« ワインとシャンパンと私。 | トップページ | 100年租借の意味がわかってるのか? »

2011年6月11日 (土)

総理断髪式

『これより、先日、総理大臣ならびに民主党代表を引退した

菅直人君の断髪式を行います。』

 

『やっと辞めましたね。』

 

『メドっていつだ?年内だ、8月だ。

ふざけんな、今月中に辞めろっていう

どたばたがずっと続いてきたからな…』

 

『「6月延長法案」っていうのを出してきた時には

どうしてやろうかと思いましたけどね…』

 

『6月を、従来の30日から

300日に延長しますって奴な…』

 

 

 

 

 

 

 

 

『では、歴代民主党代表が順番に

鋏を入れていきます。』

 

『これから四国88ヶ所のお遍路ですって?』

 

『奥さんと一緒に行くらしいよ。』

 

『あの気が強そうな奥さんと?』

 

『落ち着かないだろうなあ…』

 

『修行にはなるんじゃないですか?』

 

『それで、剃髪すると…』 

 

 

 

 

 

『では、初代代表。菅直人君。』

 

『自分で切るんですか?』

 

『あああ、危ない…』

 

『では、共同初代代表、鳩山由紀夫君。』

 

『先生、鳩山先生。鋏を持つ手が逆手ですっ。』

 

『あああ、危ない。』

 

『2代目代表、菅直人君。』

 

『先生、2回目だから、鏡持ち出しましたよ…』

 

『不真面目な断髪式だなあ…』

 

 

 

 

 

 

『ここより先は、旧新進党との大連合をして

新生民主党となるため、カミソリに持ち替えて頂きます。』

 

『新進党との連合?』

 

『ここで小沢さんが入ってきたんだ。』

 

 

 

 

 

『では、初代代表、菅直人君。』

 

『また?』

 

『あああ、自分でカミソリなんか使ったら…』

 

『危ないなあ…』

 

『2代目代表、鳩山由紀夫君。』

 

『他に人がいないのか?この党は。』

 

『鳩山先生っ。カミソリを縦に滑らせないで下さいっ。』

 

『あああ。危ない…』

 

 

 

 

『4代目代表、岡田克也君。』

 

『あ、やっと違うのが出てきた。』

 

『このひと、代表だったんだ…』

 

『5代目、前原誠司君。』

 

『このひとも代表でしたっけ?』

 

『ほら、あの「偽メール問題」まで…』

 

 

 

 

 

 

 

『6代目、小沢一郎君。』

 

『小沢先生っ、そこは頸動脈ですっ』

 

『鳩山先生っ、乱入しないでっ』

 

『もう、滅茶苦茶だ…』

 

 

 

 

 

 

 

 

『では、最後に、菅直人君に一言お願いします。』

 

『ははは、最後ちょっと、傷だらけになってしまいました。

これも、私の政治スタイルらしいかな、と。』

 

『さすがに、最後はしおらしいですね。』

 

『うん…』

 

『私は、これで引退しますがっ。

わが民主党は永久に不滅ですっ。』

 

『「永遠」じゃなかったですか?』

 

『みんなそう思ってるけど、実際は「永久」だったらしいよ。』

 

『これで、代表・総理の座は退きますが、

これからは、年寄・親方として、菅部屋を率い…』

 

 

『とっとと お遍路に行けっ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の二枚。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本国総理大臣の椅子

0000isu 

 

 

 

 

 

 

 

脚なんか、切れてやがる。

しかも、

その次に誰が座るにしても、この椅子だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あるいは、紐付きか? 

0000isu2_2 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこまでしても、その椅子が欲しいか…

 

 

 

 

 

長嶋さん。引退挨拶

 

ほら、『永久』だ。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ  

 

 

 

 

 

 

 

|

« ワインとシャンパンと私。 | トップページ | 100年租借の意味がわかってるのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/40346493

この記事へのトラックバック一覧です: 総理断髪式:

« ワインとシャンパンと私。 | トップページ | 100年租借の意味がわかってるのか? »