« めざとい奴には気をつけろ | トップページ | 絶対に、やってはいけない »

2011年3月16日 (水)

シーベルトとシーボルト

相変わらず、終わりが見えない福島原発事故。 

原発周辺から放射線が観測された、なんていって大騒ぎである。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

 

 

その時出てくる被曝量の単位が『シーベルト』。

 

いま、日本で『シーベルト』『シーボルト』

勘違いしている奴が10万人いる、に100万点。

 

 

00seabolt_2

 

 

 

 

わしゃ、怖くないよ。

 

 

 

 

 

 

シーボルト先生は医者で植物学者で、日本にも来た。

シーベルト先生は物理学者で、放射線の研究をした。

 

 

 

 

 

 

なんで、日本地図を持ち出そうとして怒られた先生と、

放射能が関係あるんだろうって思ったら、

まったく別人でした。あぶねー。 

 

 

でも、くやしいから言う。 

絶対勘違いしていた奴が、ほかにもいる。

 

 

 

『マイクロがミリになったぞ』なんていう騒動を聞いたら

シーベルト先生も、シーボルト先生も

草葉の陰で複雑な思いだろう。

 

 

 

『くそっ、俺の燃料棒が本気を出したらっ』

 

 

 

 

 

政府や東電の、情報の出し方も小出しで下手くそだけど、

『冷静に』って言っている

マスコミが一番冷静じゃないような気がする。

 

事態の把握が出来てないと怒るし、

ちょっとでも発表が遅れると、また怒る。 

 

 

 

『マイクロがミリになりました。』なんて言うと、

『マイクロとミリじゃ、1000倍ですよっ。』って騒ぐ。

 

そうすると、今になって

『いや、心配するようなレベルじゃありません。』なんて言う。

 

 

 

東電の職員も自衛隊員も、みんな真剣だろう。

あんまり騒ぐと、発電所放水のための

『放射能三勇士』なんてのが出てきかねないから

無理はさせないであげてください。

 

 

 

もちろん、一番大変なのは被災者の方だと思う。

情報がないと不安だが、

小出しにされて『避難しろ。』『外に出るな。』と言われたら

右往左往しちゃうんじゃないか?

 

安心のためにも、ちょっとは情報を整理したらどうだろう。

マスコミも政府も。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

|

« めざとい奴には気をつけろ | トップページ | 絶対に、やってはいけない »

おこられませんように」カテゴリの記事

コメント

TBSに出てた学者が
アナウンサーに
「これからどおしたらいいんでしょう?」
と聞かれて
「NHKの情報をよく聞いて、行動したほうがいい」
とか、無茶苦茶言っていて
不謹慎ながら笑ってしまいました

情報って大事ですね

投稿: レイ | 2011年3月17日 (木) 12時20分

レイさんありがとうございます。
学者も、あちこちのテレビ局に呼ばれて
訳がわかんなくなっているみたいですね。
落ち着け、と思います。

投稿: natsu | 2011年3月23日 (水) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/39255580

この記事へのトラックバック一覧です: シーベルトとシーボルト:

« めざとい奴には気をつけろ | トップページ | 絶対に、やってはいけない »