« 無人島に3つだけ持って行けるとしたら | トップページ | 『いい子』じゃなくてもいいんだけどね »

2010年2月17日 (水)

ニックからメリッサへのプロポーズ

 

世界が笑ったプロポーズの一部始終。 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカのプロアイスホッケーの試合場。

 

 

観戦していたカップルの男性が

指をさして彼女に注意を促すと、大型ビジョンには

 

 

『メリッサ、

僕の青いシャツの花嫁にならないか?

LOVE ニック』

とある。プロポーズだ。

 

(『青いシャツ』はひいきのチームのユニフォームの色から。

彼女が着ているのがそれ。)

後ろの席のおばちゃんもこれに気がついてはやし立てている。

  

 

メリッサさんはそれに気づくと驚いたように大きくのけぞり、

手で口を押さえる。

感激してるのかと思ったら そうじゃなくて

彼の顔をにらみ返すと、

席を立って帰ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あーあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっとも、この事件自体がやらせだった、

という意見もあるらしい。

(livedoorニュースの記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

しかし、『仕込み無し』ならかわいそうである。

中継していたテレビの解説者は笑いこけてるし。 

 

 

いや、ニックは自業自得か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メリッサはなんで怒ったんだろう。

 

 

 

衆人環視のこういう状況でプロポーズされたら、

たしかに断りにくい。 

 

それを怒ったのだろうか。

しかし、席を立つほどのことか? 

 

 

もっと他のことで怒ったのではないだろうか?

 

 

 

 

 

 

プロポーズはクルージングしながらが夢だって

あれほど言ってあったじゃない。とか 

 

 

  

 

耳元に口を近づけないでよ。

あんた、息が臭いのよ。とかだったらいやだな。

 

  

 

 

 

 

『メリッサ』は前カノの名前でしょ。

 

あたしはメアリーよ。 

 

とかいったら、ニック さいてーである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、こういうプロポーズで

振られるやつって ほんとにいるんだな。

 

 

 

それとも やっぱりヤラセか?

 

うーん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日、ニックはあれからどうしたのだろう。 

いたたまれなかっただろうな。

 

やっぱり やけ酒を飲んだんだろうか?

 

 

 

 

 

そして今度は、別のスタジアムで

『誰か僕とつきあってください。NICK』

 

という広告を出さないだろうか。

観客席大笑い。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日のお笑い』

 

 

 

 

 

 

 

 

陣内智則 『ビルでプロポーズ』

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

|

« 無人島に3つだけ持って行けるとしたら | トップページ | 『いい子』じゃなくてもいいんだけどね »

ふしぎなひととものたち」カテゴリの記事

コメント

ニック悲惨ですね
でもヤラセでないことを願います

最後の陣内のは離婚後のやつでしょうか?
それなら別な意味で根性ありますね
デリカシーがないとも言うかも

投稿: レイ | 2010年2月18日 (木) 13時42分

レイさんありがとうございます。
ニックは悲惨です。
カメラワークとか、確かに演出臭いんですよね。
うーん。
 
陣内の動画は
たぶん結婚前です。
おもしろいんですけどね。
笑えない、かなあ。

投稿: natsu | 2010年2月18日 (木) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/33414799

この記事へのトラックバック一覧です: ニックからメリッサへのプロポーズ:

« 無人島に3つだけ持って行けるとしたら | トップページ | 『いい子』じゃなくてもいいんだけどね »