« スチュワーデス『悲哀』物語 | トップページ | サンタ各国事情とクリスマスと私 »

2010年12月20日 (月)

『アンストッパブル』と『新幹線大爆破』

12月も半ばに来て、

新春映画のCMなんかが流れるようになった。

 

 

 

 

 

気になったのが

『アンストッパブル』という映画。 

 

 

何故か、すでにYOU TUBEに流れている予告編がこちら。

  

 

 

危険な薬品を積んだ貨物列車が停められなくなった。

このままでは住宅密集地に列車がっ、

なにより子供達に危険がっ。 

 

制御不能の暴走列車を停めるべく

立ち上がったのが

デンゼル・ワシントンとクリス・パインの

命知らずの二人の機関士。

 

暴走列車は停められるのかっ?

二人の運命やいかにっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機関車、切り離したらいいじゃん。 

 

貨物列車の

 

 

 

 

貨物列車の運転士がいなくなっても、そういう事は出来るよ。

  

最悪、人間だけ飛び移ってもいいんだし。

なにも、別の機関車をつなげる、とか

そんな無茶をしなくても…

 

 

機関車の『ブレーキ解放』というのは

戦前から、日本では常識だったんだよ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが無理なら、レールのポイントを切り替えて

待避側線とかに入れろよ。 

 

無人なんだから… 

 

 

 

 

 

どうもプロットに無理があるなあ。

2001年に実際に起きた事故を元にしているらしいが

脚本の三流が際立つ。

 

 

 

 

まだ日本で公開されていない映画の事を書くのはどうかと思う。

さらに私は映画の事がさっぱりわからない。

デンセルさんもクリスさんも、まったく知らない。

 

 

でも、設定が変。

 

 

おそらく公開されても見る事はないと思うので書いちゃいます。

ファンの方は怒らないように。

そういう事を書く人がいたっていいだろう。

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう意味で、日本では35年前に

素晴らしい着想で作られた映画があった。

 

 

 

 

それが、これ。 

 

1975年公開の『新幹線大爆破』

 

 

うわあ、みんな若えー。

 

 

 

 

『500万ドル用意しろ。(当時は1ドル300円の時代)

いま走っている博多行きの新幹線「ひかり」に

80km/h以下に減速したら爆破する爆弾がセットしてある。

金を用意すれば、解除の方法を教えてやる。』

という脅迫電話から始まるストーリー。 

 

 

20年くらい前に梅田の深夜映画館で見た。

映画なんて、シチュエーションが全てだ、思った。

 

 

 

 

これを見てから『アンストッパブル』を見ると

2倍楽しめると思います。

 

 

 

 

さらに、この『新幹線大爆破』が凄いところは、

なにぶん内容が内容なので

国鉄の協力が一切無かった、ということ。

 

 

車内の様子はセット、

爆破シーンは模型、

走行シーンに至っては、隠し撮りである。

 

 

 

 

派手な予算を使って、無理のある脚本で盛り上げる

3流ハリウッド映画と比べてみよ。

 

びっくりするくらい貧乏くさいから。

 

 

  

 

でも、設定はずっとぐっと来るよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の新幹線大爆破。』

 

 

 

 

 

ザ・70年代

00sinkansen 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この、アオリ文句のセンスがいい。

00sinkansen3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特撮風景

00sinkansen2  

 

車両も凄いが

ジオラマが凄い。 

 

 

  

たぶん、DVDとか売ってます。

調べてないけど。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

  

 

 

|

« スチュワーデス『悲哀』物語 | トップページ | サンタ各国事情とクリスマスと私 »

ぼくは鉄じゃない」カテゴリの記事

コメント

犯罪映画では、『太陽を盗んだ男』もよかったですー。

投稿: 六郎 | 2010年12月20日 (月) 21時51分

六郎さんありがとうございます。
『太陽を盗んだ男』
『幕末太陽伝』を勘違いして
とんちんかんな事を書きかけました。
ジュリーですね。
『ナイターを最後まで見せろ』とかいう
要求が素敵でした。

投稿: natsu | 2010年12月25日 (土) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/38138416

この記事へのトラックバック一覧です: 『アンストッパブル』と『新幹線大爆破』:

« スチュワーデス『悲哀』物語 | トップページ | サンタ各国事情とクリスマスと私 »