« お節介な自動販売機 | トップページ | 今週の夙川公園 »

2010年11月17日 (水)

死刑判決に控訴を勧めた裁判長を弾劾しろ

生きながらチェーンソーで首を切り落とすなど

ジェイソンのような犯罪が実際にあった日本で

その犯人に対して、裁判員裁判が死刑を宣告。

 

 

しかし、判決を言い渡した裁判長は

『裁判員がこう言うからさあ、とりあえず死刑にするけど

あんた、控訴しなさいよ。』と、異例の発言。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

今回の判決に関して、

 

『裁判員が上級審の判断を望んだ。』

『一般人に死刑判決を下させるなんてむごいよねー。』

 

なんていう馬鹿がいる。

 

 

 

そうか?

 

 

 

 

 

 

 

裁判官は、法廷における独裁者だ。

 

この裁判長は、裁判員の意向を無視して

それを拒否して違った判決をできるだけの権限がある。 

陪審制じゃないんだから日本の裁判官の権限は強い。

  

 

『ほんとは、死刑ってほどじゃないと思うけど

裁判員のドシロートどもが、評決しちゃったし、

陪審制じゃないから無視してもいいんだけど、

世間的にも注目されてるから、死刑にしますね。

でも、控訴しなさいよね。』

 

 

というあたりが、正直なところだろう。

でも、おかしいでしょう。

 

 

裁判官であれば

『この判決に不服な場合、あなたは2週間以内に

控訴する権利があります。』というセリフは必ず言う。

 

でも、今回のはちょっと違う。

 

 

 

『必ず控訴しなさいよ』、と。言ってるわけだ。 

 

この裁判官は自分の判決に自信が持てないんですね。

僕は、一応こう言いますけど控訴して下さいって。

 

それは

法廷の神聖、とか

国民の司法に対する信頼、とか

そういった物に対する挑戦じゃないか?

 

 

なにより、

『ごめん、今回の判決は無し。

馬鹿がさあ、たくさん集まって死刑とか言っているけど

あんた、控訴しなよ。』って言っているわけで、

 

それは、

裁判員制度とか今回の裁判員に対する

重大な侮辱だろう。

 

  

 

 

被告人の弁護士が

『そんなこと言うんなら、量刑を考えて欲しかったですねー。』

とか、笑いながら言っていたのも許せない。

 

笑うな、この馬鹿。

  

 

 

 

この裁判長が言ったことは

『ごめん、俺の判決は無視して控訴してよ。』

ということだ。

そうであれば、自分が担当した第一審を放棄して

もっと立派な人と、裁判員みたいな馬鹿が参加しない

第2審以降が本番だぜっ。といっているわけだ。 

 

 

被告が3回裁判を受ける権利をも否定しているんだ。

三審制を否定しているんだよ。

被告人の権利も無視しているわけだ。

 

 

 

 

なぜ、この馬鹿を弾劾しない?

 

法務大臣のつまらない戯れ言でわーわー言う暇があるなら

国会がこいつを弾劾しない理由はなんだ?

 

 

 

 

 

 

  

個人的に、

裁判官とか弁護士とかを信用していない。

あんなものえらそうなだけの三百代言だと思っている。

 

悔しかったら、何か言え。

 

 

 

 

 

『ごめん、自分の判決じゃ満足できないだろうから

控訴してね。』って

 

あからさまな『職場放棄』だよな。 

 

 

 

 

 

 

 

彼が、真剣に悩んだ上で

裁判員の評決を否定して、有期刑とかに処したんなら

それはそれで評価する。

 

内容については批判があるだろうが、

それならば、覚悟のほどは理解できるからだ。

 

 

 

 

 

今回は、それがない。

無用なことを言って、世論にすり寄ろうとしているあたりが

許せない。

 

   

 

 

 

 

 

  

 

 

では、心をすっきりさせて 『今日のウィリー。』

 

 

 

 

  

00willy2_2

 

 

 

18歳くらいの頃

 

 

 

  

 

 

00willy

 

 

 

今回、ご婚約

 

 

 

 

 

 

 

 

あんなにかわいかったのに…

っていうか、こんな写真配信するなよ。

世界っていじわるだなあ。

 

 

 

いいじゃん、は… 

あっ。 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

  

 

 

|

« お節介な自動販売機 | トップページ | 今週の夙川公園 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 日弁連・会長:宇都宮健児は、「虚偽(詐害行為)は正当な弁護士業務だ」と主張(議決)して、懲戒対象弁護士を擁護し、これを撤回せずに、裁判で争っております。

 弁護士を指導・監督する立場にある宇都宮健児のこの行為は、不法行為を教唆するものであり、国民への背任でありましょう。

 表向きは、社会正義の実現(弁護士法1条)を強調しながらも、裏陰では、「虚偽(詐害行為)は正当だ」と指導しているのですから.弁護士トラブルが急増するは当然です。
 
 組織的な権力を得ている日弁連・会長:宇都宮健児らのこの裏影での卑劣な行為を国民は知ることができず、それをとがめる手段もない様です。

 国民は、日弁連・会長:宇都宮健児らのこの卑劣な行為・国民をたぶらかし、見下す事実を知るべきです。

 国民が誠意と苦悩をもって、裁判員としての重大な役割を果たそうとしている中、「虚偽は正当な弁護士業務だ」として、私利私欲だけで行動する.巨大な権限を手にした者たちがいるということを知って下さい。

投稿: 月光 | 2010年11月19日 (金) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/37696019

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑判決に控訴を勧めた裁判長を弾劾しろ:

« お節介な自動販売機 | トップページ | 今週の夙川公園 »