« うるさい車掌 | トップページ | 雪の日とスキーとザウスと私。 »

2011年2月10日 (木)

だから, それは『保育所』じゃない

JR西日本が大阪駅ノースゲートビル11階に

保育施設を作る、というニュース。

(共同ニュースの記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

だから、それを『駅ナカ保育室』と言うな。

 

 

 

以前『駅ナカ保育園』というのを罵倒したことがある。

同じようなことを感じた人がいるらしく

『駅ナカ』は、建築基準法も消防法も適用されなくて危険だ、

という話が建築雑誌にも載るようになった。

 

 

 

 

 

だから、11階にあるここの保育所は

認可保育園には金輪際なれないんだが

それなのに、こうやって三流マスコミが取り上げるのが嫌だ。

 

 

 

普通に考えて欲しい。

 

11階から子供を避難させようと思ったらどうしたらいいのか?

『あんよもじょーず』じゃないような

ガキどもを誘導できるのか?

抱っこして降ろすんだよな。

 

 

30人というのは

需要を考えたら、はるかに過小な規模だと思うのだが

そんなに少ないのは、ひとつは避難のためだと思う。

 

30人を同時に避難させようと思ったら、30人の保育士が要る。

 

 

 

『一郎君はお兄ちゃんでしょ?せんせーが帰ってくるまで

我慢できるわよね。』 

『でも゛でも゛、け゛む゛り゛がー。』

 

 

それでいいのか? 

 

 

それだけじゃない。

保育士の勤務シフトなんて知らないが

30人を避難させる人員を確保する人間ためには

50人以上、雇わなければならない。

 

だから、絶対に商売にならないと思う。

 

今回、1時間1080円とか

ライトな風俗店くらいの値段になっているのは

結局、そこまでやらないと儲けにならないから。

 

 

 

でも、それでもJRが主催するのは、

いずれ『駅ナカ保育所』をやりたいから.。  

 

JRは、それが儲かるからやりたくて仕方がないんだ。

でも消防法とか基準法のことを言われて、

本格的にはまだできない。

 

 

 

だから、今回JRが運営する『保育所』は

避難以外にも神経質な運営をすると思う。

 

『うちの子がインフルエンザになったわよっ。』とか

『積み木が崩れて、怪我させられたわよっ。』とか

『うちの子だけ、仲間はずれにされたわよっ。』とか

 

いろんなモンペに配慮しようと思ったら

30人のガキに50人体制でも不足かもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

福知山線脱線事故の

JR西日本なんか信じちゃいけないんだが

それでも、こうやって一般紙やTVに取り上げられちゃうんなら

一応、神経質な運営をするだろう。

 

でも、いま大阪駅近辺は猛烈な建設ラッシュだ。

必ず床が余る。

その時、悪質な業者が参入しないと保証はできないだろう。

 

『駅チカ保育園』が商売になることはわかっているのだ。

そうであれば、参入の機会を狙う連中は、いくらでもいる。

 

そこに、テナントの入らないフロアが出れば

質の悪い奴が必ず入る。

 

10階だろうが20階だろうが

知ったこっちゃねえ。

 

 

JRが『前例』を作ったから、こんなことになるんだ。

なんていうことを、これ以上言わせないでくれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

少なくとも、こうやって

『保育所』、『JR』、『駅ビル』という

キーワードが揃ったら三種の神器だ。

『認可外』とか、『一時預かり』なんていう言葉は

情報として、こぼれ落ちてしまう。

 

絶対に『認可保育所』にはなれないんだから

ここは、マスコミも『保育所』という言葉を

使ってはいけない。

 

『JR』で、しかも『保育所』だったら

『まあ、安心』と思ってしまうだろう。

そこで、誤ったメッセージを出しているんだよ。

こういうのを『提灯記事』といわないか?

 

 

 

『保育所』っていうのは魔法の言葉なんだよ。

頼むから使うな。 

 

『保育所』なんていう表現をやめて『託児所』でいい。

何だったら『コインロッカー』でもいい。

 

 

頼むよ。

君達は、言葉をひろめる人だ。

間違ったイメージを広げることは許せない。

 

 

 

 

 

 

 

さらに、

『駅ビル開業で、百貨店や専門店に

京阪神から多数の客が来ることが予想され、

安心して買い物を楽しんでもらうためには

子どもの一時預かり施設が必要と判断した。』というのは

親の都合だよな。

 

 

 

車に子供をおいて

パチンコするのと、何が違う。

 

 

 

違うのよ。

あんなDQNと一緒にしないで。

 

『ちょっとは息抜きが欲しいのよ。』

といわれたら、そうかもしれない。 

 

そもそもあんた、子供がいないでしょう。

と言われたらその通りだ。

 

 

でも、『あんたには子供がいないから』ということで

議論を封殺するのなら、それは卑怯だ。

 

 

 

 

 

そもそも

子供からしたら、同じじゃないだろうか?

 

二つ、いや一つでも

子供は親の顔が判別できる。

 

そうであれば、

知らないおばさんに、いくらあやされても

号泣するガキがいるだろう。

 

いいのか?それで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『やあ…』

 

『あらー。たっくん今週は皆勤賞ね。』

 

『うちのおっ母さんよりも、マリ子先生に会いたくてな…』

 

『あらー、3つのくせにおませねー…』

 

『早速だけどいいかな…』

 

『…えー?もうするのー?』

 

 

 

 

『マリ子先生の顔を見たら我慢できなくってな…』

 

『しょうがないわねえ、じゃあ、横になって…』

 

『…おおう。』

 

『はい、脚を広げて…』

 

『…おおおおおう…。』

 

 

 

 

『ちょっとー。マリ子ー。

おむつ替えならトイレでやりなさいよねー。』

 

『だぁってー。この子もらしちゃったんだもん…』

 

『知らないわよー。また不潔だ何だっていって

モンペから文句がきたってー。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

 

 

 

『電気パルスで笑顔。』の機械。 

 

00smile_machine_3  

 右図の状態で

 装着すると

 ぴくぴく笑います。

 

 

まあ、頑張れ…。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

|

« うるさい車掌 | トップページ | 雪の日とスキーとザウスと私。 »

ふざけんなよ、こらあ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/38803078

この記事へのトラックバック一覧です: だから, それは『保育所』じゃない:

» 関西デリヘル 激安店・口コミ情報 [関西デリヘル激安クーポン・無料券・口コミ情報]
関西のデリヘル情報満載。激安クーポンから、無料体験券プレゼントまでお得情報が満載。口コミ情報も要チェック♪ [続きを読む]

受信: 2011年2月11日 (金) 19時03分

« うるさい車掌 | トップページ | 雪の日とスキーとザウスと私。 »