« パウル君 亡命か? | トップページ | シカゴの『EYE』  »

2010年7月 9日 (金)

政党のカラー戦略

選挙には『色』についての戦略が必要だ、

というニュース。

(産経ニュースの記事へのリンク)


ポスターの色やネクタイの色など

見映えがするよう、印象に残るように

みんな工夫している。






なるほど。

そういえば鳩山さんのネクタイは

派手な金色だった。

福島さんなんかパー子かと見まごうばかりに

ショッキングピンクのスーツを

着ていたりする。



みんな印象的だ。 






候補者ごとに『自分のイメージカラー』を

決めたりもするらしい。




以前、やっぱりピンクの服で

『やる気、元気』と叫んでいた

おばさんがいたな。 








さらに、

政党のイメージカラーというのもある。

アメリカなら、共和党が赤で 民主党は青。

党大会の時なんかそれぞれの会場が

この色で埋めつくされる。





日本で『伝統の政党カラー』といえば

共産党の赤か?

と思って、共産党のホームページを見たら

ちゃんと赤々としていて期待通りだ。

→共産党




そういえば、いまの自民党のポスターは

緑色だったな。

と思ってホームページをみたら、

すごく緑でうれしい。

→自民党


  

Ichibann3
いちばん 








なんか面白くなってきたぞ。

色合いがはっきりしている順に見ていこう。


ここでいう『色合い』は、主義主張なんかとは

まったく関係なく

単純に『色彩』のことです。


それだけ見ていこう。






公明党は青いな。

→公明党


社民党は水色だ。

→社民党


桝添さんとこも青、というか水色か?

→新党改革 



なんだ?みんな青いぞ。

政党としてのスタンスの違いを感じさせない、

節操のない『青』への偏りは一体なんだ?

7月で暑いから涼しい色がいい、

とか思ってないか?








そんななかで、暑苦しいくらい激しく

赤いのがこの政党。

→たちあがれ日本 


 


Tatiniti2_9
英語では

サンライズパーティー



画像はスクリーンショットです。 

肖像権とかにものすごくうるさそうな人達ばかりなので

目にモザイクを入れましたが丸わかりですな。

怒られるような気がしてきました。どうしよう。


サンセットパーティーの方が似合うのに、

とか思ったけど余計怒られますよね。













しかし、ここまでの政党はイメージカラーが

割とくっきりしていたのに

ここは色彩的には雑然としていて 

がっかりだ。

→民主党





それならここの党はどうだ?

→みんなの党





あれ?






あんたんところは、この色でしょう。





Majenta_3


マジェンタ










『アジェンダ』って やっぱり通じねえよ。

このひとがTVで『アジェンダ、アジェンダ』

って言うたびに

この色を思い出す。








こうやって色だけ見ていくのも面白いです。

苦労しているところもあるし、

あんまり考えてなさそうなところもある。


投票の参考にはまったくならないと思うけど

















では『今日の

ベストオブ・ザ・カラー政党」』








ひとりだけ緑の人は一体何なのだろう。

Josei2


モットーは

いつも純粋に








ここまでスイートにピンクだと

目がくらくらする。

この政党HPのトップページの

ガツンとくる頭の悪さも ぜひご堪能下さい。

→女性党






にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

|

« パウル君 亡命か? | トップページ | シカゴの『EYE』  »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

女性党
これ、本気なんですよね?
HP見ましたが、何がしたいんでしょう

しかもまだ当選していないんですね
普段の仕事は何をしているのか

緑の人は、西日本の統括本部長ですね
大阪で活動?しているのか
何をしているのか

選挙 一応投票しますが
これほど期待できないものは
今までなかったように感じます

投稿: レイ | 2010年7月 9日 (金) 17時30分

レイさんありがとうございます。
化粧品会社らしいですよ。全員。
社長とセールスレデー。
緑の人は頑固ですよね。
なかなかこの写真でこの服は着れない。

投稿: natsu | 2010年7月13日 (火) 22時19分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政党のカラー戦略:

« パウル君 亡命か? | トップページ | シカゴの『EYE』  »