« 夏休みに子供に見せたい記事リンク集。 | トップページ | ゆるきゃらだって暑いんだもの »

2010年8月17日 (火)

皇居のまわりに大阪のおばちゃんをばらまけ

『皇居ランナー』が増えて、歩行者とのトラブルが増大。

『皇居周辺の歩道はランナー専用ではありません』

という看板が設置された、というニュース。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

皇居周辺を走る『皇居ランナー』と観光客などの

歩行者のトラブルが絶えず、苦情が相次いだのを受けて

こんな看板が設置された。

 

00000kanban

 

皇居周辺の歩道は

ランナー専用ではありません 

 

 

 

 

さらにおしゃべりしながら集団で走る連中も多く、

ランナー同士のトラブルも絶えないらしい。

(ぱっきーのファンラン日記) 

 

ちんたら走っている集団に『右側通りまーす』といいながら

追い抜いたところ

『なんだよ。偉そうに』と言われて寂しかった、と。

 

結局この人も友人に会うとおしゃべりしながら

行きとは反対回りで帰っているんだけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

男ばかりかと思ったら、女性も多く

正月休みの際にはわざわざ地方から上京してきて

『パワースポットだから』と走る女性ランナーがたくさんおり

さらにそれをナンパする連中が男女問わずにいて

皇居周辺はちょっとしたハッテンバになっているらしい。

 

 

 

 

 

 

『もう帰ろうようー』

 

『いいい、いやよっ。まだ声をかけられてないじゃない。』

 

『もう4周目よー』

 

『ままま、丸の内のエリートに声をかけて貰わなきゃだわっ』

 

『暑いー』

 

『あああ、あたしだって、努力はしているのよ。

ウェアの上下だって新調したし、ジョギングスカートは

この夏のおしゃれアイテムよっ』

 

『でもフルメイクで走るのは変よ。

あんたなんで汗かかないの? 』

 

『…うふふ、ファンデーションの下にね、

ウレタン樹脂を塗るのよっ』

 

『ええっ?』

 

『それもただの、ウレタンじゃ駄目よ。

透湿性外装用クリア樹脂って言ってね…』

 

『あんた死ぬわよ…』

 

『いいのよっ。明日には田舎に帰るのよっ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初のニュースに戻ると、

日本のジョギングのメッカ、

皇居周辺では歩行者がジョギングランナーに

『邪魔だっ』と怒鳴られるのだという。

 

 

はらたつ。

 

 

 

 

 

おばちゃんをばらまいてやる。

天六あたりからイキの良いのを5、6人よりすぐって

買い物かごを提げて歩かせてやる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『おいこらっ。邪魔だっ。道を空けろっ』

 

『いや、なんかいうてやるわ。』

『ここは歩道やないの。』

『北の丸公園とかで走ったらええやん。』

『二重橋の前の玉砂利で走ったら足腰鍛えられるがな。』

 

『…皇居の敷地内は走れないんだ。』

 

『あーら敷地を走れないもんが、

なんで天下の歩道で偉そうにしてるのん?』

『せや、あんたらこそ隅っこ走っとき。』

 

『皇居周辺ではジョガーが来たら道を空ける。

これがマナーなんだっ』

 

『わたしら大阪もんやから、

東京のルールなんて知りませーん。』

『なんやの「じょがー」って』

『せやから東京もんって嫌いや』

『案外ああいった馬鹿は

ここには書けないような田舎もんやったりすんねんで』

 

『ななな、なにも道一杯に広がって歩くことはないだろうっ。』

 

『青野のおばあちゃんが足が悪いから、

これ以上速く歩かれへんのや。』

『せや。あたしらは守ってんねや。』

『あんたは年寄りもいたわれんのかい』

『へんなランニングと短パン着くさってからに。』

 

『ばばば、馬鹿野郎このシャツはイタリア製で7万円…』

 

『あーら値段のこと言うのんやったら、

あたしのシャツなんか200円ですー』

『あらー、奥さんよろしいわー。それ、虎?』

『ちゃうわ。豹や。ほーんのちょっと柄が横に伸びて

縞模様にめえるだけや。』

『イタリアだかなんだか知らんけど、なんやのあの腹。』

 

『ははは、腹は関係ないだろうっ』

 

『このくそ暑い時期に走るから

汗で乳首まで出てるやないの。』

『胸毛も出てるで。』

『うわー恥ずかしい。』

 

『……おいこらっ。君っ。このババアどもを排除し給えっ』

 

『いや、おまわりさん。きいてやー』

『この人、足の悪いおばあさんを怒鳴りつけるんですー』

 

『…どうしました?お話を伺いましょう。』

 

『あっ。あんた、逃げたらあかんでっ』

 

『は、はなせっ。イタリアの7万のシャツがっ』

 

『関係あるかい。

おまわりさんにきちんと話を聞いて貰おうやないの』

 

『昼休みが終わってしまうっ。

俺は商事の課長だぞっ。

俺が10分遅れたら世界経済は10分遅れるんだっ』

 

『商事ってあそこ?』

『いやあ、海山商事とか、そんなとことちがう?』

『なんでこんなことに気を遣わなきゃいけないねやろね?』

『そこにいると世界経済を動かしてる、

とか思ってる馬鹿がリアルにいるからよ』

 

『ととと、とにかくあなたもここにいて下さい。

話を伺いますっ』

 

『はなせっ。俺に触るなっ。』

 

『あっ、貴様暴力をふるったな。』

『逮捕だ逮捕。公妨だ。』

『手前っ。皇宮警察なめんなよっ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が『エコ』とか『健康』とかが大嫌いだ、

ということがわかってもらえただろうか。

 

ここに書いていること、

『地方から来て皇居のまわりを走る女性の存在』

『それをナンパする馬鹿の存在』

『歩行者に「邪魔だ」と怒鳴りつける皇居ランナーの存在』

はすべて事実である。

 

 

しかし、脚色次第で

ここまで変わると言うことを考えて欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ここに書いたことだが

できないと思っているだろう。

 

とんでもない。

時給800円で広告を出したら、いくらでも動員できるわ。

 

後ろから人が来ても、自転車が来ても微動だにしない、

大阪おばちゃんの鉄壁のフォーメーションを見せてやる。

 

 

 

 

 

 

 

1周あたりいくら

という募集にしたら駄目だけどな。

 

『ジョガー』を追い抜いちゃうから。

 

 

 

 

 

 

 

あ、それもおもしろいかな。

 

 

 

 

『皇居ランナー』の背中から

『じゃまやっ。どきやっ』と叫びながら疾走する

大阪おばちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

汗で透けた胸毛乳首Tシャツ

Daily_picdump_466_640_155

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かわいい。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 夏休みに子供に見せたい記事リンク集。 | トップページ | ゆるきゃらだって暑いんだもの »

ふざけんなよ、こらあ」カテゴリの記事

コメント

natsuさん いつもながら最高です

「『エコ』とか『健康』とかが大嫌いだ」
良く分かります
毎日言っているので
とても良く分かります

とりあえず皇居周辺の勘違いランナーには
大阪のおばちゃんを宛がう法案には賛成です

その中に混じってみたいです(真)

投稿: レイ | 2010年8月17日 (火) 23時04分

natsu さん

いややわ~最高やわ。

はいはい、応募しまっせぇ! 
あたし神戸やけど、ええやん、
細かいこといいなはんな、ね。

投稿: fullpot | 2010年8月18日 (水) 13時34分

ぐっじょぶ!!

「『エコ』とか『健康』とかが大嫌いだ」

同感。病気になりたくなけりゃ
早く死ぬに越したことはないってことですな。

投稿: 六郎 | 2010年8月18日 (水) 14時12分

レイさんありがとうございます。
『エコ』とか『健康』が嫌いって
先生の職業を
否定するつもりじゃないんですっ。
偉そうな奴がいやです。
大義名分をつけている奴が大ッ嫌いです。
 
fullpotさんありがとうございます。
いや、もうぜひきてやー。
神戸おばちゃんも怖いんやでー、
ということを知らしめてやって下さい。
 
六郎さんありがとうございます。
『エコ』も『健康』も正論でしょう。
反論できないことを
かさにかかって言ってくるあたりの
暑苦しさがいやですね。
喧嘩なら買ってやらあ、ってなもんです。

投稿: natsu | 2010年8月20日 (金) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/36181969

この記事へのトラックバック一覧です: 皇居のまわりに大阪のおばちゃんをばらまけ:

« 夏休みに子供に見せたい記事リンク集。 | トップページ | ゆるきゃらだって暑いんだもの »