« 独断を誉めるな。 | トップページ | 休耕田で電力王 »

2011年5月28日 (土)

日本海海戦と、日本の『神様』

5月27日は日本海海戦の日。

この戦いでロシア艦隊は全滅。

東郷平八郎が指揮する日本連合艦隊は、ほぼ無傷。

 

世界中が驚いた大勝利で、これで日露戦争に決着がついた。

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

『日本海海戦で、負けちゃってたらどうなっただろう。』

 

『東郷神社はありませんね。』

 

『東郷会館も、トーゴー・ビールも、ないな。』

 

『「坂の上の雲」も、最後に負けちゃうんなら誰も読みませんね。』

 

 

 

『負けないまでも、あそこまで勝ってなかったら?』

 

『やっぱり東郷神社も、東郷会館もないでしょう。』

 

『そうかな?』

 

『日本海海戦以前の、ロシア艦隊との戦い振りについては

当時からも、結構批判があったんです。』

 

『ウラジオ艦隊を逃がしちゃったり、

旅順艦隊を撃滅も封鎖も出来なくて

乃木さんに頼んで、6万人も死なせたり。』

 

『人間を神様にしちゃ駄目ですよ。』

 

『東郷さん自身は、自分が神様に祭り上げられるのを、

嫌がっていたらしいけど。』 

 

 

 

 

『あと、「超弩級」なんていう言葉もないだろうな。』

 

戦艦ドレッドノートですか?

設計は日本海海戦の前に出来ていたそうですけど。』

 

『「どっちが先か」みたいな話は、どうでもいいけど

日本海海戦で戦艦の威力を見せつけられた列強は

直後に発表された、ドレッドノートの速度と砲戦力にびびって

「大艦巨砲の時代」に入っていった。』

 

『三笠が1万5千トン、ドレッドノートが2万トン。

戦艦大和が6万5千トン…』

 

『英米日は猛烈な建艦競争に入る。

大正9年なんか、国家予算の66%が軍事費で

その半分が、軍艦の建設費になった。』

 

『国家予算の1/3が軍艦建設の費用?』

 

『アメリカやイギリスでも苦しいのに、日本なんかへろへろだ。

それで大正10年からのワシントン軍縮会議が始まる。』

 

『それに反対したのが東郷さんだった、と。』

 

『具体的に行動したのは

その次のロンドン条約会議からだったらしい。

対米7割を絶対に下回ってはいかん、と。』

 

『でも、あのひと元帥でしょう。

元帥は終身現役なんだから、

文句があったら、言ったっていいんじゃないですか?』

 

『なにより、ほら神様だから。

軍縮反対の艦隊派に祭り上げられた、という話もあるけど。

艦隊派は、伏見宮大将も担ぎ上げたから、

「神様と宮様を出すなんて卑怯だ。」

と、軍縮派からは批判された。』

 

『反論できないですもんねえ。』 

 

『そうやって、軍縮に反対した連中が

統帥権干犯とか言い出して

五・一五事件につながっていくんだ。』

 

『五・一五事件と、東郷さんは関係ないですけどね。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『今の日本に「神様」はいないよな。』

 

『日本海海戦みたいな大勝利もないですけどね。』

 

『「俺様」とか「黄門様」とか「殿様」は、いるんだけど…』

 

『余計な事をいう奴はたくさんいます。

「殿様」じゃなかった

小沢さんが、アメリカのウォール・ストリート・ジャーナルに、

「原発周辺には住めない、黙っていたら東京もアウト」って

言ったそうです。(読売の記事へのリンク)。』

 

『…はあ…』

 

『G8での菅さんの「10年くらいで自然エネルギー20%」ってのも

発言も、いい加減な話ですよね。』

 

『「太陽光パネルを住宅1000万戸に設置する。」

って言う話に至っては、

経産相が「おれは聞いてない。」って言ってるらしい。

(これも読売の記事へのリンク)』

 

『トラスト・ミーとか、CO2 25%削減とか、

外国に行くと舞い上がっちゃうんでしょうか。

日本の政治家は?』

 

『そのくせ、都合の悪い事は

「報告を聞いてない」って、言うんだよなあ。』

 

『はあ…』

 

『はあ…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の戦艦。』

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶっとばすぞ

Batlleship 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

史上最後の現役戦艦だった、

アイオワの40.6㎝主砲9門一斉射撃。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ    

 

 

 

 

 

|

« 独断を誉めるな。 | トップページ | 休耕田で電力王 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今回の話も勉強になり楽しめました
ありがとうございます

日本の政治家の話のあとの
「はあ・・・」
というため息
最後の戦艦で吹き飛ばしたい気持ちですね

はあ・・・

投稿: れい | 2011年5月29日 (日) 08時47分

れいさん、ありがとうございます。
ほんとにもう、
ため息しか出ませんよ。
はあ、
しかし、アイオワは
かっこいいですよね。
イラク戦争まで、現役だったんですよ。

投稿: natsu | 2011年5月31日 (火) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/40156266

この記事へのトラックバック一覧です: 日本海海戦と、日本の『神様』:

« 独断を誉めるな。 | トップページ | 休耕田で電力王 »