« はく製からクローン | トップページ | 僕の名刺は貴重品 »

2011年1月 5日 (水)

眼鏡無し3Dテレビの未来と明日は早いのよう。

東芝が3Dテレビ、しかも、

眼鏡無しで、見られる40型以上の大型テレビを投入するんだと。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

  

  

大型テレビで眼鏡無し? 

いまひとつ、理屈が理解できない。

 

視差を利用するのが3D。

丹下左膳は、けっして

テレビの前で『おおっ』とか言わないはずだ。

 

 

眼鏡をかけるんなら、3Dは普及しない。

それは、間違いない。

 

 

そこで、各メーカーが

『眼鏡無しの3D』というのを

やろうとしていることはいいんだけどさ。

 

 

 

主流にはならないような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『うわあーっ。』

 

『なになになになになに?どうしたの?』

 

『いま、ここに

おれが寝ている布団の上に、婆さんがっ。』

 

『え?え?え?え?』

 

『だから、こここの布団の上に婆さんが浮かんでっ。

そしてにやりと笑ってっ。』

 

『…見たの?』

 

『見たよ…』

 

 

 

 

『それたぶん、岐阜のおばあちゃんよ。

ビデオメール送るっていってたから…』

 

『…えー?』

 

『最近3Dに凝ってるんだって。』

 

『…えー?』

 

『もー、寝かせてよう。あした早いのよう。』

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

では『今日の「虎がいるの」。』

 

 

 

 

 

 

 

 

おふろに虎がいるの。

Toragairuno

 

 

  

こういうリアリティは、

一体何なんだろう。

 

 

  

かわいいんだかなんだか。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

  

 

 

|

« はく製からクローン | トップページ | 僕の名刺は貴重品 »

ひょっとこニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/38348834

この記事へのトラックバック一覧です: 眼鏡無し3Dテレビの未来と明日は早いのよう。:

« はく製からクローン | トップページ | 僕の名刺は貴重品 »