« JR四国の阿佐線復活法募集 | トップページ | だから, それは『保育所』じゃない »

2011年2月 9日 (水)

うるさい車掌

名古屋の地下鉄で

「きょうも一日お疲れさまでした」なんていう、

嘘くさいセリフを言う車掌が、とっても評判、というニュース

(毎日新聞の記事へのリンク)





地下鉄東山線を担当する車掌、

石井慎一さん(29)=愛知県あま市在住=は

07年から「一言アナウンス」を加えるように心がけている。

昼間は「お気を付けてお出かけ下さい」、

夕方は「お帰りなさい」、夜は「お疲れさまでした」。だと。




で、これを誉める馬鹿がいる。




「18時38分藤が丘着の(電車の)車掌さんは

丁寧な放送で、とても気持ちよく聞こえました」










もう、黙れ。













いまでも電車の放送はうるさい。





いわく

『ホームと列車との間に隙間があります。』

『車内での携帯電話のご使用はご遠慮下さい。』

『先頭から5両目は9時まで女性専用車になっております。』



『次は○○駅です。』

『○○方面お乗換えの方は○番線です。』

という本来の放送が聞き取れないくらい、うるさい。



だけど、それでも今の車内放送は

昔と比べたらずいぶん静かになったのだ。










慎一は、しらねえだろうから教えてやる。 






昔の鉄道って、もっとうるさかった。


今でも、「大井川鉄道」とか「高千穂鉄道」とか

観光路線は、あそこの山は何だ、

この鉄橋は高さ何メートルだということを

いろいろアナウンスする。  



観光鉄道なら、それも「料金のうち」だと思っているから、

みんな大人しく訊いているけど

昔は、しゃべりたくてしょうがない車掌というのがいた。



国電区間は、そうでもないが

観光路線ではなくても、ちょっと田舎に行ったら

沿線案内を始める車掌なんていくらでもいた。



本当に、なんっっにもない、クソ田舎で 

『では、この地方の伝承を伝えます歌がこちらです。』 

といって、唄を歌いだしたキ○ガイが本当にいた。 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

そんな時代から  

日本の列車はうるさいんだ。 


 

『ぼくは、JRじゃないもーん。』とか、くだらないこと言うなよ。

同じことだ。













でも、今回のニュースでは

違うのよ、石井愼一君(29)はいい人なの。

といいたいらしい。



同乗したOL(笑)そのほかから

彼を褒めそやすセリフが届いているのだという。 

 
 
 
 
 
 
 

うるせえよ、この馬鹿。








二日酔いの、朝の忙しい時に

『おはようございます。』も

『気をつけて行ってらっしゃい』も要らねえよ。 


これに対して

こうやって「発言小町」的な馬鹿が褒めそやす。




それをまた、馬鹿新聞が

ほのぼのニュースとして取り上げる。 





なぜ、うるさいって言わないんだろう。






本来なら、必要のないセリフをなるべく減らすことこそが

評価されるべきだろう。


しゃべくっている貴様の乗務中に

事故があったら、ただではすまさんぞ。









本当に嫌だ。

反吐が出るくらい嫌だ。





  

00siniti_2
29だってよ。

動労千葉で5年揉まれてこい。









頼むからもう、これ以上、

日本の電車をうるさくするな。























『夜のとばりが開ける頃、

朝のしじまを破って、運転する今日の普通列車。

はるか雲海の彼方、西明石駅までご案内する

今朝のナビゲーターは、

車掌のジョーー・タツヤですっ。』


 

『うわあ、こいつの列車に乗っちゃったよ。』

『うっとおしいですねえ…』


 

『さて、左手に新長田の鉄人の後ろ頭が見えてきました…

では、お便りをご紹介しましょう

「いつも、ジョーーーさんの声に癒されています。

通勤時間にとても温かい気持ちに…」

あ、次は須磨です。』


 

『ずーっと、しゃべってるんですか?この馬鹿?』

『こうやって誉めるブスがいるから、調子に乗るんだよなあ…』



 

『須磨駅を出ますと、左手に瀬戸内海が見えて参ります。

では、このエメラルドグリーンの海をバックにミュージックを

お届けしましょう。

ポールモーリア・オーケストラの演奏で

『真珠の首飾り』。

あ、塩屋です。』 


















では『今日の一枚。』










須磨-塩屋駅の間は海のそば

00sioya













静かに景色を見せてくれ。







にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

|

« JR四国の阿佐線復活法募集 | トップページ | だから, それは『保育所』じゃない »

ぼくは鉄じゃない」カテゴリの記事

コメント

私が高校生の頃、遅刻しそうになった登校時のこと。
満員の市内、路面電車のドアの手すりにしがみ付いて乗り込もうとした時、
車掌から
「これ以上乗られますと電車がパンクしてしまいます。ぶら下らないでください」
と言われて、素直に降りました。

投稿: A7 | 2011年2月 9日 (水) 18時06分

爆笑でした!
まさかnatsuさんのブログと
私のブログが1ミリかするとは・・・

いや、ほんと分かります
うるさい車掌はいらないです(真)

それにつけても
ゆっくり出来る時間は大事ですよね^^

投稿: レイ | 2011年2月 9日 (水) 22時05分

A7さんありがとうございます。
『電車がパンク』
それは、素直に降ります。
電車のパンクよりも
怒っている車掌の法が怖そうです。
 
レイさんありがとうございます。
いつもありがとうございます。
ほんとに、どうしてこういう車掌を
世間が誉めるんでしょう。
いやだなあ。

投稿: natsu | 2011年2月12日 (土) 21時22分

ほんと,マスターベーション車掌にはうんざり。
マイクのスイッチ切って一人でしゃべってろよ。

投稿: | 2011年2月25日 (金) 11時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/38793267

この記事へのトラックバック一覧です: うるさい車掌:

« JR四国の阿佐線復活法募集 | トップページ | だから, それは『保育所』じゃない »