« 問題外科 | トップページ | 菅さんの屈辱 »

2010年10月30日 (土)

『大草原の小さな家』と、世界の時代劇

『大草原の小さな家』のDVDのCMがTVで流れている。

 

あー、なつかしーなー、と思う。

 

ガキの頃、NHKで見たなー。

 

00daisougenn_2

 

 

 

 

かわいー

 

 

 

 

 

 

 

 

このドラマには原作があって、時代設定は19世紀後半。

日本でいうと、明治維新後の十数年。

ちょんまげを切って、鹿鳴館で踊っていた時代だ。

 

 

 

『馨っちー、今日もロッキー行くのー?』

 

『あたぼうじゃん、今日も鹿鳴館でオールだぜ。』

 

『ノレるバンドを用意してくれたぁ?』

 

『今日はすごいぜ、上野の音楽学校に来ている

ウィーンのコンチェルトを呼んでいるんだ。』

 

『きゃー。』

 

『今夜は寝かさないぜ、ベイベー。』

 

『きゃー。』

 

 

 

 

 

 

 

西部開拓時代を描いたこのドラマは、

アメリカ人から見たら、やっぱり『時代劇』なんだろうか?

 

ちがうか。

アメリカ人は、日本で『龍馬伝』や『水戸黄門』が人気なのを見て

うらやましい、とか思うんだろうか?

 

 

 

 

そもそも、外国に時代劇ってあるのかな。

 

韓国には『チャングムの誓い』ってのがあったな。

 

30年前の中国だと、『時代劇=京劇』だったんだけど

いまはどうなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ということで、我々テレビ・エジプトプトでも

時代劇を作ろう、というわけだ。』

 

『やっぱりクフ王でしょう。』

 

『ハリウッドじゃないんだ。

どうやって、ピラミッド建設のシーンを撮るんだ?』

 

『じゃあ、じゃあ、じゃあ、ツタンカーメン…』

 

『あの王様が人気なのは、日本だけらしいよ…』

 

『じゃあ、やっぱりクレオパトラ、ですかなあ。』

 

『それはもう、3年おきにやっているよ。』

 

『我が国には1万年の歴史があるのにねえ…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『…ということで、我がテレビ・テルテルアビブでも

大河ドラマをやりたい、と。』

 

『でも、1948年の独立以前、というと

我が国の歴史ドラマは

いきなりモーゼの時代になっちゃいますからねえ。』

 

『それは、お前ちがうよ。

「シンドラーのリスト」とか、泣けるドラマがあるだろう。』

 

『…ドラマはあるけど、

ハッピーなエピソードがないんですよねー。うちの民族…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『…ということで、我がテレビ・ベルリンリンでも

大河ドラマを作りたい。…』

 

『じゃあ、赤髭王、フリードリッヒ一世を』

 

『いやあ、あの人が即位したケーニヒスベルグは

いま、カリーニングラードっちゅうてロシア領なのよ。』

 

『…むー。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本的な時代劇が成立する国って、

意外に少ないような気がします。

 

 

キリストや、釈迦や、ムハンマドなんかも

そんなに無茶苦茶に遠くまで、布教活動はしていなかったらしい。 

 

 

キリストさんも 

『ヨハネさんもパウロさんも、お待ちなさい。』 

とかは、言わなかったらしい。 

 

 

 

 

 

『右の頬を打たれたら、左の頬を…』

 

ばぎっ

 

『ってなー。なにすんだよー。』

 

『せんせー、博愛、博愛。』

 

『野郎、○○○○○、ぶち込んでやるっ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

 

みんなおなじみ、水戸黄門

00innrou

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

放送1000回記念商品。

輪島塗のお皿。

 

00175000

 

 

 お値段、175,000円。

 

 

 

たっけー。

 

 

 

 

 

 

 

ハイヨー、

Daily_picdump_315_112

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスだったら、

もうちょっとましな時代劇がありそうなもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

|

« 問題外科 | トップページ | 菅さんの屈辱 »

やる気があるやつだけついてきな」カテゴリの記事

コメント

う~ん、そうなのか~。
なんか、深く考えてしまいました。

歴代水戸黄門がいますが
世代によって、○○の黄門さまが一番! とか○○でないとだめっていうのがありそうですね。
わたし、もう一度、東野英治郎さんの黄門さまをみたいです。

投稿: fullpot | 2010年10月31日 (日) 14時50分

fullpotさんありがとうございます。
やっぱり、黄門様と言えば
東野英治郎でしょう。
石坂浩二がやってた時は、
『なんじゃこれは。』と思いましたよ。
いまの黄門様って誰なんだろう。

投稿: natsu | 2010年10月31日 (日) 18時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/37446680

この記事へのトラックバック一覧です: 『大草原の小さな家』と、世界の時代劇:

« 問題外科 | トップページ | 菅さんの屈辱 »