« 貧乏人は麦酒を飲むな | トップページ | 日本勝利の陰に隠れようとする奴等を見逃すな »

2010年6月24日 (木)

長すぎる戦争

読売新聞の社説が、

明日(6月25日)は「朝鮮戦争が起こった日」である、

と書いていた。

 

    

 

 

 

明日のことなら明日書けばいいのに。と思ったら

明日の新聞は

ワールドカップで埋まるに決まっているのであった。

 

 

 

 

 

 

むー

 

 

 

 

 

 

とにかく1950年6月25日早朝に『朝鮮戦争』は始まった。

 

そうして今も終わっていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

38度線は『国境線』ではなく

『軍事境界線』という名の『停戦ライン』だ。 

 

朝鮮半島は今でも戦時態勢で、

男と生まれたからには、必ず兵隊にいく。 

 

ドラマ俳優であろうと、アイドルであろうと

いかなる『韓流スター』も、絶対に兵隊に行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

長い戦争だ。

 

 

 

 

 

 

 

もう60年か。でも続いている。

そして、しばらく終わりそうにない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、『長い戦争』といえば、

日本だって『長い戦争』をやっていた。

明治維新以来、昭和20年8月15日まで

ずーっと戦争をやっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、『いまも続いている』のかもしんない。 

 

『米軍基地』の存在は

今なお続く『日本の戦争』だ。

 

とかいう、かっこいい台詞とは別に

日本は100年以上戦争をやっている。 

 

 

 

 

 

日本で一番長い『外国との戦争』は

3年半やった太平洋戦争ではなく、

8年続いた支那事変でもなく 

 

『日露戦争』だということは

はたして有名だろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

日露戦争は日本帝国とロシア帝国の戦争であったのだが

英米仏独といった列強も

参戦こそしなかったが重大な影響力を持った。

 

 

しかし、

『参戦はしたが ちっとも注目されなかった国』

というのもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モンテネグロ公国だ。

 

今も『モンテネグロ』として存在しているが

つい最近までは『ユーゴスラビア』という国であった。

 

 

モンテネグロは東ヨーロッパにある小さな国。

明治時代にはロシア帝国の影響が強くて

ロシアが怖くて仕方がなかったから、

日露戦争が始まるとたちまち日本に宣戦した。

 

 

しかし、日露戦争が終わるときのポーツマス講和会議に

モンテネグロは呼んでも もらえず、

第一次大戦の後はユーゴスラビアになってしまったので

いまだに戦争状態が続いている。 

 

 

といった、都市伝説が まことしやかに伝えられている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モンテネグロ公国が日本に宣戦していて

まだ、仲直りしていないのなら

106年間戦争をしているということになる。

 

 

モンテネグロ公国の後継国家が

ユーゴスラビア社会主義連邦共和国であるとすれば

1958年の大使交換で仲直りしたとしても54年だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

長い戦争でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、モンテネグロは

日本と戦争なんかしてはいない、という意見もある。

 

日本とモンテネグロは戦争をしたのかどうか、

じつはよくわからんのである。 

 

 

その証拠に、平成18年に

このことを国会で質問した人がいる。 

 

 

 

 

鈴木宗男だ。

 

『一九〇四年に モンテネグロ王国が日本に対して

宣戦を布告したという事実はあるか。』

 

『ポーツマス講和会議に

モンテネグロ王国の代表は招かれたか。』

 

『日本 モンテネグロ王国の戦争状態は

どのような手続きをとって終了したか。』 

 

 

 

 

 

 

 

天下国家に対して何の役にも立たない 

このすばらしい質問に対する

当時の小泉首相の回答がこちら。

 

『政府としては、千九百四年に

モンテネグロ国が我が国に対して

宣戦を布告したことを示す

根拠があるとは承知していない。』

 

『モンテネグロ国の全権委員は、

御指摘のポーツマスにおいて行われた

講和会議に参加していない。』

 

 

 

 

 

 

 

モンテネグロに日本帝国に喧嘩を売る根性などはなく

貿易関係などもなかったから

戦争があったかどうかを含めてどうでもいい話だ。 

 

 

でも、 

 

 

『モンテネグロ国が我が国に対して

宣戦を布告したことを示す

根拠があるとは承知していない。』

 

というのはかわいそうだなあ。

『調べてもわからない』のか『調べる気もない』のか

はっきりさせないあたり

注意深い言い回しなんだけど 

 

要は『興味ない』ってことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん。

 

 

 

 

これで終わってはあんまりだと思ったので

モンテネグロのきれいな写真で締めようと思ったのだけど

なぜかセルビア大使館(モンテネグロ大使館を兼轄)の

HPが開かないのでした。

 

 

 

 

もうしらん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の卑怯者。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

負けない。 

Hikyoumono

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

|

« 貧乏人は麦酒を飲むな | トップページ | 日本勝利の陰に隠れようとする奴等を見逃すな »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント


なんだかとっても読みやすいBlogでしたsmile

投稿: 93chan | 2010年6月24日 (木) 21時52分

長い戦争
今回も勉強になりました
ありがとうございます

最後の写真
パワーはすごそうですが
コントロ-ル難しそうですね

投稿: レイ | 2010年6月25日 (金) 08時46分

93chanさんありがとうございます。
また来てください。
 
レイさんありがとうございます。
このサッカーゲーム
なんていう名前でしたっけ。
たぶん勝てないと思います。

投稿: natsu | 2010年6月26日 (土) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/35470555

この記事へのトラックバック一覧です: 長すぎる戦争:

« 貧乏人は麦酒を飲むな | トップページ | 日本勝利の陰に隠れようとする奴等を見逃すな »