« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の投稿

2010年7月31日 (土)

菅総理の目付きは眠そうだ

例えばこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

いわゆる『ぶら下がり』での菅さん。

 

000kan2

 

 

おはようございます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

世間に流れている写真がこんなのばかりなのは

新聞社とかの意図が入っているんじゃないか? 

 

お前ら わざと、

こんなのばっかり選んで配信しているだろう

と、思ってたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、やっぱり眠そうだ。

 

 

 

 

『参院選敗北の総括』の場所で、吊し上げられたあげくに

もにょもにょ言っている

この人の映像なんか 特にそう見える。

 

 

 

 

なんで こんなことを言い出したかというと、

以前見たこの人の、プロフィール写真は印象が全然違ったから。

 

 

 

 

000kan_2

 

 

ぱっちり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

政治家なんて、表情に愛嬌がある方がいい。

 

 

たとえば

 

歴代の総理大臣の中で 

田中角栄くらい評価の分かれる人はいないと思う。

 

だけど日本人なら、ガキの頃

一度は『マー そのー』とか言って

みんなあの人の物まねをした事があるはずだ。

 

古今東西、党派を超えて物まねが通じる政治家は、

あの人くらいだろう。

 

 

000kaku

 

よっしゃよっしゃ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、菅さんの目付きも、

それを 『売りにするくらいの根性』があれば

別に構わないと思うのだが

いつも眩しそうなあの目付きは

なんだか自信がなさそうに見える。 

 

 

 

 

そんな目付きで増税のことを言われたって、という感じだ。

 

 

 

 

それが選挙で負けたあとは

『あんなこと言ったので負けちゃいました。』みたいな事をまた、

眠そうな目付きで言うもんだからこまる。

 

 

 

 

 

 

 

堂々としてなさいよ。 

 

 

お疲れなのか、韜晦しているつもりなのか知らないが

国民が不安になるじゃないか。 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

『今日の記者会見』

 

00kan3

 

手振り一杯でも、やっぱり眠そう。

 

 

 

 

 

 

アイプチでもしてこい。

 

00eye_puti

 

『キュート系パッチリeye』 

 

 

 

 

 

つけてやる

 

00kan3_3

 

キュート系パッチリ菅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

  

 

 

 

FAT MAN

Fat_man_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごい弱そう。 

 

 

 

見た目って大事だと思うよ。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

  

 

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

シンナーに気をつけて壁塗んな

イギリスで、職業と死因に因果関係があるという研究が発表。

(ロイターの記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわく、

船員や、料理人、酒場の従業員はアルコールによる死亡率が高く

美容師はエイズによる死亡率が平均の9倍にも上った、と。  

 

 

 

 

 

船から下りたマドロスが居るのは港の酒場だし

美容師ってゲイが多いらしいじゃない。

イメージ通りでしょう、と言いたいらしい。 

 

 

 

こういう斜に構えた『研究』は、いかにもイギリスっぽくて嫌だ。

 

 

 

 

 

 

 

サンプル数が少なければ結果を操作できるよな、と思ったら

『10年間に亡くなった16-74歳の

男女160万人について調査した』のだそうだ。

 

 

 

 

すげー暇な研究。

 

 

 

 

 

 

 

『この研究』から一体なにを教訓にしろ、というのだろう。 

 

 

 

 

アル中になりたくなければコックやバーテンダーなど、

酒を扱う職業に就くな、ということか?

 

手間ひま掛けた割にはつまらん結論だな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『駄目だ駄目だ、あんな奴との結婚は許さんっ。』

 

『どおしてっ?あのひとがペンキ職人だから?』

 

『…』

 

『お父さんがコックで、お母さんがスナックのママで

お兄さんが美容師で、弟君が洋裁をやっているからなの?』

 

『そんな家、リアルにありそうだ…』

 

『そのうえ おじさんはマドロスだし、

おばさんは流れの板前だからなのっ?』

 

『…満艦飾だな、おい…』

 

『職業で差別しないでよっ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『塗装業者は薬物乱用による死亡が平均の約2倍だった』

っていうのを見ると、こいつを思い出す。

 

 

 

 

 

 

『シンナーに気をつけろ』

 

伊武雅刀ってすげえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日のエビマヨ』

 

 

 

 

 

 

 

000rien_2

 

梨園の嫁

 

 

 

 

000noripi 

 

離縁の嫁 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうちょっとこの、ハッピーに終われないもんかな。 

 

 

花嫁マラソン

E1275959760069_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

 

 

エビマヨ

000ebi_2

 

 

 

 

 

ひとつ110円。

せめてこのくらいの騒ぎにしてくれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

よしっ。今日も未成年っ

未成年にタバコを売らないための顔認証たばこ自販機で、

中学生が「顔をしかめたら買える」ということで

へんな顔をして買いまくっている、というニュース。

(朝日新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

へー

 

 

 

 

 

 

 

『顔認証自販機』 ? 

知らんかった。

 

最近タバコ、吸わないからね。

うちの近所にあったかしらん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、おもしろい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未成年にタバコを売ってしまってはまずい、ということで

Taspoカードとかできた訳だが、あんまり普及しなかった。

 

そこでできたのが、Taspoも免許証も要らない

この『顔認証自販機』なのだそうだ。

 

 

 

 

『顔をしかめたら買える』というあたり

いかにも中坊で、

あったまわりーなー、と思う訳だが

そこがまた、いい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年齢を顔で判別する?

 

 

 

童顔の人はどうするんだろう?

『おれ、23なのに…』とか言って、

立ちつくす子とかいるんだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

女の人も判別するんだよな ? 

 

ぶりっぶりに化粧して挑戦するおばさん 

とかいたら楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

『あー、買えちゃったー』

 

『へへーん。あたしの勝ちー。

31でも「未成年なのでお求めできません」

って言われると、きゅんとくるわー。』

 

『なによー、あたしだって32ようー。』

 

『約束だから、ランチはあんたのおごりよっ。』

 

『まだよっ。まだまだ。

3丁目にもこの式の自販機があるから、そこでリベンジよっ。』

 

『へへーん、じゃあじゃあ今度はデザート賭けるからねっ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンクした記事の後半では

『タバコを買った中学生に注意したら

暴力団風の男が出てきた』とか

 

『喫煙すると不良になって暴力団に行くぞ』とか 

いかにも『朝日』で唐突な展開のだが。

 

 

 

 

 

 

タバコを買ったくらいで不良になんかなるか。

 

不良になる奴は、『成るべくして』なっているのだ。 

『タバコから遠ざけたら暴力団からも安心』っていうのは

論理のすり替えだろう。

 

 

 

 

 

 

 

そんなことよりも、

たのむから

 

こんな面白いものなくさないでくれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎朝、自販機の前で

『よしっ、きょうも未成年っ。』

小さくガッツポーズをするOLが続出。とか 

そんなニュースを流して欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『やるのー?』

 

『いいのよっ。この子たちまだ3つなんだから。

覚えちゃいないわよっ。』

 

『見つかったら怒られるわよー』

 

『だから見張っときなさいよっ。

「たまひも最年少おっさん顔コンテスト」

の締め切りは今週なのよっ。』

 

 

『…それ、獲れてもうれしくないし…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

おとなだもんっ

000dog

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬ですよ、これ。

 

ちゃんと成犬。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

  

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

神戸は坂の街

神戸は坂の街だ。

      

 

 

 

 

 

そんなこと、みんな知っている。 

 

 

 

六甲山系の山裾にできた街が神戸。 

だから、北から南に勾配がある。

 

元町の大丸には『海側』『山側』

という表示がある。

 

それで通じちゃう訳ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けれども、意外に東西方向にも勾配がある。

住んでみるとよくわかる。

チャリンコで走ったりすると、てきめんだ。

  

 

 

 

 

具体的にいうと、川を越えるたびに坂になる。

 

神戸の川は、南北に流れている。

みんな六甲山の雨を集めて駆け降りる短い川ばかり。

普段はイノシシの通り道だが

雨が降るとたくさんの土砂が流れる。

例外なく『天井川』になる。

 

 

 

そのため、東西方向に走ると川に向かって登り、

川を越えると下る、ということを繰り返すことになる。

 

 

 

すっごい疲れる。

 

 

 

いやあ、朝一番に区役所に行こうと思って

愛車・轟天号をだしたら、もう疲れるし、

なにより暑いのなんのって。 

 

 

 

 

ずーっと上り坂なんだもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

震災の印象が強いが、

神戸は空襲にもあっているし、それ以前に水害にあっている。

 

 

開港から70年の間に限っていえば

最大の災害は600人以上の死者を出した

昭和13年の阪神大水害だ。 

 

 

神戸は水害の街、でもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえばこの写真 

0000tizu_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新神戸駅から降りて市役所の前を通るフラワーロードは

昔の生田川。

 

これがむかしは、とんでもない天井川だった。

 

以前見たことのある明治時代の絵はがきでは

居留地の二階建ての建物よりも高々とした堤防に

松並木があり、そこに、着物の芸者と

手甲脚絆 振分け荷物の佐川急便のような人が写っていた。

 

 

いかにも『ザ・ジャパン』という『明治の絵葉書』なのだが

今回紹介できなくて残念です。

とにかく、生田川はとんでもない天井川だった。

 

 

これでは水害が怖くて仕方がない、と

居留地の外人から苦情が出て、

幕府が請け負わせて生田川の付け替え工事をやったのが、

加納宗七という人物。 

 

 

いまでも、二宮に『加納町』という地名で残っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも もう、生田川は付け替えられて

元の高さがわからない。

 

今日、その『神戸の過去の天井川』

唯一体験できる場所は、ここ。

 

 

 

どん

000minatogawa

 

 

 

 

 

 

 

湊川公園。 

 

 

 

画面右側にある、アーチの上は公園。

かつてはここが川でした。

 

 

この高さが伝わるかなあ。 

 

 

 

 

 

 

 

このトンネルは普通にビルの4階くらいある。

 

神戸をご存じの方だったら

新開地の商店街がかつての湊川。

楠木正成の『湊川の戦い』の場所なのだが

いまの新開地は歓楽街と商店街だ。

 

 

最近は

いろいろとイメージアップの方策をやっているようなので

とりあえずは黙っておくが、このあたり

30年前はすげー怖かったぞ。

 

 

 

生田川と同じで、川が付け替えられて

なんにもなくなった その跡地を分譲したから

『新開地』な訳です。

(大阪だとこれが『新地』になります)

 

 

 

 

 

 

 

しかし湊川は

無茶苦茶な付け替えをしてる

0000natsu2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家の『タダフォトショ』では

ここまでの表現が精一杯でした。

 

 

 

 

 

『新開地商店街』と書いてある白い線が

昔の湊川。

 

付け替えられた湊川は、山を下りて

うりゃあっと西に向きを変えて

会下山をトンネルをくぐって長田に降りる、という

無茶なルートなので

つい最近でも水害を起こしました。 

 

 

 

 

平成10年11年と続けて湊川があふれ

あのあたりは結構 高台なのだが1m以上の水に浸かった。

 

 

 

2年連続で水に浸かったために

ATMが全部駄目になって

このあたりの銀行の支店長の首が

みんなふっ飛んだという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えーと、

例によって何が言いたいのかわからなくなってきたな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神戸の川は高い。

ってことだった。 

 

 

 

 

電車に乗っていてもわかりますよ。

 

JRだと芦屋川と住吉川のところで

日本では珍しい『河川トンネル』をくぐります。

 

 

 

 

 

でもすっごく短い。

 

 

 

 

 

よほど神経を集中していないと、

跨線橋だかトンネルだかわからない。

 

 

 

 

 

 

 

たとえば芦屋川トンネル

0001

 

 

 

 

 

 

 

アラウンド40m

時速80kmで通過したら1秒半。

 

 

 

 

 

 

 

住吉川トンネル

0002

 

 

 

 

 

 

 

 

こっちはもっと短くて、約30m。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別に降りる必要はないので

通るときに一度注意してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

賭けてもいいけど

最初は絶対に気がつかないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

すばらしくかっこいいトンネル

0tunnerel

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

エスペラントとザメンホフとヤクルト

今日(7月26日)はエスペラント語誕生の日、なのだという。

 

 

 

 

 

 

 

エスペラント、というのは『世界共通語』を目指して

ザメンホフという先生が考えた人工言語。

 

 

そういった言葉があるのだ、ということや

ザメンホフという人が、

『ロシア領ポーランド生まれのユダヤ人』という

ややこしい場所に生まれたが故に

民族間の争いが身近にあって

言語の境界を取り払えば世界から争いが消えるだろう、

という高い理想を掲げて作った。

 

ということを初めて学んだのは中学生の頃。

 

 

 

 

 

我々 男子中学生達はその高い理想に感動、も

ちょっとはした。間違いなく感動したのだが

それとはまったく別の理由

『エスペラント』という言葉のことを

深く心に刻むことになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって『ザメンホフ』…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、ね

普段はくそ真面目なW君が顔を真っ赤にしながら

『ザメンホフ…ザーメンホーフ…』って

繰り返していたのをよく覚えている。

 

即座に同意した。

 

 

 

地球の裏側で自分の名前が、

中学生男子のハートをわしづかみにしていたとは

ザメンホフ先生も草葉の陰でびっくりであろう。

 

人様の名前を笑ってはいけない、

それはよくわかるんだけど、大笑いしたんだもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザメンホフが出版した『最初の本』が1887年。

日本には1906年に二葉亭四迷がはじめて紹介している。

 

エスペラント運動というのは戦前には結構 盛り上がった。

宮沢賢治や新渡戸稲造、大本教の出口王仁三郎など

不思議で意外に広い分野にエスペランチストがいた。※

 

 

 

 

 

 

 

そして、いまでも日本人なら

みんな知っているエスペラントの単語がある。

 

 

それは、

 

 

 

 

 

 

 

『ヤクルト』

 

 

 

 

 

 

 

(とても大メーカーのHPとは思えない『ヤクルトのマメ知識』

 

 

 

 

 

へー

 

 

 

 

 

しかし、逆に言えばそれ以外のエスペラント語って知らないなあ。

 

 

 

 

 

 

 

人工言語なんて普通の人間の第一の言語にはなれない。

エスペラントで書かれた詩や小説もたくさんあるが

それで感動するのは、私には無理だ。

 

こんなことザメンホフ先生が一番よくわかっていたらしいが

英語も駄目なのに

いまさら絶対に無理だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

楽天とかユニクロとか

社内の公用語を英語にする、なんていう会社があるらしいけど

そんなこと急にいわれたらたぶん泣く。

 

 

 

 

そういう いちびった会社の社員食堂には

TOEIC900点とかのおばちゃんを送り込んでやりたい。

 

流暢な英語でこんな事をいわせたい。

 

『Say the order in a bigger voice.

I cannot get your shit pronunciation.

The following are choked.』

 

(注文は大きな声でいっとくれ。

発音が悪いな。

あとがつかえてるんだよ。)

 

(翻訳:エキサイト翻訳君)

 

 

 

 

 

 

フロアまでやってくるヤクルトおばちゃんには

エスペラントをしゃべらせてやる。

 

『ヤクルト、ウヌ? オクデク エン、ダンケン。』

(ヤクルトひとつ? 80円。ありがと。)

 

(エスペラントの無料翻訳ソフトなんてないので

単語を並べただけです。 絶対に違うと思うので信じないで下さい。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

文化を伝えるってむずかしい 

Twsushi02_2

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

中国語版の『寿司の作り方』に載っていた道具たち

 

『こうぐのしょうかい』という

日本語がいきなり間違っているのは いいとしても、

焼き網は必要か ?

『卵焼き器』があるのにフライパンは必要なのか?

 

寿司桶かと思った3番は『ふるい』だし、 

5番の道具に至っては

一体なんなのか想像もつかない。

 

パスタをはかる道具かと思ったが孔の大きさがおんなじだ。

調味料立てか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

 

 

 

 

JUST DID IT

Daily_picdump_415_640_19

 

 

 

 

 

 

 

 

あああ。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

  

 

 

 

 

 

※宮沢賢治、新渡戸稲造、出口王仁三郎の三人は

 エスペランチストでしたが、協力して普及活動をしていた訳ではありません。

 

 どっちにしても今日の記事はエスペラント学会あたりから怒られそうだ。

 最初に謝っておこう。

 でも『ザメンホフ先生』の名前が中学生の心をわしづかんだのは事実です。

 

 

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いろんな国があるもんだ

中国で警察官が党幹部の妻を

一般人と間違えて殴り倒して平謝り、というニュース

(ロイターの記事へのリンク) 

    

 

 

 

地方の党幹部の妻が旦那に会いに

共産党の建物に入ろうとしたところ

6人の私服警官から16分にわたって袋だたきにあった。 

 

事態がわかった後になって

警察幹部が入院先の病院に訪れ、平謝りに謝ったそうだ。 

 

 

 

 

 

さて、 

このニュースで驚くべきところは次のどれでしょう?

 

①まだ中国はこんなことやってんのか。

 

②これが一般人なら殴り飛ばしても良い訳だな?

 

③こんな国辱もののニュースが

  海外に流れる時代になったのか。

 

 

 

 

①と②についてはさほど驚かなかった。

中国ならまだやっているだろう、と。

 

 

 

意外なのはこのニュースが国内で報道され、

それが海外にまで報道されているという事実。

 

ロイターにまで流れている以上、この警官たちには

とんでもない処罰が下されるのだと思うが

Googleさえ大嫌いだ、というこの国が

このニュースを許している理由はなんだろう。 

 

 

 

 

『我が国は、もうこんな不法を許しませんぞ』と言うことか?  

 

わからん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次のニュース。

 

 

ロシアのプーチン首相が先日アメリカと交換された

『美人過ぎるスパイ』をはじめとする一行と

面会して激励した、というニュース。

(産経ニュースの記事へのリンク) 

 

 

 

この『美人過ぎる○○』という表現が大嫌いだ。

そもそもニュースで有名になったこの人、

それほどの美人だろうか。

 

Spy_2

 

10年後には、絵に描いたような

ロシアおばちゃんになってると思う。 

 

 

 

 

 

それはともかく、

このニュースで驚くべきところはどれでしょう。

 

 

①いまだにスパイっているのね。

 

②この『美人スパイ』達と『あの無愛想すぎる』

 プーチンさんが 唄を歌ったりしたらしい。

 

③捕まっちゃったスパイには優しかったけど、

 プーチンさんは

 今回の検挙は『裏切り者のせい』、

 『裏切り者はろくな死に方をしない』と

 強調した、という点。

 

 

 

 

 

 

①についてはやっぱりちっとも驚かない。

日本にだってスパイくらいいるだろう。

いや、いると信じたい。

 

 

しかし、②は驚いた。

だってこの無愛想さだぜ。

 

00putin

 

だから赤ん坊抱いたら

笑えってば。 

 

 

 

 

 

 

更に怖かったのは③。

プーチンさんが名高いKGB出身というのは超有名。

裏切り者はろくな死に方をしない、

ということを君は知っている訳だね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後のニュース。

 

 

キム・ヒョンヒ元死刑囚来日中の鳩山前首相のつぶやき。

 

一般論として聞いてください。

メディアがある人物を「様々な危険を想定し、

警察は行動を非公開にしています」と言いながら、

その人をヘリまで使い追跡しています。

ご当人や周囲の安全が心配です。

皆さんはメディアの役割と責任をどう考えますか。』

 

(原文ママ・改行のみ筆者)

 

 

 

 

 

状況と日時から『ある人物』が誰か、明白だと思う。

 

 

 

 

さて、

このニュースで驚くべきところは次のどれでしょう?

 

①鳩山さんって別荘持ってるんだ。

  

②このつぶやきは、結局愚痴なの?

 

③『意図がわからない』と批判されているけど

 彼女を呼ぶのに当たって、

 当然『腹案』があったんですよね? 

 

 

 

 

 

 

①については驚かなかった。

お金持ちだから別荘くらい持っているだろう、と。

 

②については全くわからない。

ニュースにしたくて呼んだんじゃないの?

 

 

 

 

 

 

③の『腹案』

 

うん、無理。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶっ飛ばすよ

Daily_picdump_357_51_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

涼をとるための最高の方法

毎日毎日、暑い暑いと書くのもどうかと思うのだが、

毎日毎日 暑いのだ。

 












だから逆に、今日は私が学生の頃に実践していた

『涼をとる方法』について書いてみたい。 



日常の中でエアコンの恩恵を受けられるようになったのは

大人になってからである。








大学の頃 住んでいた下宿にクーラーなんかなかった。 



大きな窓があって、そのすぐ外は猫の散歩道になっていて

それはたいへん素敵なのだが、

思いきり西日をあびて、たまらなく暑かった。



とても部屋にいられない。

かといって外だって暑い。







そんなとき、涼をとる方法が3つあった。



ひとつは大学に行くこと。

大学生なんだから当然だろう なんて言ってはいけない。

大学は暑いのだ。



いまはどうか知らないし、

当時でも、えらい先生や高い機械がいる部屋には

空調が利いていたはずだが、

教養部の学生どもが出入りできるような場所に

冷房なんかまともに入っていなかった。



第一うちの学校は丘の上にある。

夏休みで授業もないのに

誰が好き好んでいくもんか。





それでも唯一の例外は図書館だった。

さすがにここだけは30年前でも冷房が利いていた。


もっとも新館の空調はそれなりだったが

旧館の冷房は設備が古いのか、司書が冷え性なのか

ちっとも利いていなかった。





それでもちょっとは涼しいので本を読む。

1回生の頃はずいぶん本を読んだもんである。



安部公房の脚本集などはみんな読んだ。

伊丹十三も読んだ。

内田百閒も読んだ。



いま思い出して 『う』で終わっているあたり

私の限界だったのだと思う。













図書館は静かでよいのだが、

やっぱり、そのためだけに丘を登るのはしんどい。



もっと手軽なのは単行本を持って電車に乗ることだった。

電車ではハードカバーの本など似合わない。

でも、200ページくらいの単行本なら

阪急電車で梅田と宝塚の間を2往復するくらいで読めるし

暑い盛りの3時間を涼しく過ごせる。



腹が空いたら十三や石橋の駅そばは美味しいし

売店があるから飲み物にも困らない。




乗車券の使い方として正しかったのか?

と問い詰められると困ってしまうのだが、

その頃はそんなこと考えてもいなかった。

すいません。

まねしちゃ駄目ですよ。













実行できなかった避暑法というのもある。


大学生になったらやってみたかったことがある。

『学生街の喫茶店』に入り浸ってみたかったのだ。

『わけもなく語り合う』相手などいなかったが、

アイスコーヒーを前に

ちょっと気取った本をひもときながら

『片隅でボブ・ディラン』を聴いて過ごしてみたかった。







ところが、そんな店 ありはしないのである。



大学に入って初めてわかったが

大学生というのは私も含めて もうびっくりするくらい馬鹿で

喫茶店で読むのは間違いなく漫画で

一生懸命テーブルでやっているのは

一時代前のゼビウスとかだった。





さらに、80年代前半というのは

まだ学生運動のオルグとかがあったし

後にオウムで有名になるように、やたらと宗教の勧誘が多かった。



逃げ場のない喫茶店にひとりで入るのは

ちょっと勇気が必要だったのだ。



雰囲気のいい喫茶店もごく少数あったが、

そこにはもちろん常連がいて、

何回生かわからないようなおっさんばかりで

やっぱり怖くて入れなかった。










『ファミレスに行く』というのもやらなかった。


私より少し後の世代なら、

ファミレスで試験勉強をしたという連中は案外多い。

バブルの頃ユーミンが(この人は私よりだいぶ年上だが)

ファミレスで聞き拾いした痴話話でアルバム一枚分の歌詞を

書き上げたというのは有名な話。



『すかいらーく』の1号店の開店が1970年だから

もちろん存在は知っていたが、ロードサイドショップとして

発展したため、車がないと行けなかったのだ。



貧乏学生だった三谷幸喜が住宅街の中に

おしゃれな割に、店頭のメニューが意外にも安い店を見付け、

喜び勇んで年上の彼女をクリスマスにエスコートしたところ

有名なファミレスでがっかりされた、という話があるくらいで

車がないと縁がなかった。



三谷幸喜は同世代なので、

この人の世間知らずは極端だとは思うが。














話が例によって貧乏くさくなってきたので

ここで決定的な避暑法をご伝授しよう。






風呂に入ってしまうのだ。

なにを当たり前のことを、というなかれ。



我が下宿に風呂などなかった。

別に威張るようなことではないが、

当然入りに行くのは銭湯だ。



これは気持ちいいぞ。 

ユニットバスのシャワーなんかとは比較にならん。





熱い湯に入って

溶けるくらい入って

スチームサウナでさらにとろけて

そのまま水風呂に飛び込んでしまえ。









身体中が『きゅっ』と音を立てるような気がする。

脂肪のうちの何割かがちょっと固まるような気がする。



もちろん、これで体を洗って

冷たいシャワーを浴びて、それで出てきてもいい。 


再び炎天下に出てきても、さっきまでの

昼下がりの朝顔のような塩垂れた気持ちではなく

なにか『勝った』ような気がする。











ただ、理想を言えば

何度も風呂を出たり入ったりできるといい。




昔の銭湯には脱衣所の中に畳敷きの休憩コーナーがあった。

兵庫の銭湯にこれがあって、 

湯舟に入って水風呂に入って

体を拭いて、

裸のまま休憩コーナーでごろごろして、

また風呂に入る。


3回もこれを繰り返すと

身体中がふにゃふにゃになる。



あんまり若い衆のやることではないと思うが、

気持ちがいいことは間違いないです。  




脂っ気などみんな抜けてしまう。

プロアクティブなんて必要ない。

真鍋かをりもびっくりである。





ただし欠点は、まるまる半日かかることで

その間なにもできない、ということ。



外がまだ明るいうちに風呂に入ることに

罪悪感が起きるのもちょっとした欠点だ。


頭の中で

『おーはーらーしょーすけさん、

あーさーゆーがーだいすきでー

そーれでーしんしょーつーぶしたー』

という歌がリフレインするのも

ほんの少しだけ困りものではある。





でも、これだけは昔の銭湯じゃないと駄目です。

スーパー銭湯じゃあ風情がない。




ぜひどうぞ、と言いたいが無理かな。

でも、ぜひ。






















おまけ

 

 

 

『学生街の喫茶店』























では『今日の一枚』













気持ちはわかる

Daily_picdump_315_86
















にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2010年7月24日 (土)

夏日が25度だなんてことを忘れてたよ。

あんまり暑いので一日中エアコンをつけている。

 

 

 

 

 

 

地球なんか甘やかしちゃいけないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

寒い時に使うストーブとか囲炉裏とかこたつとか

と比べたら冷房ってすげえ。

 

冷えちゃうんだぜ、空気が。

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、たき火なんかギャートルズの時代からあっただろう。

そこにいくと冷房ができたのは最近だ。  

 

『エアコン』という名前で最初に特許を取ったのは

アメリカ人でクラマーというおっさん。

1906年のことだった。

 

 

クラマーおじさんのとは方式が違うが、

日本に導入されたのも早かった。

日本初の冷房もできる『エアコン』の設置は1909年竣工の

東宮御所(いまの赤坂迎賓館)。

エアコン発明のたった3年後。

もちろんアメリカ製だ。

 

 

『東宮』というのは皇太子のこと。

最初に入居した『皇太子』は後の昭和天皇で

竣工から15年後に初めて入居するのだが

この『アメリカ エアコン』がとんでもない代物だった。 

 

温度を自動で調整する機能があるのだが

日本の湿気のためにセンサーが馬鹿になって

全く言うことを訊かず

いい温度の時に寒風を吹き出し

暑くて仕方がないときに熱風を吹き出した。

 

 

 

若かりし昭和天皇ご夫妻は

すっかり健康を壊してしまわれたそうである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、日本のこの例を笑ってはいけない。

 

 

ドイツでは国際高速列車ICEの空調が効かなくなって

室温が50度になってしまったのだという。

(読売新聞の記事へのリンク) 

 

外気温を32度としてシステムを設計していたからだという。

ヒートポンプエアコンだから外気温が高すぎると

オーバーヒートしてしまうのだとか。

 

 

日本の新幹線と同じく窓が開かないから

ちょっとした地獄だったらしい。

 

 

 

文明は人類を滅ぼすな。

 

言っていることが支離滅裂だけれど、

暑いから、ということで。 

 

 

 

 

 

だって

『今日も猛暑日で岐阜県では38度…』

とか、おかしいだろう。

 

 

最高気温30度の日を真夏日って言うことや、

25度は夏日って言うなんてこと、

もう忘れてしまうよな。 

 

 

25度なんて涼しいよ。

最低気温でも25度になんかならねえじゃねえか。

 

 

 

 

とにかく暑いのよ。

毎日、暑い暑い言い続けるのもどうかと思うが

暑い、

断固として暑い。

 

 

俺はクーラーを入れる。

耐えろ、地球。

 

 

 

あちー

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

フローズンマネーゲーム

Frozen_money_640_04_2

 

 

 

 

 

 

 

 

氷の中に入っているのは

リアルな現金。

掘り出したら差し上げる、というゲーム。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

たばこ税とスイーツ税

消費税増税論議の陰でひっそり行われた増税がある。

たばこ税だ。



鳩山政権の数少ない『実績』のひとつで

2009年12月に決定され、2010年10月から施行される。

つい先日JTが値上げの申請を出して許可された。



これにより、

いま300円のタバコは、おおむね100円ほど値上がりする。











300円のものが400円になるというと30%以上の大増税だが

同情する声は、ない。




キャリー・ネイションたちは

『たった100円?』

『一箱1000円にするっていってたじゃない』

『10000円だっていいわよ』

と、大騒ぎである。






公園で吸うのも許されず

喫茶店でも禁煙のところが増え

海水浴場でも吸うなと言われる。


家に帰ったら吸えるか思ったら、家族は大反対で

仕方なくベランダで吸うと こんな投書がくる。

『ベランダでタバコを吸わないで 』







タバコを吸う奴はも麻薬患者のように言われるから

増税に同情はされない。


しかし、今回の増税程度では

税収への影響は殆どないのだそうだ。


少子高齢化、高福祉社会を目前に税金は足りない。


そこまではみんなわかってるだろう。

国庫の無駄を省くのも大いにやってもらったらいいが

増税は避けられまい。


それもみんなわかっているのだ。






でも消費税は嫌だ。


だってほら、福島さんも渡辺さんも野党のみんな

消費税なんて上げなくてもいいって言ってたじゃん。

埋蔵金があるから大丈夫って言ってたでしょう。














よし、わかった。




消費税のように普通の品物に薄く広く掛ける税金は駄目だ。

たばこ税のように健康に悪くて

嗜好品にかかる税金だったらいい訳だな。








『スイーツ税』だ。


ケーキだ、お菓子だ、ドーナツだ。

和菓子だ果物、ドリンクだ、と。


甘党だろ? だからデブなんだよ、という台詞に対して 

『ひっどーい。スイーツは女の子の必需品です』

とかいうてめえ、35だろうっ。


とにかく健康には悪い、嗜好品だ、

タバコと同じで高率の税金をかけることを

躊躇する理由はないよな。








砂糖の含有量で税率を決める、なんて事を言うと

『いや、これは砂糖じゃないのよ。砂糖の100倍甘いんだけど』

とか言うやつがきっと出てくるので

製品のいちいちに糖度計をさして税金を決める。









『とまれっ、砂糖警察だ』


『くっ、』


『逃げても無駄だぞ、うちには「糖度感知猫」がいるからな』


『何で、何で猫なんかにっ』


『うちのタマは甘いものが大好きなのさ。

タマの目を逃れても、アリー軍団が控えている。』


『空輸した品物をみんなアリにたからせているのか?』


『たかるのはご禁制の品物だけさ。

ご禁制なんだからアリまみれになったって構わないだろう。

行列のできるドーナツ屋なんてガラガラらしいじゃないか。

おおっと、このケーキ糖度23%かあ、

糖度イコール税率だからな』


『くっ』


『ああーこれだけあったら、数百万の税金だねー

まあ、デブは罪だし。』


『昔はそんなことなかった。

公園で、お菓子の袋を開ける子どもたちはみんな天使だったのに』


『あー、いま公園では「喫甘所」以外で甘いもの食ってたら

捕まるからね。

盛場でも、歩きあんパン禁止だしね。

映画「アンパンマン」はR18指定になったらしいよ。

子供に悪影響を与えるってね。』


『なんていやな世の中なんだっ』



















では『今日の一枚』












目の敵にするべき相手は喫煙者ではないぞ。



Debu






















安全に差し支えるほどのデブ







にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

昨日といい今日といい、暑いぞ。

溶けるように暑い。

 

 

 

 

 

こんな日に外なんか歩きたくはないのだ。

 

 

 

分け入っても分け入っても暑い。

太陽がいっぱいだ。

  

 

 

 

 

 

 

ガキどもだけに夏休みがあるのは卑怯だと思う。

 

せっかく教職単位を取っていたんだから

教育実習までやればよかった。 

 

 

 

 

この暑いのに高校野球なんてやっている。

青春なんか大嫌いだ、と思う。 

 

 

 

 

この暑いのに相撲なんかやっている。 

よく考えたら、名古屋場所の体育館て冷房ないよな。 

 

くそ暑い屋内で裸のデブの取っ組み合いを見るのか。

うわあ暑そうだ。

 

今場所は座席が売れなくて困っているらしいが

お客さんにかち割り氷でも配ったらいいんじゃないか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑いのは日本だけではない。 

平年の平均気温18度のモスクワで37度とかの

キチガイじみた猛暑が連日続き

涼を求めて水遊びする人の水死事故が続出。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

大抵が酔っぱらっていたというあたりがロシアっぽい。

本人が酔っぱらっていたのなら自業自得だが

親が酔っぱらって子どもがおぼれているのに気がつかない、

というのも多いらしい。

 

もし、そんな目にあって死んだら絶対地縛霊になってやる。

 

 

 

 

 

 

とにかく暑い。

 

 

 

ドイツでは列車の冷房が効かなくて大騒ぎだし、

上海万博では熱中症であおれる人が続出するし

セミはうるさいし、

犬は鳴くし、

 

 

 

 

 

 

今日から夏休みでしょう。

うちの向かいに小学校があってうるさいのよ。 

一日中遊んでやがる。

 

『子どもは国の宝だ』

『あなたは子どもがいないからこころがゆがんでいるのよ』

 

とか言うやつにはこの騒音を送りつけてやりたい。

 

 

塾行け塾。 

 

あー、暑い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あちー

Atuino

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶん、この娘はいい子なんだと思う。 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

京成パンダはと女は怖い

都心と成田空港を結ぶ「成田スカイアクセス」が開業。

(朝日新聞の記事へのリンク)

     

 

 

 

 

 

 

 

 

『都心』って言ったって日暮里だろ?

それで36分?

 

東京駅からの時間を比べたら

日暮里乗り換えのスカイアクセスは37分。

NEXは39分だから殆ど変わらないよな。

という比較は卑怯である。 

 

 

 

 

新宿からでも、渋谷からでも電車に乗って

東京駅でNEXに乗り換えてみろ。

中央線2階ホームから総武快速線地下5階ホームまで

乗り換えに20分以上かかることを、

貴様ら言わないだけだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、この話題はいずれ

酔っぱらったときにじっくり話をするとして

 

とりあえず、登場したスカイライナーを見てみよう。

 

 

 

00acess

 

 

日暮里じゃないよ。

 

 

 

 

 

 

なんかすっきりしている。

 

ちなみに『成田スカイアクセス』というのは路線の名前

列車の愛称は従来通り『スカイライナー』という。

 

ややこしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、このくらいがスマートだよな。 

 

東北新幹線の新車両『E6型』。

鼻が長くて、赤い。

 

E6

 

 

 

 

 

こんなへんな形なのは、新幹線にはトンネルがあるから。

突入するときに、どーんとくる

 

この時の騒音と抵抗を避けるために新幹線の鼻は

どんどんおかしなことになっていった。

 

00500

 

500系

 

 

 

00700

 

 

700系

 

 

 

 

 

 

もう、なんか新幹線って変だよ。 

E6型に至っては赤くて長くて先がむけてる、と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとんどトンネルがないスカイライナーの車両は

すっきりとかっこいいわけです。 

 

 

 

 

南海のラピートのかっこ悪さと比べたら

ずっとましだ。

 

大阪の人は何故かラピートの悪口を言わないんだが

あれは素直にかっこわるいよ。

 

 

 

 

 

 

でも、新・スカイライナーが特別かっこいい訳でもないけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、この『スカイアクセス開通』を祝福して

沿線や関係のある『ゆるきゃら』が集結した。

 

この暑いさなかご苦労なことだ。

 

 

00acsess

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左端の青いのは、地元荒川区の『あら坊』。

となりも、荒川区のキャラクターで『わざ丸』。

 

 

 

ところが、そのとなりの目つきの悪い奴は何だ?

 

 

 

 

 

 

 

こいつは京成電鉄のキャラクターで

『京成パンダ』

 

 

00keiseipanda

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眼が怖い。

しばらく京成に乗らないでいたらこんなことになっていたのか。

 

 

 

この人の、あまりのばかばかしさは

このリンクからどうぞ。

(そんなにパスモが珍しいか、という京成カードへのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、確かに日暮里は田舎駅だし

山手線しか止まらないので乗り換えは不便だし、

京成日暮里駅の駅そばは汁がまっくろで

びっくりするくらいまずいのだが 

 

スカイアクセス開業。

せっかくだから祝ってあげようよ。

 

 

 

 

日暮里、日暮里と言っているけど

スカイライナーの始発は上野。 

 

 

 

終電のスカイライナーに乗ると

停まらないはずの博物館動物園前駅

さっきの京成パンダが乗り込んでくるらしいよ。

 

 

 

っていう噂を流したらどうだろう。

 

 

 

 

 

 

いや、どうだろうって言われても困るか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『終電の3号車E席には京成パンダがいる』って

都市伝説にならないかな。

 

 

 

ならないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の変身』

 

 

 

 

 

 

 

 

この目つきの悪い少女が

0one_2

 

 

本当に目つき悪いな

 

 

 

 

 

 

眼を二重にして

0two

 

 

ここでびっくり

 

 

 

 

 

 

さらに眼をぱっちり 

0three

 

 

マスカラってすげえ

 

 

 

 

 

 

完成 

0four

 

 

女って怖い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

世界的心霊写真

夏である。

 

    

夏といえば、

TUBE だ。

ジブリ映画だ。

稲川淳二だ。

 

 

 

 

 

 

梅雨明けして暑いし、旧盆だ。

幽霊の季節だぜっ。というわけで、

 

『世界的に有名な心霊写真』を 

集めてみました。

 

 

 

 

 

 

では、どうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラウン・レディ

 

00104

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この幽霊は18世紀の人でドロシー・タウンゼント

浮気を疑われて殺された、と言われている。

茶色のドレスを着てるので『ブラウン・レディ』呼ばれています。

19世紀からたびたび目撃されてたが

1936年に雑誌に載ったこの写真によって

世界で もっとも有名な幽霊になりました。

 

 

 

 

 

 

 

画面一杯のエクトプラズム?

 

00102_4

 

 

ちがいます。

 

 

 

 

左の椅子に座ってる男の人が霊。

最初に気づいた時、ぞっとしました。

1891年に撮られたもの。

 

 

 

 

 

 

 

我が子を食らうサトゥルヌス

 

00103_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1966年にイギリスの博物館で撮られた女性の幽霊。

右下で手摺にしがみついてるサトゥルヌスのようなのが幽霊。

この建物では他にも足音や子どものコーラスなんかが聞こえるそうです。

『チューリップ』という名前で有名なエレガントな らせん階段なので

撮ってみたら偶然幽霊が写っていた、と説明があるんだが 本当だろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

身長9フィートの幽霊

 

001_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1963年にアメリカの教会で撮影。

トリックじゃないかと論争を呼んだ一枚。

祭壇の高さなどから考えると身長は9フィート(約3m)だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己主張の強い幽霊 1

 

002_3

 

 

 

 

 

 

 

2009年に撮られたもの。 

94歳のおばあちゃんの後ろに

25年前になくなった おじいちゃんが写ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

自己主張の強い幽霊 2

 

003_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心霊術師 A・ファーガソンなる人物の公演中に写った

彼の兄の霊。 

状況が状況だけに、うそだろー』ということで

これも議論になった1枚。 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己主張の強い幽霊 3

 

00106

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、どっちが霊だかわからなくなってきているが

左の人が霊。

このヘリコプターはフォークランド紛争に出撃した機体だという

いわく付きの写真。

 

 

 

 

 

 

 

 

自己主張の強い幽霊 4

 

00_5

 

 

 

 

 

くっきり 

 

 

 

 

 

 

 

1991年アメリカで撮影。

墓地に座る白いドレスの女性。 

この写真はゴーストリサーチ協会という冗談みたいな名前の会が

『心霊スポット』として評判の、この場所で撮影したもの。

  

これも真贋論争のある写真。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは怖いぞ

 

004

 

 

平和な旅行写真。

連続写真です。 

 

 

 

 

 

シャッターがおりました。

006

 

 

何が変わったか

気がつきましたか?

 

 

 

 

 

どん

005  

 

 

うわあ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かわいいけれど怖い

 

00105

 

 

 

 

 

 

 

 

1946年、オーストラリアで、アンドリュースという婦人が

前の年に17歳で亡くなった娘の墓の写真を撮った。

すると女の子が写ってたのだが、婦人は全く知らない子だった。

調べるとすぐそばに2つの幼児の墓があったという。

 

それにしても何で墓の写真なんか撮ったんだろう。

これもとても有名な写真。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、怖かったですね。

涼しくなりましたか?

 

 

 

 

 

 

基本的に霊とか信じないんですどね。

 

たまにはいいや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

アリエッティの髪飾り

Daily_picdump_261_60_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舌につけちゃ駄目でしょう。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (1)

菅総理は山林王

閣僚の資産が公開された。

(産経ニュースの記事へのリンク)

 

 

 

 

 

  

 

まあ、この『資産公開』を額面通り受け取っちゃいけない。

株式は勘定に入れないし、

普通預金もカウントされない。

不動産の値打ちも課税評価額という一番安い奴だ。

 

 

山田農相の資産が180万円、

永妻厚労相の資産が0円って、おかしいだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菅総理の資産は2240万円で内閣の中でも10番目、

歴代総理としてもうんと少ない、のだそうだ。

  

 

 

その前の、鳩山さんにしろ麻生さんにしろ大金持ちだったからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、菅さんの『資産リスト』を見ていて

不思議なところに気がついた。 

 

 

 

『山林 岡山市北区=5万4237㎡ 78万円 』

 

 

 

5万4千㎡といえば、1万6400坪。

相当な大地主である。

 

菅家というのは岡山県の大庄屋で

この土地も先祖伝来のものなのだそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

奥さんも山林を持っていて

こちらは約8万654㎡。

 

彼女も従姉妹だから大地主なのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、地目が『山林』であることもあって評価額はごく低い。

54000㎡・16400坪が78万円って安いよな。

坪単価5円。

 

ひえー。

 

 

総理はこのほか非課税の保安林1万㎡なども所有している。 

 

78万円の山林は前回も公表されていたが、

この『非課税』の分は今回初めて公表された。

 

 

 

 

 

 

 

 

山林での16400坪なんてちっとも広くないんだろうと思う。

カスみたいな評価額だから

よほどの田舎なのか、とも思う。

 

 

 

 

 

 

総理就任のときに話題になったように

この人のお父さんはサラリーマンから会社役員になった人で

息子も政治家目指して修行中なのだそうだ。

 

誰も山林経営などしていない。

 

 

 

最低限の管理はしているのだろうが

積極的な利用もしていなさそうだ。

 

というか、『世襲政治家じゃない』事を売りにしてきただけに

山林地主であることを隠したかったようだ。 

今回の非課税分の公表も嫌々だったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、『菅さんが山林王』ってのは意外でした。

 

でも、せっかく持っているんなら

むしろ積極的にPRしたらどうだろう。

 

『保安林』の部分は手を入れられないのだろうが

『山林』のところでうんと実験的なことをやったらどうだ?

 

 

総理大臣なんだから思い切り採算度外視で。

 

『林業振興』とか

『国土保全』とか真面目なことを言い出すと

話がいきなり貧乏くさくなるから

なるべく、あさってのベクトルで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国会の議員席に立てる漆塗りの木製の名札を寄付するとか。

 

『当選だるま』の替わりに等身大の『当選こけし』をつくって

各陣営に配るとか。

 

○谷園のお吸い物を土壌に撒いてきのこを育てたら

それはもう松茸じゃないか ?という実験とか。

  

民主党議員の名刺は

最高に綺麗な木目の桧の柾材を薄くスライスして

割れないように樹脂でコーティングした

『こけら名刺』にするとか。 

  

 

 

 

ログハウスを造って、子どもたちを募集して

総理とふれあいをすると共に自然に触れてもらう

『そうりんかんがっこう』とか。 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

  

アメリカの大統領は

『キャンプデービット』なんていう山荘を持っていてかっこいい。

 

総理も山荘を造って

『キャンプモモタロー』とか名前をつけて

外国の要人を接待したらどうだろう。

 

もちろん料理は地のもので、

岡山といえば、ももに吉備団子、

マスカットに牡蠣に卵ご飯と、華がないなあ。

 

 

しかし、面白そうじゃないか?

最近の例からして竣工前に退陣、

とかがありそうなのが嫌だけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その際の、設計・監理のご用命はぜひ弊社に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の二枚』

 

 

 

 

 

 

 

コロボックルになってみるのもいい。

Colobokkule_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外国の人は、こんな茶室でお迎えしたい。

Daily_picdump_362_155

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは藤森輝信先生設計の『高過庵』 

 

外人が中に入れるかどうかは、知らん。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

※政令市の『山林』なら おそらくは市街化調整区域で

そんなところに建物は建たないぞ、とかつまんないこと言わないで下さい。

夢のある話をしようぜっ。

 

 

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年7月15日 (木)

清く正しく美しく

宝塚音楽学校にもいじめがあった。というニュース。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

いわく、

2008年に入学した とある生徒は同期生からいじめを受けており

『万引きをした』などとチクられたため退学処分となる。

『退学は無効』であると生徒側が起こした地位保全の申し立ては

2度にわたって裁判所によって認められる。

万引きなどもなかった、ということになったのだが

なぜか学校は応じず、裁判となっていた。

 

 

今回の調停で、

学校側は、退学処分を取り消す。

生徒側は宝塚歌劇団への入団を求めない。

謝罪や慰謝料の有無について公表しない、となったそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

要するにいじめはあったということだな。

 

 

 

 

 

 

 

  

比較的抑制された読売新聞の記事を読んでもそう思うのだ。

 

 

じつはWikipediaの『宝塚音楽学校』のページには

いじめの詳細が、

いじめを行った生徒の名前と共に載っている。

信じるかどうかは、

Wikipediaなんだから読んだ人の自己責任だ。

 

 

 

 

しかし、内容は相当にえげつない。 

リアル『ガラスの仮面』とでもいうもんか。

 

 

あれほど体面にこだわる学校が

なぜこんなに長く裁判問題をもつれさせたのだろう。

 

 

よほどのことがあったに違いない。と、

第三者は思ってしまう訳だ。

よほどひどいいじめで、

学校の対応も不公平きわまりないものだったのだろう、と。

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

実を言うと、読売の記事を読んだ時点では

『トーシューズに画鋲を入れるなんて古典的ないじめ』

のひとつもあったか、と

からかってやるくらいの気持ちでいた。

 

 

 

 

ところが、

Wikiを読んで萎えてしまった。

 

 

どこまでが事実かどうかはともかく、

ちょっとひく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージで食っている学校としては

まずいだろう。

 

いじめがあったか、

どんないじめだ?とかいう事実を超越して

まずいよな。

 

 

読売新聞も3段抜きで報じている。

それだけの報道価値があるんだろうか?

 

 

三段抜きも読売のメッセージなのだとしたら

やっぱり相当ないじめだったんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の「放っておいてちょうだい」』

 

 

 

 

 

 

 

Ariyosi

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

放っておいて欲しい可能性があります…

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

泡沫候補物語

選挙の華といえば泡沫候補だ。

 

 

 

 

 

与党がどうの、野党がどうの

日本の未来はどっちだ、とかいう議論の高みと無縁な

底辺の戦いを見てみよう。

 

 

 

 

 

 

まずは、『沢田哲夫』

 

大地震から国民を救う様々なアイディアを持っているのだそうな。

たとえば、耐火耐圧カプセル。

00cap_2

要するに土管ですな。

事前に予告される核ミサイルのシェルターなら

分けるけど、

地震にそれは意味がないだろう、という逸品。

 

東京選挙区で5600票。

 

 

 

 

 

つぎは『和合秀典』

 

高速道路が有料なのはおかしい、という

まるでいまの『高速無料化』のようなことを20年以上前から

主張して、実行してきた人。

ただし最初の頃のやり方は少々乱暴で

金を払わずに 料金所を強行突破するというもの。

料金所に通せんぼのバーが降りるようになったのは

この人のおかげだったりする。

 

運動を始めた頃にはちょっと注目されていた。

でも、料金値下げとETCの時代には時代遅れだな。

この記事のために調べて、正直まだいたのかと感心した。

 

東京選挙区で1900票。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん、いまひとつ面白くない。

最近の泡沫候補は小粒になった。

 

なんか日本語が間違っているような気がするが

東郷健のように中学生を喜ばせるような政見放送はなく

赤尾敏のような気合いの入った変人もいない。

 

 

はなっから通るつもりなんかないのが泡沫候補だ。

昔の参院選の全国区なんか得票30票とかいう

学級委員選挙のような票しか取れない

気持ちのいい馬鹿がいたもんである。

 

 

最近そういうのがいないのは

供託金が値上げされたおかげで、

みんな中途半端に面白くない。

中途半端に金持ちなのも面白くない。

 

泡沫候補の中でも大物の、ドクター中松など

私なんかよりはるかに金持ちだ。

 

しかし、そんな小粒をさらに細かくした

『挽き割り納豆』のような泡沫候補たちの中で

きらりと光る大物がこちら。

 

 

 

 

 

『又吉イエス』こと『又吉光雄』

 

00mata

自分を『唯一神』と称する短気なおじいさん。

主張を理解する気はまったく起きないので、

街頭演説の様子をどうぞ。

 

 

通りかかった与謝野馨の選挙カーに喧嘩を売る又吉せんせー。

 

『与謝野、腹切って死ね。』

『無視すんなーっ。』

 

東京選挙区で立候補して得票は4900票。

 

 

 

 

動画は今回の選挙のものではないです。

しかし人気者ですな

 

 

  

 

 

 

 

 

  

 

もうちょっとおもしろい人がいると思ったから

少し残念である。

比例区には政党に所属していないと出られないから

おもしろさはさらに減る。(変な人はたくさんいるけどね。)

 

しかも今回取り上げた3人が

みんな東京選挙区なのも気にくわない。

まさか、又吉候補の演説を見るために

上京する訳にも行かないから残念だ。

 

むかしは大阪にも変な奴 出とったけどなあ。

 

 

 

ちなみに東京選挙区のトップ当選は蓮舫で171万票。

最下位当選はタリーズコーヒーの松田公太で65万票。

東京選挙区の供託金没収点は15万票。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の「正しい政見放送」』

 

 

 

 

 

 

 

  

大日本愛国党の赤尾敏さんの政見放送です。 

 

いきなり、自分に関心を寄せないマスコミへの罵倒から始まり

終始政策などには一切触れない。

視線があらぬところを向いているのは、

『カメラを見て話す』ということができないから。 

  

『ふざけたことばっかりいいやがってっ』という

罵声で終わっているのは時間を守れないから、

というか時間など気にしちゃいないから。

 

 

 

 

 

 

こういうひとが、『正しくて、愛される泡沫候補』だと思う。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

ススキのような選挙

ラグビーの試合に例えると、国民がせっかく

鳩山さんにパスしたのに、わたわたとボールを取りこぼし、

菅さんが拾ったのはいいが、すぐにつまづいて

野党がそこにもちゃっと集まって、モール(団子)になってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかそんな感じの参院選でした。

 

 

 

 

 

『風に揺れる』ということでは、

ススキの原っぱがなびくようだ。

  

 

なんか最近『期待を込めて一票を投じる』

っていうことがないような気がします。

 

比例でどこに入れるか、投票所まで悩んだ。

 

 

『入れたい政党がたくさんあって悩む』訳ではない。

ないのだ。

入れたいところが。

 

 

 

 

あまり、幸せな国に住んでいないな、と思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果は自民党とみんなの党の大勝利で

与党敗北といわれている訳だが

国民は別に自民党に期待を寄せている訳じゃないぞ。 

勘違いするなよ。

 

 

 

 

 

昨日、一晩中やっていた各局の選挙特番。 

 

池上彰はわかりやすかったけど、

『全国の注目選挙区』を現すのが

ウイーンって出てくるスタジオのセットだったあたり

テレビ東京だな、と思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タレント候補の大半が落選したのはざまあみろ、と

健全な市民感覚としてそう思うのだが、

谷亮子と三原じゅん子が当選していた。 

 

同じ委員会に所属して、

乱闘の時に三原が谷を小突いて欲しい。

 

いくら転ばせたところで、

この『谷』は『雪子ちゃん』のように車いすで出てくることはない。

何しろゴールドメダリストだ。 

転ばせたってちゃんと受け身ができる。

 

まあ、逆に投げ飛ばされるだろうけど

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の落選』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静岡選挙区で小沢さんが強引に擁立した中本候補。 

地元の民主党組織にシカトされまくって敗北。

 

背後の にこやかなフォトショポスターとか

『小沢』と書かれた墨書とか、新聞って残酷だと思う。

 

00egao

 

 

 

31歳に見えない。 

 

 

 

 

女だから、若いからと

担ぎ出されてこの始末。

 

なんだかいろいろと残念な人だ。 

 

 

これでも31歳だそうである。

これからどうするんだろう。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の「もう一つの当選確実」』

 

 

 

 

00siorato

 

 

おとうさん。 

 

 

 

 

Kaikai

  

カイ君の息子達

(ほんもの)

  

 

 

 

 

かわいー

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

今日の選挙とペリエのCM

投票に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

結果はすぐにわかる。

『出口調査』とかのおかげらしい。

 

ここ数年、投票には必ず行っているが

そういえば『出口調査』という奴にあったことがないな。

 

 

 

 

どこでやっているんだろう。そして

もし、そういうインタビューにあったらどうしよう。 

 

 

 

『何かメッセージをどうぞ』 

 

 

 

なんて言われたら泣いちゃうよ、俺は。

 

はあ…

 

 

  

 

 

 

 

 

では『今日の「かっこいいCM」』 

 

 

 

ペリエのCM。

 

 

 

 

 

感想なんか言えない。

圧倒されて言えない。

 

 

 

すげー

 

 

  

 

   

 

  

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

参院選はパウルに訊け。

『みなさん、こんばんは。

いよいよ今日は参議院選挙の日です。

わがテレビXYZでは、あと一時間に迫った開票を前に特別番組

「あのタコに訊く。参院選大予想」

お送り致します。』

 

『ドイツ、オーバーハウゼン水族館の畑さーん』

 

『はーい』

 

 

  

Paul

 

『いまパウル君の水槽の前にいます』

 

 

 

  

 

『どういう方法でパウル君に予想してもらうんでしょう』

 

『これから、この水槽に民主党と自民党のマークを付けた

ふたつのケースを入れます。そして

どちらにパウル君が入るかで予想する、と』

 

『おや、ほかの党は?』

 

『8つも9つも入らないんですよ この水槽』

 

『…そんな、この企画を根本から否定するようなことを…』

 

『でもですね、今度の選挙のポイントは

民主党がどこまで負けるかどうかでしょう。』

 

『ははあ…』

 

『ですから、野党代表として自民党を入れて

民主党がどのくらい負けるか予想して貰おう、と』

 

『…いやあの、そう決めつけちゃうのは…』

 

『私、進次郎君のファンなんです。』

 

『…』

 

『じゃあ、入れますよー』

 

 

 

001_3

 

  民主党

  

 

 

00_2

 

  自民党

 

 

 

 

 

 

『…おやー?』

 

『…パウル君、民主党の方に入っちゃいましたよ。』

 

『ちょっと、畑さん。これはどういう事ですか?』

 

『いや、私も意外です。

では、動物学者のフェルド博士にお話を伺ってみましょう。

…先生、これは?』

 

 

 

 

 

 

『赤いからでしょう。』

 

『え゛?』

 

『タコは赤い色が好きなんです。

小さなエビやかにを食べますから。

ミンシュトーのマークの方が赤いですよね。』

 

『え゛?え゛?』

 

『パウルがいままで当ててきた「対決」だって、

国旗が赤い方を選んでいただけなんです。』

 

『…また、そんな身も蓋もないことを…』

 

『イングランドの国旗よりドイツの方が赤いし

ドイツよりもスペインの方が赤いでしょう。』

 

『……』

 

『中国が決勝トーナメントまで来ていれば

パウルは中国を選んだと思いますよ』

 

『いいんですか、そんな事言って』

 

 

 

『でも、私はパウルを信じますよ』

 

『…先生? 酔っぱらってません? 』

 

『だってこいつ、3位決定戦での

ドイツの勝利まで予言してくれたんですよ』

 

 

『うわ、酒くさっ』

 

 

『ヘーイ、

スペイン野郎がこいつを食いたいなんて

千年早いぜ。いえーい!』

  

 

 

 

 

『…いいい、以上ドイツからでしたっ。』

 

 

 

 

 

 

Paul_2

  

亡命はしません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、投票に行ってこようか。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

では『今日の「もう一つの注目」』

 

 

 

 

 

 

 

00sazae_3

 

 

相撲なんて見ちゃ駄目よ

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

『宝くじ高額当選者候補』を捜せ

みずほ銀行が、100万円以上の高額当選者のプロフィールを整理して

『宝くじ長者白書』として発表した、というニュース。

(読売新聞の記事へのリンク)

      

 

 

 

 

 

これによると、 

 

 

高額当選者は 60歳以上で 

 

男性の場合、

1.宝くじ購入歴10年以上

2.会社員

3.イニシャルはK・K

4.おひつじ座で、血液型はA型

 

が多いのだ、という。

 

 

 

 

 

 

条件のうち、1や2は調べようがないので

3と4に絞れば一致する人物が見つかるかも知れない。

 

捜してみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず男性のK・Kさん。

 

 

 

 

 

つら えだ  A型

 

Kk2

 

ちゃららー

 

 

双子座の55歳でした。

うーん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だま よし  76歳

 

Kk1

 

私は高額当選者になれるでしょうか。

アタック チャーンスッ 

 

 

 

 

残念っ、山羊座のO型でした。 

 

 

 

 

 

 

イニシャルだけなら黒川紀章とか 亀田興毅とか

ほかにもいるんですけどね。

 

当てはまりそうな人が出てこない。

 

みなさんもやってみて下さい。思いついた人の名前を

Wikipedia にでもほうり込んだら調べるのは簡単です。

 

でも4つの条件がクリアできない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性は 

1.宝くじ購入歴10年以上

2.主婦

3.イニシャルはM・M

4.うお座で、血液型はA型

 

これも、3と4について 捜してみよう。

 

 

 

 

 

 

まず、M・Mといえばやっぱりこの人 

 

Mm

 

 

本名は違うわよ。

 

 

 

双子座のAB型でした。

さらに生きていたとしても まだ60じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このひともM・M

 

 

00

 

  『罇(もたい)真佐子』でございます。

  M・Mで悪かったわね。

 

 

 

でも、天秤座のO型。

 

 

 

 

 

 

 

女性の『 M・M 』というのは

このふたりしか思い浮かびませんでした。 

 

 

 

 

 

たった4つの条件を満たすだけでも大変だ。

これじゃあ当選するのは無理かなあ。って

 

 

根本的なところが違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

覗いてたって当たらない

Canon_2

 

 

 

 

 

 

 

背中から、『どんっ』ていって驚かせてやりたい。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2010年7月 9日 (金)

シカゴの『EYE』 

シカゴ市内の公園につくられた目玉オブジェ『 EYE 』

(CNNの記事へのリンク) 

 

Eye

 

 

 

 

 

 

 

7月7日から3ヶ月限定の展示。

その大きさたるや、『3階建てのビルほどもある』のだそうだ。

 

 

『とにかく、見た人にすごいと思ってもらいたい』とは

作者であるトニー・タセット氏の談。

『賞賛の声ばかりではないかもしれないが、

「それがアートの醍醐味」』とも。

 

 

 

 

趣味わるー

 

 

 

 

 

こいつの正面のオフィスでは商談できないな。

アメリカのことだから『精神的苦痛を受けた』とかいって

訴訟を起こすやつがいるんじゃないか? 

 

 

地震が起きて転げだしたらどうするんだろう。

こんなもんに踏みつぶされたら泣くに泣けまい。

 

 

夜中に忍び込んで、

血管を描き込んで『充血』させちゃう奴とかいるだろうな。

 

 

てっぺんに手ぬぐいを乗せて、

『鬼太郎の親父』にしちゃう奴もいるだろう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、まあ 実はここまでの文章は

6月中に書いてあったもの。

 

冒頭のイラストのインパクトに惹かれたんだけど

せっかくだから、完成してから公開しようと

しばらく放っておきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこのたび、めでたく完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

どん

Eye2_3

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだかさみしい除幕式 

  

 

 

 

 

 

 

  

 

 

うわー

 

思ったより充血してるなあ。

 

 

 

しかも、でかい。

 

『鬼太郎の親父』にするのは大変そうだ。

 

 

Eye4

 

おいっ。鬼太郎。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハロウィンまで公開されるそうである。 

中で大きなろうそくを灯して『目玉ランタン』にして欲しい。

 

 

 

でも、こんなもんが街中にあったら

絶対に落書きする奴がいると思う。

 

 

 

やっぱり趣味わるいよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

では『今日の一枚』 

 

 

 

 

 

 

ばびょーん

Eye3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政党のカラー戦略

選挙には『色』についての戦略が必要だ、というニュース。

(産経ニュースの記事へのリンク)


ポスターの色やネクタイの色など

見映えがするよう、印象に残るように みんな工夫している。






なるほど。

そういえば鳩山さんのネクタイは派手な金色だった。

福島さんなんか、パー子かと見まごうばかりに

ショッキングなピンクのスーツを着ていたりする。



みんな印象的だ。 






候補者ごとに『自分のイメージカラー』を決めたりもするらしい。




以前、やっぱりピンクの服で

『やる気、元気』と叫んでいたおばさんがいたな。 








さらに、政党のイメージカラーというのもある。

アメリカなら、共和党が赤で 民主党は青。

党大会の時なんかそれぞれがこの色で埋めつくされる。





日本で『伝統の政党カラー』といえば共産党の赤か?

と思って、共産党のホームページを見たら

ちゃんと赤々としていて期待通りだ。

→共産党




そういえば、いまの自民党のポスターは緑色だったな。

と思ってホームページをみたら、すごく緑でうれしい。

→自民党


  

Ichibann3


いちばん 








なんか面白くなってきたぞ。

色合いがはっきりしている順番に見ていこう。


ここでいう『色合い』は、主義主張なんかとはまったく関係なく

単純に『色彩』のことです。


それだけ見ていこう。






公明党は青いな。

→公明党


社民党は水色だ。

→社民党


桝添さんとこも青、というか水色か?

→新党改革 



なんだ?みんな青いぞ。

政党としてのスタンスの違いを感じさせない、

節操のない『青』への偏りは一体なんだ?

7月で暑いから涼しい色がいい、とか思ってないか?








そんななかで、暑苦しいくらい激しく赤いのがこの政党。

→たちあがれ日本 


 


Tatiniti2_9

英語では

サンライズパーティー



画像はスクリーンショットです。 

肖像権とかに、ものすごくうるさそうな人達ばかりなので

目にモザイクを入れましたが丸わかりですな。

怒られるような気がしてきました。どうしよう。


サンセットパーティーの方が似合うのに、

とか思ったけど余計怒られますよね。













しかし、ここまでの政党はイメージカラーが割とくっきりしていたのに

ここは色彩的には雑然としていて がっかりだ。

→民主党





それならここの党はどうだ?

→みんなの党





あれ?






あんたんところは、この色でしょう。





Majenta_3



マジェンタ










『アジェンダ』って やっぱり通じねえよ。

このひとがTVで『アジェンダ、アジェンダ』って言うたびに

この色を思い出す。








こうやって色だけ見ていくのも面白いです。

苦労しているところもあるし、

あんまり考えてなさそうなところもある。


投票の参考にはまったくならないと思うけれど。

















では『今日のベストオブ・ザ・カラー政党」』








ひとりだけ緑の人は一体何なのだろう。

Josei2





モットーは

いつも純粋に








ここまでスイートにピンクだと目がくらくらする。

この政党HPのトップページのガツンとくる頭の悪さも

ぜひご堪能下さい。

→女性党






にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

パウル君 亡命か?

いまや選手以上に有名になったドイツの『予言ダコ』パウル君。 

 

 

 

 

準決勝でのドイツの敗北を的中させちゃいました。

Pawl_2

 

 

 

 

 

 

 

ただいま、ドイツ国内では

『パエリアにしちゃえ』とか、

戦犯か疫病神のように言われているらしい。

 

 

 

 

 

 

スペイン政府は

『パウル君から亡命の申し入れがあった場合、

政府は快くこれを受け入れる方針』 と発表しました。 

 

 

とか言ったら、どうなるだろう。

 

 

 

 

じつは 

 

『彼』の仕事はまだ終わらなくて

引き続き11日に行われる、

ウルグアイとの3位決定戦の予想にのぞむ。  

 

 

今回のワールドカップで世界的に有名になった訳だが

2008年にうまれてから、ドイツ戦の勝敗を占い続け

外したことはまだ一度しかないという。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

 

 

へー

 

 

 

彼の予言の様子は9日にテレビで生中継される。

試合が、じゃなくて

予言が。

 

 

 

 

 

 

むー

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

では『今日の二枚』

 

 

 

 

 

 

 

あんたはどっちにいくの?

Daily_picdump_341_03_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶぎゅ

Bugyu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全員の言い分を聞いてみようじゃないか

『お家騒動』で有名な京都の一澤帆布。

今度は四男が新たな店を出した、というニュース。

(朝日新聞の記事へのリンク)

 

 

老舗の鞄屋であった京都の『一澤帆布』

先代の父と三男、四男が経営してきたが 先代の死後、

『三男夫婦に経営権をゆずる』という第一遺言書と

『長男と四男に経営権をゆずる』という第二遺言書とが

出てきて裁判になった。

 

当初は第二遺言書が有効という判決がおり、

三男は解任。長男と四男が経営権を握る。

三男は従来の職人と新ブランドを設立。

しかし2006年には、第一遺言書が有効と判決が逆転。

長男、四男は去って 三男夫妻が経営者に戻る。

 

しかし三男は『一澤帆布』を再開せず

自分が立ち上げた『一澤信三郎帆布』を継続。

そしてこの七日、四男が自分のブランド『㐂一澤』をオープン。

 

一澤帆布、一澤信三郎帆布、㐂一澤は

同じ通りに面して200mの間にならんでいる、と。

 

 

 

 

 

 

 

仲ようせえっ。

 

 

 

 

 

 

 

口さがないことにかけては1200年の歴史を誇る京都で

よくもまあ、これだけ揉めるものだなあと思う。

 

 

ひとんちの騒動など基本的に

とてもおもしろい、どうでもいいのだが

文章の修行だと思って、この『お家騒動』の経過について

上記のようにまとめてみた。

 

感情を入れず 極力簡潔にしようと思ったのだが駄目ですね。

ほうっておくと固有名詞の説明ばかりになるので排除したら、

今度は『一、二、三、四』ばかりになってしまいました。

 

 

詳しく知りたい方はWikipediaをどうぞ。

 

 

 

 

 

 

両方読んでくれた暇な方がどのくらいいるか。

しかし、Wikiとくらべると

この事件の印象が多少違って見えると思う。

 

 

 

 

いままで このニュース、

『父の死に乗じて、経営に携わっていなかった長男が

「老舗」を乗っ取ろうとしたお家騒動。』

というニュアンスで伝えられてきたことが多かった。

長男の持ち出してきた遺言書は偽物だったわけだが。

 

私も、完全に三男・信三郎氏サイドに立って

この事件の顛末をまとめた本を読んだことがある。

 

 

 

 

 

 

 

しかし今回の『四男、新店舗設立』のニュースを聞いて

ああ そうか、と気がついた。

 

 

 

 

登場人物は

長男と三男だけではなかったのだな、と

 

 

 

 

四男もいるし、

長男が経営者だった時代に雇われた職人もいる。

もちろん三男と行動を共にした職人もいるし

彼らの行動を評価する人もいる。

しかし反発する人もいたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それなら一度、

全員の言い分を聞いてみようじゃないか。

 

周囲の『応援者達』の意見まで入れたら、たぶん膨大なので

当事者だけを載せます。

 

私はどれについても評論しない。

リンクだけします。

勝手に読んで、勝手に感じてください。

 

 

 

 

1.一澤帆布 一澤信三郎からのメッセージ

 (最初の裁判に負けた直後2006年1月の三男 信三郎氏の手記)  

 

 

2.長男 信太郎氏がまだ社長だった時のインタビュー

 (2007年4月掲載の記事)

 

 

3.一澤帆布労働組合のホームページ

 (長男の時代に雇用された職員が2009年7月に結成した組合)

 

 

4.㐂一澤 ご挨拶

 (四男 喜久夫氏が新ブランドに寄せた一文) 

 

 

 

 

掲載順はそれぞれの文章の初出の順番です。

 

すべて7月8日時点で『生きている』リンクです。

『長男のインタビュー』なんて、

いまだに ネットの海に流しておく理由があるとは思えないのですが、

逆にレアですな。

 

 

 

 

 

 

全部『第三者に見せる』ことを前提にした文章なんですが

それぞれにキャラクターの違いとか 温度差があります。

 

 

 

一番短い喜久夫氏の文章が、

軽くキレているのが可笑しい。

 

 

 

 

 

 

あっ、感想を言っちゃった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし こうしてみると、

『全員の言い分を聞く』というのは大変な事だと思う。

 

 

京都に行っても、個人的にはどの店に行くこともないでしょう。

請われれば案内するけれど

『これがほら、噂の…』といって連れて行くことはない。

 

鞄に興味はないし、

そもそもそれほど騒ぐようなデザインか、と思う。

 

 

 

でも、登場人物の数だけ言い分はあるのだな、と思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話は変わるけれど、

選挙にしても同じですな。

みんな違う事言いやがる。

 

それぞれにちょっとずつ

言い分があるのもしゃくに障る。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

同じ船に乗っていることの意味。

Daily_picdump_314_20

 

 

 

 

 

 

 

 

っていうか、

 

あんた達泳げるでしょう。

 

 

 

 

 

  

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

神様の進路希望

ネパールの『生き神様』クマリの15歳の少女が

高校卒業試験を受けて優秀な成績で合格したのだという。

(ロイターの記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

  

 

クマリは初潮前の少女から選ばれ、特別な館に住んで

学校にも行かず、同年代の友人と遊ぶこともない。

  

神様なのでお祭りの時山車に乗ったりする。

祇園祭のお稚児さんのようなものだ。

ただし、祇園のお稚児さんなら夏の間だけだが

クマリは初潮を迎えるまで退任できない。

 

初潮なんて小学生の時にくるじゃない、というのは日本人の話。

歴代にはクマリのまま

おばあさんになっちゃった人もいるという。

いずれにしろクマリのままでは、行動の自由もない。

 

 

 

 

ただしクマリはひとりではなく何人もいるのだそうだ。

カトマンズの王宮にいる『ローヤル・クマリ』が有名。

 

といったあたりが、Wikipediaそのほかから

私が理解した『クマリ』についての知識。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、むかし『ムー』か何かの三流雑誌で

『ネパールの生き神様を見た』みたいな写真があったな。

観光客が金払えば見られるのか。

 

 

 

 

冒頭に引用した記事の少女は

ローヤルじゃないクマリのひとり。 

学校に通えなかったというのは事実らしい。

 

しかし、幸いにして彼女に関しては

周囲に理解があったらしく家庭教師がつき

本人も優秀で、今回のニュースのようになった。

 

 

 

『商学か会計学を学んで、銀行業界で働きたい』

のだそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

進んだ神様だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこの国に限らず、

『私は神だ』というあぶない人がいるが

彼女は本物だ。

 

 

金融業に入っても

『私の言うとおりに投資したら大丈夫。』

とかいうおばさんにはならないで欲しいもんである。

 

 

 

 

 

 

 

 

下界に降りた神様、というと

『聖☆おにいさん』のようなものを想像してしまうのだが

彼女はよほど堅実であるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれにしても、

生きている人間を『神様』にするなよ。 

 

いまの日本人はそういうことは もうしない。

クマリも解放してあげよう。 

 

 

 

『生き神様』を祀って

一度国を滅ぼしたから もうしない。

 

 

 

 

 

日本人なら知っている。

紳士だったら知っている。

 

服地はミユキと知っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんで、こんな余計なことを言い出すのかと思うが

『生き神様が大検合格』というニュースに反応して

これを書き始めたのはいいけれど、

別にたいしたことじゃないなと思い直したからなのでした。

 

 

『生き神様』に反応した自分に腹を立てているせいもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日のミユキ』

 

 

若い人にはさっぱりわからないと思うけど、

これは御幸毛織という会社のCM。

 

昭和40年代のガキにとって日曜日の朝は、

『兼高かおる世界の旅』ではじまり、

そのあと、このCMで始まる『ミユキ野球教室』

必ず見ていたもんである。

 

 

 

 

 

兼高かおるというおばさんは

なんで毎週世界中を旅行できるのか?

と、不思議でうらやましかったものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えーと、なんだっけ。 

 

神様を解放してあげよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の神様』

 

 

 

 

 

 

ああっ、神様っ。

Pawl_4

 

 

 

 

 

 

 

2010年ワールドカップでの

ドイツの勝敗をすべて的中させてきた

タコの『パウル君』が次のスペイン戦での

ドイツの敗北を予言したそうです。

 

 

 

 

 

神様なんてこのくらいがちょうどいいと思う。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『ヤマト』のポスターを学校に貼る時代

文部科学省が、若い世代に宇宙開発の必要性を訴えるため

今年公開の映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」のポスターを

小学校から大学まで、全国の4万校に配布して掲示を求める、

というニュース。

(毎日jpの記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

日教組が黙ってるかね?

 

 

 

  

 

 

 

文科省はヤマトとコラボしたウェブサイトも作っている。

 

 

 

世間一般が宇宙開発に理解がなくて困る。

ガキどもの理系離れも深刻だ。

『はやぶさ君』で盛り上がっているいまのうちに

『宇宙』について関心を高めようぜっ。 

 

という気持ちは、わからなくはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

でもね、

ヤマトって戦艦大和でしょう。

 

 

 

1977年に公開されたアニメは爆発的な人気を博し

続編が次々につくられた。

アメリカでもTVアニメの吹き替え版が公開されたが

こちらの人気はさっぱりだった。

 

 

『ステイツが海に沈めた大和を

ジャップが引き上げて地球を救いに行く』

というストーリーがアメリカ人に受けるはずはなかった。

 

 

 

『ヤマト』が『戦艦大和』だということは、みんな知っていた訳だ。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

私はリアルにあの『ヤマト』の熱狂を体験した世代だ。

遠足で合唱した歌は『さらばー、ちきゅうーよー』だったし、

クラスにひとりはデスラーのまねをする奴がいた。

 

 

だから、個人的に

『ヤマト』にアレルギーのようなものは持っていない。

 

 

 

 

 

 

でも、小学校や中学校の授業は いまから思えばずいぶん

左がかっていたと思う。

 

卒業してから話をしたことがある何人かの恩師は

みんな立派で思想的政治的に偏りがあるようには見えなかった。

もちろん個人の信条を授業に投影するようなことも

していなかったと思う。

 

 

  

 

 

 

しかし、社会全体がそういう雰囲気だったのだ。

 

 

 

 

反戦平和。

ベトナム戦争反対。

自衛隊反対。

 

戦艦大和をはじめ戦車のプラモデルを販売していた

おもちゃメーカーが『良識的な』PTA団体から

つるし上げを食らっていた時代である。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、旧軍の兵器をモチーフにした作品のポスターが

学校に貼り出されるようになる、というのに驚いた。

 

(ポスターはヤマトの画像ではなく

古代進役の木村拓哉の写真がメインなのだが)

  

 

 

 

 

『ヤマト』のポスターが学校に貼られる時代になったか。

 

 

 

 

歳をとったなあ、と思う次第であります。

 

 

 

70年代終わりからの『ヤマトブーム』に触れた連中が

文科省でそこそこ偉くなったんだろうな、と思う。

 

 

 

 

まだ『革マル派』とかが生き残っている大学があるはずだが

大丈夫なんだろうか。

 

 

 

 

 

しかし よく考えたら、

別に日教組の許可をもらうような話でもない。

黙ってやったらいいと思うが、

なにも『ヤマト』でなくても、とは思う。

 

 

日の丸を引きずり下ろしちゃう馬鹿が

教師面をしている学校もある。

 

大丈夫だろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の「久しぶりだね、ヤマトの諸君」』

 

 

 

 

 

ルネッサーンス。

Desrer

 

 

 

 

 

 

 

頭の悪さに目がくらむ商品。

こういうのは嫌いじゃない。

 

 

 

ちなみに、デスラーの声も

くもじいと同じく伊武雅刀なのでした。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

バイクって20年前の1/10しか売れないんだと

ホンダがバイクを大幅に値下げする。

(読売新聞の記事へのリンク)

     

 

スーパーカブが4万2千円下げて16万円、

他のバイクも2割近く値下げして

10年前と同じ程度の価格にするのだという。

 

 

 

 

 

 

へー

 

 

 

 

 

 

しかし、それよりも驚くのは

バイクというのは最近さっぱり売れない、ということ。

 

昨年の販売台数は前年比-29%。

最盛期の1989年と比べると

販売台数はたったの1割しかないんだそうだ。

 

 

 

 

 

ほー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういや、バイクなんて何年乗ってないだろう。

まあ、私の免許で乗れるのは原付だけだが。

 

 

 

 

 

学生の頃は乗っていた。

街乗り用に買った。ホンダのロードパルである。

もちろん中古だ。

 

買った時に既にポンコツで

中古で2万というのを、さらに5千円値切って買った。

 

すばらしい性能で

最高速度は

下り坂、追い風参考記録での時速40kmであった。

 

 

原付の法定最高速度は30km/hですぞ、とか

そんなつまらないことは百も承知で書いてます。 

メーター読みで40km/hだ。絶対にスピード違反なものか。

 

 

 

 

そんなすばらしいバイクだったから、

保管方法は最低で、日なたに雨ざらしだ。

シートは日焼けと猫の爪研ぎでぼろぼろであった。

 

大家さんの土地に置かせてもらっていたから

捨てられないで済んだが、

街角にあったら粗大ごみ以下だ。

 

外に停めるほうが気を遣うとは とんだ高級車である。

 

 

 

 

 

 

そんなバイクなので、

自動車を買ってしまうと自然に使わなくなった。

 

 

私は使わくなったものをすぐに捨てない。

それはもう、

3つの時のお気に入りのタオルケットから

20歳の時のLPレコードまで、ずーっとだ。

 

 

 

だから、この原付も捨てなかった。

税金をきちんと払い続けていたのもおかしな奴だったと思う。

 

 

 

 

 

しかし、事故を起こして車が使えなくなってしまったため

2年ぶりにパル君を動かしてみた。

 

バッテリーは死んでいるに決まっているので

キックペダルを踏む。

最初は かすかすいって動かないが

そのうちぶるぶる言ってくる。

 

かすかすぶるん、と

そうやって10分も踏んでいるとエンジンがかかった。

 

夕暮れの箕面川の土手で、ちょっと感動した。

しかも30分も走るとバッテリーも充電できて

次からはセルモーターがかかった。

 

 

 

 

ホンダすげえ、とつくづく思った。 

 

 

 

 

 

 

そおかあ、いまの人はもうバイク乗らないのかあ。

便利なのにねえ。

 

本気ツーリングはしんどいけれど

街乗りなら原付で十分。

電動サポートチャリよりも便利だ、と個人的には思う。

でも値下げしたカブでも16万か。

ちょっと高いなー。

 

 

 

 

 

うーん。

 

 

 

 

 

バイクについての思い出、たとえば

震災の時乗ったカブが怖かった話とか

そのむかし、天神橋のたもとに

毎日停まっていたゴールドウィング※の話なんかを

書こうと思ったんですが

例によってどうでもいい話しか書けませんでした。

 

 

いずれ書きます。

 

 

 

 

 

 

 

我が家のロードパル君は、2年働いて

また私が車を買ったので、土手生活に戻りました。

 

そして、また4年後車が今度はぶつけられてなくなった時

20分かけてキックペダルを踏んだら、

やっぱりエンジンは かかったのでありました。

 

 

 

 

 

すげー 

 

 

 

 

 

 

 

※『ホンダ ゴールドウィング』は

ボクサー6気筒1800ccエンジン109馬力、

カーオーディオ付きエアバッグ付きという

世界最大でもっとも贅沢なバイク。

東京じゃ知らないけど大阪で路駐していたので驚きましたよ。

 

 

 

 

 

 

では『今日の二枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

V型10気筒エンジンバイク

Daily_picdump_360_32

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

星形16気筒エンジンバイク

Daily_picdump_360_26_2

 

 

 

 

 

 

 

 

操作性、とか

こけたらどうする、とか

そもそも速くないし乗れないだろう、こいつら

というのを超越した かっこよさ。

 

 

ホンダじゃないですよ。ねんのため。

こんな馬鹿馬鹿しくてかっこいいい車がワークスであるもんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ。ファミリーバイクのCM集。

冒頭は1977年のホンダ、ロードパルのCM。

いまから33年前ですな。

『ラッタッタ』ってこんなかっこわるい車だったのか。

でも、この車からファミリーバイクがはじまった。

 

CMに出ている怖いおばさんはソフィアローレンだったりする。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年7月 5日 (月)

議員を増やしても『一票の格差』をなんとかしろ

選挙が近い。 

 

どの政党も、

『国会議員を減らします』と言っている。

 

 

 

 

 

民主党は「参院40程度削減、衆院80削減」

自民党は「両院の定数を500に減らす」

みんなの党は「衆院300、参院100」

たちあがれ日本は「衆院400、参院200」

新党改革は「両院半減」だと。

 

 

 

まずは国会議員を減らしましょう、と言いたいらしい。 

『僕たちも身を削ります』と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいよ、べつに。

 

 

 

 

 

 

 

 

それよりも、『一票の格差』をなんとかしろ。

来週行われる参議院議員選挙では

神奈川県の有権者の一票の値打ちは、

鳥取県民の1/5しかない。

 

 

 

神奈川の人は、鳥取の人より安物であるらしい。

1/5だと。

舐められてんじゃん。

 

 

  

『都道府県ごとに改選1議席』が

地域の代表として必要だという建前から

こんなことになっている。 

裁判所から何回怒られても直らない。 

これ以上定数を減らしたら『一票の格差』の

是正なんて絶対にできないだろう。

 

 

どうせ国会議員なんてろくなもんじゃないし、

だいたい数を減らしたら

今以上に偉そうな奴が増えるだけだ。

 

 

定数を増やさないで一票の格差をなくそうと思ったら

『山陰代表で1人』にしても全然追いつかない。

『中国代表で5人』とかにしてやっと追いつくくらいで

そんな広域の代表議員が信用できると思うか?

 

 

 

 

『鳥取からだと東京に来るのも一日仕事ですぞな。』

 

『私は山口ですからそんなでも。』

 

『うちは広島じゃけえのお。』

 

 

とか、そんな陳情をしたくはないだろう。

地域の声も届かないし、ボス議員が増えるだけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

だったら増やしちまえ。

議員の歳費と諸経費で年間一億とか言ったって、知れてらあ。

 

900兆の借金とかから比べたら安いもんじゃねえか。

人口が増えたら気前よく議席を増やしてやる。

 

 

 

 

その代わり びた一文格差は許さん。

フランス革命が起こったのは、

三部会議員選挙の

一票の格差のせいだというのを忘れるな。

 

第三身分などものも言えなかったと思ってるだろうが

一応投票権はあった。

もちろん『一票の重み』は違ったのだが

貴族階級との差は たったの23倍だ。 ※

 

 

 

 

 

いつまでも

神奈川県民がおとなしく投票していると思うなよ。

 

 

その代わり野放図に増やされてはたまらないので、

いまの歳費の合計、700人いて ひとり一億だとして

700億までの予算は保証してやる。

 

 

それ以上は増やさない。

 

 

あとは頭割りしなさい。

国会も建て増ししてあげない。

はみ出た子はプレハブでやんなさい。

 

 

なあに、あと50年もしたら日本の人口も半分に減るから

それまでの辛抱だ。

仮設教室の小学生と一緒だ。 

 

 

電車に乗る時だって安くしてあげてるんだし、

なんなら、改札で赤いランプつけたげようか?

 

 

 

 

 

 

そのくらいの公約をしなさいよ。

 

 

議員定数を減らすくらいで

国費を削減したような顔をされちゃあたまらない。

 

 

 

 

 

 

いやいや、安い金では議員として活動できません、

というのなら出来高制にしてやろう。

 

法律一本いくらで買い上げてやる。

議員立法なんて、ろくにありゃしねえじゃねえか。

毎朝駅前であいさつするのが議員活動だと思ってやがる。

 

 

働け。

 

 

  

 

  

 

 

 

 

 

ホットドッグ早食い大会の日本人チャンピオンの逮捕。

あちこちのTVで映像が流れるけど、

それほどの大ニュースだろうか。

 

 

 

早食いのプロで生活していて、32歳なんだそうだ。 

 

 

働け。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

※註記

これは1789年三部会当時の

第二身分50万人285議席、第三身分2500万人621議席を

単純に比較しただけ。

第三身分の選挙権はごく限られていたから

有権者の一票の格差だと身分間の差はもっと小さくなります。

投票方式が違うんだから、比較することに意味がないとか

つまんない事言わないように。

民意が反映できない議会など革命おこすぞ、ということだと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の三枚』

 

 

 

 

 

 

働いても働いても

Kinnsi

 

 

 

 

 

 

 

 

我が仕事、楽にならず。

Work

 

 

 

 

 

 

溜めすぎだよ、そりゃあ。

そういう人が多くて困る。 

 

 

 

 

 

名古屋場所開催を求めるデモ、ではなくて

Rikisi

 

 

 

 

 

 

 

ロンドンで行われたコスプレパーティ-。

 

 

外人の考えることはよくわからない。 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富士登山にはケータイを忘れるな

思いつきで富士山に登ろうとした馬鹿が

降りられなくなって119番したというニュース。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

『急に思い立って』5合目から登りはじめ

9合目で暗くなって寒くなって怖くなって119番して

自力で降りはじめ、

6合目で救出されたのだという。

 

 

 

 

 

 

 

 

元気だなあ。

 

 

5合目から9合目って

標高差で1000mくらいあるぞ。

 

それを登るだけじゃなくまた6合目まで900m下るって。

 

 

元気な馬鹿。

 

 

 

 

 

 

 

「人騒がせな話。一歩間違えば命にかかわる」という

警察の談話に見るように

全体に『山を舐めるな』的な論調なのだが

 

そうかなあ。

 

 

 

人騒がせなことは確かだ。

夏山で人が死ぬことも珍しくはない。

このひとの場合、

まるっきり手ぶらだったそうだからひどい。

 

 

 

 

 

でも、なんか根幹的なところが違う。

 

 

 

 

 

 

 

山小屋くらいあったでしょう。

昔と違って予約がないといけないらしいが

事情を話しても泊めてくれなかったのか?

せめて暖をとるとか できたろう。

 

 

あの山で道に迷うとは考えにくいんだけど

他の登山客に聞くとかしなかったのか? 

 

そもそも22歳がひとりで富士山登るなよ。

 

 

 

 

 

コミュニケーション能力かなにか

基本的なところが決定的に足りないような気がするなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食料も装備もなく、ジーパン、スニーカーの軽装

だったことが非難されている。

靴と上着くらいはちゃんとしたのを持って行く方がいいだろうが

夏の富士山にあんまり

ワンダーでホーゲルな格好

をしていくひともいない。

 

 

 

むかし、

スーツで革靴という外人の一行が

下山してくるのを見たことがある。 

 

びっくりした。 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

いずれにしても

22歳の彼は119番を

ケータイ電話でかけてきたそうである。

 

 

 

 

 

 

 

 

せまいな、日本。 

富士山9合目も圏外じゃない。 

 

どこのケータイなのか、

そっちの方が気になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかくこのひとの問題は服装じゃあなく

ケータイが通じるような場所で

迷子になるのはとても恥ずかしい、ということ。

 

 

119にかける前に友達に電話できるようにしよう。

『あした富士山いかへん?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

備えあれば…

Spiderman

 

 

 

 

 

 

 

『おっちゃーん、なにしてんのー。』

『スパイダーマンの練習さっ。』

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

地球寒冷化の危機

太陽の黒点が減っているので

地球は寒くなるんじゃないか。というニュース。

(ほんとは科学欄の記事なんだけど

リンクが張れないので「よみうり寸評」へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽の黒点が減るということは

太陽の活動が落ちることになるので地球は寒くなる。

昔もそういうことがあって、70年にわたって

地球の気温が平均で0.6度下って飢饉になった。

 

 

 

黒点の数は周期的に変化するのだが

最近ちょっと減りすぎじゃないか?

今はびっくりするくらい減っちゃって大丈夫かよ、と

 

 

ものすごく単純に言うとこういう事らしい。

このままだと、地球は寒くなる、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ?

 

暖かくなるって言ってたじゃん。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、じゃあ、じゃあ、

二酸化炭素 出し放題だね。

牛がえづいていたら背中をたたいてげっぷを出してあげよう。 

 

という問題では、ない。

 

 

 

 

 

 

 

地球温暖化、と

この寒冷化が釣り合うことがあるか?

 

いってこいでOKか?

  

 

海面上昇で国土がなくなるツバルのひとたちは

太陽の衰えを喜ぶだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

ほんのいままで

 

このまんま二酸化炭素が増えていったら駄目なので

これからは、エコよ。

太陽光発電は当然だし、

それを遮るような輩からはお金をもらってもいい。

 

火力発電所なんてとんでもないけど、

風力発電所は低周波が出るし

『風の谷』じゃあるまいし安定しては電気が取れない。

やっぱり原子力だよね、

なにより電車は『新幹線』でしょう。

と韓国では大統領がセールスマンになっている。

日本も新幹線や原発を売り込もうぜ。 

 

 

といっていたのが

『え゛?地球冷える?』

 

 

 

 

 

となったら、みんなびっくりである。

『排ガス規制』とかやめちゃう国が出てきかねない。

中国とか、インドとか。

まだいいじゃん、と言い出しかねない。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、先進国の環境技術は止めてはいけませんぞ。

電気自動車ひとつにしたって

それを支える社会システム、を思うと気が遠くなる。

逆に差を付けるのはいまだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、太陽の活動の極小期というのは

どのくらいの規模で、いつ来るものなのか

まったくわからん。

 

黒点は減っているらしいが

それで地球がどのくらい冷えるかどうかは

いまのところわからないのだそうだ。

 

 

 

 

だいたい、

仮に、太陽活動が消極的になるとすれば

気温が下がるくらいのことでは済むまい。

 

 

 

『地球に降り注ぐエネルギー』は太陽の光で紫外線。

でも、おんなじ量を地球は放出していてこれは赤外線。

紫外線は通すけど赤外線を通さないのが二酸化炭素で

そのために地球が暑くなる。 

 

 

でも太陽活動が衰えてしまったら結局は

地球に入るエネルギーが少なくなるだけのこと。

 

 

 

 

たぶん、『涼しくなっていいねえ』とかいう

のんきな話ではないと思う。

北極の氷が復活してシロクマも大喜び。とか

ツバルの人も『潮干狩り』とか

そんなことではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

二酸化炭素は増やしちゃいけないんです。

ひきつづき。

 

牛のげっぷもメタンだから

止めないといけない。

 

背中から驚かせたらどうだろう。

乳の出は悪くなるかもしれないが

地球のためだ。

 

我慢してもらおう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『エコ』について舐めてかかっているでしょう。

と言われたら、そうかもしれません。

 

 

 

 

 

今日はとりとめのない話だな。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の記念写真』

 

 

 

 

 

 

たぶんどっかの水泳部。

Swim1

 

 

ありがちな

記念写真

 

 

 

 

 

でも連続でこれを見せられたらちょっと笑った。

Swim2

 

 

正直

かっこいい 

  

 

 

 

 

 

 

右から二番目の子の骨折も気になるけど

一体そのコロネはなんだ?

Corone

 

 

 

 

 

 

 

なに部? 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2010年7月 3日 (土)

砂場の壁

公園の砂場は、犬猫がフンをして不潔なので

屋内遊園地で 研磨して加熱消毒した特別な白砂の砂場で

遊ばせるのが人気なのだという。

砂もブランドもので『うちは白良浜だ』とか。

当然、金を払って入る。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

そんなきれいな『砂場』で

子どもが粗相しちゃったら どうするんだろう。

2つ3つのガキなら

座りしょんべんや座りうんこをするやつもいるだろうに。 

『汚染された砂』ともどもつまみ出されるのだろうか?

 

『あの子、不潔』と言われないために

『砂場で遊ぶ前に、手を洗いなさい』

とか言うのだろうか?

 

 

 

うーん。

 

 

 

しかしまあ、親が自腹を切って有料遊園地に行くのなら、

それは、『どうぞ ご勝手に』と思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、いまでは

区立公園の砂場は不潔だから、

野良の犬猫が入らないように

柵を作ってくれという『要望』が相次いでいるのだという。

 

 

 

東京都江東区では、

メートル1万5千円のメッシュフェンスなんかじゃ

猫が登ってくるじゃない、と。

ベニヤ板なんか張ったら

中にいるうちの子がが見えないでしょ、と。

アクリル製の板にして、さらにその上に猫が飛びついても

登れない『猫返し』をつけるという

さながら『ベルリンの壁』のようなものを作れ、というのを

言われるがままに実現させたのだという。 

 

 

 

そういうのを言い出す連中はもう

モンスター・ペアレントと言わないか?

 

 

 

 

C069

 

ベルリンの壁

上部の丸いのが『人返し』

 

 

 

 

 

区立公園でしょう。柵を作る金は税金だ。

江東区の人は寛容なのか?

 

 

しかし、アクリルフェンスというのは江東区くらいらしいのだが

砂場のまわりに柵を作る、というのは

東京では もう珍しくない、のだそうだ。

 

 

うちの近所では見ないけどねえ。

 

 

そうはいっても

管理の責任を取らされる行政の側はたまったことではないので

新設の公園には砂場は設置しない。

既存の公園の砂場を撤去する、という

まことにざまあみろな事態が進行していて

3年間で減少した全国の砂場の数は3000ヶ所に上る。

 

 

 

 

 

 

 

本末転倒じゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

歳をとったなあ、と自己嫌悪するので

こういう表現は使いたくないのだが、

 

私のガキの頃は、

晴れた日には『光化学スモッグ』が出て

通学路には必ず野良犬がおり、

ガキどもは、犬を触りまくったその手で

チクロやサッカリンが入った

毒々しい色の駄菓子を貪り食っていた。

 

 

 

 

 

だから何よ、あんたたちとは時代が違うのよ。

うちの『ショア』君にはそんな不潔な、え?

 

『岸辺』って書いて『ショア』って読むのよ。

常識じゃない。

 

 

という人には、もう私の話など通じないのだろう。

(文字は違うけど「しょあ」君は実在します。)

 

 

 

 

 

 

 

『清潔』や『健康』が大切だ、ということに異論は無い。

『エコ』なんてのも、御説ごもっともと思う。

 

でもそれが先鋭化したら

シー・シェパードやキャリー・ネイションになってしまう。

 

 

 

  

公園の砂場ごとに

フェンスが立っている風景、というのは

社会として健康だろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

私には子どもがいないので、

事態の深刻さが理解できていないのかも知れない。

 

 

砂場の中にはカンボジアの地雷以上に

猫のフンが埋まっているのかもしれない。 

そうであれば、ひふみんともども頭を下げるしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし それにしたってなあ、と思う。

なにか違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなことだってあるだろう。

 

 

 

 

『ちょっと、そこの人。柵の中には犬を入れないでください』

 

『あら、うちの娘だって砂場で遊びたいって言うのよ。

この犬、テレンスちゃんは私が見ているからいいでしょう。』

 

『でも、犬や猫が入らないための柵なんです。

粗相でもしたら。』

 

『ちゃんとしつけはしています。

なにより、テレンスちゃんには

危機管理能力があるから

危ないときは自分から外に出るわ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうにも『違和感を感じるニュース』なのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の二枚』

 

 

 

 

 

 

 

あんたたちは、猫の恐ろしさを知らないのよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

このふてぶてしい顔

Daily_picdump_413_640_151

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああっ、そんな恐ろしい犯罪までっ

35916508s_2

 

 

 

 

 

  

70歳…

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

三者三様

『えーと、日本放送協会会長殿。

我々は国技をこよなく愛する集団『ミッキーブラザーズ』である。

今回の名古屋場所の中継中止を強く要求する。

もし放送が強行された場合、貴君はTV画面に

恐ろしいものを見るだろう。

暴力団風のコスプレをした男達が酒盛りをしながら

枡席でブブゼラを吹き鳴らしているという…。』

 

『うーん、もうちょっと迫力が欲しいなあ。』

 

『書き足りないかなあ…。

じゃあじゃあじゃあ、

「既に向正面の枡席は15日分押さえているぞ」ってのは?』

 

『それより、その枡席で賭をしているっていうのはどうかな。』

 

『え゛?』

 

『だから、やくざ風の男達が 眼の前の取り組みを見ながら

「勝った」「負けた」とTVに映るように

オーバーアクションで大騒ぎをする、と』

 

『…ゲンナマはまずいよ。』 

 

『そこはほら、古典的にチョコレートとかでさ。』

 

『あー、それじゃあキスチョコてんこ盛りにして

「勝った」「負けた」と大騒ぎして…』

 

『それで、警備員が来たらみんなでチョコ食っちゃう。』

 

『周りの人達とも一緒に食べて「一体なんですか?」って』

 

『おー、いいねー』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『…とまあ、そんな脅迫メールが来ているわけだよ。』

 

『うーん』

 

『やっぱり放送中止にするべきじゃないか?』

 

『いまさら穴埋め番組の準備なんかできないですよ。』

 

『ピタゴラスイッチ百連発でも流しとけ』

 

『百本流したって、中日までしか持ちませんよ』

 

『じゃあ、「紅白15年を振り返る」とか』

 

『あー、そっちの方が視聴率獲れるかもしれないですねえ。』

 

『いっそのこと視聴者にリクエストをもらって

「15日間でこれが見たい。

NHKアーカイブスお蔵出し」

とかいう企画をやろうか』

 

『おー、いいですねー』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『…とまあ、そういう脅迫が来ているから

NHKさんは放送はできん、と。言ってきておる。』

 

『そんないまさら』

 

『不測の事態を避けたい、とのことだ。

「シー・シェパード」みたいなパフォーマンス馬鹿が

出ないとも限らん、と。』

 

『…うちの協会でも記録用に映像を録ってますよね。』

 

『うん?』

 

『それをYOU TUBEに流しちゃいましょうか。』

 

『…おまえ、NHKに喧嘩売る気か?』

 

『それじゃ、うちの若い奴でもう廃業したのがいるんですけど』

 

『うん』

 

『そいつは協会と無関係だから映像録らせて

Ustreamとかに流しちゃいましょう。』

 

『…ユースト…?』

 

『インターネットの生中継ですよ。

「はやぶさ君」で有名になった。

ね、協会と関係ない観客がネット配信したってことにすれば…』

 

『おー、いいねー』

 

 

 

 

 

『そういう体質が今問題になっているんじゃないかねえ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の言い訳』

 

 

 

 

(言い訳その1)

ここまでの文章で出てくる固有名詞は『NHK』だけです。

後半出てくる『協会』は、あなたが想像している

『あの協会』とは関係ないかもしれません。

『関西電気保安協会』かもしれません。

名誉毀損なんかしてません。あいつらのどこが名誉だ。

  

(言い訳その2)

『…風』であっても、ピンストライプのスーツに

エナメルの白い靴、サングラスにパンチパーマとか

そういう格好で嫌がらせに来てはいけません。

 

もちろん『脅迫』と取れるような文章を送ったりしては

いけません。ようわからんのですが、たぶん

威力業務妨害とか、犯罪になります。

やらないでくださいよ。いいですか?

止めましたからねっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって疲れるじゃない

Mack_3

 

  

ハンバーガー

待ってる間も座るわよ 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから疲れるじゃない 

Jim_3

 

 

 

言われたから

ジムには来てんのよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

さあっ、気を取り直していこう。

パラグアイ戦は11時からだから1時には寝られるよね、

と思っていたら

延長したあげくPKだと。

 

 

 

 

もう、

岡ちゃんたら寝かせてくれないんだから。

という夜が明けて2日。

 

 

 

 

夜更かしばかりしてるから

今日の締め切りに困るんだよなあ。

 

 

 

 

 

おはようございます。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、まあ楽しませてもらいました。

 

よかったよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあっ、次は2014年のブラジルだぜっ。

 

って、ちょっと先だなあ。

 

 

 

 

 

 

と思ったら、

2013年にはWBCがあるし、

2012年はロンドンオリンピックがある。

 

 

 

また盛り上がろうぜっ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもなあ、 

来年はなにかないのかな、と思った あなた

 

大丈夫、

2011年のスポーツてんこ盛りだぜっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

へー、

女子のワールドカップっていうのもあるんだ。

しかも日本も出るんじゃあないの。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとは報道してやれよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

「なでしこ」ってこんな花だったのか。

Nadesiko

 

 

 

秋の七草 

 

 

 

 

 

『秋の七草』が言えないことに いま気がつきました。

少しショックです。 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »