« 1月17日 | トップページ | バレンタイン・グッズ »

2011年1月18日 (火)

新喜楽で選考会

芥川賞と直木賞が決定。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

作家も受賞作も知らない。

 

読んでいない本について、あれこれ書くのは

この日記の流儀に反するので、それは書かない。 

 

 

私が、のべつまく無しに悪口を垂れ流していると思ったら

大間違いである。

 

 

 

 

 

 

それよりも、この二つの賞の選考会って

料亭でやっているのだなあ。

 

 

築地にある新喜楽、という老舗料亭。

吉田五十八が内装を手がけたという和室が有名。

しかし個人的には、行ったことはない。

 

築地市場のすぐそばで、

どちらかというと庶民的な場所にあるのだが

『宣伝はしない。支店は出さない。法人向け。』

接待にどうぞ、という いちびった店なのだそうだ。

 

 

従って、このインターネット時代にもかかわらずHPはなく

メニューそのほかは、私ごとき下々のものには一切わからない。

しかし、果敢にも個人で予約の電話をして行った人がいて

そのブログが、とても面白かったのでどうぞ。 

(グルメ王)

 

 

個人で予約したら舐められるかな、と思って会社名を告げたら

『そんな会社しらんなあ。』と言われ

あげくに『設立から何年目ですか?』と

失礼極まりないことを訊かれたのだそうだ。

 

料理は一人4万円から、

室料を合わせてご予算は御一人様5万円から。

 

部屋だって料理だってピンキリだろうし、

新橋から芸者さんを呼んで酒飲んだら

一人10万くらいでは収まるまい、と。

 

まだ、こういうバブリーな『接待料亭』ってあるんだねえ。

 

  

 

 

 

アラビア語で予約電話をしてやろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ではっ、ここ新喜楽にてっ、

今年の塵芥(ちりあくた)賞の選考会を始めますっ。』

 

『天ぷら お待ちっ。』

 

『ああ、こっちだ。

おい鴨鍋の汁がかかるやないかい。』

 

『だって、狭いんだからしゃあないやないか…』

 

『はーいっ、お銚子2本ねっ。』

 

『まあまあまあ、とりあえず一杯。』

『じゃあじゃあじゃあ、ことしもよろしく。』

 

『えろえろえろえろえろー』

 

『おーいっ、ここで吐いたらあかんっ。』

 

『トイレはどこやったかなあ。』

 

『店を出て、右ぃ行って角でまた右に曲がって

少し行ったらあるわ。

平和楼の向かいや。』

 

 

 

 

 

 

 

 

00sinkiraku_2

 

 

 

新喜楽 

 

 

 

 

 

大阪の人なら知っている。

大阪の人しか知らない、とも言う。

 

 

 

 

 

JR大阪駅高架下の新梅田食堂街にあります。

(クリックで大きくなります)

00kiraku2

 

 

 

 

 

 

右下のほうに新喜楽があります。

(もちろん東京の新喜楽とはなんの関係もない。) 

でも、ここなら行ったことあるわ。

 

 

 

 

 

 

メニュー

00kiraku

 

 

 

 

 

 

 

とっても庶民的。 

夜、酒飲みに行っても、1人3000円くらいです。

 

 

 

こういう店のほうが落ち着くよな。って、

東京の新喜楽、行った事ないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日のタイゾー。』

 

 

 

 

 

000bouzu_2

 

 

 

もう一度料亭に行きたいです。

 

 

 

 

自腹で行け。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

|

« 1月17日 | トップページ | バレンタイン・グッズ »

おこられませんように」カテゴリの記事

コメント

グルメ王のブログ面白いですね
新喜楽の傲岸不遜っぷりがよく分かります

大阪の新喜楽は知ってます
いつか呑みにいきたいですね

今回も、最後の写真まで楽しめました
いつもありがとございます

投稿: レイ | 2011年1月18日 (火) 23時20分

ごめんなさい、古い記事に。
おもしろかったです。
新喜楽、紹介でないとだめなのかと思いましたが……結局、電話番のおじさん(まあ、いちばんえらいさんなんでしょうけど)の口撃を耐えれば、いけるんじゃん(笑)!
大阪のほうが、性に合いますが。 
それにしても、どちらの受賞作も知りません。知らないということが強烈なインパクトとなりました。世の中に読んだ人って、どれぐらいいるんでしょうね。

投稿: fullpot | 2011年1月21日 (金) 07時22分

レイさん、ありがとうございます。
新喜楽の応対はひどいですよねえ。
大阪の新喜楽をご存じなら
一度ご一緒したいですねー。
よろしくお願いします。
 
 
fullpotさんありがとうございます。
新喜楽、
みんなで予約したらいけるんでしょうか?
電話番は、そういう人なんでしょう。
従来のスタイルでも客が来る、
客を選べるってのは、ある種の憧れです。
でも、私が主催したら
新梅田の新喜楽。
 
是非、どうぞ
 

投稿: natsu | 2011年1月24日 (月) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/38508991

この記事へのトラックバック一覧です: 新喜楽で選考会:

» 新大阪 接待 新大阪駅 [成功率100%の接待術]
【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベルの格安旅行情報はこちら 大正100年:歴史に探る日本の針路 第1回 どんな時代だったのか 2011114 例えば、24年に毎日新聞や朝日新聞が大阪で100万部の達成を宣言しますが、本当の意味で両紙が全国紙になるのは昭和に入ってからです。25年に放送が始まったラジオも、家族だんらんの中で聴く形態になったのは、昭和に真空管ラジオが普及したあとです。 ... (続きを読む) 新喜楽で選考会: なつ... [続きを読む]

受信: 2011年1月18日 (火) 12時33分

« 1月17日 | トップページ | バレンタイン・グッズ »