« レアアースを売らないなら、こっちはフカヒレを売らない | トップページ | 世界地図の中の日本 »

2010年9月27日 (月)

昭和的『 老人スリ団 』

新宿で集団スリが捕まった、というニュース。

(産経ニュースの記事へのリンク)

 

 

 

早朝のアルタ前で、眠っていた酔っぱらいから3千円を掏った

『伝説のスリ集団』が逮捕。 

『抜きのヒデ』こと64歳を筆頭に

『吸いのブン』

『平場のスー』などメンバーは4人。

 

 

『本庁のデカさんじゃあしょうがねえ』とのこと。

 

 

 

 

『昭和なニュース』だなあ。

 

  

 

 

 

『犯人』『デカ』から、『ニックネーム』を貰っている、

なんて事が、ほんまにあるんやな。

 

『太陽に吠えろ』とか『親子デカ』とか、そんな世界。

 

 

 

3人までは『ニックネーム』があるのに

残りの一人は名前がないんだろうか。

 

 

 

かわいそー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにをかくそう、私も昔、酔っぱらった時に、

駅で寝ていて、金を抜き取られた事がある。

 

 

 

 

場所は勘弁して欲しいが、とある駅での話。

 

最近の駅は『ベンチ』というものがなくなってきていて

あったとしても、体を横たえられるようになっていない。

 

 

00bennti1_2

 

こういうオールドスタイルなのは減った。

 

 

00benti5

 

席を仕切るように手摺が入る。

 

 

 

00benti2

 

そんないちびったデザインはいらんから 

 

  

 

00benti4_2

 

頼むから寝かせてくれ。

 

  

 

 

駅の椅子の話だけで記事が一本書けそうな気がしてきたが

とにかくそんな次第で 、横になる場所は、どこの駅でも

『スリ』にだって周知の場所に決まっているのだった。

 

 

 

 

 

 

 

そして、私がいつものように疾風怒濤の夜を過ごして、

とある駅で過ごした、とある朝、

  

まどろみから醒めかけると、

眼の前にいたのは白馬の王子様、ではなく

細面の60じじいであり、こちらの様子を窺っている。

 

 

 

 

私は上着には財布、時計の類を入れない。

ポケットが膨らんで格好悪かろうと、必ずズボンに入れる。

 

上着を掛けて寝ていたはずなのだが

それは、はぎ取られて60親父の傍らに置かれており、

それで寒くて目が開いたのだが、

 

この馬鹿、被害者の俺が正面から見つめても

まだ、ズボンのポケットをまさぐるのを止めない。

 

 

 

妙齢の女性ならともかく… 

 

私の寝起きが悪いのは、別れた嫁を始め

ともに夜を過ごした、すべての人間に有名なのだが

このときばかりは、逆に冷静になってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

どうやってけりをつけようかな、と思っっていたら、

やっと気がついたらしく、おっさん顔を上げた。

 

その時、お互いに目があった。

盗っ人と見つめ合ったのは、生まれて初めてだ。

 

 

あのときの、あのくそ親父の

びっくりした顔はいまでも忘れない。 

 

 

 

 

 

野郎、慌てて椅子に座り直して

関係ない素振りをしようとしやがった。

 

とりあえず、親父の横にあった自分の上着をひったくって

『この野郎っ』と怒鳴りつけたら、

転がるように逃げていった。

 

 

 

 

 

 

本当なら、便所にでも連れ込んで

タコ殴りにしてやるところだが、生憎と改札口のすぐそばで、

早起きの駅員の話し声がしたので断念した。 

 

あと10歳若かったら、追いかけて人影のないところで

○○○○していただろう。(自粛)

 

 

あれから10年以上経ったいまでは

ズボンのポケットなどまさぐられても

反応もしないかも知れないが。

 

 

 

 

 

ああっ、自分で書いてがっかりだっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭のスリ集団にしても4人がかりで、掏ったのは

たったの3000円だそうだ。

 

朝の新宿なんて佃煮にするくらい酔っぱらいがいるんだろうが

それにしても生産性が低い。

 

『伝説のスリ集団』のわりには、小さいぜ。

 

 

 

 

 

所詮、微罪だからすぐ釈放される。

やる方だって、そのことをわかっているから、またやる。

 

またやる、捕まる、またやる…

そうやって『伝説』ができていくのだ。

 

安い『メイク・レジェンド』だなあ。

 

 

 

 

『昭和』はこんな所に生きていましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

 

 

最高にかっこいいトイレ

Toilet_excelent

 

 

 

 

かしこいなあ 

 

  

 

 

でも、ここで小便するのは勇気が要るかも…

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

|

« レアアースを売らないなら、こっちはフカヒレを売らない | トップページ | 世界地図の中の日本 »

ひょっとこニュース」カテゴリの記事

コメント

natsu さんとすりさんが見つめあった瞬間を想像し、思わずにやり。
私、スーパーのフードコートで友だちと立ちだべりをしていて、置き引きのおばちゃんに狙われました。テーブルに置いていたバッグを、ちらちら見ていたので、こちらもだべりながらバッグを引き寄せたら
「あんたの荷物、見はっといてやったで」
私、おもわず「ありがとう」と言ってしまいました(笑)。あほやん。くやしいわぁ。


投稿: fullpot | 2010年9月28日 (火) 08時40分

すりの人と目が合うなんて
貴重な体験ですね

写真のトイレ
かしこいですが
少し丸くして欲しいですね

投稿: レイ | 2010年9月30日 (木) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/36955173

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和的『 老人スリ団 』:

« レアアースを売らないなら、こっちはフカヒレを売らない | トップページ | 世界地図の中の日本 »