« 各種番号物語 | トップページ | 日本海海戦と、日本の『神様』 »

2011年5月27日 (金)

独断を誉めるな。

津波の翌日、3月12日福島原発では、本店の指示を無視して

『所長の独断』で海水注入が続いていた、というニュース。

(読売新聞の記事へのリンク)

 

    

 

 

官邸の意向や、本店の指示を無視して続けられていた、

注水・冷却作業は、『結果オーライ』じゃないか? 

 

英断を下した所長の吉田、というのは、どんな人物だ?

という事を各紙が載せている。  

 

メジャー紙は、さすがに抑えめだが

『本店にたてつく困った奴。』としつつも

『豪快』、『親分肌』、『気骨がある』なんていう言葉が

出てきたりして、おおむねプラスの評価が多い。

(産経新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

でも、独断で行動しちゃだめじゃん。

 

 

 

 

 

本店や、官邸が頼りない。

なんとか院なんとか委員会なんていうのが多すぎて、

誰が指揮を執っているのかわからん、

というのは事実だとしても、

現場が独断で行動したら、

それはもう組織じゃない。

 

 

所長の独断で注水したって

結局、燃料棒は溶けちゃったわけだし、

彼の『独断』が本当に良かったのかどうか、

いまの時点ではわからないだろう。

少なくとも、いま東電や官邸に何か言われても、

とても信じられない。

 

だから、あまりこの所長を誉める気にならない。 

 

 

 

 

そして、それ以上にびっくりするのが、独断が

2ヶ月以上ばれなかった事。

国会で話題になっても、だ。

 

なんだよ、それ… 

 

今頃になって、

『注水続けてました、実は現場の独断で。』と訊かされたエディが、

会見で『困るよねー』とか言い出すのも、なんだか安っぽい。

 

『現場が上を信じられない体制』というのは

本当にもう、なんとかして欲しいが、

それと『独断』を許すかどうかは、

まったく別の問題だ。

 

 

 

 

 

いずれ、何ヶ月後かに、彼にも異動があるだろう。

この所長は、震災発生時から不眠不休で作業の指示に

当たっていたそうなので充分に功績があるが

普通に考えたら、本店の命令違反は懲戒ものだ。

 

 

栄転させたりしたら、

それはもう、まともな組織じゃない。

 

 

その時に、この問題に関する、

『東電の本音』『官邸の本音』がわかるような気がする。

 

 

あ、でも『今すでに、まともじゃない。』 なんて

いうのもアホらしいわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の独断将軍。』

 

 

 

 

 

 

林銑十郎

000senjurou  

朝鮮軍司令官の時

独断で満州に兵を動かしたため

『越境将軍』と呼ばれた

 

 

 

 

 

 

牟田口廉也

000mudaguti_2 

盧溝橋事件で

独断で部下に銃撃を命じ

戦争末期、無謀な

インパール作戦を立案、指揮する。

 

 

 

ひげの林銑十郎は、『越境将軍』として人気を集め

総理にまでなるが、

優柔不断な人で、各派閥に利用され、

さらに言う事を変えるので

信用されなくなって、さみしく死んだ。 

 

 

 

牟田口廉也は、

彼を誉める文章は、本人が書いたもの以外

見た事がない、というくらい評判の悪い将軍。

どれだけ、ひどいかは

Wikipediaのインパール作戦の項目をどうぞ。 

 

盧溝橋事件での役割は、ようわからんところがあるんだが

インパール作戦発動を、周囲に説得して回るに当たって

『今次対戦は、わしの撃った一発から始まった。

終結させるのもわしだ。』と

言っていたらしいから確信犯ではある。

 

 

牟田口の墓は、都内某所、

あのスパイも眠っているあの墓地にある。

 

Wikiによると

『墓石は戒名のみが記された質素なものとなっている。』

とあるが、珍しい名字なので、まるわかりである。

 

000mudaguti2  

 

 

『牟田口家の墓』と書いてあるので

ほかの方も眠っています。

いけないことをしてはいけません。

 

 

 

 

 

あの『名所長』を牟田口なんかと一緒にするな、と

怒る人がいるかもしれないが、

『独断』を誉めちゃいけない。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ    

 

 

 

 

 

|

« 各種番号物語 | トップページ | 日本海海戦と、日本の『神様』 »

テレビで気になること」カテゴリの記事

コメント


独断と責任において行うのとでは、違ってくる。

 現場の状況は時々刻々変化する、これだけの災害の中で、組織がどうこうというのは馬鹿げている、当然現場の判断が尊重されるべきである。

 むしろ、自分の事を顧みず、英雄的英断と賛美されるべき行為である。

投稿: sunsun | 2011年5月27日 (金) 18時59分


追伸

 この話、はぐらかす為の、偽記事かもしれないので、どうこういう事も無駄かも、、、

 念のため。

投稿: sunsun | 2011年5月27日 (金) 19時03分

sunsunさんありがとうございます。
このニュース、
いろんな意味で不自然ですよね。
どこまで作為があるかわからないけど、
現場所長の独断、
とは思えないんですよ。

投稿: natsu | 2011年5月28日 (土) 23時54分

牟田口廉也は、【牟田口の墓】というひとまとめの墓に入ることで、牟田口廉也のみを罰したい人々からの攻撃を避けようとしているんだな。妻や母親に護ってもらってるんだな。

死んでも女性に護られ続ける大罪男。なさけないwwwww
ママーwwwww

投稿: 赤刃 | 2013年7月17日 (水) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/40153529

この記事へのトラックバック一覧です: 独断を誉めるな。:

« 各種番号物語 | トップページ | 日本海海戦と、日本の『神様』 »