« 尖閣ビデオと、周りの反応 | トップページ | 日本農業『盆栽化』計画 »

2010年11月 6日 (土)

雄山カフェ

『…先輩、どこに連れて行ってくれるんですか?』

 

『今日はなるべく黙っていろ。…ついたぞ。』

 

『お帰りなさいませ、先生様。』

 

『…む。』

 

『こちらにお召し替え下さい。

若様もどうぞ。』

 

『わ、若様?しかも、着物?』

 

『…黙って着ろ。』

 

 

 

 

 

『今日のオプションはいかがなさいますか?』

 

『む、富井君を頼む。』

 

『かしこまりましたあ。』

 

『…せ、先輩?』

 

『いやあ、ようこそいらっしゃいました。

ご相伴にあずからせていただきます。』

 

『…だ、誰ですか?この出っ歯の眼鏡…』

 

『先生、今日の先付、

「キュウリとワカメの酢の物、イクラ添えです」。』

 

『いやあ、うまい。うまいですなあ。』

 

『はやっ。もう食べてる。』

 

『若も食べて覧なさい。ささ、先生もどうぞ。』

 

『まあ、まずくはないけど、特にうまいってほどじゃあ。

ねえ、先輩。』

 

 

 

 

 

 

 

 

『む、主を呼べいっ。』

 

『手前どもの料理に、何か不都合がございましたでしょうか。』

 

『キュウリは、ハウスもの。

ワカメは増えるワカメちゃんだし、

しかもイクラは、人造イクラじゃないかっ。』

 

『ははーっ。』

 

『国後産を持ってこいっ。

メドベージェフがうなるくらいの奴をなっ。』

 

『先輩っ。どうしちゃったんですかっ。』

  

 

 

 

 

 

『…とまあ、ここは「雄山カフェ」なわけだよ。』

 

『はあ?』

 

『出てきた料理に難癖をつけて、主を怒鳴りつける。

いやあ、気持ちいいわあ。』

 

『先輩、今日は課長に怒られてましたもんねえ。』

 

『となりのビルには「一徹カフェ」があるぜ。』

 

『ちゃぶ台ひっくり返すんですね。』

 

 

 

  

 

 

『…この出っ歯のおっさんは誰です?』

 

『オプションの「富井副部長」だよ。

なんでも、うまいうまいって言って食べてくれるんだ。

それで、俺が怒ると きゃん、っていってくれる。』

 

『…副部長?』

 

『メニューがあるから、お前も選んでみろよ。』

 

『山岡、栗田さん、小泉局長、大原社主、京極さん…』

 

『京極さんなんか面白いぞ。

白飯にめざしだけで

「なんちゅうもん食わせてくれるんや」

って言って、おいおい泣くんだ。』

 

 

  

 

 

 

 

『…この話題がわかるのは、

30代後半以上の人だけじゃないですか?』

 

『いいんだよ。コンビニでスピリッツを読んだら、

「復活連載」っていって「美味しんぼ」がやってたんだっ。』

  

『それにしても、「雄山カフェ」って

おかしくないですか?』

 

『なんで?』

 

『メイドがサービスするから、「メイドカフェ」、

坊主がシェーカーを振るから「坊主バー」でしょう。』

 

『うん…』

 

『「雄山カフェ」だったら、雄山が接客しなきゃおかしいですよ。』

 

『あんな奴が、「いらっしゃいませ、ご主人様」とか言うのか?』

 

『いえ、雄山は出迎えなんかしません。

座敷に座って、本かなんか読んでるんです。 

で、客が来ると良三が雄山を呼びに行くんです。』

 

『め、めんどくさい店だな。』

 

『それで、メシ食ってると、

「インドには「カレー粉」はないんだ」、とか

「ポン酢」の「ポン」ってのは一体何だ、とか

いろんな事を言ってくるんです。』

 

『うわあ。』

 

『それで、最後には

「味もわからない豚や猿に食わせる料理はない。帰れっ。」

って、怒っちゃうんですっ。』

 

『金は払わなくていいのか?』

 

『そんな訳ないでしょうっ。「美食倶楽部」ですからね。

めちゃくちゃ高いんですよっ。』

 

『いやだなあ、そんな店…』 

 

  

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の雄山。』

 

 

 

 

 

 

お帰りなさいませ、ご主人様

00yuuzann3

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の頃 

00yuuzann

 

 

大原社主を笑い飛ばす雄山。 

 

 

 

 

 

 

 

最近の雄山

00yuzann

 

 

  

孫に超甘い雄山。 

 

 

 

こんなの雄山じゃないっ。

 

 

 

 

 

おまけ

 

 

 

 

 

栗田さん今昔

00kurita

 

 

 

 

 

こんなに変わる人はおらん。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

|

« 尖閣ビデオと、周りの反応 | トップページ | 日本農業『盆栽化』計画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

雄山のように振舞える
「雄山カフェ」
何かになりきれるのは
面白いですね

武将カフェとかでてきそうです

それにしても
最近の雄山 丸くなり過ぎですね
栗田さんの変わりようほどではないですが

投稿: レイ | 2010年11月 6日 (土) 15時57分

その代わり、といってはナンですが
「エコエコアザラク」に出てくる女性は
すべて同じお顔でございますので
許してくださいませ^^

投稿: FREUDE | 2010年11月 6日 (土) 22時30分

レイさんありがとうございます。
武将カフェは、面白いですねえ。
『雄山カフェ』より、リアリティ
あるかもしれません。
最近の雄山はたるんでます。
あんな顔、見たくなかった。
 
FREUDEさんありがとうございます。
『エコエコアザラク』の黑井ミサは、
確かに顔が変わらないんですけど、
あの漫画の登場人物が
みんな同じ顔、というのも事実です。
でもなつかしい。
栗田さんは太りすぎです。

投稿: natsu | 2010年11月 7日 (日) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/37531802

この記事へのトラックバック一覧です: 雄山カフェ:

« 尖閣ビデオと、周りの反応 | トップページ | 日本農業『盆栽化』計画 »