« 西松屋のCMの女の子の踊りが元気で変。 | トップページ | タクシー日米事情とイエローキャブ »

2011年5月 4日 (水)

基準の意味と開き直りの焼肉屋と発電屋

ユッケを食べたら こどもが死亡、というニュース。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

    

 

 

 

このニュース、

激安二流焼肉屋が、無茶なコストダウンのために

『生食用』の基準に満たない三流肉を生で食わせた、

という形で報道されている。

 

 

 

ところが、それなら『生食用食肉』の基準はなんだ?

というと、実はそんな大層なものではない。 

 

厚生省 生食用食肉等の安全性確保について

 

『菌陰性』であり、『生食用』という表示をしろ、というだけ。

 

続いて書いている告示では、

どんな工場で屠殺しろ、どんな処理をしろ、

処理する時には手を洗え、

といった事が書かれているのだが、

素人目に見ても、たいした内容には思えない。

 

 

 

 

 

 

だけど、

この事件を起こした、四流店があれこれ言い訳してるのが

とても見苦しいので、こちら。

 

『焼肉酒家えびす』の言い訳

 

この五流店は間違いなくつぶれるだろうが

この六流店が言っていることにも、一分の理はあって

『…牛肉については…生食用としての出荷実績はなく、

…輸入されているものがありますが、その量はごく少ない』

というのは正しいらしい。

 

『生食用』として流通しているのは

基準通りの処理をした牛肉と生肝と馬刺しだけ、

しかも、基準に適合した処理がされているのはごく一部だけ、

なのだそうだ。

 

それなら、居酒屋で出てくる『鶏わさ』はなんだ?

長田の焼肉屋で豚のキンタマを食った俺は一体何だ?

 

 

 

 

 

 

二人も死んでいるので、うかつなことは言えないのだが

こういう時にすぐ、

『国の基準が』とか言い出す奴は嫌いだ。

 

 

ユッケを食った子供に罪はない、

激安七流店を選んだ親を責めるのも酷だ。

 

一義的な責任は、全てこの八流店にあるのだが

『国の基準』なんて関係ないと思う。

 

 

 

 

 

 

今でこそ、欧米人も鮨を食うが、昔は

『オー、ロウ・フィッシュ ナンテ、タベラレマセンネ。』と言っていた。

生肉を食う、という文化がなかったのだ。

 

 

ヨーロッパ人は中世から肉を食う。

秋に締めた豚を塩漬けにして、一年持たせていた。

 

しかし、いくら塩漬けにしたって、夏には腐って臭いので

胡椒が欲しくて地球を征服しちゃった、

あの連中は、食中毒に神経質だった。

 

実際、どんな魚にもイカにも寄生虫はいるし、

肉だってなんだって、食中毒は、ある。

 

 

 

だから自己責任って言ってるんじゃないですよ。

消費者には見極めようがない。

まして、親に連れられてきた子供はどうしようもない。

 

 

 

 

 

厚生省の基準の中の『菌陰性』という言葉が

わからなかったので調べたら、こんな意味でした。

しかし、普通の焼肉屋が『培養検査』なんかするかね?

 

 

そして、検査とか基準とかと関係なく

要するに、

そんな腐った肉を食わすなよ。

 

 

 

 

そして、

こういう時にすぐ、『規制強化を』とか言い出すれんほー

いくつ大臣やってんだ?おまえ。 

 

000renho 

 

どくいり きけん たべたら しぬで

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、あれこれ言い訳していているこの九流焼肉屋は、

見苦しいので、必ず滅びる。

あんまり、世間を舐めちゃいけない。

 

 

000yakiniku  

TVだって、うちを誉めてくれましたっ。

 

 

 

世間は、こういうところに妙に厳しいのだ。

二度と商売が出来ると思うなよ。 

 

10年後に乾物屋とかになっていそうだな。 

 

 

 

 

 

 

でも、

『基準があるのに守らないから

こんな事故が起きたんです。』

なんて奴は

福島原発のそばでイカナゴの躍り食いを食ってから言え。

 

 

 

 

 

 

原発なんてのも、似たようなもんじゃないのか?

 

『耐震基準』だったり、『非常時の対応基準』だったり、

いろんな基準があったはずで、

3.11より前は『絶対安全』っていってたのが、

この ていたらくだ。

 

 

『消費者』は、被害を防げない、

というところまで、似ている。

 

『基準』があったら安心なのか?

『基準』さえ守れば免責なのか?

『基準』を守れなさそうだったら

『基準』自体を変えればOKなのか?

 

 

 

『基準』っていったい何だ?と思うわけです。

 

例によって、話の筋がわかりにくいなあと

我ながら思うくらいで、

読んでいる方は、もっとそう思うだろうと反省するのだが、

 

今回言いたいことは、

『安全なユッケの選び方。』ではなく、

『基準、基準とうるせえよ。』

ということであります。

 

そして、この言い訳焼肉屋は許さない、ということ。

 

 

 

犠牲者の方のご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の一枚。』 

 

 

 

 

 

 

クリアランス

Daily_picdump_421_640_45

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一瞬納得しかけちゃうところが『数字の嘘。』

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ    

 

 

 

 

|

« 西松屋のCMの女の子の踊りが元気で変。 | トップページ | タクシー日米事情とイエローキャブ »

ふざけんなよ、こらあ」カテゴリの記事

コメント

「みかか」のふるふるです
覚えていらっしゃいますか(笑)?。

もう3年経ってしまいました(汗)。
って・・・・・
http://blog.livedoor.jp/himantai/archives/51367131.html
そう、千葉県ネタでした。

本日、千葉駅の駅弁のレポ、アップしました。
ご笑納ください(笑)。

投稿: ふるふる | 2011年5月 4日 (水) 22時29分

ふるふるさん、ありがとうございます。
千葉駅の話を書いていた方ですね。
思い出しました。
やっぱり、焼きはまと、アサリメシは
うまいですよね。
ああ、焼きはま食べたくなってきた…

投稿: natsu | 2011年5月 5日 (木) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/39832747

この記事へのトラックバック一覧です: 基準の意味と開き直りの焼肉屋と発電屋:

« 西松屋のCMの女の子の踊りが元気で変。 | トップページ | タクシー日米事情とイエローキャブ »