« 地球滅亡の危機はしょっちゅう来ている。 | トップページ | 世界一の自殺 »

2011年5月13日 (金)

『キャスター』と『チェリー』がなくなる

JTが『キャスター』と『チェリー』のブランドを廃止、というニュース。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

    

 

 

 

 

キャリー・ネイションたちが

くそうるさくて、タバコなんか吸っちゃ駄目、という

キチガイじみた事を言うおかげで、タバコが売れない。

 

しかも、今回の地震で工場も被害を受けちゃったので

売れないブランドを整理する、というのが、今回のニュース。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、タバコがかっこいい、

という時代はあったのだ。  

 

 

 

いや、待ってくれ。

このCMは放送当時も変だと思った。

 

風来坊が、勝手に井戸を使って

そいつがタバコを吸うと、女はくらくらする、なんて。

 

 

そんなんで、落ちるのか?

勝手に敷地に入ったら、撃ち殺されるんじゃないのか?

アメリカ…

 

うーん。

 

 

 

 

 

 

 

 

面白くなってきたから、少し集めてみよう。

 

 

男がタバコを吸って、女がくらくら

というのがパターンらしい。

 

だから、そんなので落ちるのか?

 

 

いいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

『リベラ』なんてタバコ、まだあるんだろうか?

 

 

基本的には外人、しかも白人なんだな。

そして、メンソールは海、と

 

 

 

 

 

 

 

 

80年代タバコCM。

 

 

こんな鼻くそみたいなCMで

海外ロケが出来るんなら、いいなあ。

 

行きたいなあ、パムッカレ 

 

いいなあ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、この中で唯一出演している日本人が藤龍也。

彼が宣伝しているのが『キャスター』で、

これがなくなるんだと。

 

 

なんかさみしい。

 

 

藤達也はどうでもいいけど、

むかし『キャスター』を吸ってたことがある。

結構、メジャーなブランドだった。

 

 

 

『チェリー』っていうのも懐かしいね。

わからない人も多いと思うので、パッケージを。

 

 

Castermild 

 

 

個人的には、すごく懐かしい。

これがなくなるとは…

 

 

 

 

 

 

Cherry  

 

 

これは、知らない人も多いかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の頃、たばこ屋の手伝いをしたことがある。

『セブンスター』が、まだ新しかった時分だ。

 

だから、あの頃のタバコの銘柄と値段は、

いまでもそらで言える。

 

『いこい』 40円

『エコー』 40円

『ハイライト』 80円

『セブンスター』は、80円だったのが

人気だったのですぐに100円になった。

 

 

いまの人は、『セブンスター』が『ハイライト』を弱めたもので、

『マイルドセブン』は、その名の通り、

『セブンスター』の気合いを抜いたものだなんて

知らないだろう。

 

『マイルドセブン・スーパーライト』なんて

もう、ちり紙焼いて吸ってろってな

もんである。

 

 

 

 

 

そもそも、『ハイライトなんていう

日和った名前を見てもわかるように『ハイライト』も

それ以前のタバコから比べたら、軽い。

 

『ライトじゃない』ことに憧れた、若僧は

無理をして、きついうえにフィルターのない

両切りの『缶ピー』なんかを吸っていた。

 

缶にきっちり詰まった、ショートピースの最初の一本目を

引き抜くのには、秘かなコツがあるのだが

そんなこと、

もう年寄りの繰り言なんですね。

 

(ヒント缶に一枚紙が挟まっています。) 

 

 

 

 

まあ、なくなる銘柄があるのはしかたないかな。

でも、さみしい。と思います。

 

 

そして、タバコを楽しむっていう文化は、残して欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

 

 

すごいコピー

Tabacco2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『顔に喰らわしてやれば、

彼女はどこにでもついてくるぜ。』

 

 

 

こんな時代があったんだよ。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ    

 

 

 

 

|

« 地球滅亡の危機はしょっちゅう来ている。 | トップページ | 世界一の自殺 »

そんな時代もあったよね」カテゴリの記事

コメント

うちの父親はJTで煙草に味付けする仕事していました。最近の禁煙ブームや地元工場閉鎖のニュースなど見るに、一番いい時期の最後の最後に子供時代を過ごせた自分は幸せだったなと思います。

投稿: | 2011年5月14日 (土) 23時57分

鯨さんありがとうございます。
そうでしたか。
昔は吸ってたし、もっと昔は売ってたし
タバコにはお世話になってます。
禁煙も、一人でやめるんなら
なんとも思わないんですが
他人に強制するような風潮は、
大嫌いです。

投稿: natsu | 2011年5月16日 (月) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/39965040

この記事へのトラックバック一覧です: 『キャスター』と『チェリー』がなくなる:

« 地球滅亡の危機はしょっちゅう来ている。 | トップページ | 世界一の自殺 »