまう。

 

 

 

いまの時代、株券というものが

なくなってしまったので、

『紙くず』にすらならないわけだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまなら1万円で

大株主になれるのだろうか?

 

 

 

 

 

 

『うちは、ほら大株主だから。

チケットは株主優待で

航空会社に言えば半額で手に入るから』

 

 

 

というステレオタイプな

金持ちの台詞も

言いたい放題なのだろうか?

 

 

  

 

 

 

うーん、ひと月前に思いついてたら

やったのになあ。

 

 

 

 

 

しかしまあ、優待券が金券屋で半額で買える時代だから

あんまりちやほやされないかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の三枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュージーランド航空の新型ビジネスシート

Business_class_beds_03なんと二人用ベッドとしても使えます。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほらね

Business_class_beds_15おまえら無理してねえか?

絶対狭いだろう。  

ひざをのばしてみろ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

i podもつなげるし、USBポートもあります。

Business_class_beds_04 

 

 

 

 

 

 

 

横になれてi podが使える程度なら高いカネはらわんわなあ。

負け惜しみじゃなく。

 

 

 

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

いや、ほんと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとだってば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くそー

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2010年1月24日 (日)

ぬくもりサービス

イギリスのホテルで、

従業員がベッドを暖めてくれるサービスを始めたというニュース。

(ロイターの記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにそれ?

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

従業員が、あらかじめベッドに入って

人肌に暖めてくれるんだと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、

独り寝の夜に 冷たいシーツにすべり込むときの

さみしさは せつない。けどね 

 

 

『ベッドに巨大な湯たんぽを入れるようなもの』だそうだが

湯たんぽじゃだめなのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『今日、宿泊の予約をしていたものだが』

 

『うけたまわっております。…

ところで、ベッドウォーミングサービスはいかが致しましょう。』

 

『ほう、ここのホテルでも始めたのかね』

 

『はい、ホリデイ・インさんが好評のようですから』

 

『しかし、顔も知らない人にベッドに入られるのはちょっと』

 

『うちのホテルでは、こちらの指名パネルの中から

スタッフをお選びいただkます』

 

『ふうむ、違う店と勘違いしそうだな』

 

 

 

 

 

『こちらのパネルには男性スタッフもいます。』

 

『・・・』

 

『こちらには、アニマルスタッフもいます。

このヨーゼフ君なんか大人気ですよ』

 

『いや、セントラルバーナードはちょっと』

 

 

 

 

 

『10ポンドでオプションもお選びいただけます』

 

『…残り香サービス?』

 

『はい、こちらのリストから香水をお選びください。

スタッフがつけてベッドに入ります。』

 

『プアゾンにシャネルNo.5ねえ…』

 

 

 

  

 

『さらに20ポンドで、

スペシャルオプションもお選びいただけます』

 

『スペシャル?』

 

『はい。わきが、足臭、……』

 

 

 

 

 

 

 

 

『…電気毛布を貸してくれ』

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の三枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒いのう、イリイチ

Daily_picdump_323_94  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さむいっすね

Daily_picdump_316_12  

 

 

 

 

 

  

 

よいしょ、よいしょ。

Daily_picdump_323_116_2

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

あの瞳は…

小学4年の時からコンタクトをつけている。

 

 

 

『高校卒業したら、

眼鏡をやめてコンタクトにして、

少女漫画みたいに変身するの!』

とかいう小娘たちとは

目玉の鍛え方が違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乱視がひどくて眼鏡では矯正できない、と

言われたからだが、

 

当時、大変高価なものだった。 

片玉2万とかした。

 

 

 

 

 

言いたかあないが、

30年以上前のことだ。

 

 

 

ひー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから落としたりしたら大騒ぎなのだが、

それはもう、ガキのことだから

しょっちゅう落とす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供は風の子。

 

風が吹くとほこりが入って

そうなると

コンタクトなどしていられないくらい イタイので、

あわてて外すと ぴう、と風にあおられて

かならず2万円也は失くなってしまうのであった。

 

 

 

風が吹くとコンタクト屋が儲かる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

落とす方が当然悪いのだが

当時のコンタクトが無色透明なのも

いけなかったと思う。

 

 

いまのコンタクトは、みんな薄く色がついている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UVカットとかの高機能レンズは まだなかった。

ファッションのためだけの

カラーコンタクトなどが話題になるのは

だいぶ後だったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の日記で

眼球に瞳孔がふたつある人の写真を載せた。

 

 

 

 

 

 

どうしても気になるので

少し探してみた。 

 

 

未だに正解はわかりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実を言うと、

先天畸形でそういう眼球の人がいると

昨日のコメントで教えていただきました。

 

さがしてみると、確かにそういう人はいて

写真も載っていて

インターネットすげえ、と思ったのだが

リンクするには、ちょっと

ためらわれる画像なので控えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の写真は

たぶん遊びコンタクトだった思います。

 

あるいは、義眼。

 

 

 

 

どうも左の瞳がコンタクトのような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、いまどきの遊びコンタクトを

舐めてはいけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分裂寸前瞳孔 

Freaky_contact_lenses_01  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぴかー

Freaky_contact_lenses_05  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶわー 

Freaky_contact_lenses_02  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医者はどこだ

Freaky_contact_lenses_06_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわああああああああ。

Freaky_contact_lenses_03 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやってつけるんだ?これ。

 

 

そもそも見えるのか?

 

 

こんな人とすれ違ったらびびるわな。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

その瞳は?

 

Animals_202_30  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

Animals_202_31  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Animals_202_32  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Animals_202_36  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オッドアイ(虹彩異色症)の動物たち。

きれいですなあ。

 

 

そんなにめずらしいものでもないらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間にもいます。

300pxheterochromia

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも夜中にこんなやつにあったら

びっくりするわな。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

ぴかー

Animals_202_35_2

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

みみ 長っ

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや、驚くのはそっちじゃない。

 

しかし、これ猫か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、このひとは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Selection_193_38  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわあああああ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実を言うと、私にも正解がわからんのです。

 

 

 

なんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、ひいた。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

なにがあっても笑顔を忘れるな

ロンドンで勤務中の警官が

デモ鎮圧用の盾を使って

そり遊びをしてたというニュース。

(APの記事へのリンク) 

 

 

 

 

 

 

まー、楽しそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな笑ってるのがいいや。

 

 

 

もちろん、いけないことで

勤務中だし、警察の備品で遊ぶとは何事か?

と怒られたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、

じつはみんな 許してるらしいのがいい。

 

 

上司の警視が『雪はいいねえ』みたいなことを言ってるのも

何かできすぎた話だが、

 

このYOU TUBEの元になっている動画を撮った

一般の人が怒られなかったというのもいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本だったら、

やっぱり怒られるんだろうなあ。

 

 

うーん

   

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

閑話休題。

 

 

 

 

 

 

 

ニュースで『柳楽 結婚』って書いてあったので

 

 

 

 

結婚がニュースになるほど

有名な落語家なのか?

と思ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

俳優さんだったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

でもほら、春風亭とかつけると…

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の三枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重武装二人乗り

Daily_picdump_258_01  

 

 

 

 

 

 

 

 

ピストル握って運転するのはよせ。 

  

 

 

 

 

 

 

 

これはいけない

Cops_fails_26 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかよし

Cops_fails_06 これはいやだな 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年1月19日 (火)

奇跡の傘

まったく新しいコンセプトの傘。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その名も『エア アンブレラ』 

201001141003  

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

柄の下の部分に空気を取り入れ

てっぺんから噴出。

 

エア・カーテンによって雨を吹き飛ばします、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロボックルのむかしから

傘と言えば骨と膜、でしたが

 

『エア アンブレラ』は

ついにそれをなくしました。 

 

 

 

 

実用化されたら、

そのクールなシルエットは

街で注目を集めること うけあいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人混みの中で

まわりに雨を吹き飛ばして

 

大喧嘩を引き起こすことも

うけあいです。

  

 

 

 

 

 

 

だめじゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風を送る仕組みや

動力についての説明が一切ないので

実用化できるものなのかどうか

さっぱりわからないのだが

 

 

試作品はあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがこちら。 

 

 

  

 

 

201001141002  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨合羽 着てますがな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だめだめじゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんまに『エア』やな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゼロじゃねえよ。

Bcdc24a7251a66ba870aca3b2da26b3c

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

  

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

奨学金も合格保証も就職保証も

16・17日はセンター試験だった。

 

 

私の世代にとっては

『共通一次』なのだが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、とにかく

受験生頑張れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、昨日の新聞には

試験問題が載っている。

  

 

 

解けないのはもとより

掲載スペースの関係で

あまりに小さな文字なので読む気も起きない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

試験問題以上のスペースを取っているのが

学校の広告だ。

  

 

 

 

 

 

 

 

規制緩和のおかげでここ十数年

大学や各種学校が増えたことは知っている。

 

 

少子化で経営が困難なんて学校が

あるのも知っている。

 

当然競争は厳しい。

 

 

 

 

だから、受験生に対する配慮は

至れり尽くせりだ。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある学校は入試成績の上位3割もの学生に

4年分の奨学金を支給するのだそうだ。

返済の義務はない。

 

 

 

また、ある学校は

下宿代や光熱費を2割まで払ってくれるという。

 

 

 

地元出身者に

学費を割り引いてくれるところなどは

めずらしくない。 

 

 

 

 

同じ学校で併願した場合

2回目以降の受験料をまけてくれるのも、

もう あたりまえらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず受けてみてください。と

 

東京なんて行ったって

お金がかかるばかりだよ。と

 

 

怖くないから。 

痛くしないから。

  

  

 

とまあ、すごい勢いだ。

 

 

 

 

 

 

どうも、隔世の感、という気がする

 

時代は変わったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、待遇や環境だけを

アピールしてるわけじゃない。

 

就職のケアも完璧です。

昨年度の就職率は100%でした。

なんてことを誇るのも忘れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしたなかで一番驚いたのが

『(2級建築士の)合格保証』

『就職保証』を謳う学校があることだ。

 

 

なんだそれ?

  

 

 

 

  

 

 

在学中に建築士の受験資格がもらえる、

というあたりが まず大学ではありえないのだが

それが大変なセールスポイントであるらしい。

 

 

 

 

しかし、おおやけの試験なのに

『合格保証』なんて銘打って新聞広告を出すのは

どうなんだ?

 

『合格までサポート』じゃなくて 

『合格を保証』?

 

 

ようわからん。

調べる気もしないけど。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、在学中に建築士に合格し

それでも、就職が決まらなかった学生を

学校で助手として雇用する、というのが

『就職保証』というものらしい。 

 

 

普通に考えて

卒業してなお学校に残る、というのは

研究者として身を立てようとする場合だろう。

 

 

 

 

学生は教員になるつもりはないのだ。

 

学校にしたって、教員として採用つもりもないくせに

就職がなければ給料をあげよう。というのは

 

なんだか馬鹿にした話じゃないか?

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

奨学金や資格の便宜で子供を集める、なんてのは

いやな時代だなあ、と思ったわけです。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん

  

『むかしからそうだったじゃねえか。

てめえは就職の世話してもらわなかったのかよ。

きれいごといってんじゃねえぞ。』

 

 

と言われたら、その通りなんだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし延々、数ページにわたって

そういう広告ばっかり出てるのを見ると、

なんかいやだ。と思う。

 

それだけです。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

では『今日の二枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UNTITLED 1  

Daily_picdump_317_03  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UNTITLED 2

Daily_picdump_314_26

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あああ、また敵を作る。 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

  

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2010年1月17日 (日)

1月17日

阪神大震災から15年。

 

  

 

 

 

 

去年と一昨年と思い出を書いた。 

 

よかったら読んでみてください。

深刻なことは なにひとつ書いてないです。

 

 

一昨年の日記  去年の記事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

さて、会社にいても何もできないし

情報もはいらないので

寮まで歩いて帰ることにした。

 

夕暮れも近い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝と違って、

帰りは少し周りを見渡す余裕ができた。

  

そうすると、 

今朝から何も口にしていないことに気がついた。 

食事はもちろん水も飲んでいない。

 

 

さて、と思うのだが

店など開いていない。

 

 

 

 

 

コンビニも開いていない。 

こまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実を言うと、地震直後には

コンビニは開いていた。

 

早朝に客が詰めかけたのである。

水や食糧を確保するためだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

驚くほど目端のきく人たちが

たくさんいたわけだが

混乱はなかった。

 

少なくとも私が知る限りは

なかった。 

  

 

 

 

これは、神戸市民のみならず

日本人全体が誇りにしていいことだが

あの混乱に乗じての

暴動や略奪などは一件もなかった。 

 

 

レジも動かない、監視カメラも効かないなかで

客は整然と列を作って並び、

店員はきちんとおつりを払って販売していたのだ。

 

 

  

 

 

 

 

そういえば朝、ひとが並んでいる

コンビニがあったなあ。

しかし、そのときの私には水や飯の確保など

思いもよらなかった。 

 

みんな、なんて賢いんだろう。

 

そのとき私は、

『暗いよぉ。寒いよぉ』と言って二度寝していたのだ。

とんだ根性なしだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際このあと、

水の確保にはさんざん苦労させられることになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、あとでひとから聞いた話だが

 

マンションに住んでいた若夫婦が地震で飛び起きた。

奥さんは旦那に向かって叫んだ。

『あなたっ。すぐにお風呂に水をためてっ』

 

 

 

地震直後には電気は止まっていなかった。

給水ポンプは動いていて

水は出たのである。 

 

 

 

 

 

しかし、寝ぼけマナコの旦那は

『なんだよこんな時に風呂に入るのかあ?

しょうがないやつだなあ』と

おもむろに浴槽を洗い始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

水はすぐに止まった。

 

泡まみれの旦那は

かしこい奥さんに

さんざんに怒られたそうである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、元町から兵庫まで歩いても

早くも暮れかかるこの時間には

もう開いている店などなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『仕方ないかなあ』とJRをこえて

駅の南にくると酒屋が開いていた。

 

 

 

あの揺れで棚のものなどみんな落ちたはずなのだが

不思議なことに何本かの一升瓶は棚にのっていた。

割れた壜のかけらなどもなかった。

地震などなかったような雰囲気である。

  

 

 

 

いま思い返しても、白昼夢のような気がする。

 

 

 

 

蛍光灯がついていた気がどうしてもするのだが

それはありえない。

しかし、ほのかに明るかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明かりの向こうに婆さんがいた。  

 

奥に6畳間がありそこにじいさんがいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに酒を買う気はしないのだが

食い物と言えば、カワハギの干したやつとか

そんなものばかりだ。

腹の足しにならない上に喉が乾く。

 

しかたなく缶詰をたくさん買った。

あのぐちゃぐちゃになった部屋から

どうやって缶切りを探すのかは

考えていなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寮に、帰った。  

当時住んでいた、十数人の寮生は 

みんな、食堂に集まっていた。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物の中はさすがに暗く 

誰かが持ってきたラジオが

繰り返し同じニュースをながしている。

 

 

 

 

みんながいるテーブルには

ろうそくがともっているのだが

それは、クリスマス仕様のねじねじした

金模様の浮かれキャンドルだ。 

 

 

 

 

 

たれか、そういう浮かれイベントのために

買っておいたのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さみしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ある意味

この間抜けな

被災者たちのほおを照らすのに

もっともふさわしい照明ではあった。

  

 

 

 

『おう、ロマンティッシュじゃん』と

言ったが笑いがない。

 

 

どうも、自分も言葉が続かない。

買ってきた缶詰にもみんな見向きもしない。

 

 

 

 

 

  

仕方がないし、 

特に考えもないので、いすに座って

呆然としてみた。

 

 

ろうそくって、ずいぶん長く灯るんだな、

思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電気が点いたのは

それから何十分経ったあとであったか。

  

 

なんの予告もなく、非常照明も含めた

全館の灯りがともった。

 

食堂にいた二十数人 全員から

いっせいに拍手が起きた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水道やガスの復旧の時には

こういう感動はなかったから

ひかりってすごい、と思う。 

 

復旧がおくれたぶん

水道屋やガス屋はずいぶん文句を言われてたから

なおのことだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、明かりが灯って

真底 安心したのだけは間違いない。

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い一日はまだ終わらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

では『今日の一枚』 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

ひかりあれ

Earth_lights_japan 北朝鮮の暗さはすごいな 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年1月16日 (土)

15の君にアムザ1000

阪神大震災の記念日が近づいて

こんなCMが流れている。

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごくいいCMだとおもう。

 

アンジェラ・アキの曲もいい。

  

震災から15年というのにあわせているのもいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、どうしても この曲を聴くと

別のCMを思い出してしまうのだ。

 

 

 

 

大阪ミナミ千日前のサウナ アムザ1000のCMだ。

最近みないので

もうないのかもしれない。

 

いずれにしても深夜にしか流れていないし

関西ローカルだから

知らない人が多いかもしれない。

 

 

  

 

しかし、なんとも印象に残る曲なので

聴いてほしい。 

 

 

 

 

 

アンジェラ・アキの曲とは

似てもにつかない。

 

  

 

 

 

 

しかし、だまされたと思って、

最初の関電のCMとアムザ1000のCMを

交互に3回繰り返し聴いてみてほしい。

 

 

 

 

 

アンジェラ・アキの歌がこうは聞こえてこないだろうか?

 

 

 

『はいけーい ありがとー

じゅうごーの あなたにー

せんにちまえのぉー ぅアムザ せんっ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一度聴いてみてほしい。

もう、そういう風にしか聞こえないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サビのところだって、

 

 

 

 

『あれたー せいしゅんのー うみはきびしいけれどー

あすのー きしべへとー ゆめのふねよすすめー

いーまー 

アムザ1000 アムザ1000 

アムザせんにちまえのぉー …』

 

 

 

 

と聞こえてこないだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関電のCMは17日を境にもう流れないのだろうが

アンジェラ・アキのこの『手紙』という曲は名曲だ。

 

これから何度も聴く機会があるだろう。

 

 

そのたびに私は『せんにちまえのアムザ1000』を

思い出すのだ。きっと

 

 

 

 

 

 

 

それは あんまりくやしいから、

ここに披露してみなさんの耳も

そう聞こえるようにしてしまおうと思った次第です。 

 

 

 

 

さすがに1月17日に載せるのは

不謹慎な気がしたので、16日にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

  

しあわせの内側 

Daily_picdump_318_47 こんなハッピーな花嫁は日本にはおらんなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

こんな死に方はいやだ

車にひかれ、

タイヤに挟まれて苦しんでいるところを

ハンマーで殴られ、

何とか逃亡を図るも

背後から6発の銃弾を撃ち込まれて死亡。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

禁酒法時代のアメリカの話ではない。

昨日起こった日本でのことだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

この世に生を受けてこれほど

無残な死に方もない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怖えー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

ちなみに 

殺されたのはイノシシ。

 

(読売新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人様にかみついたらしいんだが

ハンマーで殴られたら、そりゃあ怒るよなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにうちの近所には

時々イノシシがいます。

 

 

 

 

六甲山から下りてくるらしいです。

残飯をあさったりしてます。

 

 

 

 

 

これから春になると

子供も一緒に降りてきて

すごくかわいいんですが、

  

『うり坊、かわいー』

とかいって近寄ると、

気が立っている母親に突撃されます。

 

 

本気で怖いので近寄っちゃいけません。

探偵ナイトスクープで

桂小枝が逃げ回ってました。たしか

  

 

 

 

しかし彼らは射殺されません。

まあ、住宅地だしね。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

しかし、今回の事件は金沢で起きたんだそうだ。

イノシシが出てくるくらいだから

それなりに山が近いのだろうが、

 

 

拳銃6発って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天才バカボンのおまわりさんみたいだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生まれ変わってイノシシになっても

金沢には住むまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しあわせな野良豚たち

Daily_picdump_318_127  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

英語じゃあ、そうは言わないんだよなあ。

日本ではこう言われても、

英語ではこう言われていると言う

言葉・物・人物・店はありますか?』

(教えてgooへのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本が開国してから100有余年

まだこんなコンプレックス馬鹿がいるのか、と思ったら

 

自慢げに答えている

自称『専門家』や『自信があります』

というみなさんが山程いる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『日本では「ベンツ」でも他国では、

Mercedes(メルセデス)ですね。』

 

『ホチキスはステープラーですね』

 

 

 

 

 

あーうるせえ。

だからなんだよ。

発明者の名前で呼んじゃいけないのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ポルシェは「ポーシャ」

シボレーは「シャビー」と発音します。』

 

 

 

いや、たぶんそのなまりは

あなたが住んでいる

くそ田舎以外では通じない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、  

『ファミコン』を『ニンテンドー』

というのは有名だが、 

  

『スーパーファミコン』は

『スーパーニンテンドー』

 

とよぶのが、欧米流だそうです。

 

 

 

 

 

『ファミコン』なんて言っても通じません。だと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファミコンて日本のものじゃあ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにかアイロニーのつもりで書いてるのかと思ったら

同じ文章で

 

『ノート』は省略しないで『ノートブック』というのよ。

『シャープペンシル』なんて言うのが通じるのは日本だけ

海外では『メカニカルペンシル』って言うのよ。

 

と大まじめに書いているからこの馬鹿本気だ。

 

  

 

 

 

 

 

しかし、『スーパーファミコン』って

いつの時代の話だろうね。

 

  

 

 

 

 

そうしたら「Wii」は『ブランデッシュ ニンテンドー』

(振り回すニンテンドー)とでも言うのだろうか?

 

(もちろん普通にWiiといいます)

 

 

 

 

 

 

もうやだ。

こんな外国語コンプレックスがいるから

英語はヒアリングだとかいうことをいうやつが出てくる。

 

 

 

君の人生で、

授業とかの用意されたシチュエーションではなく

外国人と話をする機会が何回あった?

  

 

 

 

 

 

 

 

  

 

英語には卑屈になるくせに

そうした国には上からものをいう。 

コンプレックスの表と裏じゃないか。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、すごくいやだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう穏健じゃない話題は

やめようと思ってるのになあ。

 

 

こんな偉そうな文章は我ながらいやだ。 

 

むー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の二枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ししがみさま 

Daily_picdump_318_147  

 

 

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間なんて大嫌いだ。

Animals_204_20  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別に、間違った言い回しでもいいじゃないか、

といっている訳じゃない。

  

まるっきり通じない訳じゃないんだから

日本語英語でいいじゃないか。といってるわけでもない。

 

 

 

 

しかしこう、なにか

 

台湾や韓国や香港で怪しい日本語の看板がある。 

それを笑っているのと同じ根性を感じる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

世界一すばらしい仕事、じつは

『世界一すばらしい仕事』として話題になった

豪州ハミルトン島の管理人が愚痴をこぼしているんだそうな。

(リンクするのもあほらしい ロケットニュースへのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グレートバリアリーフの美しい海で、

豪邸に住んで遊ぶだけ。

その様子をブログにアップすれば

半年で1000万いただけるというお仕事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界中のなまけ者が応募して

倍率は34,000倍。

最終審査には日本人女性が残っていて

ニュースになっていた。

 

『落選して残念』って

 

 

そうか?

 

 

 

 

 

 

そんなにいいところなら

報酬などもらわず

ハミルトン島の隣の島に住んで

勝手にブログを書けばいいじゃないか?

 

 

 

あほちゃうか?とおもっていた。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、せっかく当選したその『世界一幸せな管理人』も

愚痴をこぼしているのだ。というのが今回のニュース。

 

 

 

 

 

 

 

 

忙しすぎるんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週7日、毎日19時間働いて

60種類のブログを書き

2000枚の写真をアップしたのだという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからなんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

契約期間中に

仕事の悪口を言うやつは信用できない。

 

  

 

遊ぶのはともかく

ブログを書いてハミルトン島とやらを宣伝してくれ

というのが契約だ。

  

 

 

仕事が過重なら

契約主のオーストラリア政府と話をするのが筋で

テレグラフなんていう三流紙に言うのは卑怯だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもこのおっさん、

『この6ヶ月の体験をもとにして本を出版する予定だという』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが34,000倍の男。

なかなか したたかである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして絶対に信用できない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーシェパードはこういうおっさんを

攻撃したらいいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

契約があけた1月2日付の記事にしているのが

さらに憎たらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

激務に耐える管理人、

ジム・サウスオール氏(左)

Untitled 右は彼女。

 

このあほ顔のどこが忙しいんだか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くちなおしの『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年はこういう顔でいきたいと思ってるんですけどね。

Animals_202_27いい笑顔だなあ。  

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年1月 7日 (木)

がががががががっ

いま、一番気に入ってるCM。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

  

 

  

阪急HEP5のバーゲンのCM。

関西ローカルだし、季節限定だし、

  

たぶん自分でもひと月たったら忘れると思うので

載せておきます。

 

 

  

 

このおっさん誰かと思ったら、

江頭2:50でしたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくなので

関西ローカルCMをいくつか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、これ。関西電気保安協会。

かんさいーでーんき、ほーあーんきょーかいっ。 

短すぎる4分間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、これ。京橋グランシャトー

きょーばしはっ、えーとこでっせ、ぐらんしゃとーがおまっせ。

これが歌えたら関西人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

うめだの洞 

いまでもあるんだろうか。

学生の頃にはよく流れてたけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパー玉出

このCMでは、

スーパー玉出のすごさはわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

メルセデス掃除機。

Selection_66_41 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルマーニ掃除用具入れ

Selection_65_16 エンポリオもびっくりだ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

坊ちゃん

昨日の日記で『坊ちゃん』について触れた。

せっかくなので、数十年ぶりに読み直してみた。

 

 

 

 

 

 

漱石の本は青空文庫に入っているので便利だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読み返したのはいいが 

卑怯卑劣な教頭、赤シャツと 腰巾着の野だに

坊ちゃんと山嵐が鉄拳をくだす最後のシーン、

 

これが何月だったのか

実はよくわからない。

 

 

 

 

 

坊ちゃんは松山には、

たしかひと月もいなかったはずだから

4月と書いたが

もう一度読むとどうも違うようだ。

 

 

 

フランネルを着ている赤シャツをみて、

『暑いには極ってる(きまってる)』と言っている。

 

師範学校と坊ちゃんの教え子たちが大喧嘩するのは

日露戦争の祝勝会だ。

ポーツマス条約は9月だから

この物語自体 秋のことなのだろうか。

 

 

 

 

 

漱石の研究家には常識なのだろうが

よくわからない。

 

誰か教えてくれませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

しかし、改めて読み直してみるとおもしろい。

 

青空文庫は横書きで

横書きの小説というのはじつに読みにくいのだが

それでも一気に読んでしまった。

 

(縦書きでも読めるけど有料のソフトが必要)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何より泣ける。

 

 

 

 

 

 

主人公の坊っちゃんも気持ちがいいが

清がいい。

 

 

 

 

 

『十年来召し使っている…下女で』

『どういう因縁か、おれを非常に可愛がってくれた』

という この婆さんが、いい。

 

 

 

 

 

 

 

松山の中学教師にいくことになって

清と別れる場面。

(諸事情によりふりがなは省略)

 

 

 

 

『田舎へ行くんだと云ったら、

非常に失望した容子(ようす)で

胡麻塩の鬢の乱れをしきりに撫でた。

あまり気の毒だから「行事(ゆくこと)は行くがじき帰る。

来年の夏休みにはきっと帰る」と慰めてやった。

それでも妙な顔をしているから

「何を見やげに買って来てやろう、何が欲しい」

と聞いてみたら「越後の笹飴が食べたい」と云った。

越後の笹飴なんて聞いた事もない。

第一方角が違う。

「おれの行く田舎には笹飴はなさそうだ」と

云って聞かしたら

「そんなら、どっちの見当です」と聞き返した。

「西の方だよ」と云うと

「箱根のさきですか手前ですか」と問う。

随分持てあました。』

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このいとおしさはなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『坊ちゃん』ってこんな話だったか。

 

 

 

と、いまさらなんだ?

という感慨にふけっておりました。

 

 

 

 

 

 

でも、いいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の二枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな婆さんもいいね。

Selection_75_33 あんたが無鉄砲だ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親譲りの…

Animals_vs_humans_03 ちっちぇー 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

あ、『笑う犬』はじまった。

 

 

 

  

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

初詣

初詣に行ってきました。

 

神戸の住吉神社です。

 

 

 

 

 

 

 

 

むやみと冷たい風が吹いて寒かった昨日とは

うって変わって穏やかに暖かい陽気でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ろくなことがなかった去年と違って

今年はいい年がおくれるように

お祈りをしてきました。

 

 

 

 

 

 

50円だけど。 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年はこんな感じでいきたいもんですな。

Daily_picdump_291_133 すぱあん、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年はこんなだったですからね。

Daily_picdump_305_38 もわーん。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんにもいい年でありますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

あけましておめでとうございます

 

 

ことしもよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

では正月らしく、鶴と亀。

 

 

 

 

Animals_197_44  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

うーん、あんまりめでたそうじゃないなあ。 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしまあ、こんな感じで ことしものんびりとやります。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

  

こんだけスクロールさせて、たった6行かよ。

 

ていう すっとこどっこいな感じ、です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よろしくっ

Animals_196_32  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »