« 六甲沖の機雷と今日の「いちばん」 | トップページ | ワールドカップを見に行く皆さんへ »

2010年6月13日 (日)

はやぶさ2号はなぜ飛ばない?

『はやぶさ』が帰ってくる。

 

  

 

火星軌道を超えて、

ハマの真砂ほどたくさんある小惑星のひとつに

ハマの真砂ほどしかない小さな小さなその星に

2年かかってたどり着き、試料を採取して

ふたたび地球に帰ってくる。

 

 

そのミッションだけでも気が遠くなるが

エンジンが壊れ、姿勢制御装置が壊れ、通信が途絶え

4年で帰るところが7年かかって満身創痍で帰ってくる。

 

あまりの健気さにみんな感動。

彼を擬人化した『はやぶさ君の冒険日誌』が人気になり

動画ができ、プラモができ、『はやぶさ迎え酒』ができ

日本中大騒ぎである。

特設サイト生中継するサイトまである。

 

 

 

はやぶさ君も偉いが、

彼を見守り、さまざまな困難を解決してきた

JAXAのスタッフもすごい。

今回の成功を踏まえて

『実現に向けてはやぶさ2号の構想を練っている』

のだそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとまて、

 

どうして2号が飛んでいない。

 

 

 

 

 

 

 

トラブルがあって伸びてしまったが

本来なら3年前に終了していたミッションだ。 

いまだに構想段階とはどうしたことか?

  

 

 

また、あれか?国がお金を出してくれないからか?

ましてや今週からは

『どうして2位じゃ駄目なんですか?』の人が内閣にいる。

 

『7年かけて 砂粒を持って帰ってくるだけのことに

大金なんか出せないわよ。

しかもちゃんと入っているかどうかわからないんでしょう。』

くらいのことは思っているかもしれない。言わないだけで。

 

 

 

 

 

まあ、たしかに『はやぶさ君の旅』に感動はするんだけど

しろーとには成果がわかりにくい、ような気がする。

 

 

イトカワの砂で太陽系の謎がわかるっていったって

へー、と思うだけだ。 

 

イオンエンジンを実用化した、とか

地球スイングバイの成功、とか

小惑星への自律制御による着陸技術の獲得、とか

難しいこといわれても、おっちゃん ようわからん。

 

 

 

 

 

 

 

 

『10年以内に人類を月に』

ケネディが吼えた時代と違う、というのはわかる。

 

生きているうちに、月旅行くらいは実現しそうだが

私が行くことはないだろう。 

技術の未来が見えにくい世の中になった。

  

 

 

 

 

それでも やっぱり宇宙に行くんでしょう。

それなら2号を飛ばそうよ。

 

 

 

 

はやぶさ君の旅は7年だけど

構想から数えるとすでに25年経っているのだという。

 

10年以上のスパンで考えなければならないのだ。

途切れさせちゃいけないと思う。

 

数々の困難を乗り越えてきたスタッフも 歳をとっただろう。

図面や打合せ記録だけでは伝わらないのが技術だ。

 

 

 

 

 

 

はやぶさ君の帰還は、今日の夜。

 

彼は燃え尽きるが、抱いて帰ったカプセルは

砂漠に落ちてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

カプセルを開けたら

しゅっと音がしてエイリアンの子どもが…

なんていう動画を誰か作るんじゃないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の二枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

実現した未来 

Takekoputa_3

 

 

タケコプタ-

ほらできるじゃん

 

 

 

 

 

 

ちゃんとついといで 

March

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

|

« 六甲沖の機雷と今日の「いちばん」 | トップページ | ワールドカップを見に行く皆さんへ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/35232848

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ2号はなぜ飛ばない?:

« 六甲沖の機雷と今日の「いちばん」 | トップページ | ワールドカップを見に行く皆さんへ »