« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の投稿

2010年11月30日 (火)

白い粉売ります。(I'll sell a white powder)

ネットに『薬味BBS』という掲示板をつくり

『S売ります。』と書いて、塩を送り

『クサ売ります。』と書いてお茶っ葉を送っていた男が逮捕

というニュース。

(日刊スポーツの記事へのリンク)

 

     

 

 

なるほど。そうきたか。

 

 

 

 

『S』は覚醒剤『スピード』の隠語。だけどSaltもSだよね。

『クサ』は大麻の隠語。だけど、お茶っ葉もクサだよね。

 

36歳無職のこの男は、これで1500万円を儲けたという。

 

 

 

 

いやあ、すがすがしい馬鹿ですな。

 

 

 

 

リンクの記事を読む限り、この36歳は既に別件で捕まっており

この事件では逮捕されてはいない。

 

『被害者』も名乗り出にくいし、仮に名乗り出たところで

そんな違法な契約は無効だ、といわれるだろうから

詐欺としては立件できないらしい。

 

 

 

 

引っ掛かる奴がいるのが愉快だ。

 

 

 

 

むかし、怪しげな広告、

例えば『女の人の服が透けて見える眼鏡』なんていうのを

注文すると、送られてくるのは100%インチキ商品だった。

セロファンを貼っただけ、とか。

だまされる奴がいたもんである。

 

あ、私は注文したことないですよ。

 

えーと、いとこの孝君です。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、1500万はでかいなあ。

そんな単純な手に、まんまと引っ掛かるやつがいるとは。

とほほな話である。

 

 

 

『白い粉売ります』っていって、砂糖売ったらどうだろう。

 

スーパーのチラシで『白い粉30%OFF』

とか書いてあったら可笑しい。 

 

 

 

 

 

 

せっかくなので、今日の記事のタイトルを

『白い粉売ります』としてみました。

しかも英訳付きである。

 

Twitterにも流れるので、誰か注文してこないだろうか。

バルバドル産の上物を送って差し上げる。

 

 

100g 5万円くらいでどうだろう。

 

 

 

 

 

 

人間やめますか?  

例によって、

びっくりするくらい制作費がかかっていないACのCM。

 

 

 

 

 

 

 

 

12月にのりぴーが書いた『自叙伝』が発売される。

タイトルは『贖罪』。

 

罪を犯したのでごめんなさい、と。

つまり、そういうことらしい。

 

 

 

しかし、どうにも違和感のある言葉遣いだ。

『贖罪』には『罪を償う』という意味もあるが、

お金をあらわす貝偏の『贖う』という字を使っているように

金を使って罪滅ぼし、という意味もある。

 

つまり、そういうことらしい。

 

 

この時期に本を出すことに、いろんな『大人の事情』を

感じてしまうのである。

 

 

発売されても立ち読みをする気にもならないが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の「人間やめますか?」。』

 

 

 

 

 

 

 

人間やめました。

Yopparai2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酔っぱらうと、こういうことされるよな。

 

 

 

 

 

明日の朝まで人間やめます。

Yopparai3

 

 

 

 

 

 

 

若いっていいよね。 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

キッチン火山学とカールスバーグ

食材を使って、火山活動の様子を再現する『キッチン火山学』

というのが今日の読売新聞に紹介されていた。

 

 

ペットボトルにちぎった麩を入れてポンプで噴出させたり、

コーラのペットボトルに穴を開けて、よく振って噴出させたり

コーラにラムネを入れて噴出させたり。

 

小学校などで実演しているのだそうだ。

 

 

 

 

食べ物を粗末にするんじゃないっ。

 

 

 

 

びっくりするくらいくだらない実験なのだが、

大学の先生がまじめに研究しているんだそうだ。

 

そこの学生の卒論の梗概があって、

卒論だから、妙にまじめくさって書いているのが

とても面白いのでぜひ見て下さい。(こちら) 

 

 

一番よく飛ぶのは『三ツ矢サイダー』だそうです。

 

しかし着色していないので

『総合的にみて実験に適しているのはコカコーラとペプシ』

なのだそうだ。

 

 

って、ペプシ実験してないじゃん。

 

 

 

 

 

 

さて、『コーラにラムネを入れるとえらいことになる。』

というのは、この学生も実験している。

 

 

 

 

こんなことになります。

 

 

 

 

 

それなら、

ビールにメントスを入れたらどうなるのか?

ということを実験した動画がある。

 

 

 

こちら 

 

 

 

く、くだらねえ。

 

 

でも、おかしー。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

  

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

阪神タイガースのエラー・カレンダー

阪神タイガースの来年のカレンダーに

本来あるはずがない『11月31日』があった、というニュース。

(朝日新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

こういう間抜けなニュースは大好きだ。

 

 

 

 

00tigers  

 見えづらいが右にある

 『12月』も一日ずれてます。

 

 

 

 

 

『12月』のページはちゃんとしているらしいので

まだ小売店に卸していない分は

『31日』の所にシールを貼って売るそうだ。 

 

タイガースの公式HPで買うこともできます。

話の種に買おうかな、と一瞬考えたのだが

私は阪神ファンではないので、

選手の顔など、ろくに知らないのでやめました。 

 

興味がある方はどうぞ。

1200円だそうです。

売り切れ御免だそうだから

このニュースのおかげですぐになくなってしまうだろう。 

 

 

 

 

 

今回の件で、印刷所の担当者は、こっぴどく怒られただろうが

こういうのは叱らないであげて欲しいな。

 

 

逆に、再来年以降のカレンダーも

わざと『エラー』を忍ばせておいたら面白いんじゃないか?

 

 

 

 

 

 

『今年のエラーはなんやろねえ。』

 

『毎年これが楽しみになってなあ…』

 

『去年は、ブラゼルがブブゼラ吹いてるっちゅう

べたなネタで、今ひとつやったからなあ。』

 

『へへへ、今年も当てて、

ネット裏のチケット獲ったるんや…』 

 

『…当てる?ネット裏のチケット?』

 

『表紙のここんとこに応募券があるやろう。

見つけた「エラー」を書いてこの応募券を貼って出したら

チケットやサインボールなんかがあたんねんで。』

 

 

 

 

『ほー…。よしゃっ、わしもやったろ。』

  

『おっ、11月2日が祝日になっとるやないかいっ。』

 

『おお、バース、掛布、岡田の超強力打線で

悲願の日本一になった記念日やな!』

 

『あれは、1985年やったなあ…』

 

『おっ、これ赤星やないか?』

 

『ほんまや、背中むいとるけど、この構えは…』

 

『引退した赤星やあ。懐かしなあ。』

 

 

 

 

『それよりも、ほれ、これっ。』

 

『54番ちゅうたらメッセンジャーやろ?』

 

『ちゃうがな。

背番号はそうやけどこの顔、バースと違うか?』

 

『あ、ほんまや。おんなじような髭やからわからんかった。』

 

『ふたりとも「ランディ」やもんなあ。』

 

 

 

 

 

 

 

受けると思うんだけどなあ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日のランディ。』

 

 

 

 

 

 

 

ランディ・メッセンジャー (ピッチャー・阪神)

00randy2_3

 

 

 

写真撮る時は、あご引きなよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランディ・バース (野手・阪神)

00randy3

 

 

たぶんこれ

『プロ野球カード』だな。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランディ・ジョンソン (ピッチャー・大リーグあちこち) 

00randy6

 

 

 

300勝投手

 

 

 

 

 

 

  

 

 

ランディ・ウェン

00randy7

 

  

台湾の歌手だそうです。 

 

 

 

 

 

 

 

田口ランディ

00randy8 

 

作家だそうです。

ハーフかと思ったら違うらしい。

何故『ランディ』? 

 

 

 

 

 

 

 

いろんな『ランディ』がいるもんだ。

 

 

  

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

  

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

1日1ユーロ生活

スロベニアで、4人の子持ちの48歳の学者が、

世界の貧困や欧米の過剰消費に抗議するために

野菜だけを食って、『1日1ユーロ(約110円)』生活を

2ヶ月続けている、というニュース。

(ロイターの記事へのリンク)

 

 

ハーブティーや牛乳は買うが、

緑茶は高くて買うことができず、好物のチーズも我慢。

 

4kgやせたが健康です、だと。

 

 

 

 

 

 

どうしても文章に感情の温度が出てしまうあたり

まだまだ未熟だな、と思うのだが

それ以前にあんた、痩せすぎだよ。

 

 

 

00yuro  

レタスばっかりじゃなくて、

カロリードッカンなもの食えってば。

 

 

 

 

 

 

 

しかしまあ、この先生の『1ユーロ生活』、

本人だけじゃなく、4人のガキも食わそうと思ったら

どのくらいの土地が要るのか?

 

日本でやろうとしたら固定資産税を日割りしたって

1ユーロではきかない。 

まして土地を買おうとしたら金利も払えない。

 

 

 

 

大体、この先生の『1ユーロ』には

労賃が入っていない。 

 

自家消費だから労賃はただだ、ということらしいが。

『1日1ユーロ』だと宣伝する以上、そういう計算はずるい。

   

ご飯が食べられるのはお百姓さんのおかげです。

88回噛んで食え、とスロベニアでは教えないのか?

 

 

 

 

 

環境主義者というのは、

平然とこういう嘘を言うから嫌いだ。

 

 

 

 

 

しかも彼は4人の子持ちだ。 

48歳の子供であれば食べ盛りだろう。

 

親は自分の名前が売れて満足かもしれないが

子供がかわいそうだ。

ハンバーガーはうまいぞお。

 

こいつのガキの眼の前で食ってやろうかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

とまあ、こういう下手くそなプロパガンダは大嫌いなのだが

肉ばかり食うのは土地の無駄だ、というのは事実ではある。

 

牧草地をやめて全部に大豆を植えたら、今の耕作地で、

今の地球の人口の倍の人間が養えるのだという。

 

ただし大分昔に読んだ話なので『倍の人口』というのが

具体的に何人なのか忘れてしまったが。

 

 

 

 

 

 

だから、食糧のことだけ考えたら

畑で作ったトウモロコシやサトウキビでアルコールを造る

『バイオエタノール』なんて犯罪行為だ。

 

ブラジルに渡ってサトウキビ食って

エタノールで酔っぱらった方が

地球のためになるんじゃないか?

 

いや、地球のためにはよくないかもしれないが

宣伝のためにはよろしかろう。

 

間違いなく捕まると思うが、飢餓問題のことを考えるなら

そのくらいの根性見せろよ、こら。

 

 

 

 

 

 

 

 

菜食主義者、というのは世界中にいる。

インド人の半分はベジタリアンなのだそうだ。

 

宗教上の理由らしいが

そういったことであれば文句を言うつもりはない。

 

 

 

 

『貧困撲滅のため』なんて余計なことをいうから腹が立つ。

しかも子供を巻き込むなよ。

 

30年間、物を食わない仙人、

とかに弟子入りした方がいいんじゃないのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

 

 

本能

Daily_picdump_358_96

 

 

 

  

 

 

 

かわいー

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

  

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年11月26日 (金)

整形各国事情

世界一の受験競争で知られる韓国で、大学合格のご褒美に

子供に整形手術を受けさせる親が増えている、というニュース。

(ロイターの記事へのリンク)

 

 

 

 

眼を二重にしたり、鼻を高くしたり。 

 

さらに、眼と鼻の両方を手術するお得意様には

親にも無料でしわ取りの「ボトックス注射」をします、という

病院まであるんだと。

 

 

 

ほー。

 

 

 

子曰わく『身体髪膚、これ父母に受く、

あえて毀傷せざるは孝のはじめなり』じゃないのか? 

あんたたち、儒教の国の人でしょう。

 

 

あ、でも親が勧めるんなら『不孝』じゃないのか。

うーん?

 

 

 

 

 

 

 

親が勧めるかどうかは別にしても

韓国の整形人気というのは日本の比ではない。

 

そしてまた、うまいこと化けやがるのよ。

 

 

00korea_3

 

なあんということでしょう。

 

 

 

 

00korea2

 

 

委員長タイプの地味な娘も

 

 

 

 

 

00korea3『家が焼けちゃって

子供の頃の写真は無いの』

彼氏には、そう言ってます。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん失敗もある。

有名なのがこの『扇風機おばさん』。

 

00sennpuuki_2

 

上、ビフォー

下、アフター 

結構美人だったのに…

 

 

 

この人は『闇手術』をうけ、さらに自分でもシリコンや

サラダ油(!)なんかを顔に注入していたらしい。 

 

 

 

 

 

韓国女性の61.5%が整形している、という調査がある。 

残りの38.5%は自信があるのか?貧乏なのか?

 

 

国民性という言葉でひとくくりにするのは乱暴かもしれないが

受験戦争といい竹島への執着といい、そして『国中整形』といい

韓国の人は『思い込んだら右向け右で一直線。』

という極端なところがある。

 

 

今回の砲撃事件ではエスカレートしないで欲しいな、と思う。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かと思うと、ドイツには、こんな人たちがいる。

 

 

20歳の女性が豊胸手術の費用4400ユーロ(49万円)を

彼氏から借りたのだが、別れちゃったもんだから

『返せ』といわれている、というニュース。

(ロイターの記事へのリンク)

 

返せなければ『胸を元に戻す訴え』を起こすんだと。

 

 

 

 

 

 

尻の穴の小さい男だねえ。

 

手切れ金だと思ってくれてやれよ。

『でも、俺の金で大きくした胸を他の男が…』

なんて思うと許せないのかもしれない。

 

あ、ちょっと同情してきた。

 

 

 

 

 

彼女も彼女だ。

 

胸を大きくしたいという気持ちは、わからんでもないのだが、

その金を彼氏に借りるなよ。

 

しかも、『1年つきあったら返済しなくてもいい。』

という条件つきだったそうである。 

 

 

これも、妙に理屈っぽいあたりがドイツ人っぽい。

 

 

整形手術にも『お国柄』というのが出るらしい。

 

いや、ものすごく素直な形での『欲望の表現』だから

逆にはっきりと『民族性』が出るのかもしれないな。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の各国整形事情。』

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国人

00korea5

 

女もすなる

整形といふものを

 

 

君の決断は正しかったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドイツ人

Bach5 

 

 

ででんでででん

 

 

 

 

 

bachは英語だと『バック』って読みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人

00yes

 

 

 

 

 

 

YES高須クリニック

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YES。って

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年11月25日 (木)

放射能パンツ

アメリカの研究者が『放射能をブロックする下着』を開発。

(ロイターの記事へのリンク)

 

 

 

00pantsu   

真ん中の葉っぱのアップリケの

ところで放射能を防ぐそうです。

 

  

空港で行われる、ボディスキャナーなどに有効です、だと。 

 

最初、このイチジクの葉っぱがなにを意味するのか

よくわかりませんでした。 

 

 

 

 

 

 

 

こういうことなんですね。 

00happa  

 

 

はっぱ隊

 

 

 

 

 

 

 

 

はっぱ隊の名曲『YATTA!』

 

なつかしー。

 

 

 

 

 

なんで、真面目な記事が二日続かないのか、

と思うのだがこれがこの日記の持ち味、ということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

イチジクの葉っぱのエピソードの元は、アダムとイブの物語。

 

『禁断のリンゴ』を食ったアダムは

のど仏が出ると同時に『知恵の実』のおかげで

裸が恥ずかしくなって、

イチジクの葉っぱで局部を隠すようになった。 

 

 

今回のパンツは、『放射能防止』という機能。

局部を隠す、ということでイチジクになった。

気の利いたシャレのつもりらしいのだが、

あんまり、いい趣味じゃないな、と思う。

 

 

アダムとイブはたくさん子供を作ったが

長男と次男は、『世界初の殺人兄弟』カインとアベルだ。

 

アダムもイブも、そしてその息子たちも

『原罪』を負っているというのがキリスト教。 

 

キリスト教って、意外に暗くて怖いから嫌いだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今では悪魔のように言われる放射能だが

20世紀初めには、魔法の力を持つもの、としてもてはやされた。

 

 

 

 

便乗商品もたくさん作られた。

例えば、

ラジウムパンツ

00pantsu2_3

 

 

 

 

 

 

 

今回の『放射能防護パンツ』とはまるで逆で

パンツの中にラジウムが入っている。

 

キュリー夫人もびっくりだ。

これで『元気』になるという触れ込みだったのだが…

  

バッテリーはびんびんだぜっ。

 

 

 

  

 

 

 

ラジウム水

00radium

 

 

 

 

 

 

 

浄水器の中にラジウム鉱石が入っています。  

『ご家庭で健康な水を』って、絶対うそ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今もある詐欺商品。』

 

 

 

 

 

 

 

00miracle 

500mlで630円。

当たり前だけど飲めません。

化粧水にどうぞ、だと。

 

 

 

 

00miracle2   

水質検査をしてないので飲めません。

今なら、5リットルが通常価格

5900円を3900円でお頒けします。

 

 

 

 

敢えてリンクは貼らないが、それぞれの名前で検索したら

今でもその詐欺師の所に行くのは簡単です。 

 

 

 

 

はっぱ隊くらいが、ハッピーでいいよな。

  

  

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

  

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

国定忠治生誕記念オートレース

生誕200年を迎える『国定忠治』の生地、

群馬県伊勢崎市の観光協会と市民団体が企画したイベントが

『忠治なんてやくざじゃねえか。』という市長の一言で

中止に追い込まれた、というニュース。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

 

  

 

 

国定忠治ってなにをした人だっけ?

 

 

 

 

 

まあ、やくざかといわれたら、その通りなんだと思う。

 

 

賭場の胴元をやっていた人。

200人とも300人ともいわれる子分を持っていた大親分だった。

 

賭場の開帳だけでも重罪だが、

40年の生涯を喧嘩だけで明け暮れたこの人は

自ら手を下したかどうかはともかく関わった殺人事件は

数えようによっては数十件に上る。

 

 

もちろん『義賊』だというエピソードもあって

天保の飢饉の際、私財をなげうって農民を救った、とか

賭場の収益金で用水池を造った、とか

真贋定かならぬ話がたくさんある。

 

 

 

 

 

市長が『評価が分かれる』と言ったのは、このあたりらしいが

国定忠治なんて、もうみんな知らないよ。

 

 

 

この人が有名になったのは、

明治時代に講談で取り上げられてからで

その後は、小説や芝居、映画などの題材になった。

 

でもそれだって私の世代でさえ、よくは知らない。

 

 

 

 

個人的に かろうじて覚えているのは

東海林太郎の『赤城の子守歌』くらいか?

 

司会者が宮田輝だったりすることも含めて

もうみんな知らないですよね。

 

 

 

 

 

 

だから普通に、『生誕200年祭』とかをやっていたら

注目もされなかっただろう。

大体、伊勢崎市自体知らなかった。

 

『伊勢崎』っていえば『ブルース』のほうを思い浮かべる。 

 

 

ごめん、『伊勢佐木』だった。

この歌も知らないですよね。

 

『デュビデュビュディデュデュワー あっはーん』

なんて、なつかしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくだから開き直ったらどうだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『さあっ、今夜の伊勢崎オートレースは、

「国定忠治記念杯レース」ですっ。』

 

『忠治生誕200年を記念して今夜1回だけの開催なんですね。』

 

『レーサーが出てきました。

全員、三度笠に縞模様の合羽の出で立ちです。』

 

 

00tyuuji 

 

忠治スタイル

 

  

 

『合羽はマントみたいでかっこいいですけど、

三度笠は危なくないですか?』

 

『あれは一見わらに見えますけどCFRP製の

特製ヘルメットなんですよ。』

 

『…風にあおられませんか?

フルフェイスじゃないと危ないんじゃあ…』

 

『さあっ、ここで伊勢崎オート名物の

花火が上がりますっ。』

 

『…無視しましたね…』

  

『胴元、じゃなかった。

主催者を代表して伊勢崎市の五十嵐市長が挨拶します。』

 

 

 

 

 

『赤城の山も今宵限り、

かわいい子分のおまえたちにも、

今日の賞金はトッパライだ。』

 

 

 

 

 

『なにが「トッパライ」なんですか?』

 

『このレースの賞金には税金をかけないらしいですよ。』

 

 

 

 

 

 

『野郎どもっ。かかりやがれっ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『遺品展』や『講演会』なんかよりも受けると思うけどなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

派手な縄張り争いで一時期、忠治が逃げていた

信州の寺にあるお地蔵さん。 

00tyuji

 

 

 

 

 

 

 

 

仏の顔に三度笠。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

  

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

ラブ・コネクション

71歳の女性が、末端価格3億5000万円相当の覚醒剤を

運び込もうとして関空で逮捕された、というニュース。

(毎日新聞の記事へのリンク)

      

 

 

 

 

 

5年前、近所に住んでいたナイジェリア人の37歳の男性と

交際を始め、今年になって『誘われるままに』

ブラジル、セネガル、UAEなどに5回旅行。

 

今回、エジプトに行った際、『結婚しよう。』と口説かれて

記念にスーツケースを交換し、

ご機嫌で帰国したら、2重底になったスーツケースから

覚醒剤が出てきた、と。

 

 

 

日本人女性を口説いて運び屋にさせる手口のことを

『ラブ・コネクション』というのだそうだ。

 

 

この名前はなんとかならないか?

 

 

報酬も貰わないし、『プロポーズされた』と思っているから

本人に、自分が『運び屋』であるという自覚がない。

だから入国の時に挙動不審にならず、

見た目は日本人の一般女性だからばれにくい。

 

 

うまいこと考えるなあ。

 

 

10年前からある手口、なのだという。

 

 

 

 

 

 

 

さあて、このすっとこどっこいなニュース

どこから突っ込もうか。

 

 

 

 

 

 

まず、71歳が37歳に口説かれたと思うなよ。

 

おそらく裕福な人なのだろう。

ブラジルだ、セネガルだといった旅行では

現地でメシくらいはおごってもらったかも知れないが

飛行機やホテルの費用は自腹の筈だ。

 

逆に37歳の詐欺師に小遣いくらいあげていたかもしれない。

 

 

 

年齢差をどこまで知っていたのか疑問だが、

プライドも高かったんだろうな。

『ちょっと若いけど、あたしなら釣り合うわよ。』

 

子供でもいれば、『お母さんやめてよ』と言われただろうし、

友人がいたら、『あんた目を覚ましなよ。』と言われただろう。

 

そういう事を言ってくれる人がいなかったらしいのが哀れだ。

 

 

 

 

 

 

 

だました男も不思議だ。

 

なにしろ、今回の事件に関していえば5年がかりなのだ。 

気の長い話だなあ。

 

 

 

71歳の彼女だけを5年間狙い続けていた訳じゃないだろうが

効率が悪すぎやしないか?

 

この手口が摘発されたのは、この3年間で12件。

しかし今年に入ってからは、この事件が最初なのだという。

 

ばれてないだけで、実際はもっといるんじゃないか?

5年かかって、結局失敗していたら

どう考えても採算が合わないような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしまあ、『71歳の恋』がこんな形で終わったのは

気の毒な気はする。

 

70近くなって、年に一度海外に遊びに行けて

歳下の外人を『恋人』にするなんて 

近所に住んでいたら、近づきたくもない

嫌な婆さんだったんだと思う。

 

だから忠告してくれる身寄りがいなかったんだろうが

それも含めて、こんな恋の終わり方は、

ちょっとだけ気の毒な気がするのだ。

 

 

ちょっとだけね。

 

 

 

 

 

地球上のあらゆる存在に罵声を浴びせ続けるこの日記が

珍しく、しおらしいことを書いているのは

ちょっとだけ、この婆さんの詐欺話に

身につまされるところがあるからです。 

 

 

ちょっとだけね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の詐欺師たち。』

 

 

 

 

 

 

 

稀代の結婚詐欺師 クヒオ大佐

00kuhio

 

これは2009年の映画での

堺雅人

 

 

 

 

 

 

実際はこんな奴

00kuhio2_3

 

 

 

1984年に逮捕された時の写真

 

 

 

 

 

カメハメハ大王とエリザベス女王の血を引いていて

自分は米軍の戦闘機乗り。

この写真のあと刑務所に入るのだが

出所後も結婚詐欺師を続けて、

生涯の『獲得金額』は1億円以上。

 

このくらい突き抜けた馬鹿だと、楽しい。

 

 

 

 

 

 

偽 有栖川宮夫妻

00aris

 

 

 

 

 

畏れ多くも宮家の名を騙って、派手な結婚式をあげ

ご祝儀1200万円と1500万円相当の絵画をだまし取った、

という詐欺師たち。

 

この二人も懲役を食らうのだが

出所後は再び『有栖川』を名乗って、

女のほうは、あろう事か雑誌にヌードまで披露している。

 

 

こいつらは許せんな…

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2010年11月21日 (日)

ゴールドラッシュ

イギリスで3歳のガキが、初めて使った金属探知機で

3億3000万円の価値があるローマ時代のペンダントを発見、

というニュース。

(ロケットニュースの記事へのリンク)

 

 

 

 

 

我ながら、このクール宅急便みたいな

文章の温度はなんとかならないか?

 

 

 

 

 

 

見つかったのがこちら

 00jams2

 

金のロケット・ペンダント

 

 

 

 

見付けたのが、このガキ

00jams3

 

僕たちは宝の地図を持っていなかったよ。

 

 

 

 

彼と家族たちが、これに味をしめて

この先、人生を狂わせていくことを、切に願う。

 

 

 

 

 

 

 

250万ポンドは地主と折半するのだそうだ。

その金はだれが出すんだろう?

 

このペンダントに 

250万ポンドの考古学的価値があるのはいいとして

国とか博物館とかが買い取るんだろうか?

うーん。

 

 

 

 

日本だったら、

間違いなく『文化財』として国に巻き上げられる。

 

福岡県で出土した金印『漢委奴国王印』を見つけたのは

地元の百姓だそうだが、

彼がそれで大金持ちになったという話は、聞かない。

 

00kinninn

 

江戸時代に見つかったんだけどね

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパでは、こういう品物の

マーケットができあがっているのかもしれないが、

なんか変だ。

 

 

 

 

 

 

とまあ、ぐずぐず書いているのは、

結局は悔しいからです。

 

34歳の父親が見つけても腹が立つだろうが

3歳が見つけた、というのが さらに腹が立ちますね。

 

 

こいつにメールを送って、

『ジャパンのマウント・アカギには、

もっとすごいお宝があるぜ。』

とか言ってやったら来ないかな。

 

 

 

 

 

 

 

地主も悔しかっただろうなあ。

 

自分の敷地の地下25センチに、

そんな値打ち物が眠っていると知っていたら

絶対に掘らせなかっただろうに。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

『さあっ、「ラッキー・ジェームス」が掘った

「ラッキー・フィールド」はここだよっ。

入山料は一日1000ポンドだ。』

 

『えー?1000ポンド(14万円)は高いよー。』

 

『でも、一発当てたら大儲けだよ。

山師の醍醐味ってそんな事じゃないかね?』

 

『100ポンドでも高いよなあ。』

 

『うるさい、うるさい、うるさいっ。

あの親子にくれてやった125万ポンドを回収するためには

1000ポンドでも1250日必要なんだっ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ということでですね。国後島には金が出る

っていう噂を流しましょう。』

 

『…それで?』

 

『ゴールドラッシュを起こしちまうんですよ。

カリフォルニア併合の翌年に

ゴールドラッシュが起きたのは偶然だと思ってるんですか?』

 

『俺は行かないよ。命が惜しいし…』

 

『違いますよ、日本で噂を流すんじゃありません。

中国に流すんです。』

 

『え゛?』

 

『カリフォルニアのゴールドラッシュの時も

たくさん中国人が流れてきたんですよっ。』

 

『それがどうした?』 

 

『中国人どもに北方領土が乳と蜜の流れる土地だって

噂を流すんですっ。』

 

『来るかあ…?』

  

『あいつらには、北方領土のビザ無し渡航とか

関係ないですからね。

ゴールドラッシュでアメリカに渡った中国人は

統計によっては50万人以上ですよっ。』

 

『…しかし、いくら何でも、そんな与太話

中国人もロシア人も信じやしないだろう。』

 

『戦前の日本の鉱山調査資料なんていうのをでっちあげて、

「有望な金鉱があったんだけど、

戦争で採掘できなかった。

いやあ、残念だなあ。」

っていう噂を流せば、信じますって。』

 

『日本のメリットはなんだ?』

 

『混乱させたら面白いじゃないですか !

ゴキブリの「白い愛人君」をばらまくよりも混乱しますよ。』

 

『…お前、そんなことばっかり考えてるのな…』

 

 

 

 

 

 

『それにですね、そうやって国後島への渡航者が増えれば

根室がサンフランシスコになるかもしれませんぜっ。』

 

『…なるかあ?』

 

『もちろん準備は要りますよ。

カリフォルニアの金の噂を聞きつけたブラナンっていう

おっさんが真っ先にやったことを知ってますか?』

 

『…さあ…』 

 

『まず山師どもの為の酒と食料品を売る店を作ったんです。

食い物と酒と採掘道具をたっぷり仕入れといてから、

サンフランシスコの大通りで、金の入った壜を振り回して、

「金が出たーっ。」って言って走り回ったんです。』

 

『…アホやな。』

 

『でも、大儲けしたんですよ。』

 

 

 

 

 

 

『そんな事したら、領土問題をややこしくするだけだろう。』

 

『今の政府の調子じゃ100年経っても返ってきませんよ。

それより、商売やった方がいいんじゃないですか?』

 

『…なんか癪にさわるなあ。』

 

『日本人は、直接商売やりに行けないですからねえ…』

 

『…むー。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の「ゴールドラッシュ」。』

 

 

 

 

 

 

 

『ゴールドラッシュ』で画像検索をかけたら、

トウモロコシと、怪しげな商売ばっかり出てくるんだけど

それ以上にたくさん出てきたのがこの店。

 

 

渋谷のハンバーグ屋の1号店。

00gold_rush

 

 

 

 

 

 

 

有名な店らしいんだけど、この看板はちょっと。

 

 

 

 

 

パチンコ『CRゴールドラッシュ』

00goldrush

 

 

 

 

 

ゴールドラッシュに群がった連中の大半は

酒と女と賭け事で、すってんてんになったそうです。

 

 

 

 

 

なにがあった?永ちゃん

00gold_rush2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日に焼けて読めないと思うけど

『コント赤信号のゴールドラッシュ』

00gold_rush3

 

 

 

 

1989年のドラマだそうです。 

 

 

 

 

 

うわあ、みんな若い。 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

  

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

プーチンの犬

ロシアのプーチン首相が

犬が好きで、愛犬の名前を募集しているというニュース。

(ロイターの記事へのリンク)

  

 

 

 

 

 

ブルガリアから送られた犬の名前を募集している。

  

00putin

 

 

かわいー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『まー、あの無愛想な人がねえ…』

 

『赤ん坊抱いても笑わなかった人ですもんねえ。…』

 

00puitin2

 

 

怖い怖い怖い。 

 

 

 

 

 

 

 

『それが、こうだよ。』

 

00putin3  

やっぱり。鳥も好き。

っていうよりも

呪いをかけているようだ。

 

  

眼が怖いってば。

 

 

 

  

 

 

 

 

『ということでですね、プーチンに犬を贈りましょう。』

 

『犬は大好きみたいだねえ。

でも、なんでプーチンの機嫌をとるんだね?』

 

次の大統領選挙ではメド公とプーチンは

敵同士なんですっ。』

 

『プーチンが勝つかねえ?

メドが国後に来ているのも選挙目当ての人気取りだろう…』

 

『ソビエト-ロシアには「ハゲフサ理論」があるって

いったじゃないですか。

絶対プーチンが勝ちますよ。次は『ハゲ』です。』

 

『そうか、「敵の敵は味方。」って事だな。』

 

 

 

 

 

 

 

 

『プーチンさんが『犬好き』だったら、来年

菅さんがロシアを訪問する時に持って行かせましょう。』

 

『…日本の犬をかい?…』

 

『例えば、ソフトバンクの「お父さん」、アイヌ犬の

カイ君子供なんてすごくかわいいんですよ。』

 

00kaiko

 

 

もふー

 

 

 

 

 

 

 

 

『あと、日本固有種で言えば…』

 

00akita

 

 

秋田犬

 

 

 

 

00sibainu_6

 

 

柴犬

 

 

 

『日本の犬ってかわいいでしょう…』

 

 

 

 

 

 

 

『土佐犬だってかわいいんですよ…』

 

00tosa_2

 

 

  

土佐犬

 

 

 

 

『土佐犬は、かわいい、かなあ?』

 

『かわいいですよ。

怒りっぽいけど、ほんとはかわいいっていうのは

ヲタのハートをわしづかんじゃいます。

プーチンがおたくだってのは有名ですぜ。』 

 

『ツンデレ?』

 

『いやあ、これはツンでもないしデレでもないですけど。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『で、まあこれをプーチンにくれてやるわけだな。』

 

『ええ、彼が喜ぶなら、「友好の印」ですよ。

名前をつけてくれ、というんならつけてやりましょう。』

 

『…なんて?』

 

『「ミカサ」とか「トーゴー」とか…』

 

『まあ、それは『却下』だろうなあ。』

  

 

 

 

 

 

 

 

『しかし、彼が犬好きなら贈ってやりましょうよ。

日本の犬も、かわいいって事がわかれば、メド後』

ちょっとは対応が変わるんじゃないですか。』

 

『…大人になったじゃないか…』

 

『いつもいつも、ゴキブリをまき散らす、とか

そんな子供じみたことを考えている訳じゃないですよ。』

 

『…むー』

 

 

 

 

 

 

 

『そこでですね。プー公が抱きついたら

かぱあっと顔が割れて、

「遊星からの物体X」

出てくるようにしましょう。』

 

00000001_2

 

お前、だれだ?

 

 

 00000002

 

俺は、宇宙から来たんだよ。

 

   

        00000004

 

くおおおおお

 

  

00000005

 

どばあっ。画面が暗いぜっ

 

 

 

 

 

ちょっとショック、注意。

 

 

 

 

 

 

  

 

『これ、むかし自由が丘の「オールナイト3本立て」で

初めて見た時ショックだったんですよねえ。』

 

『…いつの話だ?…』

 

『しょんべんできなくなりましたもん…』

 

 

 

 

 

 

『どっちにしたって、

それだったら「ゴキブリ」と同じガキの喧嘩じゃないか…』

 

『じゃあじゃあじゃあ、

贈った仔犬に毛ジラミをつけましょう。』

 

『なにっ?』

 

『毛ジラミは、毛根に食い込むんです。

プーチンなんて毛がないから、子犬一頭で

頭を抱えますよっ…』

 

 

 

 

 

『その発想は

もう「ゴキブリ以下」だな…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の二枚。』 

 

 

 

 

 

 

かわいい…

 

0_dog_boy

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

そっくり。

0_dog_doughter

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

  

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

今週の夙川公園

今週の夙川公園。

 

 

 

Ca3g0004_3

 

ザ・紅葉

 

 

 

 

      

 

 

基本的に桜が多いですね。

うちの近所の桜は、まだ紅葉していないので うらやましい。

 

夙川に行ったのも、ひさしぶりでした。

 

 

 

00sakura_2

 

 

今年3月初め

まだ、寒そう。

 

 

 

 

00suiyou_2

 

 

3月末。

ザ・満開。

 

 

 

 

 

Ca3g0006_4

 

そして、昨日

日が照るまで待てないところが

シロート写真だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

Ca3g0002

 

 

 

少し散りかけでした。

 

 

 

 

 

 

Ca3g0008_2

 

 

人がいないのがいい

 

 

 

 

 

Ca3g0003_2

 

 

近所にこんな風景が

あったらうらやましい

 

 

 

 

Ca3g0002_3

 

 

 

昨日は寒かった。

 

 

 

 

 

 

Ca3g0005

 

 

では、また冬に

お会いしましょう。 

 

 

 

 

 

連日『猛暑日』だった今年の夏が

ずいぶん昔のことのように思える。

 

 

桜って季節を表現できる、いい樹だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の紅葉。』

 

 

 

 

 

 

 

かっこいい

Gradasion2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、よくこれだけ色がそろったね。

Gradasion

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

死刑判決に控訴を勧めた裁判長を弾劾しろ

生きながらチェーンソーで首を切り落とすなど

ジェイソンのような犯罪が実際にあった日本で

その犯人に対して、裁判員裁判が死刑を宣告。

 

 

しかし、判決を言い渡した裁判長は

『裁判員がこう言うからさあ、とりあえず死刑にするけど

あんた、控訴しなさいよ。』と、異例の発言。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

今回の判決に関して、

 

『裁判員が上級審の判断を望んだ。』

『一般人に死刑判決を下させるなんてむごいよねー。』

 

なんていう馬鹿がいる。

 

 

 

そうか?

 

 

 

 

 

 

 

裁判官は、法廷における独裁者だ。

 

この裁判長は、裁判員の意向を無視して

それを拒否して違った判決をできるだけの権限がある。 

陪審制じゃないんだから日本の裁判官の権限は強い。

  

 

『ほんとは、死刑ってほどじゃないと思うけど

裁判員のドシロートどもが、評決しちゃったし、

陪審制じゃないから無視してもいいんだけど、

世間的にも注目されてるから、死刑にしますね。

でも、控訴しなさいよね。』

 

 

というあたりが、正直なところだろう。

でも、おかしいでしょう。

 

 

裁判官であれば

『この判決に不服な場合、あなたは2週間以内に

控訴する権利があります。』というセリフは必ず言う。

 

でも、今回のはちょっと違う。

 

 

 

『必ず控訴しなさいよ』、と。言ってるわけだ。 

 

この裁判官は自分の判決に自信が持てないんですね。

僕は、一応こう言いますけど控訴して下さいって。

 

それは

法廷の神聖、とか

国民の司法に対する信頼、とか

そういった物に対する挑戦じゃないか?

 

 

なにより、

『ごめん、今回の判決は無し。

馬鹿がさあ、たくさん集まって死刑とか言っているけど

あんた、控訴しなよ。』って言っているわけで、

 

それは、

裁判員制度とか今回の裁判員に対する

重大な侮辱だろう。

 

  

 

 

被告人の弁護士が

『そんなこと言うんなら、量刑を考えて欲しかったですねー。』

とか、笑いながら言っていたのも許せない。

 

笑うな、この馬鹿。

  

 

 

 

この裁判長が言ったことは

『ごめん、俺の判決は無視して控訴してよ。』

ということだ。

そうであれば、自分が担当した第一審を放棄して

もっと立派な人と、裁判員みたいな馬鹿が参加しない

第2審以降が本番だぜっ。といっているわけだ。 

 

 

被告が3回裁判を受ける権利をも否定しているんだ。

三審制を否定しているんだよ。

被告人の権利も無視しているわけだ。

 

 

 

 

なぜ、この馬鹿を弾劾しない?

 

法務大臣のつまらない戯れ言でわーわー言う暇があるなら

国会がこいつを弾劾しない理由はなんだ?

 

 

 

 

 

 

  

個人的に、

裁判官とか弁護士とかを信用していない。

あんなものえらそうなだけの三百代言だと思っている。

 

悔しかったら、何か言え。

 

 

 

 

 

『ごめん、自分の判決じゃ満足できないだろうから

控訴してね。』って

 

あからさまな『職場放棄』だよな。 

 

 

 

 

 

 

 

彼が、真剣に悩んだ上で

裁判員の評決を否定して、有期刑とかに処したんなら

それはそれで評価する。

 

内容については批判があるだろうが、

それならば、覚悟のほどは理解できるからだ。

 

 

 

 

 

今回は、それがない。

無用なことを言って、世論にすり寄ろうとしているあたりが

許せない。

 

   

 

 

 

 

 

  

 

 

では、心をすっきりさせて 『今日のウィリー。』

 

 

 

 

  

00willy2_2

 

 

 

18歳くらいの頃

 

 

 

  

 

 

00willy

 

 

 

今回、ご婚約

 

 

 

 

 

 

 

 

あんなにかわいかったのに…

っていうか、こんな写真配信するなよ。

世界っていじわるだなあ。

 

 

 

いいじゃん、は… 

あっ。 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

  

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

お節介な自動販売機

顔認証機能を使い、客の性別、年齢を判断して

『おすすめの商品』を教えてくれる自販機が登場、というニュース。

(ロイターの記事へのリンク)

 

『男性であれば缶コーヒーを、50代であれば緑茶を、

20代の女性であれば

紅茶や少し甘味のある飲料を勧める傾向があるという。』

 

 

 

 

 

まー、お節介だこと。

 

 

 

 

 

 

客の情報だけじゃなく、季節や時間帯などからも判断して

『お勧め商品』を選んでくれるんだそうだ。

 

 

00jihanki

 

 

JR品川駅にあります。 

 

 

 

 

『お勧め商品』は、どうやって教えてくれるんだろう?

まさか音声ガイドじゃないとは思うが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ようよう、そこのお姉ちゃんたち、

ジュース飲まねえかい?』

 

『え?なに?…だれ?』 

『…自動販売機じゃない?』

 

『オレンジにアップル、よーく冷えてるぜえ。』

 

『うわっ、ほんとだ。気持ちわるっ。』 

『面白そうじゃん。買ってみようよ。』

 

『おおーっと、なに押そうとしてるんでえ。

ジュースにしときなよ。冷えてるぜえ。』

 

『嫌よ。もう寒いじゃない。ホットココアにするわ。』

 

『悪いことは言わねえ、ジュースにしときなって。

よおく冷えてるぜえ。』

 

『なによ、冷えてる冷えてるって。あたしは寒いのっ。』

 

『馬鹿野郎っ。人が親切に勧めてるのに…』

 

『うるさいなー。あたしたちは客よっ。』

『あれっ?ボタンが押せない…』

 

『手前なんか客じゃねえっ。帰ってくれっ』

 

『…なによ、こいつ…』

『客を選ぶ自販機なんて信じられないわねー。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『うんうん、お父さん、あんたの気持ちもわかるよ…』

 

『…先週渡されたシフト表は、真っ白だったんです…

辞めろって事ですよ…』

 

『うんうん、つらいよなあ、その年じゃあ…』

 

『そうでしょう、

日本の翼を支えてきたのは私たちなんですよ。

いまさら、格安航空会社になんか行けませんや…』

 

『うんうん、わかる。もう一本いこう。

ポン酒がいいかい?燗つけようか?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ふん、汚らしい豚野郎が来たね。』

 

『…はい…』

 

『何が欲しいんだい?はっきり言ってごらん。』

 

『…じゃあ、ホットコーヒーを…』

 

『コーヒー?コーヒーなんてお前にはもったいないよっ。

汚い豚には、ミルクがお似合いさ。

それでいいねっ。』

 

『……はい…』

 

『大きな声で返事をおしっ。』

 

『はい…』

 

 

ガコッ

 

 

『ひざまずいてミルクをお取り…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の「日本の自販機」。』

 

 

 

 

 

 

 

格安切符

00kippu

 

 

 

これは前に紹介しましたね。

 

 

 

 

 

 

納豆 

00nattou_2

 

有名な店なんだろうか  

 

 

 

 

 

 

焼き肉のたれ

00tare

 

 

自販機で売る意味がわからん

 

 

 

 

 

 

 

 

パンティ

Japaneseusedpantiesvendingmachine

 

 

 

 

 

もうやだ、こんな国

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

クリスマス日本縦断 弾丸ツアー

JR北海道が、稚内を出発して鹿児島まで行く

「チャレンジ3364km!クリスマス日本縦断!」という

ツアーの参加募集を始めた。

(JRのリーフレットへのリンク)

 

 

 

費用は15万円、期間は5泊6日。

  

 

 

 

日本って広いなー。

 

 

 

 

真っ直ぐ鹿児島に行くのではなく、

長崎に一泊したりもするのだが、その距離たるや、3364km。

 

しかも この旅行、 ものすごい強行軍なのだ。

ぜひリンクをみていただきたいのだが、

初日の稚内出発が朝の7時10分。 

北海道の人でも、稚内に前泊しないと参加できない。

 

 

それでも、新幹線で5日走っても、まだ国土を出られないって、

日本って広い、と思う。

 

 

 

旅行中の出発も、朝の7時だったり、8時だったりする。

 

ホテルを出るのがその時刻なのではない。

列車の発車時刻だ。

 

起きて顔を洗って飯を食って、

添乗員に連れられてホテルから駅まで移動することを考えると、

たぶん毎朝5時起きだ。

 

 

 

ひえー。

 

 

 

趣味のことを、あれこれいうのは野暮だと思うが

2日目の行程なんかすごいぞ。

 

函館を朝の8時に出て、新神戸に着くのが夕方の5時半。

東京が『乗り換え』だけ、というのは痛快だが

6時過ぎにホテルにチェックインして

あとはルミナリエとか、勝手に見に行って下さい。って

それは、無理。

 

 

 

 

 

そして、最少催行人数25人のこのツアーなのだが、

そんな心配を吹き飛ばして、大好評。

 

12月3日出発の40人の募集人員が一杯になりそうなので

今回のは『追加募集』なのだそうだ。

 

 

 

 

 

日本って広いわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『あー、憂鬱だわー。』

 

『どしたの?ちえり。』

 

『来週、例の『弾丸ツアー』の添乗なのよう。』

 

『いいじゃない。お金持ちばっかりなんでしょ?』

 

『3日のツアーに添乗した先輩が言ってたんだけどさー。

全員『超』がつく『鉄っちゃん』らしいのよう。』

 

『…そりゃあ、そうでしょう。

年末に1週間休んで、15万払って、

列車だけで日本縦断しようっていう人たちだもん。』

 

『でも、答えを知っているくせに、

「おや、東北新幹線ではやぶさには乗せてくれないのかね?」

とか訊くんだってー。』

 

『「はやぶさ」の運転は、3月からだっていえばいいじゃん。』

 

『そしたら、「やっぱり、はやぶさは遅れるんだねえ。」

なんて言って、がはは笑いするんだってー。』

 

『うわあ…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日のはやぶさ。』

 

 

  

   

00hayabusa_2

 

3月5日登場の『はやぶさ』

 

 

 

00hayabusa2

 

今年6月に感動を集めた『はやぶさ君』

 

 

 

 

 

 

おまけ 

 

 

 

 

00rumi

 

 

ルミナリエ。

 

 

  

こんなもんだと思うよ。

 

 

 

お得なことは間違いないんだけど、

この『弾丸ツアー』に参加する人は、

たぶん、すごい『乗り鉄』なのだろう。

  

 

 

いくら新幹線の指定席とはいえ、一日10時間も

列車には乗れないなあ。

 

今回は、皮肉もなにもない。

すごいよ…感心します。

 

 

 

 

 

 

では『一番好きな新幹線物語。』 

 

 

時代を感じるあたりが、またいい。

  

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

  

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

タコフェリー休止と、無責任大臣

明石-淡路島間の

タコフェリー、明日をもって休止。

(神戸新聞の記事へのリンク) 

 

 

000tako

 

タコフェリー

 

 

 

 

残念だと思うが、直接の原因は

すぐそばを通る明石大橋の通行料金が下げられて

車の輸送が激減したから。

 

 

今調べてみたら、明石大橋の料金というのは

びっくりするくらいめんどくさい仕組みになっているので

こちらをどうぞ。(リンク)

  

しかしまあ、基本的には『土日休日1000円ぽっきり』だ。 

 

 

タコフェリーは、車+人間で2000円以上取られるから

とてもかなわない。(リンク) 

 

『廃止』といっていたのを、なんとか引受先を見付けたのだが

来年3月までは『休止』するのだという。

 

 

船も全部売っちゃったし。

 

 

 

 

 

 

 

昨日のTVで原口前総務相が

『淡路島は、シンガポールと同じ面積なんです。

私は淡路島をシンガポールのようにしようと努力しました。

淡路島にシンガポールみたいな経済力があったら

「フェリー廃止」とかいう話になりましたか?』

と発言していた。 

 

『高速1000円』のおかげで、フェリーが廃止になった責任を

なんとかごまかしたいらしい。 

関西ローカルの番組だったしね。

 

 

 

 

しかし、 

馬鹿じゃねえか?

 

 

 

 

 

もう、すべての船を売り飛ばしちゃって

明日からフェリーが休止するっていってるんだよ。 

 

 

昨日今日で淡路島がシンガポールになるか。

議論のすり替えにもほどがある。

最低の卑怯者だ。

  

 

 

 

 

 

『高速無料化』を否定するつもりはない。

実現できるんなら、大いに結構だ。 

 

だけど、建設費の償却が済んだはずの首都高や阪神高速では

料金を取り続けるくせに、

『我田引道』のくそ田舎だけ無料化の『実験』をしてやる、と。

  

 

私が、ここで怒っているのは、

『高速無料化』を公約にして政権を取った民主党が

中途半端な『田舎無料化』しかしないことだ。

 

しかも、

次の総選挙で負けるに決まっている

民主党はそれさえ維持できやしない、ということは

原口っ、貴様だってわかってるだろうっ。

 

 

 

 

 

 

  

 

末期自民党が、あがくように始めた『高速1000円』の

あおりを受けて倒産した『タコフェリー』は気の毒だ。

 

 

 

『高速無料化』が実現できれば、自動車フェリーとしての

『タコフェリー』は社会的使命を終えたと言っていい。

 

でも、次の総選挙で負ける民主党は、

『政策の継続』について担保ができない筈だ。

 

 

 

次の政権党が、どこになるのかしらないが 

ほら、高速道路建設の財源のためには、やっぱり、ねえ

とか言って、平然と値上げしそうな気がする。

 

そして、その時になっても、もうフェリーはないのだ。

 

 

 

 

ちゃんと後々のことを考えて、政策を決めようよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ということでですね、新しい船を用意してきました。』

 

『まあ、全部船を売っちゃったからねえ。

ずいぶんでかくないか?

しかも、見覚えがあるような…』

 

『「しらせ」ですよっ。

引取先が決まらなくて、とりあえず天気予報会社に

買って貰いましたが、公開してこそ意味があるでしょうっ。』

 

『でも、お前、これ車積めないだろう。

「フェリー」じゃないじゃん。』

 

『いいんですよっ。

車は、もう明石大橋に任せちまいましょう。

SLみたいに、『観光』に徹しちまえばいいんです。』

 

『…そうかあ?』

 

『SLだって、運転しようと思ったら

給炭所とか給水所とか、転車台とか機関庫とか

「見えない附帯設備」がたくさん必要なんです。

それでも、日本中でSLが運転されてるのは

観光で食えるからでしょうっ。』

 

『…でも、今の2000tのフェリーでも、

ダイヤの維持が大変なのに…』

 

『昔みたいに24時間運転とかしなくていいんです。

観光路線だと割り切れば、週末だけ1日1便の運行で

構わないんです。』

 

『それじゃあ、儲からないだろう…』

 

『そうとも限りませんよ。一日一便だったら、

半日は金を取って船内見学ツアーとかさせたらいいんです。』

 

『…うーん。』

 

『周辺の自治体も巻き込んじまうんですよ。

船で行った客には、レストランとか公園とか割引券をつけて、

車で行った客よりも、うんとエコひいきするんですっ。』

 

『結構、家族連れに人気になるかも…』

 

『夜になれば、明石大橋がライトアップされますからね。

神戸にも近いし、バカップルやサラリーマン向けに

ビアホールでもやれば、大儲けですぜっ』

 

『敵をえさにして、金を儲けるわけだな。』

 

『レストランとかもやりましょうか?

明石大橋の下をくぐって、神戸の夜景まで見て

2時間くらいかけて

岩屋に行ってもいいんじゃないですかね』

 

 

 

  

 

 

『しかし、2000tの「タコフェリー」を持てあましていたのが

12000tの、「しらせ」は無茶じゃないか?』

 

『じゃあ、

尖閣の殊勲船「よなくに」にしましょうか?』

 

『もう、危ないことを言うのはやめてくれ』 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の原口。』

 

 

 

 

 

 

00hara200909

 

 

2009年9月

ピジョン内閣入閣時

 

 

 

 

 

 

 

 

 

00hara2

 

 

2010年9月

やつれたね。

 

 

 

 

 

 

  

にほんブログ村 その他日記ブログへ

  

 

 

※コメントでご指摘を頂いたので、少し表現を軟らかくしました。(当社比)

明日になったらもっと変わってるかもしれません。

『熟成』と呼んで下さい。

 

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

マリンスタジアムの改名

千葉マリンスタジアムが、命名権を売りますというニュース。

(毎日新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

年間2億円で、3年契約以上という条件。

 

これでも

広島市民球場改め

『マツダ zoom―zoomスタジアム』の3億円や

『福岡ヤフードーム』の5億円と比べたら、うんと安い。

 

外野の芝生にも広告が出せて、

まともに広告費を取ったら40億以上だから

ずっとお得、なのだそうだ。 

 

 

 

そうか、あれは『市営球場』だったのだな。

だって、私が千葉にいた頃、ロッテは川崎にいたんだもん。

  

 

『できれば、地元企業に買って欲しい。』とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

千葉を代表する企業というと、やっぱりあそこか?

 

 

 

 

『さあっ、8番岡田。スコアリングポジションにランナーを置いて

チャンスの打席です。』

 

『外野はバックホーム体制、

左の岡田を警戒して、ややライトのドナルド寄りです。』

 

『岡田打ったー。

打球は前進守備の外野陣の頭上を越えて、

ミッキーとドナルドの間に落ちたー。』

 

『さあっ、今江、サードのプーさんベースを回ったっ。』

 

『ああっ、中日のセンター大島、

ミッキーの耳のあたりでボールを見失ったか?』

 

『見づらいですよねえ。』 

 

 

 

まあ、あの夢の国が、いまさら金を払ってまで

キャラクターの宣伝をすることはないかな。

 

 

 

 

 

 

『さあっ、7回裏、ロッテの攻撃。

千葉ジャスコスタジアムは午後8時。

おおーっと、ここでチャイムが鳴りましたっ。』

 

『タイムサービスですね。』 

 

『「主任」の腕章をつけたおばちゃんが

「半額」シールを手にグラウンドに出てきましたっ。』

 

『中日の選手は逃げ回ってますね。

あれ貼られると、どうなっちゃうんですか?』

 

『半額になっちゃうんです。

6アウト取らないとチェンジできないんですよ。』

 

『…不公平じゃないですか?』 

 

『大丈夫っ。得点も半分ですっ。』 

 

 

 

 

 

 

 

 

『明日デートしないか?』

 

『どこ行くの?』

 

『マツキヨ。』

 

『えー?』

 

『違う違う、野球だよ。

マツキヨスタジアム。』

 

『え゛ー?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

 

 

名前だけでいやになる例。

Cucamper

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペプシ・アイス・キューカンパー

 

キュウリ味のコーラ…

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

※2007年の限定商品です。今は売ってませんからご安心を。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

ゴキブリを殺すために火をつけました。

あんまりたくさんゴキブリがいるので、腹を立てたおっさんが

群れにアルコールを撒いて火をつけたら、

火まみれのゴキブリが、わらわらと逃げちゃったおかげで

作業小屋が全焼、というニュース。

(毎日新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

なんて素敵な馬鹿なんだろう。

 

 

 

 

 

しかし、もう11月だぞ。

香川には、まだゴキブリがいるのか?

 

よっぽど嫌いだったんだろうなあ。

アルコール撒いて火をつけるって。

 

短気なひとだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ミスターカガワ?私たちはあなたを告発します。』

 

『…あんたたちは誰だね?…』

 

『我々は、世界最強の動物愛護団体PETAのものだ。

あなたのゴキブリの殺害方法は残虐で容認できない。』

 

『…ふ。ふんっ。あんたたちはゴキブリを殺さんのかね?』

 

『スリッパでたたきつぶすのなら、即死だから人道的だ。

しかし、生きながら火をつけるなんて…』

 

『殺されたゴキブリの中には、卵を抱いた

お母さんゴキブリもいたんですっ。』

 

『ママ!ママ・コックローチ!

ホワーイ?ドント キル ハー!! 』

 

『…こここ、このキ○ガイども…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ということでですね、

北方領土にも、ゴキブリをばらまいてやりましょう。

不法占拠しているロシア人どもは腰を抜かしますよ。』

 

『おまえの「…ということで」は、怖いわ。

ゴキブリばらまくって、なんで外交問題をそうやって

ガキの喧嘩のレベルにたたき落としちゃうわけだね?』

 

『…こういうこと考えるのが好きなんです…』

 

『どっちにしたって、津軽海峡から北には、

ゴキブリは棲まんよ。

北海道の人が内地に来て、初めて見たゴキブリをかごに入れて

飼っていた、なんていうのは有名な笑い話じゃないか。』

 

『そこでまた、この先生の登場です。』

 

 

 

 

『あ、どうも、T大の山田です。』

 

『またあんたか。』

 

『今回開発したのはですね、北海道以北でも棲息できるゴキブリ

ホワイトコックローチ「白い愛人君」ですっ。』

 

『でかっ。』

 

ベルクマンの法則というのをご存じですか?』

 

『寒いところの動物はガタイがでかくなる、というあれか?』

 

『そうです。シロクマやロシア人が無駄に体が大きいのは

そのためなんですね。』

 

『だけど、あれは恒温動物だけで、

冷血動物とか昆虫は関係ないんじゃあ。』

 

『露助の血なんて、みんな冷たいに決まってるんですっ。』

 

『…先生?…』

 

『とにかく、この「白い愛人君」は体長20cm。

零下20度でも、ばんばん繁殖しますから、北方領土は

パニックになりますよっ。』

 

『これさあ…』

 

『あとは、どうやって搬入するかなんですよねっ。』

 

『流氷にのって、日本に逆上陸してきたりしないか?』

 

『あ゛…』

 

 

 

 

 

 

 

 

『あとはですねっ、中国向けに超巨大黒ゴキブリも

用意しましたっ。』

 

『中国にもゴキブリくらいいるだろう…』 

 

『いえいえいえ、繁殖力は通常の30倍、しかも

滅多に飛ばない日本のゴキブリと違って、

びゅんびゅん飛びますっ。』

 

『…でも、中国人なら、

捕まえて油で揚げて食っちまうだろう…』

 

『あ゛…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の二枚。』

 

 

 

 

 

 

 

いま、中国で人気、『ネオ人民服』

Jinminhuku

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうやだ、こんな国。

 

 

 

 

  

 

 

 

『大嫌い』で画像検索したらこれが出てきました。

00itibann

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわあ、わかりやすい不良。

 

 

 

 

 

こんな男のとのおつきあいは

許しませんよっ。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

あることをすると『精子の質が落ちる』

膝の上でノートパソコンを操作すると、

『精子の質』が低下する危険がある、という研究が発表。

(ロイターの記事へのリンク)

 

 

 

     

膝の上でパソコンを操作していると、

金玉の温度があがりすぎるのだという。

 

金玉が体の外にぶら下がっているのは、冷却のため。

暖めすぎてはいけない、ということは知っていたが、

今となってはどうでもいいや。

 

でも、『精子の質が低下』ってすごい表現だな。

 

 

 

 

 

 

 

 

『かわいい孫のマー君がこんなにひ弱なのは、

和夫さんの精子の質が悪いからじゃないの?』

 

『やめてよ、お母さん。』

 

『大体、あんたが和夫さんに

毛糸のパンツなんかはかせるからでしょう。』

 

『見たの…』

 

『見たわよ。

あんたたち去年のお盆に、うちに泊まっていったでしょう。』

 

『睾丸を…?』

 

『パンツを!

風呂上がりに、いきなりパンツ姿で

台所に入ってきたからびっくりしたわよ。』 

 

『お母さんだって、あたしが子供の頃

毛糸のパンツ履かせてたじゃない。』

 

『女の子はいいのよ。だけど、

30男に毛糸のパンツって、変よ。』

 

『ううう、うるさいなー。愛よ、愛っ。』

 

『だけど、あの人、あの時も悪びれる風もなくって

「お義母さん、麦茶いいすっかー」とか言って

ポリポリポリポリ金玉掻いてるじゃない。』

 

『ううう…』

 

『インキンだったんじゃないの?』

 

『ううう、うるさいなー。』

 

『そうやって金玉を暖めるから、精子の質が…』

 

『ううう、うるさいっ、うるさいっ、うるさいっ。

量はでるのよっ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

『今夜、ご紹介するのは、膝の上で使っても

金玉がまったく暖かくならないパソコン、

「クール・テスティクル」なんですねー。』

 

『パソコンによる金玉の加熱は、

いまや社会問題になってますからねー。』

 

『この、「クール・テスティクル」は、

強力な冷却ファンを備えていているんですねー。

ほら、手をかざしてみて下さい。』

 

『うわあ、強力ですねー。』

 

『内蔵バッテリーで、

なんと1時間の連続使用が可能なんですね。』

 

『短っ。

でも、熱を持たないんなら、お子さんにも安心ですね。』

 

『はい、ニューヨーク州立大の調査によると、思春期の少年が、

膝の上でパソコンを使用した場合、精子の量の減少など、

重大な障害が出るという結果が出ているんですね。』

 

『まあ、うちのハリーちゃんにも

ノートパソコンを買ってあげなくちゃ。』

 

『え?』

 

『…あんの猿、毎晩毎晩毎晩毎晩…』

 

『え?え?』

 

『いえいえいえいえ…』

 

 

 

 

 

 

『それに、、この「クール・テスティクル」は

3段階の風量調節が可能。

最強レベルでは、風速20mという、ちょっとした台風並みの

風が出るんですねー。』

 

『そのファン、何ワットですか?』

 

『ほんの200ワットです。』

 

『熱いでしょう…

100ワット電球二つ分じゃあ…』

 

『大丈夫ですよ。パソコン本体は熱くなりませんから。』

 

『??…本末転倒じゃあ…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の三枚。』

 

 

 

 

 

 

 

かーぜもないのに、ぶーらぶらっと。

 

00kintama

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かもーん、べいべー。 

00kintama2

 

 

ってか、暑いのよ。

 

 

 

かわいー。 

 

 

 

 

 

 

『レコードに帰れ』

Daily_picdump_406_640_02

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、たぶんそんな寓意はないな。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

日本農業『盆栽化』計画

『開国と農業再生を両立』。

TPP加盟問題について総理が

『内外の情勢をよく見極めながら戦略的に推進』と

前向きなんだか後ろ向きなんだか、よくわからない発言。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

  

『テーピーピーって、なんだい?』

 

『「環太平洋戦略的経済連携協定」ですよっ。』

 

『え?「菅大変だどうしよう」?』

 

『いやまあ、それはそれでなんとかして欲しいんですけど。』

 

『テーピーピーとか、イーピーエーとか

よくわかないよねー。』

 

 

 

 

 

 

 

 

関税なんかなくしちまえ、というのがTPP。

だけど、輸出産業はいいけど、農業はどうするんだよう、

ということで、国民新党や民主党の一部にも反対論がある。

 

政権交代とは一体何だったんだろう。

 

 

 

しかしまあ、関税撤廃を機に

『農業も、規模を拡大して価格で輸入品と勝負しろ、

さらには輸出できるようにしろ。』

とかいうことを言うやつがいる。

 

 

 

それは乱暴だと思う。 

 

  

 

 

 

 

戦後の日本農業はずーっと、大規模化という事を言ってきた。

しかし、農地の売買というのは、農業委員会の許可が必要で

原則的には、農家の間でしかできない。

 

 

歌舞伎界よりも、

『新規参入』が難しいのが日本農業だ。

しかも、跡継ぎがいなくても、足腰が立たなくなっても

土地を売りたがらないのが農民だ。

 

志ある人が、規模拡大を目指しても

10haの農地が飛び飛びだったりする。

 

 

 

日本農業が、規模と価格で世界に勝負できるわけはないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本製品、特に携帯電話なんかの事を

『変な機能ばっかりつけやがって、値段が高くて世界で売れない、

日本製品はガラパゴスだ。』なんていうことを

したり顔で言う馬鹿がいる。

 

 

 

そうか?

 

 

 

それなら、中国人が秋葉原で

高級炊飯器を買い漁っているのはどうしてだ?

 

 

みんな、うまいメシが食いたいんだよ。

金さえあれば、高機能の品物を買いたいのだ。

 

何が『ガラパゴス』か。?

文字も読めなくて、

メールもネットも使えない三等国民と一緒にするな。

 

 

 

 

米の品種にしたってそうだ。

昔の『品種改良』は、収量を増やすように、

病気にかからないように、風で倒れないように

ということが、メインだった。

 

いまは、それらも大事だけど、『やっぱり味だよ。』

ということになっている。

 

 

 

 

 

 

 

スーパーに行くと、野菜の種類がここ15年くらいで

びっくりするくらい増えた。

 

チコリにルッコラ、ルバーブなど、

昔は、いかりスーパにも売ってなかったようなもんが、

ダイエーに売っている。

 

フレッシュハーブも、

パセリ、セージ、ローズマリー&タイムと

なんでもござれだ。

 

 

 

 

 

 

牛肉の『輸入自由化』騒動の時に

『俺たちを殺す気か?』と、日本中の肉牛農家が反対した。

 

関税はまだあるけど、アメリカやオーストラリアの肉が

入ってくるようになった。

おかげでBSEの時、日本中から牛丼が消えたりした。

 

しかし、日本産の牛肉は うまいから今でも売れている。

ブランド化と高級化によって、外国産と棲み分けたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

狭い土地で、手間暇かけて高級品種を育てるなんて

まるで 『盆栽』 じゃないか。

 

 

 

そして、盆栽が得意なのが日本だ。

 

 

『多品種・少量・高級・安全』というのがいまのトレンド。

生産者の顔が見える、っていうことで、商品に

農家のおっさんの顔が貼ってあったりする。

『茨木の田中さんが作りました。』なんて。

 

これが

『オクラホマの、スミスさんが作りました。』

『広西自治区の、楊さんが作りました。』

と書いてあったら、日本人は買うだろうか?

 

『田中さん』でも買わんけど。

 

 

 

 

 

 

とにかく、日本農業の未来は

『盆栽』にかかっている。

 

名のある人の『作品』なら高くても買う、

というあたりも盆栽だ。

 

 

『ガラパゴス化』の道を、極北まで突き進んで欲しい。

  

いいんだよ、ガラパゴスで。

 

 

 

 

 

日本人が米の味にこだわることに関しては

10万円もする炊飯器を見てもわかる。

 

『高級炊飯器』ってどう考えても技術の進化の脇道、

だと思うのだが、中国人が欲しければ売ってやらあ。

 

だけど。コシヒカリだササニシキだ、なんていう

うまいメシを、外人に食わせてやることなんかないぞ。

 

外人なんて20年前まで

『おー、ワタシたち、ロウ・フィッシュ食べませーん。

スシなんて気持ち悪いねー。』って言ってたのが

いまは、貪るように食ってやがるじゃねえか。

 

 

 

 

 

日本人が少子化だっていっても、まだ1億2千万人もいる。

しかも食糧自給率は40%しかない。

 

日本農業は、海外に出て行く必要はなく、

国内だけでも充分伸び代がある。

 

もちろん努力はして貰わないと困る。

『海外産の安い米が…』といって

○○米あたりに負けてしまうような米は淘汰される。

牛肉自由化以降の話を聞くと、目頭が熱くなる。

 

自由化に際して『補償』や『援助』も必要だと思うけど、

あくまで一時的な物にするべきだ。

 

 

 

 

 

手間暇かけて、高いけどうまい、しかも安全。

ということであれば日本の消費者は絶対に買うよ。

 

  

 

 

関税でもって、『食料鎖国』をする一方で

『機械化しなさい。』

『金がない?それなら貸してあげよう。』

なんていう、『怒りの葡萄』のような農政をするのは

もうやめたらどうだ?

 

 

 

 

 

大丈夫、日本農業は生き残れる。

 

 

 

その鍵は『盆栽』だ。

 

 

 

味のわからない外人ならともかく

日本人が相手ならば、盆栽のような

こまこまこまこま気を遣った品物が必ず勝つ。

 

『オーウ、そんなに、

農地に手を入れるなんて信じられませんねー』とか 

アメ公なんかに、あれこれ言われたってかまうものか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、『ブランド化』が行き過ぎると

宮崎の口蹄疫騒ぎのように

『5頭の種牛が死ねば宮崎牛は全滅だ。』

みたいなことになりかねない。 

 

消費者、少なくとも私は、あの騒動が起きるまで

日本の肉牛農家が、

そんなに脆い基盤に立ってるなんて、知らなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

米にしても同じで

1993年、天候不順で大凶作になった時、

日本政府は『米を輸入』した。

 

減反減反ということを30年来言ってきた

農林官僚はつくづく死んでしまえ、

と思うのだが、日本の消費者はもっと馬鹿だった。

 

『あんたたち、米だけは輸入しないって言ってたじゃん。』

『うちだって用意してねーよ。』

と、世界中に当たり前のことを言われてしまう。

それでも、江戸時代なら大飢饉になりかねない凶作だったから

日本政府が頭を下げて頼み込んだのがタイ。

 

タイ政府は、備蓄米を放出してくれたのだが

日本人、そんなもの食いやしない。

 

やれ、まずいだ。虫がわいているだ。ということを言って、

業者の中には『タイ米』を捨ててしまったりした連中がいた。

 

日タイ間の外交問題にまでなった。 

 

 

 

 

 

 

『うまけりゃいい』、『ブランド万歳』と。

『消費者の意見』だけを優先すると、

こんな事も起きる、

ということだけは、忘れないようにしよう。

 

 

 

 

もちろん1993年のタイ米が格別にうまかったわけではない。

感謝して涙して食え、というわけでもない、けどね。 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

『ほう、いい枝振りですなあ…』

 

『あんたに何がわかる?』

 

『いや、この幹から伸びる枝の様子が、じつに…』

 

『…あんた、それ逆に見てるよ。』

 

『え゛?』

 

『盆栽っていうのはねえ、

こうやって、「正面」があるんだ。(ほんと)

あんた、なんにもしらねえなあ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に、『通を気取る奴』が出てくると腹が立つけどね。

 

『農業』に関しては、『通』を気取ったそんな奴が

いまでもたくさんいて、腹が立つ。

 

 

 

うまきゃいいんだよ。

メシに関して、うんちくたれる奴なんか

雄山だけでたくさんだ。 

 

 

 

 

だけどね、 

関税で、国家が滅ぶような大げさなことをいうなよ。

 

盆栽になってでも、

必ず日本農業は生き残るから大丈夫。

 

 

 

 

 

個人的には、

おいしい にぎりめしが食えれば、しあわせさ。

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

では『今日の盆栽。』

 

 

 

 

 

 

 

黒松 1 

00matsu15700  

 

 

 15,700円

 

 

 

 

 

 

 

 

黒松 2

00matsu21000

 

 

 

 21,700円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒松 3

00matyasu127500

 

 

 

 12,7500円 

  

 

 

 

 

 

枝が複雑になると、値段が上がるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティーピーピー

ろくなもんじゃねえっ。 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

雄山カフェ

『…先輩、どこに連れて行ってくれるんですか?』

 

『今日はなるべく黙っていろ。…ついたぞ。』

 

『お帰りなさいませ、先生様。』

 

『…む。』

 

『こちらにお召し替え下さい。

若様もどうぞ。』

 

『わ、若様?しかも、着物?』

 

『…黙って着ろ。』

 

 

 

 

 

『今日のオプションはいかがなさいますか?』

 

『む、富井君を頼む。』

 

『かしこまりましたあ。』

 

『…せ、先輩?』

 

『いやあ、ようこそいらっしゃいました。

ご相伴にあずからせていただきます。』

 

『…だ、誰ですか?この出っ歯の眼鏡…』

 

『先生、今日の先付、

「キュウリとワカメの酢の物、イクラ添えです」。』

 

『いやあ、うまい。うまいですなあ。』

 

『はやっ。もう食べてる。』

 

『若も食べて覧なさい。ささ、先生もどうぞ。』

 

『まあ、まずくはないけど、特にうまいってほどじゃあ。

ねえ、先輩。』

 

 

 

 

 

 

 

 

『む、主を呼べいっ。』

 

『手前どもの料理に、何か不都合がございましたでしょうか。』

 

『キュウリは、ハウスもの。

ワカメは増えるワカメちゃんだし、

しかもイクラは、人造イクラじゃないかっ。』

 

『ははーっ。』

 

『国後産を持ってこいっ。

メドベージェフがうなるくらいの奴をなっ。』

 

『先輩っ。どうしちゃったんですかっ。』

  

 

 

 

 

 

『…とまあ、ここは「雄山カフェ」なわけだよ。』

 

『はあ?』

 

『出てきた料理に難癖をつけて、主を怒鳴りつける。

いやあ、気持ちいいわあ。』

 

『先輩、今日は課長に怒られてましたもんねえ。』

 

『となりのビルには「一徹カフェ」があるぜ。』

 

『ちゃぶ台ひっくり返すんですね。』

 

 

 

  

 

 

『…この出っ歯のおっさんは誰です?』

 

『オプションの「富井副部長」だよ。

なんでも、うまいうまいって言って食べてくれるんだ。

それで、俺が怒ると きゃん、っていってくれる。』

 

『…副部長?』

 

『メニューがあるから、お前も選んでみろよ。』

 

『山岡、栗田さん、小泉局長、大原社主、京極さん…』

 

『京極さんなんか面白いぞ。

白飯にめざしだけで

「なんちゅうもん食わせてくれるんや」

って言って、おいおい泣くんだ。』

 

 

  

 

 

 

 

『…この話題がわかるのは、

30代後半以上の人だけじゃないですか?』

 

『いいんだよ。コンビニでスピリッツを読んだら、

「復活連載」っていって「美味しんぼ」がやってたんだっ。』

  

『それにしても、「雄山カフェ」って

おかしくないですか?』

 

『なんで?』

 

『メイドがサービスするから、「メイドカフェ」、

坊主がシェーカーを振るから「坊主バー」でしょう。』

 

『うん…』

 

『「雄山カフェ」だったら、雄山が接客しなきゃおかしいですよ。』

 

『あんな奴が、「いらっしゃいませ、ご主人様」とか言うのか?』

 

『いえ、雄山は出迎えなんかしません。

座敷に座って、本かなんか読んでるんです。 

で、客が来ると良三が雄山を呼びに行くんです。』

 

『め、めんどくさい店だな。』

 

『それで、メシ食ってると、

「インドには「カレー粉」はないんだ」、とか

「ポン酢」の「ポン」ってのは一体何だ、とか

いろんな事を言ってくるんです。』

 

『うわあ。』

 

『それで、最後には

「味もわからない豚や猿に食わせる料理はない。帰れっ。」

って、怒っちゃうんですっ。』

 

『金は払わなくていいのか?』

 

『そんな訳ないでしょうっ。「美食倶楽部」ですからね。

めちゃくちゃ高いんですよっ。』

 

『いやだなあ、そんな店…』 

 

  

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の雄山。』

 

 

 

 

 

 

お帰りなさいませ、ご主人様

00yuuzann3

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の頃 

00yuuzann

 

 

大原社主を笑い飛ばす雄山。 

 

 

 

 

 

 

 

最近の雄山

00yuzann

 

 

  

孫に超甘い雄山。 

 

 

 

こんなの雄山じゃないっ。

 

 

 

 

 

おまけ

 

 

 

 

 

栗田さん今昔

00kurita

 

 

 

 

 

こんなに変わる人はおらん。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

尖閣ビデオと、周りの反応

尖閣ビデオが『流出』。

 

ここまで注目されちゃうと、もう排除できないでしょう。

とりあえず、5日夕方で『生きている』リンクの一例。

 

1 http://www.youtube.com/watch?v=AZzR02rD7S0

2 http://www.youtube.com/watch?v=P2qq-mDV1CY

3 http://www.youtube.com/watch?v=-5W5I0xkRsE

4 http://www.youtube.com/watch?v=3k5IgLYp2YY

5 http://www.youtube.com/watch?v=hXI0DwLxOhA

 

 

 

00sennkaku3_2

 

巡視船は、停船を命じつつ

舳先をまわる。 

 

 

 

000senkake40_3

 

中国漁船は

警告によりほぼ停船。

 

 

 

00senkaku400_2

 

漁網を巻いたりしてます。

日本領なのに。

 

 

 

000senkake40_5

航跡でわかるように巡視船は

漁船の周りを回ってる。

魚船の進路を邪魔していない。

向こうは停まってるんだし。

 

 

 

00senkaku41_2

 

バオン、と黒煙。

中国船エンジン始動。

 

 

 

000senkake42_3

 

急加速。

舳先の波に注目。

 

 

 

 

000senkake452_2

 

「よなくに」に衝突。

ががーん、と結構大きい音。

 

  

 

00senkaku454_3

 

船尾を通り越して

右舷に抜ける。

 

 

 

000senkake47_2

 

そのまま逃走。

航跡を見る限り、全速力。

 

 

 

000senkake49_3

 

もう一隻の巡視船

「みずき」に全速で接近。

 

  

 

00senkaku56_2

中国船が転舵。

航跡を見ると明らかに「取舵」を

切っていることがわかる。 

 

 

 

000senkake410_2

 

激突。

「おらー、とまれー」

 

 

 

000senkake4112_2

 

「みずき」全力離脱中。

逃げちゃだめじゃん。

 

 

 

 

 

 

 

とまあ、かような映像が流れておる。

 

一体誰が流したんだ?

というつまんないことを言うやつがいる。

 

 

結構な事じゃないか。 

 

この映像も、多少の編集はされているように思える。 

しかし、『衝突前後』に関しては

『素の映像』と信じていいんじゃないだろうか。

 

 

中国では、いま(5日夕方)時点では、

この映像にアクセスできないのだそうです。

  

しょうがねえ三流国だな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『あいやー。あれはCGあるね。』

 

『そうっすか?』

 

『リーペンクイズ(日本鬼子)『特撮』得意ある。

ゴジラ、見たことないか?

あいつら50年前からそんなことばっかりやってきたあるよ。』

 

『…そうかなあ。』

 

『「タイタニック」知ってるあるね。』

 

『…はあ、』

 

『あれの、空撮映像で写っている人物は全部CGあるよ。』

 

『ほう、そうでしたか…』

 

『当然、氷山だってCGあるね。』

 

『…そりゃあ、まあ…』

 

『ディカプリオだってCGあるね。』

 

『…そ、そうですか?…』

 

『だから、今回の尖閣ビデオもCGあるよ。』

 

『いや、その、三段跳びみたいな

論理の飛躍は、ちょっと…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『誰が流したんだ?こんなもん。 

政府首脳に対する挑戦状だぞ、これは。』

 

『どうして、ただで流すんですか?』

 

『…れ、蓮舫君?』

 

『これだけ、国民に関心があるコンテンツなら

政府が率先して、

有料配信するとかしたらどうでしょう。』

 

『…外交問題だぞっ。金に換えられるかっ。』

 

『国民の税金で、維持している領土であり

海上保安庁なのに、、いまのご説明では

私には、そのメリットがよくわからない、というか…』

 

『…き、きみっ。生意気だぞっ。』

 

『私の声は国民の声です。

たとえば、DVDを発売するとか…』

 

『…DVD?』

 

『握手券をつけたらどうでしょう。

DVD100枚買ったら、仙石官房長官と握手できるとか。

1000枚買ったらぶん殴れるとか。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

 

 

中国領『南沙諸島 赤瓜礁』

00000000

 

 

 

 

 

 

 

そんなに、領土が欲しいか。

 

…欲しいよな。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

くもん いっくもんっ

『公文式』のCMの英語版が流れている。 

(公文研究会のTVCMへのリンク)

 

 

 

かわいらしいCMなので、是非リンクを見て下さい。

  

わかっていると思うけれど、

別に私は『公文式』の回し者ではない。

     

いつもいつも、喧嘩をふっかけているわけじゃない。

いい物は誉める。こんな日だってあるのだ。

 

 

 

日本語版のCMの原曲は名作だと思う。

特に、サビの部分の

『くもん、いっくもんっ』 というあたりは傑作だ。

 

 

 

  

でも、これを『英訳せよ。』と言われたコピーライターたちは

頭を抱えただろうな。 

 

 

 

 

 

『やっぱり、LET'S GO KUMON じゃないか?』

  

『クモン レッツゴー クモン、じゃあ

音と合わないですよう。』

      

『いやいやいや、最初の「クモン」は、なしで

単に「レッツゴー クモン」 だけだったら音も合う。

それならいいだろう。』

  

『でも、サビのところには2回 「クモン」を入れろ、というのが

スポンサーさんからの条件なんです。』 

     

『…うーん、

じゃあ、「クモン レッツ クモン」にしたらどうだ?

音は合うだろうっ。』

  

『Let's  KUMON  っていうのが外人にわかりますかねえ。

Let'sの後は動詞でしょう。

LET'S  COME ON とかに、取られないですかねえ。』

       

 

『めんどくせーなー、もう。

この曲を聴くのは日本人のガキなんだよ』

  

 

『…うわ、逆ギレ…』

      

『そんなことをいったらだなあ、

これの「もと歌」のあたまの所も、おかしいぞ。』

  

『そうッすか?』

      

『「ひっとりでいくもん。

  なまえも書くもん。」って

  日本語として落ち着かないだろう。』

  

『そうッすか?』

      

『意味を考えれば

「ひとりでいけるもん。

なまえも書けるもん。」だろうっ。』

  

『音と合わないじゃないですか。

それに、それはフレーズの最後を

「くもん」で揃えたかったということで。』

      

『でも、3フレーズ目には

「ぜーんぶできるもんっ。」っていって

むりやり辻褄を合わせてるじゃないかっ』

  

『それは、曲に変化をつけるためですよ。

って、自分だって、

すっげー、細かいじゃないですか。』

 

 

『うーん、英訳どうしようかなあ…』 

 

 

 

 

 

 

 

       

とまあ、実際にこんなやりとりが会ったかどうかは知る由もない。

          

でも、このTVCMを初めて見た時、感心すると共に、

『妙に坐りの悪い日本語だな。』と、違和感を感じたのでした。

そして、苦労してるなあ、とも。

  

 

 

そして、たった15秒のCMに、あれこれ考えるのは、我ながら

めんどくせー暇人だなあ、と思います。

 

 

 

 

 

困った。

仕事ください。

 

 

 

 

 

  

結局

サビの部分の『くもん、いっくもんっ』の英語版は

『KUMON It’s KUMON』

なのでありました。

  

英語としては、正しいかもしれないけど

日本人が聞くとやっぱり『坐り』が悪いよな。

 

 

 

 

 

       

最初に誉めておいて、結局はこうだよ。

『誉めて育てるのが、公文式』なんだって。

 

 

えらいねえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

では、『今日の「ヒマジン」。』

 

 

 

 

 

 

 

説明不要の名曲なんだけれど

繰り返し出てくる「イマジン」の所を

「暇人」にして聞いてみて下さい。

  

ほら、もうそういう風にしか聞こえなくなるでしょう。

 

 

 

        

 

「暇人 オーザピポーゥ-、

リビン、フォーチュデー、オッホウ、オオウ。」

 

 

 

 

 

想像してごらん…

00imajin

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010年11月 2日 (火)

ECOはどこに行った?

エコカー補助金がなくなって

10月の国内新車販売台数が激減、というニュース。

(時事通信の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

『これからどうするんですか?

「エコカー補助金」やめちゃって…

駆込み需要があったとはいえ、9月より26%も減ってるんですよ』

 

『だって、お金がないんだもーん。』

 

『12月からは「家電製品のエコポイント」

半減させちゃうでしょうっ。』

 

埋蔵金も出てこないしさあ…』

  

『円高で輸出もできない、

そんな中で、国内消費を冷やしてどうするんですかっ。』

  

 

 

『エコひいきはやめたんだいっ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えーと、

『エコひいき』っていうセリフを使いたかっただけなんです。

 

  

それだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日のエコ』

 

 

 

 

 

狩野 ECO 

00kano

 

 

 

リサイクルして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ECO ECOアザラク

00ecoeco2

 

 

 

 

分別しないと呪うわよ。

 

 

 

 

 

『エコ』って言葉が出始めた頃、

真っ先に思い浮かべたのが この漫画でしたよ。

 

 

 

 

 

  

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年11月 1日 (月)

生産緑地と地主と私

『腰が痛くて農業を続けられません。』という偽の診断書を出して

生産緑地の指定を外そうとした、

不動産会社の不正が発覚、というニュース。

(毎日jpの記事へのリンク)

 

       

この不正を行った、『東建コーポレーション』の営業マンは

『生産緑地の指定を外したら、

賃貸マンションを建てて大儲けでっせ。』と、

51歳の地主に吹き込んだらしい。

 

この地主は、形式上は犯罪者ではないのかもしれないが

彼にしたって、『マンション建てたら儲かるよなあ。』と

名義を貸すことを諒承したわけだ。

 

世界が

この百姓を責めないのは、何故だ?

 

 

 

 

 

 

 

『生産緑地』というのは、天下の悪法である。

 

街中で農業をやりますよ、という土地が『生産緑地』。

街中に農地があれば、緑があっていいですなあ、

というのが表向きの理由。

ただし、まじめに農業をやっている人など、殆どいない。

 

街を歩いていると住宅街に突然栗林があったりするのだが

じつは、これが生産緑地だったりする。

 

建前として農業をやらなくてはいけないんだけど

手間のかかる作物は嫌だなあ、というわけで、

多くの怠け者が選ぶのが、栗。

 

ところが、今回問題になった土地は

栗さえも植えておらず、雑草地だった。 

生産緑地で全力で農業している奴なんて、いないのである。

 

 

 

 

 

建前として農地なので税金は、しごく安い。  

 

バブルの頃は、安い固定資産税で土地を抱えて

舞い上がる地価を横目で見ながら、

高く売ろうと、土地を抱えている連中ばっかりだった。 

 

さすがにひどい。あの百姓どもから税金を取れ、と

『市街化区域の農地の宅地並み課税』

ということがさかんにいわれた。

土地の供給を増やせば、地価が下がるだろう、というわけだ。

 

バブル後に、税金の仕組みは多少変わったのだが、

緑地指定は自治体の権限だし、土地に関して、

日本の制度というのはびっくりするくらい変わらないので、

いまでも『土地の値段あがらないかなー』と思って

ぬくぬくしている、百姓が日本中にいる。

 

私が、地主に憎しみを持っているのは、それはもう

こんな事や、あんな事や…

あんな屈辱や、あの仕事なんかでも…

 

 

 

 

 

 

たぶん、別の時に書くと思いますが

いくら、鼻くそみたいなブログとはいえ

あんまり、人のことを馬鹿馬鹿いうのは止めよう、と

思っては いるんですよ。

 

でも、この件に関しては、止まんないなー。

 

 

 

 

 

地主なんて、それだけで原罪だ。

太宰のように『生まれてきてすみません。』

とか言って暮らせよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の「もう敵を増やすのは止めよう」。』

 

 

 

 

 

 

 

00sorakara

 

 

 

 

スカイツリーの新キャラクター

『ソラカラちゃん』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

00nopponn

 

 

東京タワーの『ノッポン』は

彼女の事が

だいっ嫌いらしいですぜ。

 

 

 

 

 

 

だから、やめろって。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »