« あの人の待遇 | トップページ | 梅雨と秋雨は日本のメンス »

2010年9月16日 (木)

買いに来る方が役者が上

カリフォルニアからシュワルツネッガー知事が来て

新幹線に乗っていった、というニュース。

(産経ニュースへの記事)

 

 

 

 

 

日本の『シンカンセン』を売り込もう、というわけで試乗にご招待。

前原国交相は代表選の集会をすっぽかし、

JRは臨時列車を走らせてまでの歓待ぶりである。

 

 

 

シュワ知事が乗ったのは最新のE5系。

こいつは320km/hで走れるんだが

試乗区間では大した速度は出せなかったらしい。

『とても静かで快適だった』との事だが社交辞令だろう。

 

口には出さないがきっと、こう思っているはずだ。

 

 

 

『あの鼻、変。』 

 

 

 

000e5_2

 

  

鼻、長すぎる。

 

 

 

 

トンネルばかりの日本の新幹線は、騒音と衝撃の低減のために

こんな変な鼻をしている。

 

 

カリフォルニアの新線の計画は詳しくはしらないが

そんなにトンネルばかりじゃないだろう。

 

 

 

 

 

しかしまあ、

『シンカンセン』発祥の国のプライドにかけても

ぜひ、受注してもらいたいもんであります。

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、最高速度320km/hかー。

 

 

 

 

速いなー。 

 

 

 

 

 

『しんかんせんは時速210kmで世界一なんだぞー』

といっていた昭和の感覚からすると隔世の思いがする。

 

 

ちなみに、 

210km/hなんて中途半端な最高速度にした理由は

最高速度200km/hだと、キリはいいけど

そこに到達するたびにATCが働いて停まってしまうから。

 

余裕を持たせて名目上210km/h。 

それまでの日本の営業列車の最高速度は110km/hだったから、

そのスピードは日本人を驚かせた。

 

 

 

 

 

しかし世界はそうでもなかった。

少なくとも、驚かない素振りをした。 

 

 

 

 

 

『シンカンセン』が本当にエポックメーキングだったのは

『大量旅客輸送』に徹底した事。

 

踏切のない専用軌道とATC。

『ひかり』『こだま』2種類の特急しか走らせず

単純なパターンダイヤで、貨物もない。

 

 

『高速旅客輸送』に特化したこの鉄道は、個々の技術よりも

その商業的な成功によって世界を驚愕させた。

 

 

 

少なくとも、500km圏くらいだったら

鉄道は飛行機と充分戦える。

 

これを実績で示した事ことは『鉄道なんて斜陽だ。』

と思っていた世界中を驚かせ、勇気づけた。

 

 

 

これにより世界中に『新幹線』が生まれる。

カリフォルニアの計画もそのひとつ。

 

 

 

 

 

 

しかし、速度の話に戻ると

困った事に、200km/hくらいでは

ヨーロッパの連中は驚かないのである。  

 

 

 

鉄道の歴史は『スピードアップの歴史』だ。

スチーブンスンのロケット号が最高速度50km/h。

その20年後にはすでに時速100km/hの列車が存在した。

 

 

19世紀末、イギリスで歴史的なスピード競争が起きる。

ロンドン-エジンバラ間 650kmの区間で、

並行する鉄道会社同士が競争をはじめる。

もともと10時間で走っていたものが

最終的には7時間半を切るスピードで走るようになる。

 

さすがにこれでは事故が起きる、と

一度は競争を自粛するのだが

1890年にスコットランド北部のアバディーンという街に

つながる鉄橋が改修されたことで競争が再燃する。

 

ロンドン-アバディーン間 864kmは、

競争開始時点で12時間50分かかっていたものが、

5年後には8時間半で走るようになる。

 

『競争列車』は機関車2両に牽引され,ブレーキ車2両を連結、

純粋な『客車』は4両しかないという徹底的な編成。

『競争列車』の前には邪魔な汽車を一切走らせず、

『競争列車』のあとには痛んだレールの補修のために

半日保線作業が必要だった。

停車駅を省略するため

レールの横に溝を掘って走りながら給水し、

運転士は通路つきの特別な炭水車の中を通って交替した。

 

ロンドンを夜8時に出た『競争列車』はしまいには

アバディーンに朝の5時前に到着し、

もちろんそんな時間に到着しても、ホテルのチェックインも

食事もできないので旅客サービスもくそもないのだが

もう知ったことではなかった。

 

イギリス中がヒートアップしていた。

  

 

このときの列車の表定速度(停車時間も含んだ平均速度)は

115km/hにもなった。

 

1895年の話ですよ。

 

 

 

こんなキチガイじみたスピードレースは

イギリスだけでも他にもやっていた。

ドイツで時速200km/hの営業運転が始まったのは1903年だ。

だからヨーロッパ人は『新幹線の200km/h』には驚かなかった。  

 

少なくとも、驚かない素振りをした。

 

 

実際は、悔しかったらしい。

 

 

 

『鉄道先進国』を自負し、

1955年に331km/hの世界記録を作っていたフランスは

日本の新幹線の2年半後

1967年に在来線での時速200km/h運転を実施する。

 

 

さらに、同じ年からTGV計画をスタートさせ、

1981年に時速260km/hの世界記録をひっさげて開業する。

 

 

 

 

動力車の配置から架線の張り方まで

ジャポネーゼスタイルは一切使わない、

という子供じみて、すがすがしい『世界一』だった。 

 

 

 

 

『シンカンセン』 は世界共通語になったが

方式が統一されていないのは、

こうしたガキの喧嘩のような

意地の張り合いのおかげである。 

 

 

 

 

いまや日仏2大方式のほかに、

日本の技術供与で作った中国まで

『これはわが国独自の技術』とか言い出して

カリフォルニアの『シンカンセン』を狙っている。

 

 

 

 

 

 

 

シュワ知事は、新幹線に乗ったあと

都内のスーパーでちゃっかりカリフォルニアワインの宣伝をして

今度は韓国の新幹線 KTXに乗りに行った。

速度と乗り心地を大いに誉めたうえで、

韓国にも入札への参加を呼びかけたそうである。

(NHKニュースの記事へのリンク) 

  

  

 

 

 

日韓のあとは中国にも行くのだという。

 

 

 

 

 

 

 

さすがは役者。

  

したたかである。

 

 

 

 

 

 

がんばれニッポン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

 

 

 

買いに来た方が偉そうに見えるのは

どうしたことか?

000syuwa

 

 

 

 

 

 

代表選の前日に来やがって、

なんて思ってはいても顔に出せない。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

|

« あの人の待遇 | トップページ | 梅雨と秋雨は日本のメンス »

ぼくは鉄じゃない」カテゴリの記事

コメント

最後の画像、噴き出してしまいました! 
こういう椅子に座る場合、男性はシュワちゃんのように座るのが美しいですね。菅さん、やばいですよ、この座り方は(笑)。
姪っ子が卒業旅行にフランスへ行ってきたのですが、フランスの人は姪っ子が、たどたどしいフランス語で話しかけると流暢な英語で返し、まあまあな英語で話しかけると流暢な(!)フランス語で返してきたんですって。
さすが、トリコロール魂と思いました。

投稿: fullpot | 2010年9月17日 (金) 21時52分

fullpotさんありがとうございます。
シュワちゃんは、『椅子の座り方』を
知っていますね。さすが役者。
日本人は、菅さんみたいに
浅く腰掛けちゃうんですよ。
見映えがしない。
同じ日に石原都知事とも会談してるんだけど
やっぱり座り方がだめでした。
あの偉そうなじいさんよりも偉く見える。
格が違う、と思いました。

投稿: natsu | 2010年9月18日 (土) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/36332496

この記事へのトラックバック一覧です: 買いに来る方が役者が上:

« あの人の待遇 | トップページ | 梅雨と秋雨は日本のメンス »