« 日本も空母を… | トップページ | コーヒー浣腸 »

2010年12月 3日 (金)

人名不適切漢字と子役と私

常用漢字が増えたおかげで、『人名不適切漢字』だったものが

常用漢字になっちゃって、

また『悪魔君騒ぎ』が起きかねないぞ、というニュース。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

 

00usio3_2 

尻や膝のなにがいけないんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ねえ、あんた、この子の名前どうすんの?』

 

『めんどくせえなあ。』

 

『そんなこといわないでよ。

あたしだって17で子供なんか作りたくなかったわよ。』

 

『わかったよ。』

 

『昔、あたしはアイドルだったのよ。』

 

『へー、いつの話だよ。』

 

『子供の頃よ。

「ショッキング・マイン」っていって、ちょっと有名だったのよ』

 

『わかったよ。不必要に世間を敵に回すのはやめてくれ。

なんて名前がいいんだ?』

 

『やっぱり「瑠屍覇」ね。』

 

『なんて訓むんだよう。それ。』

 

『ルシファーよ。

堕天使だからあたしの子にぴったりよ。』

 

『…あたまわりー。』

 

『そうじゃなかったら「怨斬尻」ね。』

 

『…なんて訓むんだ?』

 

『アザゼルよっ。』

 

『…その訓みは無茶じゃないか?』

 

『いいのよっ。こいつも堕天使よっ。天上から降りて

地上で不貞を働いて子供を作ったのよっ。』

 

 

『そいつは、ぴったりだ…』

 

 

 

 

 

 

 

 

名前なんて好きにつけたらいいと思う。

名前にバリエーションが多いのは

日本のすばらしいところだ。

 

 

そのかわり、どんな名前をつけたって

嗤われるのは親と本人だ。

 

 

漢字の制限が変わったって

変な名前つける奴はきっといると思う。

 

 

覚悟があるんなら、いいと思います。

 

 

 

 

 

ちなみに冒頭の『悪魔ちゃん』は無事に育ってれば17歳。

堕天使になってないだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年のサッカーワールドカップの最終プレゼンで

2002年生まれの子役がスピーチをした。

(テレ朝newsの記事へのリンク)

 

 

00rio_2 

8歳だそうです

 

 

日韓大会からまだ8年しか経っていないのに

立候補するのは早すぎる、

という懸念に対してのアンサーなのだという。

 

『私は2022年に20歳になっています。

世界中に208の笑顔を作るために夢を叶えて下さい』だと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『2020年のヒガシオーサカ・オリンピック招致への、

日本のプレゼンテーションはこの人に締めくくって貰います。』

 

 

『私は、東京オリンピックの年、1964年に生まれたおっさんです。

2020年にはもう56ですよ。

 

最近老眼がひどくてね。あと10年?

へー。 

 

世界中に友達?別に作りたくねえや。

こんな性格だから日本人の友達もいなくてね。

 

大体200も参加国が来るかね。

10年後にはひとつふたつ無くなってるんじゃねえのか?

 

それに私は、子供が嫌いなんだ。

子役だなんだと、ちやほやする風潮が嫌いなんだよ。

 

子供は、幼稚で礼儀知らずで、エビゾーで、

はきはきと、むやみに明るい声で答えやがって。

 

建築屋ってのは仕事の依頼が来なきゃ

ただの無職なんだよ。

 

それをあいつら、

かわいいってだけでテレビに出やがって…

 

放せっ、俺は大人だぞっ。』

 

 

 

 

 

念のため、元ネタです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の悪魔くん。』

 

 

 

 

 

 

 

00usio4_2

 

 

水木しげるの『悪魔くん』

 

 

 

 

 

 

 

00usio_2  

実写版『悪魔くん』の

メフィスト役の潮健児

 

 

 

 

 

00usio2_2 

仮面ライダーの『地獄大使』役の

潮健児。なんでもやるな、この人。

 

 

 

 

 

Baby_16 

 

 

子供なんて悪魔だ

 

 

 

右の弟がかわいいぞ 

 

 

 

 

 

 

Baby_13  

 

 

きゃー、

ママのナプキンをっ

 

 

 

 

 

 

ちんちんに巻くなよ。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

追記:ワールドカップ、日本落選だそうです。

ざまあ。

 

念のために言うと、

私は1964年生まれではないですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 日本も空母を… | トップページ | コーヒー浣腸 »

ふざけんなよ、こらあ」カテゴリの記事

コメント

おお!
羽交い締めにされているようですが…… 
気持ちよく炸裂してらっしゃいます(笑)。

エビゾー、これからの流行語大賞に推薦しま~す。

う~ん! 
世の中、少子化ですが、おとなもいなくなってきたということですね。

最後の画像、ぜったいおとな(親)の仕業だと思います。もしかして母親??
くえ~っっ。ハラタツ。

投稿: fullpot | 2010年12月 4日 (土) 08時55分

fullpotさん、ありがとうございます。
なるほど、ちんちんナプキンの
この子供たちは親の仕業ですか。
なるほどー
 
でも、酔っぱらっちゃうと
死んじゃう奴はよく、います。
 
誉められたもんじゃないんですが
かわいいです。

投稿: natsu | 2010年12月 6日 (月) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/37888870

この記事へのトラックバック一覧です: 人名不適切漢字と子役と私:

« 日本も空母を… | トップページ | コーヒー浣腸 »