« 『アンストッパブル』と『新幹線大爆破』 | トップページ | 自殺者マンションと訳あり物件と戦場カメラマン »

2010年12月21日 (火)

サンタ各国事情とクリスマスと私

サンタクロースの姿は、国によってずいぶん違う、という記事。

(Gigazineの記事へのリンク)

 

 

    

 

日本人が思っている、

太ってて赤い服を着て白い髭で『ほーっほっほー』という

サンタばかりではないらしい。 

 

 

00santa_russia2 

 

ロシアのサンタは青い。

 

 

 

00santa_horant  

 

オランダのサンタは

家来を連れている。

 

 

 

00sannta_itary 

 

イタリアのサンタ(?)

ベファーナはすでに男ですらない。

 

 

 

 

00santa_eu 

 

 

そうじゃなくても、

サンタは赤い服ばかりじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

イラストが、かわいい。 

ロシアの青いサンタなんか新鮮だ。 

 

 

サンタクロースのモデルは、

いまのトルコ西部うまれの聖・ニコラウス。

無実の罪で殺される寸前の3人のキリスト教徒を救った、

という話が教会の正伝。

 

それとは別に、

売春婦として売られちゃう娘のいる家の煙突に

金貨を投げ入れて救った、という話があって

これがサンタクロース伝説の元。

 

投げ入れた金貨が、暖炉の前に乾してあった

娘の靴下に入ってちゃりん、というお話。

 

 

これが、親父の靴下だったら…

 

 

 

 

 

 

トルコも冬になると寒いらしいが、

『そり』が必要なほど雪は降らないし、トナカイもいない。 

 

ハロウィンもそうだったが、

サンタクロースも、ヨーロッパ各地の土着の伝説や神様を

引き連れている。 

 

イタリアのベファーナは、

あきらかに、聖・ニコラウスじゃない。 

 

 

 

 

 

『赤いサンタ』というのは、イギリス由来のもので、

それがアメリカに伝わり、

大正時代に明治屋が『クリスマス・キャンペーン』を

やったことで日本に広まった。

 

00sannta_1914  

 

大正3年のクリスマスCM。

 

 

 

『花子ハ ヨナカニ サンタクロースガ 人形ヲ

モッテキテクレタ ヤウ ニ 思ヒマシタ。』 

 

 

 

 

 

 

バレンタインといい、ハロウィンといい、

いいように菓子屋と、おもちゃ屋の策略にはまりやがって。 

 

しかし、そういうお祭り騒ぎが大好きなのが

日本人なんだろう。  

 

いわれてみれば、ガキの頃から

クリスマスイブにケーキくらい食ったし、

三角帽をかぶって終電で、のたくっている親父とか、

昔からいた。 

 

 

 

 

でも、まあ

『クリスマス』で日本人が大騒ぎするようになったのは

バブルの頃からだろうなあ。

 

 

あの頃はひどかった。 

 

 

変なおっさんが書いた『なんとなく栗と栗鼠』なんていう

三流ペーパーバックのおかげで、

クリスマスには、ブランドの服を着て、ブランドの店に行って

それが当たり前、なんて事が、強迫観念になって、

日本中の若造を縛った。

 

 

00tanaka  

バブルで踊り、

タレント知事の先駆けになり

地震と空港反対で神戸に来て

結局『騒動の中心』にいたいだけ。

 

 

 

レストランは予約せねばならず、

『クリスマスディナー』という名の、

馬鹿高いメニューで、ぼったくられ、

車で送迎しないと、むくれるもんだから

てめえ一人でワインなんか飲みやがって、

プレゼントは用意せねばならず、

ティファニーのオープンハートくらいだと、

口では『ありがとう』といいつつも

『あら、今年3つ目だわ。』とか

思ってやがるだろうっ。

 

 

 

と、友だちの山田君が言ってました。

 

 

 

 

 

 

近所のスーパーに『しめ縄リース』というのが売っている。

 

輪っかになったしめ縄なのだが、リースって…

飾りを変えたらクリスマスから使えるってことだよね。

 

日本人って素敵に馬鹿だ。

 

 

 

 

 

 

青いサンタなんてかわいいから、日本でもやらないかな。

緑もいい。

 

 

でも、単にコスプレだと思われそうな所も

日本の恐るべき所では、ある。

 

 

 

 

 

 

 

では『今日のサンタ。』

 

 

 

 

 

 

サンタコスプレ

00santa2

 

 

これの用途が

あれしか思いつかない 

 

 

 

 

この服に関しては

赤以外の色に意味はないと思う。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

|

« 『アンストッパブル』と『新幹線大爆破』 | トップページ | 自殺者マンションと訳あり物件と戦場カメラマン »

ふしぎなひととものたち」カテゴリの記事

コメント

ぶっと、三回ほど噴き出しました(笑)。


それにしても……
ティファニーのオープンハート?

どこかに落ちてないかしらっ! 

――と言っても、冗談にも聞いてもらえない年齢になりました。

その点、男性は、いくつになっても恋夢が見られるのでは?  いいなあ(笑)。

おばさんは、クリスマスに何をしたらいいんだろー。大掃除はやだ。

投稿: fullpot | 2010年12月21日 (火) 15時46分

fullpotさんありがとうございます。
山田君には気の毒な事をしました。
男にも『夢の年齢制限』が
ありますよ。
というか、男のほうが厳しいのでは?
クリスマスかあ…

投稿: natsu | 2010年12月25日 (土) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/38149146

この記事へのトラックバック一覧です: サンタ各国事情とクリスマスと私:

« 『アンストッパブル』と『新幹線大爆破』 | トップページ | 自殺者マンションと訳あり物件と戦場カメラマン »