« バイクって20年前の1/10しか売れないんだと | トップページ | 神様の進路希望 »

2010年7月 7日 (水)

『ヤマト』のポスターを学校に貼る時代

文部科学省が、若い世代に宇宙開発の必要性を訴えるため

今年公開の映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」のポスターを

小学校から大学まで、全国の4万校に配布して掲示を求める、

というニュース。

(毎日jpの記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

日教組が黙ってるかね?

 

 

 

  

 

 

 

文科省はヤマトとコラボしたウェブサイトも作っている。

 

 

 

世間一般が宇宙開発に理解がなくて困る。

ガキどもの理系離れも深刻だ。

『はやぶさ君』で盛り上がっているいまのうちに

『宇宙』について関心を高めようぜっ。 

 

という気持ちは、わからなくはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

でもね、

ヤマトって戦艦大和でしょう。

 

 

 

1977年に公開されたアニメは爆発的な人気を博し

続編が次々につくられた。

アメリカでもTVアニメの吹き替え版が公開されたが

こちらの人気はさっぱりだった。

 

 

『ステイツが海に沈めた大和を

ジャップが引き上げて地球を救いに行く』

というストーリーがアメリカ人に受けるはずはなかった。

 

 

 

『ヤマト』が『戦艦大和』だということは、みんな知っていた訳だ。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

私はリアルにあの『ヤマト』の熱狂を体験した世代だ。

遠足で合唱した歌は『さらばー、ちきゅうーよー』だったし、

クラスにひとりはデスラーのまねをする奴がいた。

 

 

だから、個人的に

『ヤマト』にアレルギーのようなものは持っていない。

 

 

 

 

 

 

でも、小学校や中学校の授業は いまから思えばずいぶん

左がかっていたと思う。

 

卒業してから話をしたことがある何人かの恩師は

みんな立派で思想的政治的に偏りがあるようには見えなかった。

もちろん個人の信条を授業に投影するようなことも

していなかったと思う。

 

 

  

 

 

 

しかし、社会全体がそういう雰囲気だったのだ。

 

 

 

 

反戦平和。

ベトナム戦争反対。

自衛隊反対。

 

戦艦大和をはじめ戦車のプラモデルを販売していた

おもちゃメーカーが『良識的な』PTA団体から

つるし上げを食らっていた時代である。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、旧軍の兵器をモチーフにした作品のポスターが

学校に貼り出されるようになる、というのに驚いた。

 

(ポスターはヤマトの画像ではなく

古代進役の木村拓哉の写真がメインなのだが)

  

 

 

 

 

『ヤマト』のポスターが学校に貼られる時代になったか。

 

 

 

 

歳をとったなあ、と思う次第であります。

 

 

 

70年代終わりからの『ヤマトブーム』に触れた連中が

文科省でそこそこ偉くなったんだろうな、と思う。

 

 

 

 

まだ『革マル派』とかが生き残っている大学があるはずだが

大丈夫なんだろうか。

 

 

 

 

 

しかし よく考えたら、

別に日教組の許可をもらうような話でもない。

黙ってやったらいいと思うが、

なにも『ヤマト』でなくても、とは思う。

 

 

日の丸を引きずり下ろしちゃう馬鹿が

教師面をしている学校もある。

 

大丈夫だろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の「久しぶりだね、ヤマトの諸君」』

 

 

 

 

 

ルネッサーンス。

Desrer

 

 

 

 

 

 

 

頭の悪さに目がくらむ商品。

こういうのは嫌いじゃない。

 

 

 

ちなみに、デスラーの声も

くもじいと同じく伊武雅刀なのでした。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

|

« バイクって20年前の1/10しか売れないんだと | トップページ | 神様の進路希望 »

そんな時代もあったよね」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/35666938

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヤマト』のポスターを学校に貼る時代:

« バイクって20年前の1/10しか売れないんだと | トップページ | 神様の進路希望 »