« あのパークの開幕の彼方のむこう | トップページ | そっくりなふたりと国際原子力発電所 »

2011年4月12日 (火)

ASIMOに原発事故処理をしてもらえませんか

『ASIMOに原発事故処理をしてもらえませんか。』

『残念ながら現状では、

(そのような)ことができる技術には至っておりません。』

 

    

この、冗談みたいなやりとりは、

実際にHONDAのウェブサイトに載っている。

(HONDAお客様相談センターへのリンク)

 

 

うんうん、ロボットっていえばHONNDAだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京タワーが

『がんばろう日本』というメッセージを点灯した。

 

000tower2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけなら、なんていうこともないニュースなのだが、

3.11の大地震のおかげで東京タワーの先端部は

曲がってしまった。

 

000tower

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機能的には問題がないらしいし、

交換した、というニュースも聞かないので

おそらくそのままだろう。

 

泣かせるじゃねえか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神戸のホテルオークラが『ファイト』という文字を点灯した。 

 00kobe  

 

 

 

 

 

 

 

 

これも、よその地域の人には

なんていうこともないニュースだと思うのだが

『16年前の神戸』を知っている人には

琴線を琵琶法師のようにかき鳴らすニュースなんですよ。

 

このホテルは、16年前の震災直後も同じメッセージを掲げた。

 

『あの時』と違うのは、ホテルオークラが

『営業している』ということ。

お客さんに協力して貰ったそうです。

 

そして、16年前、私はJR元町駅のホームから

このメッセージを見たのだが、一番上の『フ』しか見えず

 

『なんだろう?』

 

『フロあります、かなあ。』

 

などと、間抜けなやりとりを友人としていたりしたのだが…

まあ、そんなこと言うのは野暮だ。

 

 

 

 

 

 

 

今日で『3.11』から1ヶ月。

原発はもとより、頻々と余震まで起きている。

 

『1ヶ月すぎた』ではなく、

『現在進行形』なのがやりきれない。

 

しかし、傷つきながらもメッセージを灯す東京タワーを見ると、

日本はきっと大丈夫なんだと思いたいですね。

 

 

 

『ASHIMOは使えないんですか?』と訊かれた

HONDAのカスタマーセンターの人も面食らっただろうが、

Q&A集に載っちゃうくらい

おなじ問い合わせが、たくさんあったんだろう。

 

こんなエピソードが、笑い話になるようにしてくれよ。

 

 

 

 

HONDAはポータブルの発電機も作っていて

停電が心配される時節柄、これに関する質問も多い。

 

中でも考えさせられたのが、これ。

 

 

Q:建屋の配電盤に接続出来ますか。

A:電力会社からの電気配線の接続は

  法律で禁止されており、 絶対に行わないで下さい。

 

 

『技術的にできない』とは、一言も書いてないんですよね。

実際、ちょっと電気に強い人だったら配線するのは

難しくないと思う。

『…法律で禁止されており、絶対にやめて下さい。』

という強い口調に、いろんなことを考えてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚。』 

 

 

 

 

 

 

 

 

アトムとウランちゃん

00000000000000000

 

 

 

 

 

 

教訓めいたことなんか言うのは大嫌いだが、

原子力が希望だった時代はあったのだ。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

|

« あのパークの開幕の彼方のむこう | トップページ | そっくりなふたりと国際原子力発電所 »

おこられませんように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/39576266

この記事へのトラックバック一覧です: ASIMOに原発事故処理をしてもらえませんか:

« あのパークの開幕の彼方のむこう | トップページ | そっくりなふたりと国際原子力発電所 »