« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の投稿

2011年4月30日 (土)

サイゴン陥落とマダム・ニューの死と国家消滅

4月30日はサイゴン陥落の日。

20年以上続いた『ベトナム戦争』がこの日、終結した。

(Wikipediaのページへのリンク)

 

 

 

 

 

『国家が消える瞬間』

というのをみたのは、初めてだった。

 

 

000saigon   

官邸に突入する

北ベトナム戦車

 

 

 

 

 

 

000saigon_2 

これがテレビで

生中継されたのだよ

 

 

 

 

000saigon1 

 

 

翌日の新聞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、ソ連とか東欧諸国とか

たくさんの国家の『消滅』がテレビで

伝えられることになるのだが

まだ、ガキだったからね。ショックでしたよ。

国家が、なくなるって。

 

 

 

 

 

今日では戦争、というとマスコミにさらされる。

湾岸戦争やユーゴ内戦なんか最たるものだ。

 

逆に、いまやっている

アフガン紛争の映像などがあんまり流れないのは、

抑制されている、という事だ。

 

 

 

 

『報道』する以上プロパガンダであるはずだが、

ベトナム戦争では猛烈な反戦運動が起こった。

 

 

当時はまだ、映像の力が軽視されていて

垂れ流しにされたからだ。

 

000betnam南ベトナムのグエン警察長官が

捕虜を撃ち殺すシーン

 

 

さすがにこれはひどい。

俺たちが味方しているのは、正義なのか?という

疑問が西側諸国で一斉に起こる。

 

 

 

「火に油を注いだ」例のひとつがこのインタビュー。

 

 

 

このおばはんは『ゴ・ディン・ニュー夫人』という人で

南ベトナムの独裁者だった、ゴ・ディン・ジェムの義妹。

 

 

義兄のジェム大統領が行った、仏教徒弾圧に

抗議して焼身自殺した僧侶の映像が世界中に配信されて

批判を浴びたことに対して答えたのが、これ。

 

手塚治虫の漫画の登場人物に、

よく『三流国の独裁者夫人』というのが出てくる。

 

髪をアップにして指輪首輪などのアクセサリーをつけ

まつげがばっちりというのが出てくるが

おそらくモデルはこいつ。

 

 

 

 

このインタビュー自体は、もっと長くて

『だって、あの坊主たちは

(親米のジェム政権にたてついておきながら)

アメリカ製の石油で自殺したのよ。矛盾しているじゃない。』

と続いている。

 

 

 

 

化粧バチバチで国民を侮辱したこの映像は

ケネディを激怒させ、義兄のゴ・ディン・ジェムに対する

クーデターにつながった。

 

00jem 

うむう、マダム・ニューめ…

 

 

 

 

ゴ・ディン・ジェムとニューの兄弟は1963年に殺されるのだが

『小物』のニュー夫人は見逃されて、亡命した。

 

ことし4月24日に、めでたく死んだそうである。

87歳まで生きたので、あまりざまあみろ、という気にはならない。

 

彼女にも係累がいるはずだが

すこやかに眠れると思うなよ。

 

きっと呪ってやる。

七代裔までたたってやる。

 

地球が

全ての人類が、必ず貴様を呪う。

 

 

 

 

 

 

 

あの電力会社の社長も

そう思われないように気をつけることだ。

 

せめて、役員は報酬を差し出し、

五体投地して謝れ。

 

 

 

 

 

国家は滅びる、

という事を知ったのが35年前の今日なのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の「国家の消滅」。』

 

 

 

 

 

 

 

 

ベルリンの壁崩壊(1989年)

000berlin  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソ連消滅(1991年)

000gorubi 

 

 

 

 

 

ゴルビーかっこわるっ。

 

 

 

 

 

 

玉音放送(1945年)

000815_2 

 

 

 

 

 

 

この時は、日本は滅んだ訳じゃない。

 

滅ぼさないでくれよ…

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)

『昭和の日』だから昭和のことを考える

きょうは『昭和の日』。

昭和天皇のお誕生日です。

 

 

 

 

 

 

家で仕事していると、あんまり祝日とか関係ない。

せっかくなので今日は『昭和』のイメージっていうのを考えてみます。

 

とりあえず、個人的に『昭和』だと思うものを。

 

 

000syouwa1

サザエさん。

 

 

 

000syouwa2_2

 

東京タワー

 

 

 

 

000syouwa6

 

美空ひばり

 

 

 

  000syouwa13117クーペ 

 

 

 

 

000syouwa4

 

光化学スモッグ

 

 

 

000syouwa5

 

ディスコ

 

 

000syouwa7

 

 

一本足打法

 

 

 

000syouwa0_2

 

聖徳太子の一万円札

 

 

 

000syouwa12

 

営団地下鉄の古い車両

 

 

 

000syouwa17

 

応接間と百科事典 

 

 

 

000syouwa14

 

 

木の電信柱

 

 

 

000syouwa19

 

 

ソノシート

 

 

 

 

 

000syouwa15

 

エッグチェア

 

 

 

 

000jieitai

 

オールドスタイルな

自衛官募集ポスター 

 

 

 

 

 

000syouwa18

 

 

クジラの竜田揚げ

 

 

 

 

 

 

 

『東京タワーや美空ひばりは、

衆目が一致するところだろうけど…』

 

『まあ、あくまで個人的なもんですよね。』

 

『バブルって昭和だっけ?』

 

『ちょうど、元号をまたいでいる感じです。』

 

『でも、どっちかというと「昭和」かなあ。』

 

『公害っていうのも昭和ですよね。』

 

『雑誌が「工場デート」なんていうのを取り上げだしたのが

公害問題が一段落した80年代なんだ。』

 

『千葉なんかの工業都市にいると、

あんなもん、何がありがたいのかと思いますけどね。』

 

『こういうイメージっていくらでも出てくるな。』

 

『なにしろ昭和は64年もありますから。』

 

 

 

 

『そこでクイズを作ってみた。

題して「昭和はどれだ?」

 

000syouwa8

 

 

 

 

 

 

 

『これ、全部昭和でしょう。』

 

 

『ふっふっふっ、正解はこうだ。』 

 

000syouwa82

 

 

 

 

 

 

 

『たまごっちって案外最近だったんですねえ。』

 

 

『次をみたら驚くぞ。』

 

000syouwa9

 

 

 

 

 

 

 

『…のらくろ? 

大正時代かどうかって事ですか?』

 

 

『正解はこうだ。』

 

000syouwa10

 

 

 

 

 

 

 

『ディズニーシーは10年目なのに、ランドはこんなに古い。

のらくろって、もう少し前からやってると思ったし、

エヴァももっと古いと思ったんだがなあ。』

 

『答えをみても、そんなに意外な感じはしません…』

 

『でも、たまごっちよりもエヴァのほうが古いんだぞ。』

 

『あっ。』 

 

 

 

 

 

『さて、次だ。』

 000syouwa10_2

 

 

 

 

 

 

 

『NHKはラジオ放送をやっているから古いでしょう。』

 

 

『これも、正解はこうだ。』

 

000syouwa102_2

 

 

 

 

 

 

 

NHKってそんなに新しいんですか。』

 

『日本放送協会としては大正15年に出来てるんだけどね。

戦後、法律が変わったから、仕切り直しで昭和25年てことで。』

 

 

『兼高かおるって、あの「世界の旅」?』 

 

000kaoru

なんで、このおばさんは

毎週世界旅行しているのか?と

うらやましかった、日曜の朝。 

 

 

『この番組自体が「昭和」ですよね。

植木等も、昭和の象徴みたいな人ですし。』

 

『それだけじゃない。植木等の誕生日は

昭和元年12月25日。大正天皇が崩御した日で

昭和が始まった日なんだ、』

 

『まさに「昭和の申し子」ですな。』

 

 

 

 

 

『最後は難問だ。竣工した年代を当ててくれ。

っきり言って、俺はこれを2つ間違えた。』

 

000syouwa11_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『建物編ですね。これを間違っちゃだめでしょう。』

 

 

『正解はこうだっ。』

 

000syouwa112_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『国会議事堂って新しいんですねえ。』

 

『昭和なのは知ってたけど、二桁だと思わなかったよ。』

 

『ベイブリッジもメッセもバブルの最中ですね。』

 

『中之島公会堂は、

この日記にも書いたことがあるから知っていたんだ。

でも、幕張メッセは「昭和」のイメージがあったんだよなあ。』 

 

 

 

 

 

 

『じゃあ、最後に

孫のウィリアム王子の結婚式で、しあわせな この方は?』

 

00qeen_2

 

エリザベス女王

大正15年生まれの85歳。

 

 

 

 

『この方は、昭和とか大正は意識されてないんじゃあ…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

美智子様きせかえ。

000mich

 

 

 

 

 

 

これも『昭和』だな。

いまイギリスの女の子は、こういう遊びをしているんだろうか。

 

 

小道具の中に電話器があるのが訳わからん。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月28日 (木)

バウンティ号の日

4月28日はバウンティ号事件が起きた日。

(Wikipediaの記事へのリンク)

   

 

 

 

 

 

1789年のこの日、

太平洋で行動していたイギリス海軍の戦艦で

叛乱が起こった、というもの。

 

 

 

 

『船員の叛乱』というだけなら、よくある話で

どうということもないのだが、

この事件が変わっているのはその後の経過。

 

 

パンの木輸送作戦、という間抜けな命令に従事していた

バウンティ号の皆さんが叛乱。

船長にも問題があったらしいのだが

抗命罪というのはどこの国の軍隊でも死刑なので

逃げ込んだのが、ピトケアン島という無人島。

 

 

 

どこだ?それは。という質問はもっともで、ここ。

 

 

00pitoaken

 

 

 ピトケアン島を中心とした世界地図。

 

 

 

 

最寄りの島まで5300kmという『絶海の孤島』。

こんな所に逃げ込んじゃったあたり、

よっぽど報復が怖かったのかと思う。

 

 

 

 

日本にも、あちこちに『平家の落人集落』というのがある。

田舎なのはもちろん、

そんな高いところに、とか そんな離れ小島に、とか。

 

『平家の落人』、というと何となく

『悲運の御落胤』というイメージがあるらしいのだが、

要するにただの負け犬だ。

 

子孫がかわいそうだから、

そんなところまで逃げなくても、と思うのだが、

そんなに怖かったのか?源氏。

 

00genji

 

こわくないよ

 

 

 

 

 

 

 

 

それはともかくバウンティ号の皆さんのうち

ピトケアン島に逃げ込んだのは男ばかりの9名。

 

それだけでは死んでしまうので

タヒチ島に立ち寄って現地人の女12人と、男6人と

鶏、豚、食糧を積み込んできた。

 

この島を選んだのは偶然だが、結局彼らはここに居着くことになる。

 

もちろん、イギリス人の男9人とタヒチの男6人が

女12人を前に冷静でいられるはずはなくて

18年後に偶然立ち寄ったアメリカ船がこの島を『発見』した時

そこにいたのは、イギリス人水夫、ジョン・アダムス

タヒチの女10人。

そして、こどもたち23人だった。

 

 

うわあ、アダムス、絶倫。

 

 

 

 

 

アダムスは無学だったが聖書だけは持ってきており

彼は『こどもたち』にそれを教えた。

 

したがって、いまでもピトケアン島の皆さんは

英語とタヒチ語の混成語(クレオール)を話す。

 

『いまでも』といったが、

『いまでも』この島にアダムスと仲間の子孫はいて

その人数は45人(2004年) 

 

 

 

 

 

 

 

この間、『東京島』っていう映画があったよね。

あれは、アナタハン島事件っていう

別の事件の下敷きがあるんだけど、

『絶海の孤島に男がたくさんで女が少し』という状況は似ている。

 

まるっきり女がいなければ、あきらめもつくし

違う方向に行くのかもしれないけど

『ちょっとだけいる』っていうのは、罪だ。

 

 

 

 

 

 

そうかあ、そういう状況になったら俺なんか負けるよなあ。

『ウエシマ作戦』とかやって

『どうぞ、どうぞ』ってやってもだめなんだろうなあ。

 

 

この事件を元にした映画とかがあって

アダムスを英雄のごとく描いていたりする脚本もあるのだが

要は強姦魔だ。

 

いま現在も、アダムスの子孫はいるらしいので

言葉は選ばないといけないが

先祖が馬鹿でも、君が立派ならいいじゃないか。

 

プラスでもマイナスでも血統にこだわる奴なんか大嫌いだ。

 

 

 

 

テレビで、『ピトケアン島』という存在を知って

びっくりしたのはもう10年以上前か。

 

そして、よく考えたら『ウエシマ作戦』って

『最後は自分がやる』んだよな。

 

 

 

 

 

 

ずるい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の二枚。』 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画『東京島』での、木村多江。

000000000000000000000000000000000_2  

 

 

 

 

 

 

眼が怖いが実際に起こった事件はもっと怖い。 

 

 

 

 

 

昭和19年から25年まで、実際に起きた事件。

 

企図せずに、女ひとりと、男32人が無人島に同居する

アナタハン島事件で生き残った、比嘉和子さん。

(この写真は救出時で28歳。)

Kazuko2  

 

 

彼女を取り合った、かどうか

真相は藪の中なのだが

32人の男のうち

9人が死んだ。

 

 

 

 

命をかけて争うような女かどうか

という以前に、

セックスのために命をかけるなよ。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

(9月2日追記:

コメントを頂いて一部文章を修正しました。

23人のこどもたちが、全員アダムスの子供ではない、

という、ご指摘は正しいと思います。

申し訳ありませんでした。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

ナンバーが足りないのでお札を変えます

一万円札と千円札のナンバーの色が変わる、というニュース。

(朝日新聞の記事へのリンク)

   

 

 

 

 

 

 

 

『なんで?』

 

『130億枚刷って、番号を使い切っちゃうんだそうです。』

 

『アルファベット三文字と数字6桁で130億じゃあ

数が合わないような気がするけど。』

 

『アルファベットの、IとOは使わないらしいです。』

 

『じゃあ、I B 123456M とかがあったら偽札なんだ。』

 

『そうです。』

 

『それでも数が合わないけど…

万札130億枚っていうと、130兆円?』

 

『ずいぶん刷りましたよねえ。』

 

『ちょっと分けて欲しいわ。』

 

『それでも足りないなんて、

なんでお金がないんでしょうね、日本。』

 

『それにしてもさあ、ナンバーの色を変えるって、

そういう手は、「あり」なんだ。』

 

『漱石の千円札でもやったらしいです。』

 

 

 

 

 

『粋じゃねえな。』

 

『…はい?』

 

『区別が出来りゃいいんだろ?

そんな地味なところを変えないで、どーんと変えろよ。』

 

『どーんと?』

 

『千円札の富士山を、赤富士にするとか…』

 

000sennenn_2

 

 

 

 

 

 

 

 

『粋ですか?これ。』

 

『うるせえな。うちのソフトじゃこれが限界なんだよ。』

 

『色版を多くしてもだめですよ。』

 

『でも、「ライジング・サン」の図柄だぞ。

震災復興にも掛けて外人に受けるんじゃないかな。』

 

『コレクターズ・アイテムになりますかねえ。』

 

『ほかにも、いろんなところでちょっとずつ変えたらどうだろう。』

 

『…いろんな所?。』

 

 

 

 

 

 

 

 

『諭吉が赤目、とか』

  

000yukiti_2

 

 

 

 

 

 

 

 

『英世が眼鏡、とか』

 

000hideyo_2

 

 

 

 

 

 

 

 

そんならこっちは諭吉にひげを描いてやるっ。』

 

000yukiti2_2

 

 

 

 バカボンのパパみたい

 

 

 

 

 

『そんじゃあ、、そんじゃあ英世にもっ。』

 

000hideyo2

 

 

 

 ねずみ男?

 

 

 

 

 

 

『…はあはあはあ…』

 

『これのどこが、粋なんですか?』

 

『教科書の落書きみたいになってきたな…』

 

『いくらでもエスカレートできます。』

 

『いい年して、夜中に なにやってんだか…』

 

『これを国立印刷局がつくっても

絶対、偽札だと思われますよね。』

 

『そこが、粋なんじゃないかなあ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

ワシントンさんたち

Daily_picdump_291_94_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビンラディン・ワシントンはまずいような気が…

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ    

 

 

お札に落書きすると捕まるので、念のため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

巨人軍の正しい夜間練習法

巨人が東京ドームで照明を3割落として練習、というニュース。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

 

 

   

 

 

 

『照明が落とせるんなら

もっと早くからやれば良かったんですよね。』

 

『馬鹿野郎っ。真っ暗でもかまわんっ。

巨人には、伝統の夜間練習法があるだろうっ。』

 

『そんなのありましたっけ?』

 

『星一徹の「燃えるボールノック」だっ。』

 

 

 

00ittetu2

 

 

1000本いくぞっ 

 

 

 

 

『これ、ただの「近所迷惑な親子」ですよね。』

 

『周り全部、長屋だしな。

火事になったらどうするんだろう。』

 

『しかも、飛雄馬には素手でやらせるくせに

自分は、箸でボールをつまんでるんですね。』

 

『器用な卑怯者だなあ。』 

 

『真面目な話が三日続かないのは もう慣れましたけど、

「巨人の星」のコアなファンじゃないと、

このエピソード わからないですよ。』

 

 

 

 

 

 

 

『それで、その「減灯練習」は、どうだったんだ?』

 

『「内野の守備に関しては問題ない。」だそうです。』

 

『実際のゲームでも減灯するかな。』

 

『練習だけだったら、ただのポーズですからねえ。』

 

『でも、微妙な判定の時は揉めるぞ。』

 

『審判をつかまえて、「この鳥目野郎っ」とか。』 

 

『うーん…』 

 

 

 

 

 

 

『照明を減らして、そのうえで

蛍光塗料付きのボールとか使ったらどうかな。』

 

『あの球団なら、やりかねませんね。』

 

『もっと賢い塗料もあるんだ。

極小ガラスボール入りのペンキとか。』

 

『なんです、それ?』

 

『センターラインなんかの道路のペイントでは、

だいぶ前から実用化されてる。

ヘッドライトが当たると反射して見えやすいんだ。

 

『ルールブック的にまずいんじゃないでしょうか…』

 

『ファールボールに お気をつけ下さい、

お持ち帰りにならないように、って

ウグイス嬢がアナウンスすればいいって。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『でも、盛り上がると思うんだけどなあ。

燃える1000本ノック』

 

『ガソリンだって高いのに、

そんな練習法、よけい顰蹙買いますよ。』

 

『「オラー、沢村ーっ。こんな玉も取れないのか?

てめえ、名前負けするつもりか?」って…』

 

『原監督が言うんですか?』

 

『それで、練習が終わると指を指して

「お前は、あの巨人の星になるんだ。」って。』

 

00ittetu3

 

 

巨人の星といえば

このシーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ドームだから星は見えませんよ。』 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の「重いコンダラ」。』

 

 

 

 

 

 

 

知れんのよ、道が……どこまで続くか…

00sun_move_4

 

 

 

 

 

 

 

太陽を運んでくれ。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

大阪の津波と桜木町事故

『大阪人の津波への危機感のなさは ひどいな。』

 

『そうですか?』

 

『だって お前、テレビで

「大阪に津波はありません。東京の企業は大阪へ。」

とか、馬鹿なことを言ってるんだぜ。』

  

 

『瀬戸内海で、しかも淡路島に蓋をされてるような街なんで

みんな勘違いしてます。』

 

 

『大阪にも つい最近、大津波があったんだっ。』

 

  

『155年前の安政大津波ですね。』

 

 

000tunami     

 

 

 

大阪市浪速区にある、

安政大津波の碑

 

 

 

 

 

 

『大阪なんて、聖徳太子の時代には海だったんだぞ。』 

 

  

『上町台地以外、真っ平らな街です。』

 

 

『高潮には強くなったが、まだまだ大阪は津波に弱い。

東南海・南海地震に危機感を持てよ。

津波に慣れてたはずの三陸でも、あれだけの犠牲が出た。』

 

  

『これが大阪だったら、誰も逃げないですよね…』

 

 

『10mの津波に対応していた三陸がやられたのに

3mの津波で全滅した大阪が

150年前とまったく変わらない防災体制なのを

もっと、アナウンスしないといけないはずだろう…』 

 

  

『…そうですねえ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

『さっきの「安政大津波の碑」には、

「…海辺の田畑にも泥水が吹き上がる…」って

液状化現象が起きたことも書かれている。』 

 

  

『今回の地震の時に「WTC だめじゃん」って喜んだ馬鹿

政治生命にとどめを刺されましたけどね。』 

 

 

『それなのに、「新地にGO」とか

眠たいことは言えないはずだ。』

  

『…はあ。』 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月24日は『国鉄桜木町駅事故』の日、でもある。

 

 

 00sakuragityou    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は、事故を起こした車両と同型の改良形。

 

 

木造車に火事が起きて、しかも窓からも逃げられない

という事で死者106人の被害をだした。

  

桜木町だから、横浜だ。 

衆人環視の中で100人以上の人間が

生きながら焼かれて死んだ。 

 

 

 

 

もう、やだ。

 

今日(4月25日)の新聞に

『福知山線脱線事故』の事なんて載っていやしねえ。 

 

 

少なくとも、スーちゃんはそんな扱いを喜ばないんじゃないか?

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

カーブの理由

4月25日は、福知山線脱線事故が起きた日。 

6年経ったいまでも、補償問題とか裁判とかが続いている。 

    

 

 

 

 

むかし、尼崎駅付近の福知山線は、

あんな走り方をしていなかった。

 

現在の地図に重ねてみましょう。

 

000map_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

航空写真で見ると、もっとよくわかるので、どうぞ。

 

 

000photo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福知山線は、大阪を出て西に向かい、

尼崎で東海道線と別れて、大きく北に曲がっていく。

むかしはこんな風に、上下線が違う走り方をしていた。

 

上り線は素直に合流するが

下り線は、東海道線をまたいで、大回りして合流する。

 

 

 

下りも素直に曲がればいいじゃん、と思うのだが、

昭和9年に複線化された時に、こうなった。

 

 

それにしても曲がりすぎじゃないか?と思うが

当時は、蒸気機関車だったので、登坂力が弱く、

線路を跨ぐために距離が必要で、こんな大回りになったらしい。

 

『後輩が先輩を跨ぐ。』というのは鉄道の鉄則だが、

圧倒的に輸送量の違う分岐線だと、

ジョイントで平面交差』というのは、例がある。

 

 

 

それができなかったのは、東海道線と福知山線の

『中途半端な力の差』 だったんだろう。

 

昭和9年というと、戦争も近い。

福知山線も複線にしないといけないけど、 

平面交差ってわけにも、いかないしなあ、と。

 

 

 

 

むかし、ぶったまげたのが阪急西宮北口駅の

神戸線と今津線の平面交差。

 

00kitaguti

 

いま見ても危ない。

分岐線じゃないけどね。 

 

 

 

いくらなんでも、東海道線で そんなことやってくれるな。 

それでもう またいじゃえ、という事だったんだろう。

 

 

 

 

私の想像はここまで。

根性がある人は調べてみて下さい。(Wikipedia 福知山線)

 

 

 

 

 

 

 

福知山線は1970年代から、電化、路線付け替えと

輸送力強化の大工事が行われる。

 

釈然としないのが、その時、尼崎駅への進入路として、

カーブのほうの下り線を生かしたこと。

さらに東海道線の南側のカーブをカットして、

さらに曲率の小さい、新しい跨線橋を造った。

福知山線は、いまも東海道線を高々と跨いで尼崎に入る。

 

事故を起こした『同志社前行』は、尼崎のあと

すぐに神崎川をくぐって、地下の東西線に入るという

蒸機時代には考えられないような線形と勾配で走っている。

 

00map_9

 

 

 

ものすごく乱暴な立体方向の模式図。

(クリックで大きくなります。この図版は、転載をお断りします。)

 

 

 

 

 

 

 

それが、主な原因だとは言わない。

 

事故現場のカーブも、このとき曲率とカントがが変えられた。

しかし、速度さえ守れば、急カーブというほどではない。

国内にも、もっと無茶苦茶な急カーブはいくらでもある。

 

 

 

 

 

しかし、こういった『妥協の線形』

原因のひとつには なったんじゃないだろうか。

 

いろんな意味で人災だな、と思うわけであります。

 

 

犠牲者の方々のご冥福を お祈りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

これで終わるのも辛いので

最初の地図にある『尼崎港線』の話を少し。

 

 

尼崎港線は、歴史的に見ると福知山線の『本線』なのだが

さっぱり客が乗らず、

末期には『客を乗せる列車が一日2本。』という

飾磨港線と並ぶ珍路線だった。(旅客輸送は昭和56年廃止)

 

昭和60年、国鉄の貨物輸送が整理される際に

全線が、あっさりと廃止された。

東海道線の北側では、区画整理が行われていて

いまでは痕跡を捜すのも難しいらしいのだが、

南側は 航空写真でも、かなりはっきりわかる。

 

000photo3_2

 

 

 

 

 

両側に道路がある

不思議な住宅やビルが

廃線跡

 

 

 

 

 

 

歩いてレポートした人のブログもあります。

(いそしずライナー)

 

 

 

もう分譲しちゃったんだから、南側は変わらないだろうな。

Google Earthで見ると、ほぼ8割方たどることが出来ます。

お暇な方はどうぞ。(見ましたよ、暇だから。)

 

『廃線跡は、空から捜せ。』という言葉は金言だと思います。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の二枚』

 

 

 

 

 

ヘラルド・トリビューン紙に載った

『リンゴをいぶかる白雪姫』

 

00apple_2

 

 

ちょっと待って。

あんた

日本から来たんじゃない?

 

 

日本の総領事が抗議して、編集長が謝罪。

 

 

 

 

 

これだったらどうだ?

00apple2_4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

魔女でんこ。 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年4月23日 (土)

セックスレス対策の秘訣

セックスレス対策の秘訣を、ドクターが教えてくれるという 

読売のコーナー。

(Dr.北村の「性」の診察室ブログへのリンク) 

 

 

 

 

Dr.北村って、だれ?

 

 

 

『性の診察室』って…

もうちょっと、考えた名前にした方がいいんじゃあ…

 

そのキーワードで検索してくる人は

絶対に目的が違う、と思うぞ。

 

 

 

 

 

 

『セックスレス』の時代。

1ヶ月以上性行為をしない夫婦は40%以上。

7年前と比べて、10%近くも増加、なんだそうだ。

 

 

 

 

 

相手がいるなら、いいじゃない。

 

 

 

 

えーと…

 

 

 

25歳から29歳の若い夫婦でも、

1ヶ月に1回しかしない夫婦は25.7%、

2回は12.2%、3回13.5%、4回4.0%。

5回以上の猛者は17.5%しかいないんだと。

 

 

 

 

笑わせらあ、1月に5回で猛者?

 

 

 

 

えーん。

 

 

 

 

で、まあ、そこで北村先生が『飛びついて』紹介しているのが

25歳のKさん。 

彼女は、27歳の旦那と

楽しいセックスライフを送っているんだという。

 

「仕事で疲れている時にこそセックスでストレス解消」

「あんなに楽しいことを面倒だなんて信じられない」

「私たち夫婦にはセックスレスなんて関係ないですよ」

と大変、頼もしい。

 

 

それならば、その秘訣たるや一体なに?

と期待を込めて読み進めると、

 

『実は…、彼ってフェチなんです。』

 

『彼って、私の制服姿を見るとムラムラとくるみたい。』

 

『女子高校生の時に身に着けた制服を

実家から送ってもらった。』

 

『男って可愛いなあと思うし、こんな程度のことで、

コミュニケーションが深まるのであれば安いものですよね。』

 

………

 

そして、北村先生の結論は

『お互いを尊重し、認め合えるのであれば、

「何でもアリ」がセックスだ。』だそうである。 

 

 

 

 

それ、セックスレスの解決法として

一般化するような結論か?

 

うーん…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『新学期を迎えて、被災地では

制服がない子がたくさんいるんだそうだな。』

 

『じゃあ、あたしの着ている制服を…』

 

『それは駄目だっ。』

 

 

 

 

えーと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の驚愕。』

 

 

 

 

 

 

元キャンディーズ、田中好子さんの訃報に接して

悲しみを語る自民党の石破政調会長

 

00ishiba_2

 

 

CD全集は持ってるし、

カラオケで、すべての曲が歌えます。

 

 

 

それよりも驚くべきは、スーちゃんよりも

石破さんのほうが歳下だったという事実。

 

スーちゃん、享年55。

石破さん、現在54歳。

 

 

ひえー。

『年下のしげる君』

 

 

 

でも、『普通のおっさん』って、こんなもんかも知れない。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

えーと…

いろいろ、ごめんなさい…

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2011年4月22日 (金)

東電の給料カットと、スーちゃんの訃報

東電が社員の給料2割カットを、労組に打診、というニュース。

(朝日新聞の記事へのリンク)

    

 

 

 

 

今回の震災で、

東電が用意せねばならない賠償金は今の段階で、8兆円。

 

給料2割カットは、そのための覚悟なのだろう。

ポーズ、でもあるのだろう。

 

2割カットで150万円減収、と訊くと

東電社員の平均年収は750万なのか、と驚く。

 

どんどん取ったらいい、という気がしてしまうが

従業員の給料に手をつけるようになったら

普通の会社なら夜逃げだ。

 

 

 

 

 

 

しかし、いかに高給取りの東電でも

給料カットだけでは、8兆円も捻出できないので

最終的には電気料金の値上げなんだと。

 

しかも、東電だけではなく沖縄以外全部、だと。

 

痛みを分かち合う覚悟はあるけどさ。 

 

 

 

 

 

 

賠償金や慰謝料とは桁が違うのが、復興資金で

これも消費税などの値上げしかないだろう、という。

 

まあねえ。

 

こういう時に『まず無駄を見直して』なんて事をいう

66歳(無職)が読売に投書していたりして、

てめえの年金を復興に捧げろよ、と思うのだが

4月21日には、

めでたく政党交付金の初回分が

下げ渡されて、その金額たるや80億円。

 

 

 

 

 

議員や政党には、それぞれの職分があって

復興の道程を決めるとか、

これから、たくさん働いて貰わないといけないし

8兆円に比べたら、80億円なんてはした金なのだが

ちっとも働いている素振りが見えない。

 

 

 

はあ。

 

 

 

 

 

ハッピーなニュースは、ないもんかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の二枚。』

 

 

 

 

 

00denko7

 

 

 

 

 

 

 

 

むかつくなあ。

 

 

 

 

 

 

訃報・スーちゃん(右)

00su

 

 

 

 

 

 

 

シングル600円、という価格が昭和。

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

2020年のオリンピックは東北で

広島市が2020年の夏季オリンピックの立候補を取りやめた、

というニュース。

(産経ニュースの記事へのリンク) 

    

 

 

 

 

 

 

『なんで?』

 

『お金がないらしいです。』

 

『長崎と一緒にやろう、とかいってたやつだろう。』

 

『まあ、それはあきらめたらしいですけどね。

あんまり政治性が強いと、当選できないし。』

 

『あとは東京か…』

 

『やりませんよ。』

 

『そうかな。』

 

『パチンコを止めろ、野球を止めろ、花見を止めろ

っていってる、あのおっさんが

「オリンピックやりたい」って言い出したら

世界中が大笑いですよ。』

 

 

 

 

 

 

 

『じゃあ、東北でやろう。』

 

『え?』

 

『「震災復興記念オリンピック」って事で…』

 

『ちょっ、そんな金、あるわけないでしょう。』

 

『なんでそんなに金がかかるんだよ。』

 

『スタジアムとか作らないといけないし。』

 

『なんで新しくつくんなきゃいけないんだよ。

仙台にだって運動公園とかあるだろう。』

 

『宮城野原にありますね。』

 

『あそこはいいぞ。駅前だ。』

 

『「被災地でオリンピック」ってのは

メッセージになるとは思いますが…』

 

『スタッフもボランティアだ。』

 

『…なるほど。』

 

『全員ボランティア、なんていったら

世界が泣くから。』

 

『泣きますよね。』

 

『うん、泣く。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『金もな、全部寄付金でやるんだ。』

 

『足りないでしょう。』

 

『大丈夫だよ。

世界中のテレビ局が、争って放映権を買いに来る。

世界中の企業が泣きながらスポンサーになる。』

 

『どうしても「いい話」で終われないんですね。』

 

『そんなことはないぞ。

マラソンはな、青葉城公園をスタートして

「ニッポンのグラウンド・ゼロ」

福島原発をゴールにするんだ。』

 

『あの、それだと100kmを超えちゃいます。』

 

『うるさいなー。

せっかく、いい話で終わろうとしてるのに…

外人にわかるわけねえじゃねえか。』

 

『あ、ちょっと、遠いなーって…』

 

 

 

 

 

 

 

 

選手村のメシも、全部東北産の食材で作るんだ。』

 

『食べますかね?』

 

『食堂にカメラ入れたら、みんな笑って食うよ。

風評被害なんか一発だっ。』

 

『ああ、なるほど。』

 

『ひょっとしたら、すごい記録が…』

 

『ストーップ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

2012年、ロンドンオリンピックのマスコット

ウェンロックとマンデビル。

London

 

 

 

 

 

 

来年には、かわいく思えるんだろうか。

 

 

 

 

 

 

『さあ、みんなで「東北オリンピック」の

マスコットを考えてみよう。』

 

(私が考えると、とんでもなく不謹慎なことを

描きそうな気がするので。)

 

 

 

00godzira_3

 

ぼくも、応援してます。

 

 

 

ほら、不謹慎だ。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年4月20日 (水)

放射能は体に良い

『福島県産の品物はみんな放射能まみれだっ。』

 

『いや、そういった偏見をなくしていきましょうよ。』

 

『馬鹿野郎っ。

食べ物なんてみんな偏見の塊だっ。

ここで具体的に言えないのがくやしいが

あの国の食べ物なんて食べたくないだろうっ。』

 

『はあ…』

 

『ここまで風評が広がったら、

もう、それを逆手に取ることを考えろよ。』

 

『毎日毎日、ろくでもないことしか考えないですねえ。』

 

『実際の話な。ちょっとくらいの放射能だったら

ホルミシス効果、なんていってな

放射能は健康に効果があると信じられているんだ。』

 

『その微妙な語尾は、あなた自身は信じていないって事ですね。』

 

『馬鹿野郎っ。効果は信じていないが

危険も信じていない。

少しの放射能だったら健康にはいいんだ、

クールだ、トレンドだって宣伝をしろよ。』

 

 

 

 

 

 

 

『それでどうなります?

福島産の農作物が大人気になりますか?』

 

『ふふふ、そこだよ。

そもそも被災地だし作付制限もある。

売れる売れない以前に、来年に関しては、

生産量の絶対量が少ない。』

 

『…はあ…』

 

『そこに希少価値がある。』

 

『希少、なのはわかりますけど…』

 

『さらに、そこに付加価値があったらどうなる?』

 

『健康にいいって事ですか?』

 

『あらゆる馬鹿を動員して、

ちょっとなら放射能万歳っていうキャンペーンをやれよ。』

 

『…馬鹿?』

 

『マツコとか、ミッツとか、どどすことか戦場カメラマンとか…』

 

『逆効果じゃないでしょうか?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『いいか?昭和30年代のお菓子が

こめかみが痛くなるくらい甘かった理由を考えろ。』

 

『はい?…』

 

『長野で「野沢菜の塩漬けが名産」である理由を考えろっ。』

 

『さあ…』

 

『珍しかったからだろう。』

 

『ああ…』

 

『戦後すぐには砂糖が貴重品だった。

塩が採れない長野では

塩漬けがごちそうだったんだよ。』

 

『フレッシュな野沢菜ならいくらでも採れるんですけどね。』

 

『それは、タダの野草だ。

塩漬けにするから値打ちがある。』

 

『それで、放射能が貴重なんですか?』

 

『あいつらで権威がなければ、

サイババでも西原でもなんでも

連れてこいっ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

00chrry

 

 

しあわせな桜。 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

暴走族と暴力団がボランティア

茨城で『暴走族』が改心して、良い奴になった、というニュース。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

まだ『暴走族』っているんだ。

しかも総長が16歳?

16なら4輪の免許は取れないよな。

2輪でも大型や限定解除は無理だろう。

 

 

 

 

 

 

普通に考えたら、違法だと思うんだが、

それを甘やかして、

『ほのぼのニュース』にする読売は、本当に死んでしまえ。

 

 

 

そして、

一体、彼らはなに乗っていたんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

『いいかっ?俺たちは生まれ変わったんだっ。』

 

『あざーす。』

 

『おいっ、健児っ。なんだその挨拶は?』

 

『えー?』

 

『俺たちは生まれ変わったんだっ。

ありがとウサギ。

さようなライオン。

挨拶は人間の基本だろうっ。』

 

『いただきマンモス、とか…』

 

『馬鹿野郎っ。

まだ薬が抜けてないのかっ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の地震に関して『決してマスコミにが報じない事』

というのがいくつもある。

 

たとえば『被災地におけるやくざの救援活動』は

決して報道しない。

 

 

 

 

 

阪神大震災の時

神戸市灘区にあった、山口組総本部は、

期せずして、被災地の中心地になった。

 

山口組は『炊き出し』とか『配給』とか、いろんな『支援』をした。

 

 

そこに、マスコミが殺到したために、

結局『山口組の宣伝』のような形になって、それ以降、

まともな日本のマスコミは『やくざのボランティア』を報じない。

今回の地震に関しても自粛している。

 

 

もちろん神戸市民は、もっとしたたかで

『あっ、おばん、お前さっきも並んでたやないか。』 

 

という風な例がいくらでもあったが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけどね、今回の地震に関しては

暴力団の関与、援助、そういうことに

みんな神経質になっている。 

 

 

それなのに、今回の地震に関しても

『過去、かつてやくざだった人がボランティア。』

みたいなことを報道しているテレビ局がいる。

 

それだけはやっちゃいけないんだ。

 

被災地で活躍する人の前職が何であっても構わないが

それをわざわざ『やくざでした。』と

取り上げることに何の意味があるのか?

 

 

無能っ。

 

 

 

 

 

 

 

馬鹿に馬鹿っていうのは、もう嫌だよう。 

 

 

 

 

だから、駄目なんだとしても

『全日本狂走連盟愚連隊大洗連合ミスティー』っていう

長い名前は、笑わそうと思っているんだよな。

 

「関西広域連合ハッシー」っていうのと、

大して変わらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の二枚。』

 

 

 

 

 

 

 

 

向井滋春の30年前のアルバム「PLEASURE」。

 

彼に「ミスティ」っていう曲があったと思ったんだけど。

今回紹介できません。

 

でも、この中の『ミラージュ」は傑作だよ。 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこれは、ナベサダのMISTY 

こういうのもあり、かな。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

ちぢむ金日成と、『前を向いて歩こう』

最近、金日成の遺体が縮んでいるらしい、というニュース。

(中央日報の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

そりゃ遺体だもん。

 

 

ちぢむだろうさ。

 

 

 

旧ソ連が開発し

『エンバーミング法』という遺体保存技術によって

金日成も、レーニンも、ホーチミンも、毛沢東も

現在でも、生けるがごとく保存されている。

 

 

リンクした『中央日報』は韓国の新聞で

北関係の記事は辛辣なのだが、

『金日成の遺体がちぢんでいる』ということや

『年間の保存費が80万ドル』という情報は

すべて伝聞だ。

 

 

 

中央日報の記事は補強のためか

『モスクワのレーニン廟のレーニンも縮んでいる』

という事を書いているが

死後80年以上経ったレーニンと比べて

金日成はまだ死んでから20年経っていない。

 

 

だから、100%信じるのもどうかと思うが

高額の維持費が必要なのは事実だろう。 

 

貿易代金を朝鮮人参で支払おうとする国だから

手を抜いているんじゃないか?

というのも事実だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『という事でですね、

偉大なる首領様の遺骸が縮むなんて許せませんっ。』

 

『うん…』

 

『そこでですね、首領様の身長を伸ばす秘策をっ。』

 

イリザリフ法、とか言うなよ。』

 

『あれは、生きている人間にしか使えないでしょう。』

 

『…うん。』

 

『そこで、我が国伝統の身長伸長法をっ。』

 

『…ま、まさか…』

 

『そう、シークレット…』

 

『止めろっ。』

 

『なんでです?』

 

『馬鹿野郎っ。あの国を敵に回したら…』

 

『びびるんですか?』

 

『めんどくさいだろうっ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SUNTORYの『上を向いて歩こう。』

 

 

 

 

 

 

 

涙が出るくらい、かっこいいCMなんだけど、

『いい話』にされると、ちょっとだけ へそが曲がる。

 

 

 

上ばかり見て歩くと、瓦礫でこけるぞ

 

 

 

涙なんかこぼれてもいいから

前を向いて歩こう。

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

うそつきブラジャーと「ぬる~い」自販機

オランダの女性が考案した『胸の谷間を伸ばすブラジャー』が

大人気、というニュース。

(ロイターの記事へのリンク)

    

 

 

00bra_2

 

 

乳房の間の谷を伸ばす

ためのブラジャー。

寝ている時にどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

『「持てる奴」のエゴ、だよな?』

 

『このおばさんの乳に興味を持つ人なんか

もう、いないでしょうに…』

 

『「あたし、巨乳だからあせもができるし、肩凝りもひどいし」

なんていうセリフが、どれだけ人を傷つけるかっ。』

 

『なんかあったんですか?』

 

『寝ている間は、こうやって広げて、それで朝になったら

「寄せて、上げる」んだろう。』

 

『乳も大変ですよねえ。』

 

『女なんてみんな詐欺師だっ。』

 

『このブラ、彼女がつけてたら引きますよねえ。』

 

『普通に考えたら、露出狂だよな。』

 

『これで痴漢にあったらどうなるんでしょう。』

 

 

 

 

 

 

 

『しかし、久しぶりに地震や原発以外の話をすると思ったら

これですか?』

 

『なんか疲れちゃってさあ…』

 

『まあ、ねえ…』

 

『「原発処理にゼオライト」っていうから、何かと思ったら

猫のトイレに入れる砂だっていうし…』

 

『そのうちコンドームでもするんじゃないですか?』

 

『あ、原子炉の上にゴム製のドーム掛けるって。』

 

『原子力のえらい人は、

みんな中学生なんですかね。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『都知事が『自販機なんか止めろ。』だそうですよ…』

 

『慎太郎なんかどうでもいいが、世間がこの雰囲気だったら

この夏の自販機は、冷やせねーぞ。』

 

『いまでも、日中4時間くらいは

「エコカット」ってことで冷やしてないんですけどねえ。』

 

『花見の自粛にしても何でも、

あいつは雰囲気でものをいうからきらいだ。』

 

『パチンコ「CR石原U次郎」は、外れるリーチの時には

「弟が怒るからごめん」っていって

すぐに終わることにしたらしいですよ。』

 

『味気ないなあ。』

 

『それより自販機ですよ。』

 

『自販機って、日なたにある奴も結構あるんだよなあ。』

 

『もう、いっそのこと

表示を「ぬる~い」にしませんか?』

 

『え?』

 

『だって、缶とかペットボトルでしょ?

常温で保存できるんだし、慎太郎に怒られるんなら

「つめた~い」とか「あったか~い」っていう

表示自体止めちゃいましょうよ。』

 

『まあ、そっちのほうが正直、かなあ…』

 

『でしょ?案外受けるんじゃないですか?

日本人はそのくらいの洒落はわかってくれますって』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日のブラジャー。』

 

 

 

 

 

 

 

あ、あんたたちにはあたしたちの気持ちなんて

わかんないのよっ。

Untitled4215

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「FOR MEN」であることの意味がわからない…

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

日本は広いぞ

川崎の阿部市長が、被災地の災害廃棄物の焼却処理に

協力したい、と申し出たところ

『放射能を撒き散らかすのか。』と

川崎市民と市民以外からも抗議が殺到、というニュース。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

『抗議』に対して、『地域エゴ』という見方もできる。

そういう言い方をする人も多い。

 

 

でもこれ、この市長も悪いと思うんですよ。 

スタンドプレー、とまでは言わないけど、

事前に議会や市民に、きちんと説明したふしがない。 

もちろん、抗議した連中の大半は

2ちゃんねらーとかの 馬鹿だと思うんだけど。

 

過剰反応だと思うが、国内でさえ、これだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

これが海外だともっとひどい。

海外からの旅行者は激減。

震災以後、観光客は73%も減少。

(産経ニュースの記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『大体、日本人は「日本は狭い」なんて事を言いすぎる。』

 

『…はあ。』

 

『外人の地理感覚なんて、当てになるか。

福島の灰が日本中を覆っていると思ってやがるんだっ。』

 

『まあ、そうでしょうねえ…』

 

『そのうえに、当の日本人が

「日本は狭い」っていうメッセージを出してやがる。』

 

『でも、われわれも「日本なんて狭い」っていうふうな

教育を受けてきましたし…』

 

『日本の国土面積は38万Km2 

ドイツより1割広く、イタリアより2.5割広く

イギリスより5割も広い。』

 

『はあ…』

 

『日本より広い国は

ヨーロッパだと、ロシアとフランスだけしかないんだ。』

 

『はあ…』

 

『それなのに、ヨーロッパ人の感覚からしたら

日本なんて小さな国は放射能まみれだと思われてる。』

 

『まあ、日本人も、外国の地理なんてわかりませんけど。』

 

『福島原発と東京までは直線距離でも220km。

中国や韓国で人気の九州は1000kmも離れてるんだぞ。』

 

『どうも、キロ数でいわれても…』

 

『じゃあ、地図を出そう。同スケールのヨーロッパと

日本の地図だ。』

 

(緯度が違うので面積の表現が違う。

とかつまんないことをいう馬鹿には膝詰め」で話をしよう。)

 

000000000000000000000000000000000_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『こうしてみると、ヨーロッパって狭いですねえ。』

 

『違うっ。日本が広いんだ。』

 

『なるほど。』

 

『だろ?それなのに外人に

「いやいや、日本なんてちっちゃな国ですよ。げっへっへ。」

なんてへりくだるのが『国際通』だと思ってる奴がいる。』

 

『日本人の家なんて、

おたくらから見たらうさぎ小屋でげすよ、なんていって。』

 

『いや、それは事実。』

 

 

 

 

 

『でも、フランスなんて日本より狭そうですよね。』

 

『うーん、

あそこは海外領土の面積をカウントしたりしてるから…』

 

『だけど、外人は「フクシマとフクオカは隣町だ。」

くらいに思ってるんでしょうね。』

 

『そういうことはきちんと説明しようぜ。

日本は広いんだ、と。』

 

『通じますかね?』

 

『お前さんたちの国は、

新幹線で丸5日走って国土を出られないほど広いかい?と』

 

『ああ、それは…』

 

 

 

 

 

 

 

『でも…』

 

『うん?…』

 

『この話、当の福島の人たちには

何の慰めにもならないんですよね。』

 

『…うーん…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日のフランス』

 

 

 

 

 

フランスで、イスラム教徒の女性が用いる、顔を隠す

『ブルカ』という衣装を着ていた女性が逮捕された、

というニュース。

(産経ニュースの記事へのリンク)

 

 

000uv3

 

 

 

 

 

 

 

 

似たようなものは日本でも売っていて、

こちら。 

000uv2_2

 

 

 

 

 

 

 

フランスで『この帽子』を着て歩いていたら、

捕まるんだろうか? 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

そっくりなふたりと国際原子力発電所

『大体、なんで原子炉の中で水素ができるんだ?』

  

『燃料棒に使ってる、ジルコニウムって金属が

触媒になって、水を分解するらしいです。』

 

『爆発しちゃうくらい、たくさん水素ができるんなら

それで発電したらいいじゃん。』

 

『…はあ…』

 

『なにも、ウランとかプルトニウムとか

危ないもん使わなくてもさあ。』

 

 

 

 

 

『えーと、調べたら、ジルコニウムが反応するためには

1000度以上の高熱にしないといけないらしいです。

しかも、触媒にはならない、と。』

 

『ふーん。』

 

『そんな、永久機関みたいな、うまい話ないですよ。』

 

『じゃあ、人の住んでないところに原発を作ろう。』

 

『国内には、もう作れませんよ。』

 

『南極は?』

 

『南極条約があるから商業炉は無理です。』

 

『じゃあスヴァールバル諸島は?』

 

『どこです、それ?』

 

『ノルウェーさ。』

 

000svabard_2

 

寒そうな所だ。

 

 

 

『ここが、一体なんです?』

 

『ここでは、外国人が勝手に住み着いて

工場を造ったり商売をしてもいいんだ。(ほんと)

 

『しかし原発は駄目でしょう…』 

 

『じゃあ、途上国に金をくれてやって原発を作れよ。』

 

『…それは、いろいろと問題が…。』

 

『福島でやってきたことと何が違う。』

 

 

 

 

 

 

 

 

『しかし、海外に原発を作ったところで、送電線はどうします?』

 

『「電気」として送る必要はないんだ。

別の形にすればいいんだよ。

それこそ、水を電気分解して液体水素にでもしろよ。』

 

『コストが合いませんよ。』

 

『こんな大事故を起こして、会社はおろか、国家が傾くような

損害を出しておいて、コストがどうだってんだ。』

 

『はあ…』

 

『いっそ、原発を国際管理にしちまえ…』

 

『はい?』

 

『世界中の原発を、とある島に集めてだなあ、

そこで液体水素を作って世界中に配る。

それなら、三流国が火遊びして核兵器なんかも作れない。』

 

『ああ、あの国とか、あの国とか…』

 

『今回の福島みたいに

民間会社に原発事故の処理をさせるのは無理だぜ。』 

 

『だから、その原発島はどこに作るんですか?』

 

ナウル、とか…』

 

『あの国だったら引き受けそうなのが怖いですけどね。

しかし、そんな利権の塊みたいな島、

誰が管理するんです?

その島を占領したら

世界征服ができちゃうんでしょう。』

 

『駄目かなあ…』

 

『駄目ですよ、そんな安もんのSFみたいな設定…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『とにかく原子力を急に止めちゃうわけにはいかないんだ。』

 

『地熱とか風力とか、エネルギーの選択肢が増えるようには

なるでしょうけど…

それに、この夏は節電するって。』

 

『ひと夏くらいならいいさ。

だけど、電気自動車に軸足を移しつつあった

日本の自動車産業は、頭を抱えているぞ。』

 

『地震直後に三菱自動車が被災地に

EV30台を貸し出したっていうニュースがありましたけど…』

 

『貸与なんかじゃなく、くれてやれよ。』

 

『ええ、ケチだと思いました。』 

 

『だけど自動車メーカーだけじゃなく電池、電器

そして「電化住宅」に関係するあらゆる企業が泣いてるぞ。

「電力大消費社会」への流れは

もう、止められないんだ。』

 

『…うーん…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『陸上じゃなきゃいいんだろ?』

 

『はい?』

 

『メガフロートの上に原発作れよ。』

 

『あんな大きなものが乗りますか?』

 

『原子炉だけだったら潜水艦にだって積めるんだ。

コストのことを考えてむやみに大きな原発にするから

こんな大問題になるんだろう。』

 

『…はあ…』

 

『福島第一原発で原子炉6つ、

しかもこれから二つ増やそうかなんて、おかしいよ。』

 

『福島第二にも4つ原子炉があります。』

 

 

 

 

 

 

『浮いているんであれば、

津波は怖くないし、冷却水も取り放題だ。』

 

『送電は?』

 

『近海だったら送電線を張るのも可能だし、

いざとなったら、液体水素作って運んじまえ。』

 

『近海に作ったら、事故の時…』

 

『あほ、今回みたいな事故があったら

キングストン弁を開いて

1万mの日本海溝に沈めちまえっ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、『国際的な電力融通』というのは、

ヨーロッパではすでに実現している。

 

日本は島国だし、東条英機が統合しても

10個の電力会社を作らざるをえないような国なんだけど

今回の事故で、相互の電力融通という事を

もう少し真面目に考えて貰っていいんじゃないだろうか。

 

そして、これだけ周辺国に迷惑をかけたのだ。

国際協力についても、考えたらどうだろう。

 

電気として運べないなら、

液体水素でも、お湯でも、氷でも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の目つきの悪い二人』

 

 

 

 

 

 

 

000shimizu_5

000ojima2_5

 

 

 

 

 

 

 

左、東電の清水社長

右:構造強度偽装事件の、ヒューザー、小嶋元社長

 

東電の社長、どっかで見た顔だな、と思ったら

小嶋そっくり。 

 

 

この二人に共通するのは

目付きの悪さと、むかつくしゃべり方。

 

 

 

 

『(レベル7については)国の評価なので、コメントは差し控える。

オペレーション上、ミスがあったかどうかについては、

これまでベストを尽くしている。』

 

 

変に横文字入れるあたりが嫌。

そして、偉くなるには、こういいう

『言質を取られない喋り方』ができないといけないらしい

 

 

 

 

うん、おれ、無理。 

 

 

こんな『罵倒日記』書いてちゃね…

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

ASIMOに原発事故処理をしてもらえませんか

『ASIMOに原発事故処理をしてもらえませんか。』

『残念ながら現状では、

(そのような)ことができる技術には至っておりません。』

 

    

この、冗談みたいなやりとりは、

実際にHONDAのウェブサイトに載っている。

(HONDAお客様相談センターへのリンク)

 

 

うんうん、ロボットっていえばHONNDAだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京タワーが

『がんばろう日本』というメッセージを点灯した。

 

000tower2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけなら、なんていうこともないニュースなのだが、

3.11の大地震のおかげで東京タワーの先端部は

曲がってしまった。

 

000tower

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機能的には問題がないらしいし、

交換した、というニュースも聞かないので

おそらくそのままだろう。

 

泣かせるじゃねえか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神戸のホテルオークラが『ファイト』という文字を点灯した。 

 00kobe  

 

 

 

 

 

 

 

 

これも、よその地域の人には

なんていうこともないニュースだと思うのだが

『16年前の神戸』を知っている人には

琴線を琵琶法師のようにかき鳴らすニュースなんですよ。

 

このホテルは、16年前の震災直後も同じメッセージを掲げた。

 

『あの時』と違うのは、ホテルオークラが

『営業している』ということ。

お客さんに協力して貰ったそうです。

 

そして、16年前、私はJR元町駅のホームから

このメッセージを見たのだが、一番上の『フ』しか見えず

 

『なんだろう?』

 

『フロあります、かなあ。』

 

などと、間抜けなやりとりを友人としていたりしたのだが…

まあ、そんなこと言うのは野暮だ。

 

 

 

 

 

 

 

今日で『3.11』から1ヶ月。

原発はもとより、頻々と余震まで起きている。

 

『1ヶ月すぎた』ではなく、

『現在進行形』なのがやりきれない。

 

しかし、傷つきながらもメッセージを灯す東京タワーを見ると、

日本はきっと大丈夫なんだと思いたいですね。

 

 

 

『ASHIMOは使えないんですか?』と訊かれた

HONDAのカスタマーセンターの人も面食らっただろうが、

Q&A集に載っちゃうくらい

おなじ問い合わせが、たくさんあったんだろう。

 

こんなエピソードが、笑い話になるようにしてくれよ。

 

 

 

 

HONDAはポータブルの発電機も作っていて

停電が心配される時節柄、これに関する質問も多い。

 

中でも考えさせられたのが、これ。

 

 

Q:建屋の配電盤に接続出来ますか。

A:電力会社からの電気配線の接続は

  法律で禁止されており、 絶対に行わないで下さい。

 

 

『技術的にできない』とは、一言も書いてないんですよね。

実際、ちょっと電気に強い人だったら配線するのは

難しくないと思う。

『…法律で禁止されており、絶対にやめて下さい。』

という強い口調に、いろんなことを考えてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚。』 

 

 

 

 

 

 

 

 

アトムとウランちゃん

00000000000000000

 

 

 

 

 

 

教訓めいたことなんか言うのは大嫌いだが、

原子力が希望だった時代はあったのだ。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

あのパークの開幕の彼方のむこう

『我々、○ッキーランドはは15日から再営業するっ。』

 

『大丈夫ですか?』

     

 

000mikki

 

 

きゃー

 

 

 

 

 

『安全なんですか?』 

 

『しらねえよ。』

 

『…えー?』

 

『あのね。何でもかんでも

「安全ですか?」「責任取れますか?」なんて事をいう。

そのくせ自粛ばっかりなのは良くない、なんて言う。』

 

『…はあ…』

 

『遊びに来るんなら、命がけで来いっ。』

 

 

 

 

 

『東京では、ちょっと放射性物質が降ったなんて言って

大騒ぎするけどね

そんなこと言ったら岡山県人形峠の人はどうなる。』

 

『ああ、あのウラン鉱石の産地。』

 

『「人形峠展示館」なんていう小粋な施設もあるんだ。』

 

『まあ、ねえ…』

 

『そこが、

売り上げを東北に寄付していたりしたら面白くないか?』

 

『してるんですか?』

 

『残念ながら、そこまで塩っ気のある奴はいないらしい。』

 

『でも、もしもやったら、喧嘩になりますよ…』

 

『うーん…』

 

 

 

 

 

 

 

 

『とにかく、日中に限ってアトラクションを再開する。』

 

『あのー…』

 

『なんだ?』

 

『大抵の田舎者が勘違いしているんですが

昼間にアトラクションをやって、夜に止めるっていうのは

ちっとも節電じゃないんですよね。』

 

『そこは、ほら世間の雰囲気でさあ。』

 

『でも、一番大事なのはピークタイムの需要削減でしょう。

サマータームも、ピークタイムをずらすだけだし。』

 

『うーん…』

 

『ピークの昼間に休むのが、一番効果的なんですけどね。』

 

 

 

 

 

 

 

 

『午後12時から4時まではシエスタにしよう。』

 

『そういう意見ありますけど、観光地じゃ無理ですよ。』

 

『無理かな?』

 

『朝開場、夕方6時終了なのに

昼間4時間休んだら暴動が起きますよ。』

 

『じゃあ、「エレキ大行進」を夜中にやろう。』

 

『でも、帰りの電車がありません。』

 

『だから電車なんかで来る貧乏人は来るなってことよ。

車で来いよ。あるいは徒歩で。

そのくらいの根性がなくてどうする。』

 

『まあ、大半のアトラクションも屋内だし

照明以外の消費電力は大差ないですもんねえ。』

 

『夕方6時開場。朝6時までの営業だっ。』

 

『もう、客は全員 泊まりですね…』

 

『みんなが大好きな車中泊でもすればいいさ。』

 

 

 

 

 

 

 

『ところで、パチンコ屋には強気な新都知事は

我々の営業再開を許してくれるんでしょうか?』

 

 

『うち千葉県だろ?…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

 

『昭和世代』にとっては、『ウラン』といえば『人形峠』 

00000000000ninngyou

 

 

 

 

 

 

 

 

これは『岡山県人形峠』の『ウランガラス』

 

 

 

綺麗、と思うのは不謹慎なのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再掲、『上を向いて歩こう。』

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

銃後の思惑と『上を向いて歩こう』

『あ、葵くんっ。』

    

『なんすかあー。』

 

『今日からVIPがいらっしゃる。くれぐれもつまらないことを

ツイッターに流したりしないでくれよっ。』

 

『えー、いーじゃないっすかー。

大体、今日来る連中は被災者でしょ?』

 

『ば、ばかっ。』

 

『被災者が分散して都内に泊まるんですよね。

焼け出されのくせに、赤プリに泊まるなんて生意気っすよねー。』

 

『や、止めろっ。』

 

『赤プリでバイトしてる、友達の、ながっちなんて

辞職が延ばされたもんだから、あの連中に

どうやって、いじわるしてやろうかって…

 

『たのむ、止めてくれ…』

 

『えー。いーじゃないですかあ。

そもそもうちは、赤プリじゃないんだしー …

大体うちのホテルなんて、赤プリと比べるのもおこがましい

3流ホテルですよ。』

 

『え?従業員に言われると腹が立つな。』

 

『2010年版のロンリープラネットの東京版に

「金がなかったら冒険のために一泊してもいいかも」

っていう形で紹介されてたんですよ。』

 

『え?そうなの?』

 

『もう、「地球の歩き方」に

やめとけって言われるようなもんですよ』

 

『迎えるのが恥ずかしくなってきたな…』

 

『いーじゃないですかー。

情けは、あたしのためですよ。

ここで恩を売っとけば、

とーほぐのひとは一宿一飯の恩義に篤いから…』 

 

『と、とにかくっ、被災者の方々への礼儀はわすれずになっ。』

 

『えー、それー。ちょーむりー。あたしって女子力あるしー。』

 

 

00aoi2_2

 

 

いま、なにやってんでしょうね。この馬鹿。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『では、震災詐欺のニュースです。』

 

『「東北の湧水の権利を買えば、年6~8%の高配当が得られる」

などと勧誘された無職女性(70)が2620万円を振り込んだ後、

送金先の会社と連絡が取れなくなる被害が発生しました。』

(読売新聞の記事へのリンク)

 

『震災後1ヶ月。ここまですがすがしい馬鹿がいただろうか。』

 

『この70の婆、ぜんぜん被害者じゃないですよね。』

 

『みずから話の真贋を確かめない。確かめる能力もない。』

 

『だまされて当然ですね。』

 

『そして、この婆の最悪なところは、

棺桶にダイブするような年齢のくせに、

被災者をえさにして儲けようと考えているところだ。』

 

『え?でも、この人は乗せられただけでしょう。』

 

『70歳で2000万が動かせる、ってのは確信犯だ。

ちょっとつきあいで、という金額じゃない。

なんとしても金にしてやる、という執念を……』

 

『気軽にそのくらいの金額を動かせる人もいますけどね。』

 

『それにしたって、こいつは許せん。

なんで被害者扱いされるんだろう。』

 

『こういう婆ぁ相手の詐欺なら、良心の呵責なく行えますね。』

 

『うん、この犯罪者には、葵ちゃんから

100万べんのキッスを贈ろう。』

 

『悪魔の交合ですな…』

 

 

 

 

 

 

 

 

『そこで、そういう欲の皮がつっぱたやつを捜して

詐欺をしたいなあ、という小悪人の方のために

特設サイトをもうけました。』

 

『時間限定です。4月10日から11日までの限定公開。

実践的だましのテクニック。

しかも、被害を訴えにくいように、相手の弱みにつけ込むテクニック

それらをすべて公開しています。』

 

『気になる方はこちらをどうぞ。』

 

 

000aoi2_5

(秘密のリンク。クリックすると大きくなるぞ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の「お前に言われたくねえよ」。』

 

 

 

 

 

北朝鮮の朝鮮中央日報が、

『膨大な量の放射能流出で人類に恐ろしい核災難をもたらした』

として日本政府を非難。

対朝経済制裁に関して「制裁を受けるのは日本だ。として

対北朝鮮制裁延長を非難した。』というニュース。

(時事通信の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

近所の3歳児にいわれるより腹が立つ。

000kitatyousenn

 

 

 

 

 

 

 

『要するに早く制裁を解いて、朝鮮人参以外のものを

食わせてくれ、ってことかな?』

 

『今回のイルボンの地震に関して、将軍様は

深い同情を寄せられている。援助の用意もあるそうだ。』

 

『…ほう』

 

『共和国から、日本よりも遙かに進んだ

核の専門家を派遣する用意がある。

さらに、核廃棄物の処理に関しても引き取るつもりである。

ウランとかプルトニウムとか

日本製のプルトニウムとか…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも、嫌なニュースばっかりだと、

こころが汚くなっていけないので

SUNTORYの『上を向いて歩こう。』

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

ことしの、夙川の桜

4月8日の夙川公園。

 

00syukugawa0_2

 

 

 

心なしか、

しなだれている。

 

 

 

 

 

 

 

 

ザ・満開なんだけど。 

00syukugawa2_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末が見頃だと思いますが、去年よりは遅い。

 

これは、去年の3月31日の夙川。 

000syukugawa2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画面の明るさが違うのは、8日は雨だったから。 

人通りも、去年とはまったく違った。 

000syukugawa_2

 

 

これは、去年。 

平日の午前中なのにすごい人出

 

 

 

 

 

ことしも屋台は出ていた。(営業はしてなかったけど。)

ブルーシートが敷いてあって、

ごみが捨ててある一画もあったりしたから

夜は、それなりに盛り上がるのかもしれない。

 

 

雨だったけど、寒くはなかった。

暖かい雨。

 

 

去年は、

お茶を片手に弁当を広げるおばさんグループや

春休みにデート、という感じの中学生がたくさん

いたりしたのだが、今年はいない。

 

世間の雰囲気のせい、ではなく

雨のせい、だと思いたいですね。 

 

 

被災地でも、是非花見をして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の「おげんきですか?」。』

 

 

 

 

 

 

 

確かに、ちょっとむっと来るしゃべり方だな。

   

 

解説は、しません。

 

『自粛』といえば、

必ずみんなこのCMを思い出したに違いない。

それさえ触れないあたりも『自粛』なのか?

 

そういうところも、なんか嫌だな。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

風評とスクリーニング済証の嘘

『スクリーニング済証』がないと、被災者の人たちが

医者にも診て貰えないし、避難所にも入れない、というニュース。

(産経ニュースの記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

 

『許せませんねー。』

 

『検査っていったって、大したことする訳じゃない。

測定器で体の周りをぐりっと測るだけだ。

万が一体に放射能を帯びた埃がついていたとしても

払っちまえば問題はない。』

 

『済証だけじゃなく、もっとひどい問題があります。』

 

『なんだ?』

 

『福島県民だっていうだけで、宿屋にも泊めてくれないし

レストランでも断られるそうです。』(読売の記事)

 

『危険地域に入る消防・警察・自衛隊のひとは

それなりの覚悟と装備を持って行ってる。

原発敷地外の民間人には、スクリーニング以前に

問題はないんだがなあ。』

 

『でも、「そばに寄らないでよ。放射能が移るじゃない。」っていう

馬鹿がいるらしいですよ。 

 

『また、そういう「避難所ハイ」みたいな奴がいるんだよなあ。』 

 

『金町浄水場の池にほうり込んでやりたいですねー。』 

 

『いまはこうやってニュースになっているから、

まだ、ましかもしれん。

誤解を解かないうちにスクリーニング証が中止されると、

偏見だけが残るぞ。』

 

『ああ、あの子たちフクスマだがら‥って。』

 

『いまでも、あるような気がするな…』

 

 

 

 

 

『大体、そんな大層な証明書なんですか?』

 

000screaning_2

 

 

 しょぼっ

 

 

 

 

『あっと言う間に、偽造できそうですよね。』

 

『そういうだろうと思って、

白紙版も用意しておいた。』

 

 

000screaning4

 

氏名と生年月日を書き込んで 

スクリーニング講習という

朱印をつけば完成。

 

 

 

 

『大丈夫でしょうか…』

 

『何が?』

 

『これをプリントすれば、偽造が…』

 

『偽造というと言葉が悪い。

そして、仮にこんな偽もんのスクリーンング証を

つくったところで誰も被害者はいないはずだ。』

 

『そうですか?』

 

『誰が被害をこうむる?』

 

『いや、真面目に放射能から逃げている人とか?』

 

『なんだよそれ。』

 

『うちの赤ちゃんのそばに、

福島のけがれもんは来てくれるな、とか。』

 

『そういう馬鹿には、いっぱいのセシウムをあげよう。』

 

 

 

 

『しかしこれを焼いて使ったら『有印私文書偽造』

とかの犯罪になっちまいますよねえ。』

 

『一応な、形式だけで罪になっちまう。

だけど、こんな紙切れ一枚で犯罪者って

おかしいだろう。』 

 

『ゴジラが、これをもって並んでたらどうすんでしょうね。』

 

『水爆実験のほうのゴジラな……

一応、ご家庭で作るのは犯罪だ。

絶対にやらないようにして下さい。』

 

『そういう事例があると、この日記が教唆した

ってことで捕まっちまいます。』

 

『いいですか。真似しないで下さいよ。 

止めましたよ。いちおうね。』

 

『…はあ』

 

『とにかく、こんなことを規制する馬鹿は許せないんだ。』

 

『あ、規制って言った。』

 

 

 

 

『ところで、この用紙の大きさなんだけどな…』

 

『役所が作るフライヤーだから、紙に無駄ができないように

A系列じゃないでしょうか。』

 

『1枚目の写真からしてA6くらいじゃないかな。』

 

『じゃあ、105mm×148mm ですね。』

 

『ああ、絶対作るなよ。』

 

『絶対作っちゃいけないですよね。

葉書の大きさですよね。』

 

『ああ、絶対作るなよ。』

 

『A6って言うことはA4の1/4ですね。』

 

『新聞紙がA1だからな、

あれを6回半分ずつに折ればいい。』

 

『すごく簡単ですっ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『1万人くらいが、この「偽物スクリーニング証」をつけて

避難所に入り込んだら…』

 

『グライフ作戦ですね。』

 

『そんな安物の「証明書」に値打ちはなくなるだろう

あんた、どっから来たの?

っていわれて、みんなして「おれ福島。」「おれも」「おれも」

「おばさん違うの?」。

 

『かっこいいです…』

 

『でもそれ以上にかっこいいのは…』

 

『……』 

 

そのスクリーニング証を燃やすんだ…』

 

『……』

 

『偽物の証明書と

差別されている証明書を燃やすんだ。』

 

『ネルソン・マンデラみたいですね。』

 

『要するに…』

 

『こんな証明書に、なんの意味もないってことだ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の二枚。』

 

 

 

 

 

 

せっかく作ったので、別バージョンもご紹介しておこう。

000screaning2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当をいえば、こんなハッピーな証明書がいい。

000fuji

 

 

 

 

富士登山証明書

 

 

 

 

こんなの30年前にはなかったぞ。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

船橋ダッシュと、間引き運転と、電車でGO

『おーい、ダイヤ改正の準備はどうなってる?』

 

『3月12日の九州新幹線の開業に合わせて

大改正したばっかりですよ?』

    

『そんなこと言ったって、

これから夏に向けて電気が足りなくなるんだから。』

 

『今だって、間引き運転してるじゃないですか。』

 

『どうせ、長期化すんだから、新ダイヤ作れよ。』

 

『全体に間引くんですか?』

 

『まあねえ、部品も足りないからねえ…

でもな、一番大切なのはなんだと思う?』

 

『えーと、節電?』

 

 

 

 

 

『馬鹿野郎っ。「安全」、だろう。

電気のこともCOのことも、二番目、三番目だ。』

 

『…うわ、どや顔…』

 

『「ダイヤ通り列車を走らせる」ことが一番安全なんだ。

「間引き」が常態化するのは危ないんだよ。』

 

『そういえば、毎日、運転指令が頭抱えてますもんねえ。』

 

『減らすんなら、減らすで

徹底的にその体制を取るべきなんだ。

中途半端は危険なんだよ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

『どういう方針で行くんです?』

 

『列車の種類をひとつにしろ。』

 

『はい?』

 

『JRに限らず、「快速」「急行」「特急」「通勤特急」とか

種類が多すぎると思わないか?』

 

『まあねえ。

なんであんなに種類が多いんでしょう。

大して早くないのに…』

 

『鉄道会社の不動産販売のためさ…』

 

『え?』

 

『単に「○○駅まで○○分』って言うより、

「○○駅までノンストップ○○分」って言うほうが

アピールがあるだろう。

実際には、各駅と5分とちがわないんだけどな…』

 

『最近は、そうでもないですよ。』

 

『昔はひどかったよ。特に関東はひどかった。

「特急」は「各駅」を追い抜くだけ、で

終点附近では、のろのろ運転になって

トータルの時間はちっとも変わらないんだ。』

 

『ああ、あの路線とか、あの街とか…』

 

『具体的な地名をいうのは、いやらしいから言わないが

都心から3~40km程度の中途半端な田舎町への鉄道が

たくさんの種類の列車を走らせてるのは無駄だぜ。』

 

『そういえば、「特急」「通勤特急」「快速」「準急」なんていうのが

それぞれの会社でまったくちがうのは、戸惑いますねー。』

 

『通勤電車で追い越しをするのが偉い駅なんだ、

なんていう、馬鹿が…』

 

『ああ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『「船橋ダッシュ」ってのを知っているか?』

 

『はい?』

 

『30年前の話だということにしてくれ。(いまは知らん。)

京成電車ってのは、びっくりするくらい遅いんだ。

「特急」っていったって国鉄の鈍行より遅い。』

 

『あ、具体名をいった。』

 

『京成は、津田沼から東は国鉄と競合していない。

だから、勝田台だ、八千代台だ、といった連中は

嫌でも京成に乗る。』

 

『今は東西線とかがありますけど。』

 

『しかし、そういった町に家を買った連中でさえ、遅いから

京成になんか乗りたくはないんだ。』

 

『でも、津田沼は国鉄と大分離れてます。』

 

『そこで船橋だ。あの駅は

国鉄と京成の間が、走って5分くらいの距離にある。』

 

『そういえば、昔の船橋駅のホームは

幅10mくらいあってむやみと広かったですねえ…』 

 

『だから上りの満員電車ではみんな降りる。

国鉄駅との間にある道は、幅4mくらいしかなかったんだが

そこを、おっさんから学生から、ハイヒールはいたOLまで

全力疾走した。』

 

『ほんとですか?』

 

『本当さ。あの迫力はすごかったぜえ…

そうやって走ったところで、実際の乗り換えには

15分以上かかったんだが、それでもみんな

「京成の特急」よりも「国鉄の鈍行」を選んだのさ。』

 

 

 

 

 

 

 

『つまり、京成の「特急」には意味がなかった、と。』

 

『そうさ。だから、列車の種類を一緒にしちまえ。』

 

『文句が出ませんか?』

 

『山手線に各駅停車しか走らない理由を考えてみろ。』

 

『追い越しができる駅がないから?』

 

『逆だ。

列車と列車の間隔を詰めるダイヤを「並行ダイヤ」という。

これが一番輸送力がある。

山手線は、その極限なんだ。』

 

『はあ…』

 

『路面電車じゃあるまいし、

あんな風に1分おきに踵を接して運転する鉄道なんて、

世界中にほかにないぞ。』

 

『はあ…』

 

山手線が全部「動く歩道」になることを考えてみろ。』

 

『危ないですよ。』

 

『でも、輸送力は倍になるぜ。』

 

 

 

 

 

 

 

『だから、近郊区間の中途半端な優等列車は

みんなやめちまえ。』

 

『それで余った輸送力を節電に回すんですね。』

 

『違うっ。』

 

『はい?』

 

『安全に回すんだよ。』

 

『あ、また、どや顔…』

 

 

 

 

 

『実際、あぶねーぞ。いまはみんな、

原発とプロ野球とクーラーのことしか考えていないが

電気がない、ってことは鉄道の安全に直結するんだ。』

 

『でも、大きな事故はないですよ。』

 

『いま、平然と事故がなく運転されているのは

原発作業員や自衛隊員と同じくらいの

現場の努力あってのことじゃないのか?』

 

『誰も誉めてあげませんよね。』

 

『それなのに事故があったら、怒るんだっ。』

 

『……』

 

 

 

 

 

 

 

 

『あ、あと。「女性専用車」もやめろよ。』

 

『いまでも間引いている時間帯はやめてますよ。』

 

『非常時だ。ぐだぐだ言うブスには

車掌に「国防婦人会」っていうたすきを…

 

『はい、ストーップ。

あくまで、「いい話」で終わろうと思わないんですね。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の「電車でGO」。』

 

 

 

 

 

 

 

『電車でGO』といえば、ゲームのタイトルだと思っている

若僧に贈る一曲。

 

 

しかも、これは戸川純の幻のライブ

『裏玉姫』バージョン。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

世界的縁台将棋

『おおい、ゲンさん、そんな格好で外に出ちゃあ いけねえよ。』

    

『どうしてだい。このあたりは安全なんだろう?』

 

『駄目だよ、お前。放射能ってえ奴を防ぐには

マスクにレインコートをしなくっちゃあいけねえぜ。』

 

『辰つぁん、そいつぁ違うな。

マスクじゃ放射能は防げねえんだ。』

 

『だって、お前、原発の作業員の人はみんな

へんな服着て、ちゃちなゴーグルつけてるじゃねえか…』

 

『あれは、放射性物質が体に入ったりくっつくのを防ぐんだ。

放射能と放射性物質ってえのは違うんだ、

ちょいと、その電球貸してごらん。

この電球がな、放射性物質だとするってえと…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『お義母様、ちょっと なんか紙を取って下さい。』

 

『ええっ?古新聞でいいかい?』

 

『早く早く、ああっ、おむつから漏れてるっ。』

 

『あらあらあらあら、うんちまで漏らしちゃって…

こまった子だねえ、でんこちゃんたら…』

 

 

 

00denko2

 

 

 お前に言われたくねえよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビをつけても新聞を見ても、必ず原発の話が出てくる。

すっかり、日本中の人が原発の構造に詳しくなったと思う。

…詳しくなりたくないけど… 

 

 

しかし、いまや日本人だけじゃなく、世界中が

『フクシマはどうなった。』と注視している。

 

こんなに、観客の多い縁台将棋もないよな。

 

入院した社長には同情しないけど、

東電の人もやりにくいだろう。

 

一般の社員に嫌がらせする馬鹿がいるらしいけど

そういうのは嫌だねえ。 

 

 

 

そうはいっても、

コンクリを埋めて駄目で、紙おむつの吸水材でも駄目で

新聞紙やおがくずまで詰めて駄目、

まだ漏れてるけど、コンクリ入れちゃったから

邪魔だよう……とかいうどたばたをニュースで聞くと

実際、いらいらしますな…

 

ボロ小屋の雨漏りかよ、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

『どっから漏れてるからわかれへんから、

今度は入浴剤で色をつけた水、流すらしいな。』

 

『どどすこすこすこ、バブ投入?』

『あいつにやらしたんか?…』

『そら、ええわ。』

『ちがう?…』

『ちぇー …』

『色をつけて、それをどないすんねやろ?』

 

『上からのぞいて見つけるんやないか?』

 

『のぞくいうたかて、そんなん危ないんと違うか?』

『写真撮った人が被曝したらしいで。』 

『どろ鉄工の社長、どない思う?』

 

『うむ、わしらの世界ではなあ、壊さんで

溶接の不良を見つける、ごっつい方法があるんや。』

 

『ええっ?』 

『そない ええ方法があるんやったら、

東電のアホどもに、はよう教えてやってくんなはれや。』

 

『うむ、溶接ワイヤーに「とある物質」をいれてな、

施工後に特殊な撮影をするとやな、

たちどころに不良箇所が判る、という…』

 

『おおっ、すごいっ。』

『原発に使えば、漏れてる場所が一発やっ。』 

『そのワイヤーには何が入ってるんでっか?』

 

『放射性物質や。』

 

『いやいやいやいや。』

『今、それ大規模にやってまんがな…』

『非破壊検査に怒られまっせ。』

 

 

 

 

 

『非破壊検査』に用いる放射性同位元素は安全です。

どうか誤解しないようにして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の「でんこちゃん」。』 

 

 

 

 

 

 

 

00denko

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわー、すっげーむかつく。

 

(嘘ですよ、この画像。念のため)

 

 

 

 

 

 

 

00denko3_2  

 

 うん、がんばれ。 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

正しいパフォーマンスとは?

『菅総理の被災地見舞い。さんざんな言われ様だねえ…』

 

『行かなきゃ行かないで、また言われるんでしょうけどね。』

 

『村山さんの時も、さんざんだったからな。』

 

『4月から、閣僚の防災服もやめましたね。』

 

『まあ、国会にまで着ていくことはないよなあ。』

 

『まっさらな防災服を毎日着替えやがって、とか言われるし。』

 

 

 

 

 

 

『でもな、夏になったら

今年のクールビズはすごいぞ。』

 

『ああ、電気が足りないから。』

 

『れんほーなんか水着で出てくるんじゃないか?』

 

 

000renho

 

 

ほら、質問に答えるわよ。

 

 

 

 

『いい加減、この写真使うのやめないと怒られますよ。』

 

『でもな、自民党だって、絶対着るって。』

 

『水着を?』

 

『クールビズを。』

 

 

000ohira

 

 

昔は「省エネルック」といった。

半袖背広を着る大平首相。

 

 

 

 

『これは、第二次オイルショックが起きた1979年のものだ。』

 

『大平さん、懐かしいけど、似合わないですねえ…』

 

『これと同じスーツが伊勢丹で売られたんだけど

一夏で売れたのは、たった5着だったそうだ。』

 

『パフォーマンスの底を見透かされてたわけですな…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ようこそ日本に。本日の設宴、心ゆくまでお楽しみ下さい。』

 

『コレハ、ナンデスカー?』

 

『茨城産のホウレンソウのサラダでございます。ボナペティ。』

 

『ホ、ホウレンソウ。ワタシ、ホウレンソウ、ノンデスネー。』

 

『それならメインをどうぞ。福島産のビーフステーキです。』

 

『フ、フクシマッ。ノンノンノンッ。』 

 

『うるせえな。一緒に食って、にっこり笑って写真に写れっ。』

 

『…セ、セシボーン…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の「パフォーマンス」。』

 

 

 

 

 

 

 

先週、自民党議員10人が行った

被災地の野菜を食うというパフォーマンス。 

000tamayo_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ここで、大口を開けている丸川珠代に注目してはいかんぞ』

 

『それで盛り上がってる掲示板が沢山ありますけどね。』

 

『注目すべきは、せっかくパフォーマンスをしてる丸川の隣で

丁寧に丁寧にトマトを拭いている、

逢沢一郎衆議院議員だっ。』

 

『そうやって見ると、この写真の陰影が違って見えます…』

 

『格好悪いだろ?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『正しいパフォーマンスっていうのは、これさ。』

 

 

00kobe2

 

『がんばろうKOBE』という

ワッペンをつけた イチロー

 

 

 

     

 

『これ、パフォーマンスだったんですか?』

 

『勇気を貰っただろう。』

 

『もちろん。』

 

『頼れる奴がやるんだったら、

本人に、パフォーマンスのつもりがなくても

それが、一番正しくてかっこいい

パフォーマンスなんだよ…

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

あああ、頼れそうな奴が、いない…

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

せっかちミリオネア

『ファイナル・アンサー?』

 

『あー、うー…』

 

『ファイナル・アンサー?』

 

『な、なんで、そんなに急かすんですかっ?』

 

『ファイナル・アンサー?』

 

『テッ、テレフォンをっ。』

 

『その電話、必要ですか?』

 

『あー、うー…』

 

『早くっ。どうせ寄付するんだからっ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

000need_a_telephone_4

 

 

テレフォンなんか役に立ちませんよ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『賤ヶ岳の戦いで父母を失ったは、茶々 初の姉妹とともに

猿の人質になり、1回目の結婚をするんだけど、

旦那が猿に背いたため離縁して、

2回目の旦那は朝鮮出兵で戦死しちゃって、

結婚運のない人だなあ、と思われつつも

ようやく、後の2代将軍秀忠に嫁ぎました。

さて……』

 

『早い早い早い早い。展開が早いよ…』

 

『だって、この地震で、放送が飛んじゃってますし…

あの3人をいつまでも童形のまま使うのは、ちょっと…』

 

『それにしたってだなあ。』

 

『せめて、被災者の方にも喜んで頂けるように

東北の武将とのエピソードを入れようかと。』

 

『そんなの、あったっけ…』

 

『ないんですよ、見事に。

彼女だけじゃなくて、三姉妹全員。』

 

『まあ、こんな地震が来るとは思ってなかったし…』 

 

大阪の陣で、千姫を救ったのを、

伊達政宗だってことにしますか?』

 

『大阪の陣と江って、関係あったっけ?…』

 

『姉の淀君と彼女の娘 千姫の旦那 秀頼が自害するんです。

だけど、千姫だけは奇跡的に助かるんですよ。』

 

『でも、それは坂崎って奴が…』

 

 

『じゃあ、千姫脱出のシーンで、いきなり城壁の上に出てきて

「さしたる用はなかれども、まかり出でたる伊達政宗」

って見得だけ切らせましょうか?』

 

 

『それ、昔の九州の田舎芝居での加藤清正の扱いだね…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚』

 

 

 

 

 

 

どうして、真面目な話が3日続かない?

Barcord4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このおっさんの表情が、すごく気に入ったんだけど

三日続くと飽きますね。

 

 

 

 

 

 

わかった、帰るよ。

Barcord6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

『非常に残念に思っています。』というお言葉を              もう一度賜りたいのか?

『震災のいろいろな体験はありますが、

一言だけ言っておきたいことは、

復興に当たって後藤新平が非常に膨大な計画を立てたが

いろいろの事情でそれが実行できなかったことは

非常に残念に思っています。

もし、それが実行されていたら、

おそらく東京の戦災は非常に軽かったんじゃないかと思って、

今さら後藤新平のあの時の計画が実行されないことを

非常に残念に思います。』 

 

 

 

 

 

これは、関東大震災60年目、1983年の記者会見での

昭和天皇のお言葉。

(高橋 紘『陛下、お尋ね申し上げます。』より引用。改行のみ筆者。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後藤新平は、関東大震災翌日にできた山本内閣の内務大臣で

震災直後に『帝都復興の建議書』を書いて

2週間後、自ら帝都復興院の総裁になる。

 

復興院ができる前、帝大教授の佐野利器を私邸に呼び

『復旧ではなく復興だ。何をやるのか俺にわかるか。

ソッチで考えろ。』

といって、理事、建築局長になることを要請した。

    

 

 

旧知の仲だし、いくら非常時とはいえ、

招聘したい相手を、私邸に呼びつけちゃうあたり乱暴で

実際、台湾総督や満鉄総裁をやった、この人のことを

『日本帝国主義の権化』のようにいう人もいる。

 

だから、敵も多かった。

当時の山本内閣は、非常時ゆえの『超然内閣』だったのだが、

『被災地まるごと買い上げ、35億円』という後藤の計画は、

内閣にさえ受け入れられなかった。

 

しかも、この案が世間に流れると、

区画整理におびえる地主層の支持を受ける政友会と、

市区改正以来、都市計画に金を出す事が大嫌いであった

大蔵省の猛反発を受ける。

 

結果として、復興計画はどんどん縮小されていく。

 

 

 

 

 

 

昭和天皇のお言葉にあった『いろいろな事情』を、

私ごときが忖度しては不敬にあたるが

事実の経緯だけ見れば以下のようになる。

 

 

 

 

1923年 9月 1日 関東大震災発生。

     9月  6日 帝都復興の議(焼土買上案)   35 億円

      9月27日 帝都復興院設立

    10月27日 復興計画閣議決定案 ※1      13 億円

    11月24日 復興審議会提出案 ※2       7.3億円

    12月10日 帝国議会提出予算※3         5.7億円

    12月19日 議会承認 ※4               4.7億円

1924年 2月25日 帝都復興院廃止

1930年 3月24日 帝都復興事業完成記念式典

 

 

 

うわあ、マトリョーシカみたい。 

 

 

 

 

※1 この政府原案については、由紀夫君のおじいさん、鳩山一郎などは 

   『もっと徹底的にやれ。』と叱咤している。

 

※2 閣議決定した案なのだが、ここで大蔵省の反発にあって

    いきなり半分になる。

 

※3 復興審議会議というのは、閣外の諮問組織。

     ここで伊藤巳代治という長老が猛烈な反対論をぶつ。

    いわく、所有権を取り上げるなんて乱暴。区画整理は自治体でやれ。

    道路が広すぎる。巨額すぎる。帝都復興院なんて無駄だ… 

    リンクしたWikipediaの伊藤巳代治のページが震災復興における

   彼の『業績』を一切書いていないあたりに、注目して欲しい。

    『顕彰会』みたいな連中も触れられないようなことをやったわけで、

    彼の名前は、『日本都市計画史上最大の悪人』として

    あらゆる都市計画史に、悪罵と共に綴られている。 

 

※4 議会では、野党の政友会が反対し、事業費が2割カット。

   復興院事務費廃止、という『後藤潰し』まで行う。

 

 

 

 

 

『焼土買上、35億。』にしろ『政府原案、13億』にしろ、

これは、日本の国家予算が15億円だった時代、

多いか、少ないか?

 

 

ただし、この間の経緯を見ると後藤にも悪いところがある。

 

『大風呂敷』と呼ばれたこのおっさんは、

『どうせ半分くらいにされるじゃろう。』と

最初に、でかい花火を打ち上げる癖があった。

 

 

非常時に『アラブの商人の駆け引き』

みたいなことを吹っかけて、相手を警戒させたあたり、

この人のやり方も、よくない。

 

 

 

 

 

 

 

関東大震災後の、このごたごたは大変に有名なので

私なんかが書かなくても、

要路の人はよく知っているはずだ。

 

だから書くつもりはなかったのだが、

以下の二つのニュースを見て、腹が立ったので書きました。

 

 

 

 

 

『自民党、大連立に支持相次ぐ、しかし総裁は…』

(読売新聞の記事へのリンク)

 

谷垣さんの

『360度、上下左右を見渡しながら進む。』ってのは、

今は、どこにも進まない、って事だよな?

 

 

 

 

 

さらに、

『菅総理が、共産党の志位委員長と会見して

「原発の新増設について「見直しを含めて検討したい」と言った』

というニュース。

(朝日新聞の記事へのリンク)

 

 

 

いいから火を消せ。

先のことは、

原発と頭を冷やしてから考えよう、な。

 

 

 

サルコジさんと一緒に

もりもりと、ホウレンソウでも食ったほうが

お国のためになっただろう。

 

こんな、といっては志位さんに失礼かもしれないが、

こんな票集めに時間を取ってやがる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

 

だから、時間がないんだ。

Barcord4_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、まあ、ここまでは実は4月1日までに書いていた。

ところが夕方になって、

『菅降板、谷垣総理で大連立?』というニュースが

流れたてきたので、様子を見ることにした。

 

ところが続報がない。

『菅総理は降りるつもりはないらしい。』

『谷垣さんは、総理が降板しなければ連立はしない。』

とのこと。

 

 

 

 

谷垣さんは、まだ『上下左右を見回して』いるらしい。

 

読売の文系記者は、気がついていないらしいが

『上下左右ぜんぶ 』を表す立体角なら、『360°』ではない。

 

単位は『°(度)』ではなく、『sr(ステラジアン)』で

全球なら『4Πsr (4パイ ステラジアン)だ。』

 

 

 

毎日違う単位が出てくる、このご時世に、

こんな奴を総理にして大丈夫か?

 

 

00000gakki_2

 

 

こんな奴

 

 

 

 

 

 

こんな嫌味なこと書きたくないんだ。

誰が総理でもいいからさ…

 

 

 

こんなこと言ってる亀もいるし、

 

00000kame_2

 

郵政のことをやってくんないとぐれてやる…

 

 

冬眠してろ。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

追記:翼賛体制になれ、って言ってるんじゃないですよ。

    早くしろって事です。

    そして関東大震災の轍を踏むな、と。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

ニュースは数字じゃないんだ

福岡県の女子校生の14%が、性犯罪にあったことがあり

そのうちの70%が警察に届けてなかった、というニュース。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

 

 

14%…

7人に1人…

 

 

 

 

多すぎやしないか?

 

 

 

 

新聞のリンクはすぐに切れてしまうので、

この記事については全文を引用します。

文句があるなら、かかってこい。

 

 

000yomiuri

 

テキストで引用すると邪魔なので

画像でどうぞ

(生意気にもクリックで大きくなります)

 

 

 

 

 

昨年、福岡県で起きた、わいせつ事件のうち

被害者の半数が16~22歳の女性だった事を受けて、

県警が、県内8000人の女子校生を対象に

無記名でアンケートを取ったら、冒頭の結果になった。

 

 

無記名だから、絶対見栄を張っている奴がいると思うのだが

それは、この日記の主題じゃない。

 

 

 

 

問題にしたいのは、この読売の記事の

数字の扱い方の乱暴さだ。

 

 

何人、何%と、やたらに数字が出てくるのだが

一読して、その関係が素直に頭に入ってこない。

 

 

 

 

まず、福岡の『強姦と強制わいせつ事件の被害者』のうち、

半数が若い女性といいつつ、その数字が書いていない。

 

県警のHPで調べたら一瞬でわかるのだが、全部で546人だ。

被害者の7割しか申告しておらず、

16~22歳の女性の14%が被害者なんだとしたら、

福岡県に若い娘は5600人しかいないことになる。

 

ここまで考えて、ようやく『おや?』と思った。

 

 

 

 

違うわよ馬鹿。ちゃんと読みなさいよ。

『強姦などの凶悪犯罪をはじめ、

痴漢や盗撮、下半身の露出など、

何らかの形で性犯罪被害を受けた』

高校生にアンケート、って書いてあるでしょ?

というかもしれない。

 

 

 

 

しかし、文章の箇所によって

母数が違うことをきちんと書いていない。

ぼーっと読んでたら、福岡では若い娘の7人に1人が

襲われている、という印象を与えるぞ。

 

実際、そういう事で盛り上がっている掲示板があるしな。

 

 

 

 

 

 

違うわよ馬鹿。この記事のメッセージは

『若い娘が、あっハーン』じゃなくて

『若い娘が性犯罪に無防備だ。』ということでしょう。

というかもしれない。

 

 

それなら、数字をきちんとつかえ。

 

 

 

 

メッセージ性が強い記事であればあるほど

数字に神経質になれよ。 

 

 

こんなめんどくさい読者、読売も相手にしたくはないだろうが、

『メガ』やら『ベクレル』やら、

貴様らが言い散らかしたおかげで

原発と風評被害とで、いま

日本中が大変なことになっているんじゃないのか?

 

 

数学に弱い記者ほど数字を使いたがって

しかも使い方が正確じゃない。 

数字が説得力を持つ、と思う奴のプレゼンは

大抵下手くそだ。

 

 

 

 

あ、俺がそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

 

数字じゃないんだ。

Barcord4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うん、その顔で言われると説得力あるけどね。

…潔いんだか、悪いんだか。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明るいニュースは、パンダしかないのか…

 

『なんか明るいニュースはないのか?』

 

『Wikipediaのトップページに「今日はなんの日」っていう

みのもんた みたいなコーナーがあるんですよ。』

    

『…うん。』

 

『そうしたら3月31日は「国鉄最後の日」「山一證券閉店」…』

 

『メタファーだなあ…』

 

『4月1日の読売の一面は、「被災地国有化」ですね…』

 

『えーと、それはエイプリル・フール?…』

 

『さあ…財源は「ガソリン税の一部で数千億円」だそうです。』

 

『無理だろ?』

 

『…そうですか…』

 

『5000億使えるとしよう、買い取る価格がわからんが

うんと甘く見て、坪5万円だとしよう。

そうすると1000万坪で33平方キロだ。』

 

『避難勧告が出ている南相馬市の面積の1/12。

東京ドーム7000個分ですね。』

 

『さすが、読売。

エイプリルフールもぴりっと来るねえ。』

 

『これは読売の責任じゃないでしょう…』

 

 

 

 

 

『被災地で入学式、とか、

がんばって欲しいけど、明るいニュースじゃないよなあ。』

 

『余震も まだありますし、4月なのに雪が降ってるところも…』

 

『原発事故は人災の部分もあるだろうけど、地震だ、津波だと

喧嘩売ってんのか地球?

もう、どんどん火力使ってCO2出しちゃうよ。』

 

『それもまた、天に唾する、というか…』 

 

『うるせえっ。第2宇宙速度

唾を吐いたら戻ってこねえだろうっ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『明るいニュースもあります。

4月1日に上野動物園のパンダが公開されます。』

(リンク)

 

『4月1日?

こんなのが出てくるんじゃないか?』

 

000panda

 

 

パンダチャウチャウ

 

 

 

 

『あの、個人的には面白いと思うんですけど、

この日記の笑いのツボは、世間一般の怒りのスイッチに

直結している気がするんですよね。』

 

『…ちぇー。』

 

『しかも、被災者は無料、だそうです。』

 

『罹災証明も出てないのに、どうやって見分けるんだろう。』

 

『そんなこと言うのは野暮ですよ。

入場料は募金だ、くらいに思ったらいいんです。』

 

『日銭を稼ぐんだな…』

 

 

 

 

 

 

 

『さらに、おめでたいニュースがあります。』

 

『なんだ?』

 

『あのパンダ2頭が、発情期に入っているそうです。』

 

『それじゃあ、公開中にやっちゃうことも?』

 

『いいじゃないですか。

パンダだって、ホウレンソウだって

みんなみんな生きているんです、トモダチなんです。

生めよ殖やせよ地に満てよ。

生命の賛歌でしょう。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『…まさに、白黒ショー…』

 

『だから、怒られるってば…』 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日のハッピー。』

 

 

 

 

 

 

いいなー、あいつだけ…

Rip_panda2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハッピーの雫

 

Happy4

 

 

 

 

 

 

みんな、ハート 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »