« 『コアラ捕獲人』募集のお知らせ。 | トップページ | 桜の木の下には… »

2010年8月13日 (金)

落書きできてこそ教科書

電子教科書の実用化に向けてなにやら動き始めているのだという。

(毎日新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

『7月中旬、横浜市立高田小(松井佳奈子校長)であった

4年生の国語の授業。

児童が「お手本」にしたのは、「業」の字を書き進める動画だ。

画像を見たり、その上に書き込んだりできる

情報通信技術(ICT)機器「電子黒板」を使った。

書き進めているところを赤い線、

済んだ部分を黒い線と色分けし、分かりやすい。』

 

 

     

わざわざ長文を引用したのは腹を立てているからだ。

  

書き順を覚えさせる一番いい方法は、

実際に何回も何回も文字を書かせる事でしょう。

  

 

『電子教科書の必要性』を訴えるための事例が

こんな内容だとしたら本気で馬鹿だ。

  

 

わかりやすい事がえらいんだったら。

パワポで授業するか?

 

 

 

 

 

  

総務省は当面、実験校を中心に『電子黒板』という

iPadのでかい奴を使う、としている。

          

そうしてその一方で

2015年度をめどに児童個人向けの

デジタル教科書を配布する計画なのだという。

 

 

 

  

ひとりひとりの子供がが持つのがiPadになる。

アメリカの一部では既に実用化されてるという。

 

 

 

  

そんな時代、嫌だ。

 

 

 

 

 

 

  

だって落書きできないじゃん。

 

 

 

 

 

000taisi     

 

『プリン食べたい』

『赤福食べる棒』

 

 

 

  

000nobunaga    

 

パンチ信長

 

 

  

日本人ならだれでもやったことがある

こういった間抜けなことができるのは、

教科書が紙であればこそだ。 

 

 

 

 

      

そういった伝統を奪うな。

 

 

 

 

 

  

そうじゃなくても、

教科書にマーカーをつける事が勉強だと勘違いして

地の色が見えないくらい書き込んで、

そういう奴に限ってテストはできない、という事が学べるのも

教科書が紙でこそだ。

 

 

 

 

 

  

ほら、例によってふざけている。というのなら

真面目な話をしよう。

  

電子教科書推進派のデジタル教科書教材協議会の

『会長に就任した三菱総合研究所理事長小宮山氏は、

あいさつにおいて「扱う知識量が爆発的に増えている。

変化のスピードと量が速すぎ、

教育者もついていけない状況がある。

ITの活用によりかなりの部分を解決できる」

として、デジタル教科書教材を推進する意義を説明した。

 

 

       

お願いだから、馬鹿な事をいうな。

 

 

  

今のガキの2割は 九九ができないんだろ?

分数の割り算ができないような馬鹿を大量生産しておいて

『扱う知識量の増大』

心配なんかしなくてよろしい。

 

 

 

  

道具で教育は変わらない。

 

 

 

  

私が通っていた学校は生意気にも『先進校』であったので

『LL教室』なんてのがあった。

『ランゲージ・ラボラトリー』の略で要は視聴覚教室。

 

 

  

オープンリールの英語テープを聴く事ができて

これで英会話はばっちりだぜっ、

という勘違いした施設がかつて日本中に造られた。

 

 

 

  

そして、

そんなものくその役にも立たなかった、

という事を いま、力強く言おう。

 

 

 

 

  

どんな先進機器も『単なるツール』だという

割り切りがないと こういう無駄をする。

          

iPad1000台より、

応用の利くひとりの先生の話の方が

はるかに役に立つ。

 

 

 

 

 

  

なんで、こんなことがわからないんだろう。

 

       

さらにまた、

          

教科書をデジタル化する事で

先生と児童が端末を通して交流できる。

なんていうことをいう。

  

 

 

 

 

 

学級通信書けよ。

 

 

 

 

 

 

 

iPadがないから子供と会話ができないのか?

あれば夢のような学級運営ができるのか?

  

手段と目的をすり替える

こういった議論のやり口は卑怯だ。

 

 

 

  

さらに、iPadがあれば児童が

インターネットを通していろんな情報の検索ができるという。

 

 

  

情報の検索なんて

難しい事を子供に任せていいのか?

  

『報道』なんて、必ず誰かの意図が入っている。

事実だけ抽出して評価する事のむずかしさなんて

大人だって絶対に理解していないのに

ガキどもになにができる。

 

 

 

  

そこを教えるんです。 

このサイトは安全で信じられるからここを見なさい、

とかいう事をいうのなら

iPadである事に意味はないよな。

 

 

 

  

 

なにより ガキどもにiPadなんか渡したら、

真っ先に目指すのはエロサイトだぞ。

  

いかに通信制限をかけても無駄だ。

社会人がパソコンでエロサイトを見なくなったのは

通信履歴が全部個人単位で

把握されるようになったからだ。

  

職を賭してまで見るほどの事はない、という自制心が

大人に関しては一応働くからで、

サルのようなガキどもに効き目はない。

 

 

 

 

 

  

さらに、義務教育の教科書ってタダでしょう。 

iPadもタダでくれるのか?

  

多分そうじゃないだろう。

『教科書を貸与する』という国は珍しくないから、

学年ごとか、卒業後か知らないけれど

一度回収して後輩に渡すんだよな。

 

 

 

 

 

      

『はーい、あーちゃん。入学おめでとー。

新しい教科書よー。』

      

『……』

  

『どおしたのかなあー。ほおら、この教科書はこうやって…』

        

『きずがあるっ』

  

『でもでもでも、仕方がないんだようー。

これはねえ、高いから…』

           

『花桜町のラブちゃんの教科書はきれいだった。…』

  

『だってだってだって、ほらあそこはねえ…』

            

『ママが「発言小町」に言いつけるって言ってる。』

 

 

 

 

 

 

 

  

『書籍の電子化』というのは

もう止められない流れなのだろう。 

            

 

そこは否定しないが、

それであればこそガキの時分には

『紙の教科書』を持たせようよ。 

          

 

iPad教科書の管理をどうするつもりか知らないが

毎日家に持ち帰らせるんなら、

男子の9割はかならず帰り道に壊す。

  

 

大人になってから歩くとたった5分しかかからない道を

なんで毎日1時間も2時間もかけて帰っていたのか

いまでは不思議だが

毎日、ランドセルなんか放り出して道草して遊ぶのが子供だ。

 

 

  

そこだけ考えたってわかるだろう。

  

教科書は紙でいいんだよ。 

 

 

 

 

 

 

  

なによりも

           

落書きをし、偉人の顔にいたずら書きをし、

夕立の時に気がついたら濡れてしまったのを乾かして

そうして新年度になったら、

まっさらな教科書がうれしくてうれしくて

国語の教科書なんて

その日のうちに読み通してしまう。

 

 

 

 

  

そういった気分を伝えようぜ。

 

 

  

パソコンが使える小学校というのは、今は珍しくない。

でもそこのガキは、格別に賢い訳じゃない。

 

 

少なくとも小学校のうちは紙の教科書にしよう。 

それがパピルス以来の人類の文化に対する礼儀だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の「役にたたない発明」』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャンパン コルク抜き

Useless_gadgets_17    

 

 

 

 

 

 

 

 

       

パラシュート付き

 

 

 

  

メジャーベルト

Useless_gadgets_12     

 

 

 

 

 

       

 

これは役に立つんじゃないか? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボンレスベルト

Useless_gadgets_06    

 

 

 

 

 

 

      

これは違う意味で効果があるかもしんない。

 

しかし『ボンレス』って。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 『コアラ捕獲人』募集のお知らせ。 | トップページ | 桜の木の下には… »

ふざけんなよ、こらあ」カテゴリの記事

コメント

ボンレスベルトはいやです。
ぜったいいやです。

iPad教科書でお勉強した小学生にも、
ぞっとします。

ばかみたいな情報があふれている時代だからこそ、ITツールの操作にたけた若者を大量生産するのではなく、じっくりと筋の通った考え方ができる若者を育てる必要があると思います! な……なんか老年の主張みたいになっちゃったわ(笑)。

新年度の始業式にもらう、さらっぴんの教科書の匂いと手触り……なつかしいですね。

投稿: fullpot | 2010年8月13日 (金) 20時52分

「電子黒板」
実験的に始まっているんですね

ですが、字の書き方なんて
そのままやらせる方が
絶対にいいですよね

natsuさんの仰るように
ツールではなく
人、先生ですよね

最後のグッズ
パラシュートつきのは
やってみたいです

投稿: レイ | 2010年8月14日 (土) 12時50分

はじめまして。
あし@から来ました。

電子教科書ですか。。。
お金の匂いがプンプンする話ですね。

私も紙の教科書に賛成です。
電子化にしたら年とった時にこれがおばぁちゃんの使ってた教科書だよって孫に見せられないw
今は何でも電子化って流れですがすごく怖いですね。
紙の重要性・必要性を教える為にも教科書は紙で良いと思います。

投稿: どらぶー | 2010年8月14日 (土) 17時43分

fullpotさんありがとうございます。
『ボンレスベルト』
…ハムですよね。誰が買うんだろう。
子供をネットの情報の海にさらすことの
危険を考えていないんでしょうね。
まっさらな教科書のうれしさも
忘れちゃったんでしょうか。
 
レイさんありがとうございます。
効果をアピールするための『デモ授業』で
書き順なんか教えてちゃ駄目だと思います。
ツールのことなんかどうでもよくて
子供が覚えているのは
先生のおもしろい話とかなんですよね。
 
どらぶーさんありがとうございます。
電子教科書の市場をめぐって
ソフト、ハードのあらゆる企業が
さや当てを始めています。
昔使っていた教科書を見ると
すごくうれしいですよね。
『本』ってそれ自体が
大事な文化だと思います。

投稿: natsu | 2010年8月15日 (日) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/36078370

この記事へのトラックバック一覧です: 落書きできてこそ教科書:

» その時なにが起こったか!日航123便 御巣鷹山墜落事故の真実 [【JAL123便】日航機墜落事故【御巣鷹山】]
日航123便 御巣鷹山墜落事故 ボイスレコーダー墜落までのフラッシュ発見! [続きを読む]

受信: 2010年8月14日 (土) 14時54分

« 『コアラ捕獲人』募集のお知らせ。 | トップページ | 桜の木の下には… »