« 「でんき予報」と「たんき予報」 | トップページ | 「よるドラ」なんてなんて軟弱な »

2011年7月 6日 (水)

須磨海岸の若僧への対抗方法

7日からオープンする須磨海水浴場では

今年は『タトゥー禁止』だ、というニュース。

(読売新聞の記事)

    

 

 

 

 

 

『タトゥー禁止っていうのは、問題の本質じゃないよな…』

 

『でも、苦労の跡は見えますよ…』

 

『そんなにひどいのか?』

 

『最近、夜の須磨なんか行かないですけど、

あそこ、海岸のすぐ北に、マンションが並んでるんですよね。』

 

『うん。』

 

『そこで、夜中まで騒ぐ奴はいる、

車を乗り入れる奴はいる、

クスリをやる奴はいる、

ロケット花火飛ばす奴はいる…』

 

『須磨海岸の花火って、禁止になったんじゃなかったっけ。』

 

『夜9時まではOKなんですよ。』

 

『ちゅ、中途半端だなあ…』

 

『そんな規則、守るわけないでしょう。

夜中まで、大変らしいですよ…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『反撃しろよ。』

 

『はい?』

 

『…という事で、「鉄パイプ砲の作り方」を…』

 

『わーわーわーわー』

 

『まずは、どこのご家庭にもある鉄パイプをご用意して…』

 

『まてまてまてまてまて…』

 

『足場用鋼管は内径46mmなのに、肉厚2.4mmなので

使い方を間違えると、暴発の危険があります。

(2文字自粛)として使いましょう…』

 

『……』

 

『内径に対して肉厚が厚いという意味で、お勧めは

通称SGPパイプで、これはホームセンターでも、

お気軽にお買い求め頂けます。』

 

『SGP?』

 

『白ガスパイプ、という意味です。

これなら内径20mm以下からあって

(2文字自粛)用にご使用頂く事が…』

 

『待って下さい…』 

 

『…あと、黒色火薬のお手軽調合法ってのを教えないと…』

 

『や・め・な・さ・い…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『でもさあ、20歳過ぎて、

コンビニ花火なんかやってる、

おこちゃまに、なんで遠慮しなきゃいかん。』

 

『コンビニに行くと花火がすごく売ってますよね。

あんなところで買うのは、間違いなく

夜中にノリで買うやつだけでしょうから…』

 

『それならそれで結構だ、

青春を70年代に捧げたおっさんの根性を見せてやろうぜ。』

 

『…捕まるから やめようよう…』

 

『だけど、あいつら、ロケット花火を

マンションの方向に向けて撃ったりするんだぞ。』

 

『…許せませんね…』

 

『高さを利用したら圧勝だ。

二百三高地、

と呼ばせてやろうじゃねえか。』

 

『…場所を特定されたら捕まっちまいますよ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『大体タトゥーで人を威圧する、

なんて許さない。

むかし銭湯で本当に怖かったんだぞ…』

 

『…ああ、刀傷の人…』 

 

『そんなに体を焼きたきゃ、

焼いてやろうじゃねえか。』

 

『はい?』

 

『という事で「モロトフ・カクテル」の作り方。』

 

『待て待て待て待て待て…』

 

『まずは、どこのご家庭にもある、ガラス瓶に…』

 

『やめてくれよう…』

 

『これも、どこのご家庭にもあるガソリンと、

濃硫酸をブレンドして…』

 

『ねえよっ、そんなもんっ…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『大体、あんたは、20の頃に

夜中に花火とかしなかったんですか?』

 

『したよ。』

 

『自分がしたのに、なんで…』

 

『小学生じゃあるまいし、

ロケット花火なんかしなかったさ。』

 

『じゃあ、何をやったんです?…』

 

 

 

 

 

 

 

『「ヘビ花火」って知ってるか?』

 

『火をつけると、にゅるにゅると成長する奴?』 

 

『一つ一つはせんねん灸くらいの大きさしかないんだ。

それでも、びっくりするくらい延びる。』

 

『…ええ。』

 

『それを20個くらい買ってきて、

砕いて粉にして、火をつけるわけだ。』

 

『うわあ、ガキ…』

 

『そうすると、一瞬で火がついて、ぼわっとなる訳よ。』

 

『花火の粉が育つと、どうなるんですか?…』

 

『我々は、「シメジ」と呼んでいた。』

 

『頭わりー。』

 

『そんな事はないぞ。

最高学府に学ぶ我々が、次にやったのは、

小学生なんかは思っても見ないような事だ。』

 

『…ほう。』 

 

 

 

 

 

 

 

 

『今を去る事、数十年前の、3月1日…』

 

『…3月?…』

 

『学年末だったのよ…』

 

『暇ですね…』

 

『そこでヘビ花火を500個用意してな…』

 

『それじゃ、規模のでかい馬鹿でしょう。』

 

『違うっ。

さすがにそれだけの量は、

ガキどもは買えない。』

 

『…大人買いって、くだらないですよねえ…』

 

『しかも、その量だと

マッチなんかでは着火できない。』

 

『…ほう。』

 

『ガキなら、そこであきらめるところだが、

そんな事は想定内だったあたりが、大人だろ?』

 

『…いや、どうやって着火したんです?…』

 

『ライターオイルをぶっかけといてから火をつけた…』

(註:絶対に真似しないで下さい。)

 

『…うわあ…』

 

『すごかったぞお…

一瞬、眼の前が真っ白になってさあ、

そのあと、猛烈な煙が出てくるのよ。』

 

『捕まらなかったんですか?』

 

『九十九里浜だったからな。』

 

『…ひでえ…』

 

『とにかく、猛烈な火球と猛煙の後に

ぼわん、とサッカーボールくらいのヘビ花火があってさあ…』

 

『……』

 

『我々の間では、今でも、あの花火の事を

「ブラボー計画」と…』

 

『はい、ストーップ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の二枚。』

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘビ花火 

000hebi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラボー実験

000buravo

 

 

 

 

 

 

アメリカ初の実用水爆で

第五福竜丸事件の犯人。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ    

 

 

 

 

 

|

« 「でんき予報」と「たんき予報」 | トップページ | 「よるドラ」なんてなんて軟弱な »

そんな時代もあったよね」カテゴリの記事

コメント

タトゥー禁止は賛成です
ほんとコワイですし
子供への悪影響とかありますし
なにより下品でキライです

へび花火の楽しみ方
試してみたいです(笑)

投稿: れい | 2011年7月 7日 (木) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/40689232

この記事へのトラックバック一覧です: 須磨海岸の若僧への対抗方法:

« 「でんき予報」と「たんき予報」 | トップページ | 「よるドラ」なんてなんて軟弱な »