« 女の涙は勃たせない | トップページ | ゴジラを知らずして受験の勝利無し »

2011年1月15日 (土)

マークシートとわたくし

今日からセンター試験。

受験生の皆さんには頑張って頂きたいものである。 

 

 

 

 

 

でもね、私が試験を受けたのは

『共通一次』だったりしたのだよ。

 

マークシート、というのは

いまでは各種の試験で、当たり前に使われるのだが

私の頃はそうでもなかった。

 

『マークシート』を練習するために

授業が行われたくらいだった。

 

実際に、鉛筆で練習するわけですよ。

授業を1時間つぶしてね、塗り方の練習をする。 

『答案用紙を少し斜めにしたらいいですよ。』なんてね。

 

今の子は、やらないんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

いまでもそうらしいが、マークシートには

鉛筆を使わなければならないらしい。 

 

 

 

そこで、世の中には『マークシート専用鉛筆』というのもある。

 

00enpitu3_2

ぺんてるマークシート用鉛筆

HB12本入り、1260円 

 

高っけー。

 

 

 

 

所詮鉛筆だ.。何が違うんだろう。

 

しかし、マークはしたけど反映されない、なんていわれたら

1本100円でも買うのであろう。 

 

 

受験生の不安をあおって、

こういう商売をする奴は許せない。

 

 

 

 

 

しかし、もっと上がいた。 

いわく、

『5倍速くマークできる鉛筆。』

 

00enpitu

 

 

 

 

00enpitu4_2

 

 

 

 

絵に描いたような、詐欺。

 

 

 

 

 

そしてこれが高いんだ。

  

00enpitu2_2

 

 

 

 

 

1本1000円の鉛筆? 

 

 

 

こんなもん買うやつがいるんだろうか?

これを買っている時点で、大学合格はないと思う。

 

 

 

 

 

マークシートするのは別に、シャーペンでも問題はない。

ボールペンでもなんでも構わないらしいんだが

鉛筆が確実ですよ、と。

 

何を使ってもかまわないんだけど、

万が一マークを見落とすことがあります。

要は、自己責任で、ということらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『おいっ。君っ。怪我をしてるんじゃないのか?』

 

『・・・だ、大丈夫です・・・』

 

『でも、そんなに血が出ているじゃないかっ。』

 

『ぼくはこの、自分の血でマークシートします。』

 

『やめなさいっ。』

 

『ぼくは、もう、後がないんですっ。

血書して解答するんですっ。』

 

『いやいやいや、マークシートの判別は赤外線だから

赤で答えても採点されないよ・・・』

 

 

『え゛っ?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

判別方式には、可視光式もあるらしいのだが

まあ、鉛筆のほうがいいらしい。

でも、鉛筆に1本1000円というと,阿呆かと思う。

 

 

こんなあほな商品が売れるんなら、

『この鉛筆は、

ドクター・スパの呪い祈りをこめたから霊験確実。』

ただし、1本10万円

とかいう鉛筆も売れるんじゃないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中学校の頃、理科の先生が

『今回の試験はマークシートでやる。』と言い出した。

 

なにぶん、私が中学生の頃だから、もうずいぶん昔で

そういうことを言い出した背景がよくわからないのだが

先進的な取り組みであったことは間違いがない。

 

 

 

その代わり、マークは1cm×3cmほどの巨大なもので

塗りつぶすのに試験時間の大部分を費やさねばならず

さらに、肝心の読取装置を答え合わせしてみたら

間違いだらけだった。

 

 

 

でも、そういうことを言うのは野暮だ。

 

 

 

1本1000円のマークシート鉛筆を売る詐欺師と

あの先生の志な高さは、比べるべくもない。

 

 

道具で合格は決まらないよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

 

 

蛍雪時代

00keisetu

 

 

 

 

 

 

 

ほーたーるの、ひーかーり、

外は寒そうだなあ。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

|

« 女の涙は勃たせない | トップページ | ゴジラを知らずして受験の勝利無し »

そんな時代もあったよね」カテゴリの記事

コメント

1本1000円の鉛筆とは
売るほうも買うほうも、とんでもないですね。
蛍雪時代って雑誌、今でもありますかね。

投稿: A7 | 2011年1月16日 (日) 06時57分


わたしも『蛍雪時代』を思いだしました。
確か、なくなったと聞いたかすかな記憶が。
けっこう、マークのつけ間違いとかで
点数を落とす学生がいるようですね。
それも実力のうちと言われれば、それまでですが……。

ときどき、センター試験というつもりで
共通一次と言ってしまい、周囲の失笑をかっています(笑)。

投稿: fullpot | 2011年1月16日 (日) 10時53分

A7さんありがとうございます。
1本100円くらいだったら
許そうと思ったんですが
1000円ですよ。
ふざけるなって話です。
『蛍雪時代』ってもう、ないんでしょうか?
 
 
fullpotさんありがとうございます。
『共通一次』世代
うれしいです。
案外短かったんですよね。
マークシートって新鮮でしたよ。
『蛍雪時代』といえば
山口百恵だったような気が…

投稿: natsu | 2011年1月18日 (火) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/38474901

この記事へのトラックバック一覧です: マークシートとわたくし:

« 女の涙は勃たせない | トップページ | ゴジラを知らずして受験の勝利無し »