« だから, それは『保育所』じゃない | トップページ | 北方領土報復手段は、これだ »

2011年2月11日 (金)

雪の日とスキーとザウスと私。

今日の神戸は雪。

びっくりしました。まっしろ。

六甲山ならともかく、下町ですから。

 

 

こんなに雪が降るんなら、スキー場はウハウハなのかと思いきや

スキー場はこの20年で3割つぶれたそうだ。

スキー人口は4割減っているのだそうだ。

(週刊文春の記事へのリンク) 

 

 

 

 

そういえば、スキーなんて何年やってないだろう。

 

 

 

関西に越してきた時、

友人がみんなスキーができるというので驚いた。 

『高校の修学旅行はスキー合宿だった。』というのだ。

 

へー。

 

私なんか、中学も高校も修学旅行は

京都・奈良だったのに…

 

 

 

まあ、そういうこともあって

関西の若造はみんなスキーができる。 

生意気である。 

私なんかボーゲンも怪しいのに…  

しかし、最近は若い人もスキーをやらないんだそうだ。

 

 

 

バブルの頃はひどかった。

 

『私をスキーに連れてって』なんていう

脳みそが溶けそうに、頭の悪い映画に踊らされて

若い衆は、みんな雪山に行ったもんである。

 

00tomoyo  

 

恋人はチャンドラボース

 

  

  

何しろ船橋にザウスがあった。

 

屋内スキー場です。

 

しかし、船橋だぜ。

船橋っていったらヘルスセンターだろう。

一年中菜の花畑で暖かくて、

六甲山よりも低い山しかないという真っ平らな千葉県に

500mのスキー場を作ろうとしたから

こんな馬鹿馬鹿しい代物になった。 

00zausu 

 

 

バブルの塔。

 

 

 

 

バブルが終わるとザウスというのは、なくなって、

今はIKEAになっています。 

 

入場するのに5000円。

ウェアと板を借りたら2万円。

カレーライスが2000円。

カップルで行ったら、5万は覚悟しろ、という

『ザ・バブル』な施設であった。

 

 

Wikiなんかだと『予定通りの撤退』みたいなことが書いてあるが

それが大嘘なのは、千葉県民がみんな知っている。

 

 

今は売り飛ばされてドバイにある。

ざまあみろだ。

 

 

 

 

 

 

 

そこにいくと、関西人はしっかりしている。

 

六甲山にもスキー場があって、手ぶらで行けるのだが、

板からウエアから借りてリフトに乗ったら

やっぱり1人1万円くらいかかる。

当然、関西人は誰もそんなことはしない。

 

 

みんなウエアと板とブーツは持ってくる。

 

リフト代をケチって、板をしょって斜面を登っていく

八甲田山雪中行軍のような

家族連れを見たことがある。

 

すげー。

 

こいつらにはかなわないわ、と思った。

 

 

 

 

 

 

 

雪が降ったこと、から始まって

なんでこんな話に収束するのか。

 

ちゃんと、スキーの思い出や

『シュプール号』の三段寝台車の話や思ったんだけど

っかしーなー。

 

いずれまた。雪の日に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の二枚。』

 

 

 

 

 

スキー合宿 

00ski_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、鹿も好き。 

00nara_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« だから, それは『保育所』じゃない | トップページ | 北方領土報復手段は、これだ »

そんな時代もあったよね」カテゴリの記事

コメント

ザウスってすごいですね
入場料で5000円で
ウェアと板で2万円で
カレーライスが2000円!?
ほんとに
「ザ・バブル」ですね

ドバイの写真見たことがありますが
あれが 
「ザウス」なんですね

今回も勉強になり楽しかったです
ありがとうございます

投稿: レイ | 2011年2月11日 (金) 19時34分

自分が通ってた小学校は雪が降ると体育の授業でスキーやらされました。岩手県です。体育館の横にスキー小屋あって、そろそろ雪降る季節になると「お前らスキー持って来いよ」と連絡網が回って来る学校でした。

校庭でクロスカントリーっぽことやらされて、年一回スキー場で強制講習会です。

投稿: 鯨 | 2011年2月12日 (土) 00時09分

レイさんありがとうございます。
ザウスには、えらい目に遭いました。
客が入らないので、値下げと割引を
繰り返して、末期には多少ましな
料金になったようですが。
日本は金持ちでしたねえ。
 
鯨さんありがとうございます。
なるほど、雪が降る地域では
そんなことになっていたんですね。
うらやましいばかりではないですね。
毎週クロスカントリーは辛いなあ。

投稿: natsu | 2011年2月20日 (日) 15時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/38683749

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の日とスキーとザウスと私。:

« だから, それは『保育所』じゃない | トップページ | 北方領土報復手段は、これだ »