« コーヒー浣腸 | トップページ | 日本車インド進出の秘策。 »

2010年12月 5日 (日)

東北新幹線延伸。

東北新幹線、新青森まで開業。

(朝日新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

東京-新青森間を3時間20分で結ぶ。

おどろくなかれ、その表定速度は200km/hを越える。

 

さらに来年3月に『はやぶさ』が登場すると、

所要時間は3時間になるんだと。

 

 

はやいなー。

 

 

しかし、個人的には青森に行く予定は当面ないので

乗ることもなさそうだ。

 

残念である。

 

 

 

 

 

新青森開業に合わせて、並行する東北本線の一部は

3セクの『青い森鉄道』になる。

 

JR時代に比べて、料金は4割増し

県からも多額の補助金が投入される。

 

 

 

それなら、新幹線なんて要らないのか?というと難しい。

 

 

 

 

 

いつも勢いに任せて罵詈雑言を書き連ねるこの日記が

今日に限って、抑制された書き方(当社比)をしているのは

どうしてもこの話題に関しては歯切れが悪くなるからです。

 

 

 

 

東海道新幹線は東海道線の線路増設だった、

ということを知ったのは『時刻表2万㎞』という本。

 

宮脇先生が『真底驚いた』ということを

私が知っているはずはなく、やっぱり真底驚いたのだが

新幹線開通前の東海道線の輸送量は

すでに線路容量の限界に来ていた。

 

標準軌の新幹線じゃなくてもいいから線路を増やそうぜ、

という意見は、国中でほぼ一致していたのだが、

金がかかるから

狭軌の在来線の複々線化でいいんじゃね?という意見が、

大蔵省あたりのケチどもを中心に結構有力だった。

 

目先の損得で物事を決めなくてよかったなあ、と

つくづく思うのだが、

あの時代にれんほーがいたら、

新幹線の建設なんて

許してくれなかっただろう。

 

 

 

 

 

結果として東海道新幹線は商業的に大成功を収め、

TGVをはじめ世界中に高速鉄道ができるきっかけになった。

 

乗客はどんどん増え、それに対応するべく

編成はどんどん長くなり、ついには2階建てMAXなんていう

キワモノまで出てくる有様になった。

 

一番の解決法は、列車の増発なのだが、

全列車が東京駅で折り返す新幹線ではホームが足りず、

東北新幹線用のホームを使い、神業のような清掃テクで

折り返し時間を縮めるのだが、まだ足りず

ついに品川に新駅をつくった。

 

千葉県の人間としては不便だし、いまいましくて腹が立つ。

 

 

 

 

しかし、在来線の容量が一杯、というのは

東海道・山陽新幹線と、仙台以南の東北新幹線だけだった。す

 

新幹線の開通と貨物の衰退で、今では山陽本線あたりでも

在来線のダイヤというのは、田舎に行くと結構素寒貧としてる。

 

だから、長野新幹線や今回開通した東北新幹線では

在来線と共存させるだけの輸送量がない。

すくなくともJRは『維持できない』といっているわけだ。

 

 

 

 

それでも、いずれ青函トンネルを通って北海道に伸びる

東北新幹線はしあわせな路線ではある。

 

東北本線にしても、料金が上がったところで、

列車を走らせてくれるんならまだましだ。

 

長野新幹線に並行する信越本線の

横川-軽井沢などは廃止されてしまった。

(バスが代替)

 

『隣町に行くのに、新幹線に乗る』

という本末転倒なことが起こっている。

 

 

3日に稚内を出発した『日本縦断ツアー』のご一行は

開業初日に乗っていたはずだ。

 

しかし全体で見ると開業初日にもかかわらず

あんまり乗客はいなかったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでいいのか?

 

 

東北新幹線は、昭和57年に大宮-盛岡間で開業する。

その距離は、ほぼ東海道新幹線に匹敵するのだが

建設費は8倍以上だ。

 

さらに、大宮-上野間は反対派が多く土地の買収が大変で

30kmの建設費が、その500kmに匹敵した。

 

さらに、上野-東京間はさらにひどく

3kmの建設費が、やっぱり500kmに匹敵した。

 

土地も高いし、環境対策も大変だったからだ。

 

労使問題と累積赤字で、へろへろになっていた

国鉄の屋台骨にととめを刺したのが、東北新幹線だった。

 

 

 

 

 

同様の事情は『成田新幹線』にもあった。

 

すぐそばを通れば、騒音だ震動だという癖に

路線が自治体をちょっとでもかすめたら、

『おらが街にも新幹線の駅を』と騒ぎ立てる。

 

公害はよろしくないが、全線たったの60kmの新幹線が

実現できなかった背景にはこの『途中駅問題』

はじめとする『高すぎる建設費の問題』があった。

 

所要時間20分の鉄道に、途中駅なんか要るか。 

 

文句があるなら引き受ける。

貴様らは郷土の恥だ。

 

 

 

 

 

 

『成田新幹線』は二転三転したあげく、結局スカイライナーに収束。

『えー?日暮里かよー。』

という罵声を浴び続けて今日にいたる。

 

うんうん住所に『千葉県』なんて書くのは悔しいよなあ。

君らは、マリナーゼだもの。

『その街はどこまでか』ということだ。 

 

 

馬鹿野郎。

 

 

 

 

 

 

とまあ、結局は怒りにまかせて書いてしまっていて

しかも当初の話からずれている。

 

我ながら、鶏のような脳みそだ。

 

そして、東北新幹線全通は、めでたいと思いつつも、

それが本当に必要なのか、

私にもよくわからないのである。

 

従って、今日の日記に結論はない。

いつもいつもオチがあると思ったら大間違いだ。 

 

いつも無いだろう、とか言うな。

泣いちゃうから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日のはやぶさ。』

 

 

 

 

 

 

 

東北本線の看板列車『あけぼの』

00akebono

 

 

 

 

 

『はつかり』『はくちょう』とともに

朝6時に3本そろって発車していました。

 

 

 

 

 

 

 

昭和30年代の『はやぶさ』

00hayabusa_2 

 

 

 

 

 

 

 

 

早朝の青森駅から出ていたのに

 

 

 

 

 

 

来年投入される『はやぶさ』

00nekomimi_3

 

 

 

 

 

猫耳エアブレーキ。

けど、これはとりあえず実現しないらしいです。

 

 

 

 

 

※『猫耳』の表現は六郎さんのコメントから

 お借りしました。 ありがとうございます。

 エアブレーキらしいですね。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

|

« コーヒー浣腸 | トップページ | 日本車インド進出の秘策。 »

ぼくは鉄じゃない」カテゴリの記事

コメント

来年開業する『はやぶさ』の屋根の突起が
『猫耳』にしか見えない件。

投稿: 六郎 | 2010年12月 5日 (日) 11時45分

本日の控えめな?論調、
読み応えがありました。
最後までまじめで終われないナツさん
かわいいですよ!

投稿: A7 | 2010年12月 5日 (日) 20時20分

このニュースはご存知でしょうか

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101204-00000908-yom-soci

かなり笑えます^^

投稿: | 2010年12月 5日 (日) 22時49分


何か感じすぎたみたいで半べそにさせちったww
ちょっといぢめすぎてゴメンチャイww
http://q67g6u0.pai.fedrick.net/
突っ込んだ瞬間ビクククゥ、とかなるしさww

投稿: うんと焦らしたら | 2010年12月 6日 (月) 02時27分

六郎さんありがとうございます。
猫耳は空気ブレーキらしいです。
とりあえず実現しないのが残念です。
かぱあっ、ってやってくれたらいいのに。
 
A7さんありがとうございます。
えーと、一応罵声自粛(当社比)
ということでやってきました。
最期も、真面目ですよ…
 
動画では、扉が開かなくて
だめだったんですよね。
こまりますね。開通初日なんだから
頑張って欲しいと思います。
 
 

投稿: natsu | 2010年12月 9日 (木) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/37957554

この記事へのトラックバック一覧です: 東北新幹線延伸。:

» 新宿ワシントンホテルで「東北新幹線713.7km全線開通記念プラン」を提供中 [新宿ニュースBlog]
新宿ワシントンホテルでは12月4日に東京-新青森までの路線を全線開通した東北新幹線にあやかったキャンペーンを行っています。 全長713.7kmにもなる長さにちなんで、1泊7137円(シング ... [続きを読む]

受信: 2010年12月11日 (土) 15時33分

« コーヒー浣腸 | トップページ | 日本車インド進出の秘策。 »