« ススキのような選挙 | トップページ | 清く正しく美しく »

2010年7月13日 (火)

泡沫候補物語

選挙の華といえば泡沫候補だ。

 

 

 

 

 

与党がどうの、野党がどうの

日本の未来はどっちだ、とかいう議論の高みと無縁な

底辺の戦いを見てみよう。

 

 

 

 

 

 

まずは、『沢田哲夫』

 

大地震から国民を救う様々なアイディアを持っているのだそうな。

たとえば、耐火耐圧カプセル。

00cap_2

要するに土管ですな。

事前に予告される核ミサイルのシェルターなら

分けるけど、

地震にそれは意味がないだろう、という逸品。

 

東京選挙区で5600票。

 

 

 

 

 

つぎは『和合秀典』

 

高速道路が有料なのはおかしい、という

まるでいまの『高速無料化』のようなことを20年以上前から

主張して、実行してきた人。

ただし最初の頃のやり方は少々乱暴で

金を払わずに 料金所を強行突破するというもの。

料金所に通せんぼのバーが降りるようになったのは

この人のおかげだったりする。

 

運動を始めた頃にはちょっと注目されていた。

でも、料金値下げとETCの時代には時代遅れだな。

この記事のために調べて、正直まだいたのかと感心した。

 

東京選挙区で1900票。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん、いまひとつ面白くない。

最近の泡沫候補は小粒になった。

 

なんか日本語が間違っているような気がするが

東郷健のように中学生を喜ばせるような政見放送はなく

赤尾敏のような気合いの入った変人もいない。

 

 

はなっから通るつもりなんかないのが泡沫候補だ。

昔の参院選の全国区なんか得票30票とかいう

学級委員選挙のような票しか取れない

気持ちのいい馬鹿がいたもんである。

 

 

最近そういうのがいないのは

供託金が値上げされたおかげで、

みんな中途半端に面白くない。

中途半端に金持ちなのも面白くない。

 

泡沫候補の中でも大物の、ドクター中松など

私なんかよりはるかに金持ちだ。

 

しかし、そんな小粒をさらに細かくした

『挽き割り納豆』のような泡沫候補たちの中で

きらりと光る大物がこちら。

 

 

 

 

 

『又吉イエス』こと『又吉光雄』

 

00mata

自分を『唯一神』と称する短気なおじいさん。

主張を理解する気はまったく起きないので、

街頭演説の様子をどうぞ。

 

 

通りかかった与謝野馨の選挙カーに喧嘩を売る又吉せんせー。

 

『与謝野、腹切って死ね。』

『無視すんなーっ。』

 

東京選挙区で立候補して得票は4900票。

 

 

 

 

動画は今回の選挙のものではないです。

しかし人気者ですな

 

 

  

 

 

 

 

 

  

 

もうちょっとおもしろい人がいると思ったから

少し残念である。

比例区には政党に所属していないと出られないから

おもしろさはさらに減る。(変な人はたくさんいるけどね。)

 

しかも今回取り上げた3人が

みんな東京選挙区なのも気にくわない。

まさか、又吉候補の演説を見るために

上京する訳にも行かないから残念だ。

 

むかしは大阪にも変な奴 出とったけどなあ。

 

 

 

ちなみに東京選挙区のトップ当選は蓮舫で171万票。

最下位当選はタリーズコーヒーの松田公太で65万票。

東京選挙区の供託金没収点は15万票。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の「正しい政見放送」』

 

 

 

 

 

 

 

  

大日本愛国党の赤尾敏さんの政見放送です。 

 

いきなり、自分に関心を寄せないマスコミへの罵倒から始まり

終始政策などには一切触れない。

視線があらぬところを向いているのは、

『カメラを見て話す』ということができないから。 

  

『ふざけたことばっかりいいやがってっ』という

罵声で終わっているのは時間を守れないから、

というか時間など気にしちゃいないから。

 

 

 

 

 

 

こういうひとが、『正しくて、愛される泡沫候補』だと思う。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

|

« ススキのような選挙 | トップページ | 清く正しく美しく »

ふしぎなひととものたち」カテゴリの記事

コメント

ごめん、なんだか付きまとってるみたいですが(笑)。
いたく共感してしまったので。

そう、国民全体が小粒な優等生ばかりになっちゃって、日本は国力を失ったと思います! 
今の日本には、カリスマが必要。
馬鹿や変人、どーしよーもないやつがいてこそ、カリスマが生まれると思うのですよ。
カリスマや、いずこに~。

投稿: fullpot | 2010年7月13日 (火) 10時50分

fullpotさんありがとうございます。
気に入っていただけたなら何よりです。
泡沫候補まで小粒になってどうする、
と思うんですが、
みんな妙に面白くなくて
迫力がないんですよね。
もう少し突き抜けた奴に
出てきて欲しいと思います。

投稿: natsu | 2010年7月15日 (木) 21時48分

 泡沫候補マニアです。近年は諸派・無所属
候補に注目するサイトが増えて嬉しいです。

http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Vega/6529/houmatu.html

投稿: しょむ研 | 2010年10月10日 (日) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/35729783

この記事へのトラックバック一覧です: 泡沫候補物語:

« ススキのような選挙 | トップページ | 清く正しく美しく »