« 森ガールがいるんなら | トップページ | 代金は朝鮮人参で支払う。 »

2010年8月 7日 (土)

100万円おじさん

大阪のラーメン屋で

『これで子供たちにラーメンを食わせてやってくれ』

という奇特なおじさんが ぽんと100万円を置いていった。

 

感激した店の主人は650円のラーメン1500杯を

高校生以下の子供に無償で提供。

5日で売り尽くした、というニュース。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100万円は拾得物として届けたため、

まだラーメン屋の持ち物ではないので

1500杯のラーメン代は店の自腹だ。

  

 

そういった事も含めて

『ほのぼのニュース』として紹介されているのだが

 

なんか気に入らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100万円をくれたおじさんは、

なんの理由があってそんな奇行に及んだのだろう。 

 

 

このおじさんが次の日わざわざ電話して

「子どもに食べさせてやってくれ」と念押しした、

というのもへんな話だ。

 

 

店は『100万円おじさん』の似顔絵を描いて捜しているらしいが、

電話があった時に正体を教えてくれなかったのか? 

 

100万円を『拾得物』として届けたというのも変だ。

念押しの電話まで掛けてきたんなら

それはもうはっきりと『贈与』だろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店の宣伝じゃないのか?

 

 

 

 

いろいろと話のディテールが甘い気がする。

 

 

『100万おじさん』が何者なのか?

敢えて不明にしているあたりがこの『物語』のポイントなのだろうが 

『親父が厳しくてラーメンを食べさせてもらえなかった。

この店のラーメンは子供の頃からの憧れだったんです。』とか

『一杯のかけそば』のような

ハートウォーミングな話がないのが弱い、気がする。

 

 

次の日おじさんが、店の裏で寸胴を洗ったりしてないだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうして素直に感動しないのか、と

自分のひねくれた心に くらくらする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、もし本当に宣伝だとしたら意味はあったのかなあ。

 

 

近所の中坊が列をなしてやってきたらしいが

大人と違い、気を遣ってサイドメニューを頼む奴などおるまい。

100万円は使い捨てだ。

 

でも、名前は売れたかも知れない。

全国紙の社会面に名前を載せてもらったと考えれば

100万円くらい安いもんかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

純粋に善意だったのなら理由が知りたい。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『今日牛丼を食べに来るお客さんは何人くらいいるのかね?』

 

『えー?昼だけでも200人はいますよ。』

 

『これでみなさんに生卵を一つずつ

食べさせてやってくれ。』

 

『あーっ、お客さんっ。』 

 

『どうしました?』

 

『1万円おじさん だよ。』

 

『誰です、それ』

 

『最近町内で有名な変人だよ。コンビニに入って

これで子供たちに「うまい棒」を

食わせてやってくれ、とかわけわかんないことを

いろいろ言って1万円札を置いていくそうだ。』

 

『あー聞いた事あります、そいつ。

こないだ駅前のマクドで「子供たちにポテトを」って1万円札

置いてったらしいです。』

 

『単品でポテト頼む奴なんかいないだろう。』

 

『そうなんです、いまポテトのLって300円もするんですよ

10000円じゃ300人にしか配れない。

喧嘩になるだけだっていって、募金しちゃったらしいですよ。』

 

『どうもプレゼントが けちくさいんだよなあ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日のCM 』

 

 

 

 

 

 

 

 

『彼女は待ちくたびれています』

000ring_3

 

薬指が空いてんのよ 

 

 

  

そのファッキンポーズは喧嘩うってんのか?

絶対こんな女にダイヤなんて買うもんか、と思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

地下鉄の通路の天井からじゃが芋。

Gn2010062208

 

 

 

 

 

ポテチのCM

 

 

 

 

 

 

 

画面左手のポスターになにやら書いてあるんだけど読めない

うちの芋は活きがいいよっ、ということなのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐ買う、iPad万歳

Daily_picdump_431_640_114

 

 

  

 

 

 

最高で最低の訴求力

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

  

 

 

 

 

 

 

|

« 森ガールがいるんなら | トップページ | 代金は朝鮮人参で支払う。 »

ふしぎなひととものたち」カテゴリの記事

コメント

これ、ちっとも美談に思えないんですよね。100万円なら、もっとほかに使い道はあると思います。

えっと、
じゃ、じゃがいもがこわいです~。

投稿: fullpot | 2010年8月 7日 (土) 22時52分

俺も同じ意見、
CMに思える、
でも、100万円が自腹ってことはやっぱりいい話なのかな・・・・?
なんか嘘のようなほんとの話なんだろうな。
お店は3ヶ月辛抱すれば儲けだなw
1540杯だっけ?利益すごそう。
ニュースでも新聞でも話題性あるから、必ず載るねw
所詮ラーメンなんてよっぽどまずくない限り、飽きられないから失敗しないし。
100万欲しいな~

投稿: | 2010年8月 9日 (月) 13時26分

fullpotさんありがとうございます。
世間が、何となく
美談のように扱っているのが
いやだったんですが
同意してくれてうれしいです。
LAY'Sの広告、確かに怖いです。
これ終電間際に見たら泣くと思います。
 
   さんありがとうございます。
えーと、せめてお名前は書いて下さいね。

投稿: natsu | 2010年8月12日 (木) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/36064222

この記事へのトラックバック一覧です: 100万円おじさん:

« 森ガールがいるんなら | トップページ | 代金は朝鮮人参で支払う。 »