« 黄色い宝くじ売り場 | トップページ | タイガーマスクの粋と野暮 »

2011年1月 9日 (日)

モスキート音・カンニング

来週15,16日はセンター試験。

毎日新聞に載っていた『受験の危機管理』というのが

面白かったのでご紹介します。 

(毎日jpの記事へのリンク) 

 

 

 

 

 

 

 

いわく、

 

机の上に出してもいいものは、鉛筆と消しゴム以外にも

時計、ハンカチ、ティッシュ、目薬などがOK。

 

へー。

 

 

 

 

 

でも電卓や定規、コンパスはだめです、と。

 

そりゃそうだろう。

 

 

 

 

 

試験会場内でも、コートは着ていいです。

なにを着てもいいけど、

地図や和歌や格言なんかが、

プリントされているものはだめです。 

 

なるほどね。

 

   

 

 

 

 

 

 

しかし、意外だったのは

 

携帯電話は、電源とアラーム機能を切らないといけません。

というもの。

 

 

持ち込むのはいいんだな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ということで、我々6人でチームを組んで

カンニングをしようと思う。』

 

『…いやいやいや、やめようよ。』

 

『馬鹿野郎っ。鳥羽はまだ1浪だからいいけど

坂上は2浪、北島は3浪、宮は4浪で、野口は5浪だっ。

もう、後がないんだよっ。』

  

『わかったわかった、…でも、どうやって?』

 

『まず、この奇跡の記憶力を持つ水野君が

問題を覚えて、教科ごとに途中退室する。』

 

『うん。』

 

『外には、予備校の先生達が待機してくれるから

速攻で問題を解く。』

 

『うん。』

 

『それをケータイで送信する。』

 

『待て待て待て、

電源は切らないといけないんだろう。』

 

『トップ画面の表示を切っとけば、わからないさ。』

  

『それに、着信音が鳴ったら

その場で取り上げられちまうんだぞ。』

 

『そこだよ。』

 

『…?』

 

『着信音をモスキート音にするっ。』

 

『…ああ、試験監督には聞こえない、ということか…』

 

 

 

 

『同志を5人集めたのも、そのためだ。

マークシートなんだから、選択肢は多くても5つしかない。

5人それぞれの着信音のパターンを変えておけば、

電話に出なくても着信音だけで、解答がわかるわけだ。』

 

『…うーん…』

 

『鳥羽は着信音をパターン1にしろ。

坂上はパターン2、北島は3…』

 

 

 

 

 

 

 

『あのさあ…』

 

『なんですか椿先輩?』

 

『…おれ30浪だから、

モスキート音、聞こえないんだよ。』

 

『あ゛』

 

『しかも、試験監督にはばれなくても、

他の受験生には

聞こえるんじゃないかなあ。』

 

゛』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『そこでな、おれが考えたのは

ヒアリング用のICレコーダーを使ってだなあ…』

 

『…どうするんです?』

 

『うん、おれの高校の同級生が

あのプレーヤーを納めてる会社に勤めてるんだ。』

 

『高校の同級生で、30浪ならもう、部長クラス…』

 

『そこでな… 

使ってる周波数はわかるんだよ、

さらにな…』

 

 

 

 

 

『…あの、普通に勉強しませんか?』

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の「ずるは駄目」。』

 

 

  

 

 

議会なんか関係ないもんね、と予算や人事をきめたり

そんならお前もリコールだ、という騒ぎですっかり有名になった

鹿児島県阿久根市の「ウォールアート」

 

 

 

公費をかけて、市内の公共建築などに

描かれている、落書きたち。 

 

 0akune

    

フェルメール、ピカチュウ 

 

   

 

 

 

0akune2

 

キキ、ペコちゃん

マリンちゃんまで

 

 

 

 

00gundum

 

 

あ、混ざっちゃった

これは『中国ガンダム』

 

 

 

 

でも、一緒だよな…

こんなもんの、どこが『アート』だ。

 

 

 

  

 

 

(註)まさか真似するやつはいないと思うので、こんなことを書きましたが

カンニングなんて、絶対にやっちゃ駄目ですよ。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

  

 

 

|

« 黄色い宝くじ売り場 | トップページ | タイガーマスクの粋と野暮 »

おこられませんように」カテゴリの記事

コメント

相変わらず、巧い!
モスキート音、ほんとにいいかも?

投稿: 生禿 | 2011年1月 9日 (日) 23時53分

なるほど、モスキート音!
ほんとに使えそうな。。。
いつも楽しい記事をありがとうございます

中国のガンダムは撤去されたようですが
なぜ、あそこまでパクルのでしょうね
ネタとしては、そこそこ笑えますが^^

投稿: レイ | 2011年1月10日 (月) 13時05分

生禿さん、ありがとうございます。
モスキート音・カンニングは
ありそうな気がするんですよね。
今回の方法は
さいてーですが。
 
レイさんありがとうございます。
中国も、阿久根市も駄目です。
情けないと思わないんでしょうか。
つくづく馬鹿だなあ、と
阿久根市なんて地球の果てのくそ田舎で
日本語、通じないんじゃないの?
と思います。
悔しかったら、何か言え。

投稿: natsu | 2011年1月13日 (木) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/38380449

この記事へのトラックバック一覧です: モスキート音・カンニング:

« 黄色い宝くじ売り場 | トップページ | タイガーマスクの粋と野暮 »