« 核兵器って、なにがいけないのか? | トップページ | 落書きできてこそ教科書 »

2010年8月12日 (木)

『コアラ捕獲人』募集のお知らせ。

オーストラリアで『コアラ捕獲人』が募集されている、というニュース。

(ロイターの記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーストラリアといえば以前、

『世界一すばらしい仕事』として

グレートバリアリーフの無人島の管理人を募集した事がある。 

 

このときは国籍を問わず募集していて

日本人女性が最終選考に残ったりしていた。

 

 

 

 

 

 

 

へんな国だなあ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はイギリス人限定らしい。※

 

リンクした記事では、

仕事の内容や報酬がよくわからないのだが

かわいくて保護し過ぎたおかげで、コアラが増えすぎて大変、

という話は聞いた事がある。

 

 

 

 

日本でも『特別天然記念物』のニホンカモシカや

『神様の使い』である、奈良公園や厳島神社の鹿は

増えすぎたおかげで けっこう迷惑なものらしい。  

 

カモシカは ある程度駆除しているらしいが

『神鹿(しんろく)』は

殺しちゃう訳にもいかないから大変なんだと。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『捕獲人』ってなにをするんだろう。

背中からうわーっとかぶさって、

捕まえてたくさん集めて、それで、どうするんだろう。

  

 

やっぱり殺せないんだろうし

うんと こちょこちょして、疲れさせて

『もう来るなよ』と言うんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『あんた、よかったわよ。』

 

『この街は危険だ。もう近寄るなよ。』

 

『また会いたいわ。』

 

『…俺みたいなジェントルマンばかりじゃないぜ。

悪いこと言わないから森に帰りな。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう『求人』は日本でもやらないだろうか。

今回のニュースでは募集主はサウスオーストラリア州政府だそうだ。

『退屈している英国の若者に新たな生活の場を提供しよう』という

キャンペーンなんだと。

 

 

 

 

税金を使うからには、話題作りとか観光誘致とか資金援助とか

いろいろと大人の事情があるんだろうが

『退屈している若者』なら日本にもたくさんいるぞ。

 

 

 

『退屈している中年』もいる。

 

 

俺だ。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『まち猫つかまえ隊』とか作ったらどうだろう。

野良猫を捕まえるのだ。

 

  

 

野良のために税金を使って『砂場の壁』を造る時代なんでしょう。

 

ひふみん先生もえさをやったら近所に怒られる時代だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩合制でやってみたらどうだろう。

一匹いくら、で。

 

しかも街によって値段違っていたりしたら、

いやらしくて おもしろい。

 

高級住宅地なら、あんまり野良はいない代わりに

うんと値段を高くするのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『よう、今日はどこに行く?』

 

『俺は夙川だな。』

 

『ははっ。そういう大穴狙いってのは人生を狂わせるぜ。』

 

『いや、先週から

伝説の悪猫『ムサシ』が出てきてるらしいんだ。』

 

『まじかよ、あいつ確か…』

 

『ああ、十万円の賞金首さ。

楽々園の皆本さんのところの「ヒカル」を孕ませちゃったから

あそこの奥さん激怒しているんだ。』

 

『ふーむ。でもあいつは難しいぜ。

あれ?ミナモトさんちのヒカルってメスだっけ…』

 

 

 

 

 

 

『お前はどこに行くんだ?』

 

『俺は下町狙いさ。

単価は安いけど、阪神まで降りれば

夜になったら あのあたりの公園では

毎晩猫がメーデーだぜ。』

 

 

『うーん』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

 

 

逃げられないぞっ

Daily_picdump_358_85

 

 

 

 

でかっ

 

 

 

 

 

 

逃げる気もねえな、こいつ。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

  

 

 

 

 

 

 

 

|

« 核兵器って、なにがいけないのか? | トップページ | 落書きできてこそ教科書 »

ひょっとこニュース」カテゴリの記事

コメント

オーストラリアの政府というのは
面白いですね
「コアラ捕獲人」
国がマジメに募集しているんですよね
しかも他国の若者のために
(18-30歳)

それだけ自国が潤っていて大丈夫なんですね
でも、かなりおかしいと感じます

猫捕獲のくだり
爆笑でした
すごいです

いつも楽しい記事を
ありがとうございます

投稿: レイ | 2010年8月12日 (木) 23時07分

まち猫捕獲が、ゴルゴ風になっちゃうところがさすがです♪

画像、猫のお弁当かと思いました……。

投稿: fullpot | 2010年8月13日 (金) 08時55分

レイさんありがとうございます。
移民募集なんだろうと思います。
わざわざイギリスで募集するのが
ちょっといやですね。
『まち猫つかまえ隊』のほうは
実現しないで欲しいですね。
 
fullpotさんありがとうございます。
ちょいちょいああいうくだりを
入れないと気がすまない、
というのはkまったもんだと思います。
猫って箱が好きですよねえ。
それにしてもでかい。

投稿: natsu | 2010年8月15日 (日) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/36131155

この記事へのトラックバック一覧です: 『コアラ捕獲人』募集のお知らせ。:

« 核兵器って、なにがいけないのか? | トップページ | 落書きできてこそ教科書 »