« 昭和的『 老人スリ団 』 | トップページ | いのちに一番近い星 »

2010年9月30日 (木)

世界地図の中の日本

『尖閣諸島』は

1960年代の中国の地図でも日本領であったというニュース。

(THE SEkai nippoへのリンク) 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンクしたこのサイトは地図を一切載せていない。

信じられない三流サイトである。

典拠として地図くらい示すべきだろう。

 

 

 

 

それはそうとして、日本人はアピールが下手だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなニュースもある。

 

ロシアのメドジェーエフ大統領が北方領土に行くという。

中国の胡錦濤と『歴史の歪曲(わいきょく)は許さない』と

合意したのだという。

『日本との領土問題』を意識していることは間違いない。 

 

 

 

日本が持っている『国境紛争』は公式には二つ。

 

北方領土と、竹島だ。

 

それとは別に今回の尖閣諸島がある。

(一応、尖閣は領土係争地ではない、というのが日本の立場)

 

 

 

 

 

この、どれに関しても、それが日本領であることに

疑いはないのだが

世界がそれを、どうとらえているかは別問題。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、アメリカCIAのこの地図

00map_cia_2004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだか北方領土のあたりにごちゃごちゃ書いてあります。

 

 

 

 

 

 

 

1988年の地図を拡大してみましょう。

00map_cia2_1998

 

 

 

 

 

 

 

 

 

択捉島の北には『1855年日露和親条約の国境線』とある。

そこから日本側は『北方領土(Northern Territories)』

 

そればかりか、

 

北千島北端に『1875年樺太千島交換条約の国境線』

というのがあり、樺太の北緯50度線についても

『1905年ポーツマス条約による国境線』とある。

 

 

 

 

 

 

アメリカとしては、

こんな世界の果ての国境紛争など

めんどくせーなーくらいに思っているだろうが

一応これは、いまの日本の主張に近い。

 

 

 

 

 

 

北千島も南樺太もかつて日本領だった。

日本はサンフランシスコ講和条約で

それらの領有権を放棄するのだが

ソ連はその条約に参加しなかったので後継国家は決まっていない。

 

そして、そもそも択捉島以南の北方領土は

日本固有のものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この主張が世界的に受け入れられているかというと

どうも、違う。

 

 

 

 

アトラス社の世界地図。

00map_america

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『日本から文句が出てるけどロシアが支配しています。』

という、ものすごく正直な表記。

 

でも国境線は国後島の手前。(点線だけどな。)

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこのくらいなら、まだまし。

 

大多数の世界地図は北方領土は平然と『ロシア領』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例外は、さっきのCIAの地図以外にはこれ、  

00map_china

 

 

 

 

 

 

 

 

中国(中共)の地図。

おそらく90年代。

わかりにくいんだけど北方領土は日本領になっています。

 

 

 

これが中日友好のせいではけっしてないことは

今回の尖閣騒ぎでよくわかりましたね。

 

 

 

中国はソ連が大っ嫌いだったので

ソ連が占拠する北方領土を認めない、というだけなのでした。

 

 

 

さっき紹介した、

メドジェーエフと胡錦濤が『歴史認識について合意』した

というのにはこういった恐るべき意味があるのですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう意味で逆の例。

おそらく80年代の『中華民国(台湾)』のもの。 

00map_taiwan

 

 

 

 

 

 

 

北方領土が日本領ではない。というのは

日本と台湾が断交して以降のものだから。

 

北京・中国と仲が悪い台湾としては北方領土など

認めるか、ということなんだろうが、

それ以前に、台湾、広い。

 

 

 

 

 

 

中国本土はもちろんタジキスタンやアフガニスタンの一部、

チベットもウイグルも俺のもの、という国境線。

 

モンゴルに至っては無残で、存在も認められていない。

すべて、中華民国、だ。

 

 

台湾人の大相撲ファンというのもたくさんいると思うのだが

彼らは白鵬の連勝をどう思っているのだろう。

 

世界中に『国境紛争』というのがあるが

ここまで豪快に実力を無視した世界地図

というのはなかなか見られない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えーと、例によって話が拡散してしまったが、

 

国がどこか、領土がどうだ、ということは

教育とか広報による部分が大きいと思うのです。

 

 

 

 

ここで、もう一度明らかにしておくが

北方領土や尖閣諸島、竹島が日本領である、

ということに関して、私の信念は揺るぎない。

 

 

 

 

しかし、中国のあの船長も釣魚島は中国領だと

真剣に思っていたのだろう。

 

大多数の中国人も『あの島は中国領』と思っている。

 

竹島にしたって、韓国人があれだけエキサイトするのは

国家の教育のおかげだ。

 

 

ちょっとはおたがいの言い分を聞け、と思うのだが

それが、『教育の恐ろしさ』なのだろうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、それだからこそ日本国政府としては

領土の根拠や主張についてアピールするべきだろう。

 

韓国が『日本海』を『東海』に変えよ、

という主張のしつこさを笑うだけでは済まない。

 

そのうちに、

『この島は、昔「尖閣諸島」といって日本領でねえ。』と

昔語りをするようになるかも知れない。

 

 

声のでかい奴の主張が通る、なんて

詰まらないでしょう。

 

 

今回の件で、『センカク ? ホエアー? 』となって

世界の注目をあびたのなら、日本は

誰か特命大使を立てて世界中を行脚させろ。

 

その時には、漁船衝突の映像も一緒に。

プロパガンダが下手くそなのは日本の悪いところだ。

 

 

民主党には社会党崩れや民社党崩れなど

組合上がりがたくさんいるはずなのだが、

なんでそういうのが下手なんだろう ?

 

 

アジアを回って、オルグしてこい。

 

 

 

 

 

 

 

今回、尖閣諸島の話題でありながら

地図が集められなかったのは『あの島』が小さすぎるからです。

 

でも、比較的大きい北方領土にしても『日本領』としての

扱いをしてくれている地図は、

好意的なCIAを含めて存在しない。

 

 

 

 

 

 

 

主張するべきは、云おうぜ。

 

武力を使う、とか。

漁船特攻、とか、

そういう田舎じみた手段を用いないというのなら

世界中の地図会社を買収してでも宣伝しろ。

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国家の尊厳

Swaziland_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

 

 

CIAは尖閣諸島を認めています。

00japan1_3

1997年の地図

 

 

 

 

 

 

 

でも北方領土への態度は変わった。

00japan1_2

 

 

なんで縞模様に

しちゃうんだよー

 

 

日本のえらい人は、こういった周りの国の

『温度差』に、気がついてるんだろうか。 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

|

« 昭和的『 老人スリ団 』 | トップページ | いのちに一番近い星 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/36966482

この記事へのトラックバック一覧です: 世界地図の中の日本:

« 昭和的『 老人スリ団 』 | トップページ | いのちに一番近い星 »