« 11人の怒れる男たち | トップページ | あの人の待遇 »

2010年9月13日 (月)

『恥の壁』と罵ってもなんにもならん。

アメリカのペンシルベニア州レディング市で、

管理が行き届かなくて、目障りな物件の写真と所有者の氏名が

ウェブサイトに公開されている、というニュース。

(産経ニュースの記事へのリンク)

 

      

そしてそれが『恥の壁』というページ。

(『マクマハン市長の「恥の壁」』へのリンク)

 

 

どんな物件が載っているかというと、たとえばこんな。

 

000ready6

 

 

『管理が行き届いていない』と

罵倒されるほどの事か?

 

 

 

 

 

00ready

 

 

 

ここは結構ひどい。

 

 

 

 

000ready7

 

 

 

無人なのが気に入らないらしい。

 

 

 

 

 

 

見たところ住宅から、商店、倉庫など用途は様々。

一体どうすればいいというのだろう。

 

 

 

窓ガラスが破られたりしているような建物は、

見映えが悪いばかりじゃなく危険なので

注意したらいい、とは思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしないと、廃屋の中に死体が転がっていたりする。

(朝日新聞の記事へのリンク)

 

 

リンクした事件の場合、

パチンコ屋の中で白骨になっていたこの人が

ホームレスなのか、犯罪の被害者で遺棄されたのか

この記事ではわからない。 

 

 

わかっているのは、死体を見付けたこの小学生二人は

学校中のヒーローになっただろうという事。

 

彼らはこの先卒業まで何十回と、この話をする事になり

この小学校では廃屋探検が一気に流行するのだろう。

 

 

 

 

こうしてまた、心霊スポットが増える事になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、他人が勝手に入れるような物件に

『ちゃんと管理しなさい。』と警告するのは

いいことだと思うのだが、

 

 

 

結局は人が住まなくちゃだめだと思う。 

 

 

 

空き家を少々飾り付けたところで問題はなにも解決しない。

さみしさが加速するだけだ。

 

 

 

 

 

 

 

空き家にひとを住まわせるのはむずかしい。

この景気で募集をかけても人が来ない。 

 

廃墟になるような建物のオーナーのなかには

新しいひとを入れたがらない人もいる。 

知らない人に貸すのは怖い、という人もいる。 

 

 

 

 

千葉市では空き店舗に入りたいけど貸してくれないという

起業家のためにNPOが屋台村を企画して

大家さんとの仲介をするのだという。

(読売新聞の記事へのリンク) 

 

シャッター商店街を嘆いておきながら

店子を入れるのに消極的、という街は千葉だけではない。

 

 

 

 

建物の住所と所有者の名前をあげて

『目障りな不動産』を、

罵倒するだけではなにもならない、と思う。

 

 

 

 

 

 

 

無人になるような建物の中には様々な権利が錯綜していて

改装も取り壊しもできなくなっているものがある。

 

賃借人の思惑によってわざと店子を入れないところもある。 

 

市長が怒りにまかせて、こんな記事を公開しても、喜ぶのは

取り壊しを邪魔して廃墟を生み出している誰か、

なのかも知れない。

 

 

 

 

『市長』だったら、

ひとを住まわせる努力をしろよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の「かっこいいリノベーション」 』

 

 

 

 

 

 

 

BEFORE

000kyuusuitou

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベルリンの給水塔。

いまでも立派だけど、このままでは使い途はない。

 

 

 

 

 

 

AFTER

000kyusuitou2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成予想図。 

高級マンションになります。

 

(朝日新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは同じくリノベーションした

給水塔ホテル。

000kyuusuitiou3

 

 

 

 

 

 

 

かっこいいんだけど

なんに使うスペースなんだろう ? 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

|

« 11人の怒れる男たち | トップページ | あの人の待遇 »

ふざけんなよ、こらあ」カテゴリの記事

コメント

確かに。
なんとかしたい古い街の中心部ほど権利関係が錯綜していますよ。

投稿: 六郎 | 2010年9月13日 (月) 10時10分

子どもの頃、廃屋を見つけては友だちと探検に出かけました。わくわくしたなあ。女の子だったはずなのに! 
行ってみたかったけど行けなかったのは、住吉川沿いの○ルマンハイツ。幽霊が出るということでしたのでね。

今の子どもたちも探検をするんですね。
なんだかちょっと、安心しました(笑)。

私の住むあたりも、どんどん空家率が高くなっている気がします。みんな、どこに行くんでしょう……。

投稿: fullpot | 2010年9月13日 (月) 11時08分

給水塔を使ったホテルにマンション
かっこいいですね

リフォームするのに
すごく費用がかかりそうですが
あるものを再利用するという点は
素晴らしいですよね

投稿: レイ | 2010年9月13日 (月) 11時53分

給水塔ってリノベーションしやすいのでしょうか?名古屋のアクテノンなんかもそうですよね。
こっちは演劇練習館ですが。

投稿: ハチワレ | 2010年9月13日 (月) 14時08分

六郎さんありがとうございます。
『シャッター商店街』であることを
むしろ勧めている街、というのがあります。
『廃墟』なんて、ややこしい権利の塊です。
市長なんだから
もうちょっと
大きい視点を持って欲しいもんです。
 

fullpotさんありがとうございます。
廃屋探検、やりましたねー。
千葉大医学部なんて建て替え前で
戦前の廃屋がいくらでもあって
しかも医学部だからなんだか
いろんな『伝説』があって、
どきどきしました。
 
レイさんありがとうございます。
うらやましいですねー。
一部屋5000万だそうです。
しかも既に半分売れているそうです。
元がかっこいいから映えます。
 
ハチワレさんありがとうございます。
アクテノン、知りませんでした。
格好いいですねー。
演劇練習室だけ、というのは
形を考えると仕方ないんですかね。

投稿: natsu | 2010年9月15日 (水) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/36619524

この記事へのトラックバック一覧です: 『恥の壁』と罵ってもなんにもならん。:

« 11人の怒れる男たち | トップページ | あの人の待遇 »